うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
うぇぶかにほん公式ツイッター  うぇぶかにほん公式フェイスブック  Peaceful Paradise Life FILMS  最新記事のRSS
Peaceful Paradise Life
blog ホーム 旅、カメラ、そしてウェブ... 堀田けいすけのブログ
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ海外の旅映画PANASONICデジタルガジェット動画あり北海道PCトラブル音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ神戸小豆島SONYソフト&アプリ九州夜景NIKONSEIKO旅(複数)PCスマートフォンパソコンGirlsAward鉄道アメリカウェブ浅田真央屋久島フィルムカメラあまちゃん撮影道具白谷雲水峡土讃線金比羅山四国パソコン周辺機器ロジクールiPod_touch4th台湾終わらない断捨離の記録RICHO-PENTAXアユタヤE-520高松摩耶山讃岐うどん道後温泉ポートタワー大部港予讃線ノニ風鈴動画横浜駅礼文島江ノ島浅草キャメロン・ディアス小樽グラム単位の軽量化FUJIFILMCANON大洗港松山駅LEICAXJAPANミニチュア風WiMAXバックパック香港南京町浜松青森東京駅日生駅水戸駅双子浦水戸黄門松山城瀬戸内海観音寺駅エンジェルロード日生港東京スカイツリー川奈汐吹公園スキンダイビング北海道&東日本パス平泉東伊豆シュノーケリングはやぶさJR東日本パス東北新幹線新青森予土線トレイルランニング阿波池田駅東北メリケンパーク富士山戸田恵梨香藤木直人中古車屋フリー写真素材福島駅水着スポーツジム実験阿部寛桂浜はりまや橋高知高知城窪川駅高知駅坪尻駅サッカー二俣川テレビジャガー琴平駅四万十川塔のへつり駅阿武隈急行線RADWIMPS被災地南会津会津鉄道スーザン・ボイルブライアン・セッツァーオルガ・キュリレンコレオナルド・ディカプリオ仲間由紀恵トム・ハンクスROSEROSE男鹿高原駅八重の桜ハワイCOSINAラオスカンボジアGM5ミャンマーGoPro会津田島駅大川ダム公園駅兜駅あぶくま駅秋の乗り放題パス豊川悦司ジョージ・クルーニー宗谷本線YMO名寄駅稚内駅三ノ宮駅きゃりーぱみゅぱみゅ角島大橋JRしおサイダー東北本線MAMMUTカラビナ二俣川駅熊ヶ根駅小樽運河いしかりライナー保土ヶ谷バイパスはまなすiPod_touch4thスマートフォン函館中井貴一LS-10Milky_Bunny水道橋駅東京ドーム伊予大洲駅八ツ森駅

【CP+2016に行ってみた】 7. Nikon & Canon ブースは今年も激混み

2016.02.28 (Sun) : カメラと写真

CP+2016 Nikonブース
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

【CP+2016に行ってみた】 目次はこちらから。

今年も激混みなのがNikon & Canon ブースで、まずはNikonブースから。

さすがは世界2大カメラメーカー、人も多いが、ブースも広い!


CP+2016 Nikonブースのイベントコンパニオンさん
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


やっぱニコンは黒と黄色のイメージなんでしょうかね?


CP+2016 Nikonブース タッチアンドトライ・コーナー
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

ニコンの説明コーナー、中央のオブジェがニコンっぽい。


CP+2016 Nikonブース ライブステージ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 POWER O.I.S.

今年も鉄道写真家の中井精也さんは大人気、あっちこっちのブースで講義をしていた。


CP+2016 Nikonブース
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 POWER O.I.S.

ニコンのライブステージでポートレイトモデルをしていた女性、有名なモデルさんかな?


CP+2016 Nikonブース ライブステージ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

最近は、空前の猫ブームらしく、旅写真での猫写真の講義。


CP+2016 Nikonブース D5
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 POWER O.I.S.

今回のニコンの目玉は、フルサイズ一眼レフのフラッグシップ機「Nikon D5」とAPS-C一眼レフのハイエンドモデル「Nikon D500」。どちらもタッチアンドトライは大人気で、なかなかお目にかかれなかったが、初日の終了間際にやっと見ることができた。

上の写真は、Nikonn D5。ニコンの一桁モデルは、カメラ好きなら誰もが憧れる本物のプロ用一眼レフだ。


Nikon D5 (XQD-Type)


まあレンズを含めたシステムで揃えると軽く100万円超えなので、素人の私には憧れることしかできないんだけどね(笑)。

このカメラの特徴を簡単に説明すると、AFと連射が凄くて、高感度性能も凄くて、画質も凄くて、動画も凄くて、その他も凄いということらしい。


CP+2016 Nikonブース D500
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 POWER O.I.S.

こちらは、プロ機D5と同等の性能をAPS-Cセンサーモデルに融合したニコンDXシリーズのハイエンドモデルNikon D500。


Nikonn D500


D5と同等のAFと連射性能が特徴なんだとか。


CP+2016 Nikonブース イベントコンパニオンさん
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

D5、D500の撮影体験コーナーのモデルさん。


CP+2016 Nikonブース モデルさん2
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 POWER O.I.S.

同じく、ニコンのモデルさん その2。


CP+2016 Nikonブース モデルさん3
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 POWER O.I.S.

同じく、ニコンのモデルさん その3。


CP+2016 Nikonブース DLシリーズ DL24-85 f/1.8-2.8
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 POWER O.I.S.

こちらはニコンが新しく発売する1型センサー搭載プレミアムコンパクト DLシリーズの「DL24-85 f/1.8-2.8」という機種。ミラーレス一眼Nikon1と同じ大きさの1型センサーを搭載した新シリーズだ。

こちらは24mmから85mmのいわゆる標準ズームと言われるレンズを搭載しているモデル。


Nikon DL24-85 f/1.8-2.8


他に広角よりの「DL18-50 f/1.8-2.8」と高倍率ズームな「DL24-500 f/2.8-5.6」という機種も同時発売。


Nikon DL18-50 f/1.8-2.8



CP+2016 Nikonブース
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 POWER O.I.S.

これが24mmの広角域から500mmの超望遠域までズームできる高倍率ズームなデジカメ「DL24-500 f/2.8-5.6」。


Nikon DL24-500 f/2.8-5.6


この3機種でどれか一つ選ぶとしたら、個人的には広角寄りのDL18-50 f/1.8-2.8かなぁー、まあ買わないけど。

Nikon DLシリーズの詳細は下記商品ページを参照。
Nikon DLシリーズ商品ページ


CP+2016 Canonブース
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

お次は、やはり毎年、激混みなCanonのブース。

「ともに声援を!」とキヤノンのイメージタレント妻夫木聡と石原さとみが申しております。なんのこっちゃと思ったら、キヤノンはオリンピックを全面に出したブースだった。


CP+2016 Canonブース 体操選手の練習風景
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

ほら、リアル体操選手が練習しているし(笑)!


CP+2016 Canonブース
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

ニコンは黒と黄色、対してキヤノンは白と赤のイメージなんでしょうかね?


CP+2016 Canonブース イベントコンパニオンさん
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

イベントコンパニオンさんの衣装も白と赤だ。

手にしているのは、今回のキヤノンの目玉で、APS-C一眼レフ「EOS 80D」。


Canon EOS 80D


キヤノンの二桁モデルなので、たぶんだけど中級機的なモデルなのかな?

そしてもう一つの目玉が、ニコンD5に並ぶCanonのプロ機「EOS-1D X Mark II」。


EOS-1D X Mark II


これら2機種は、Canonブースがあまりに激混みだったので、触ることも、見ることもできなかった。


CP+2016 Canonブース
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

こちらはキヤノンのライブステージ。

ところで今年のCP+は、キヤノン、ニコン、ソニーのライブステージのモニターがばかでかかったのが印象的だったなー。ちょっとでかすぎるだろーって思ったほど。それだけ大画面に写真を写しても大丈夫だという自信なんだろうね。

それに比べOLYMPUSやPanasonicなど他のメーカーのブースは、モニターが普通の40~50インチくらいのテレビで、やけに小さかった。自信が無いというよりかは、資金が無いんだろうね(笑)。


CP+2016 Canonブース
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 POWER O.I.S.

写真とってないけど、キヤノンでは他にコンデジ「PowerShot G7 X Mark Ⅱ」や「PowerShot SX420 IS」「PowerShot SX720 HS」といった新製品を展示していた。


PowerShot G7 X Mark Ⅱ



PowerShot SX420 IS



PowerShot SX720 HS


さてお次はコシナのVoigtlanderから発売予定の超広角の話題です。

つづく

関連アイテム

関連外部リンク
スポンサード リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
share
コメント(0)
ひと言でいいので、気軽にコメントしていってください!
あなたのそのひと言がこのブログ運営の原動力なのです。よろしくお願いします。

関連記事:カメラと写真
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation