うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
うぇぶかにほん公式ツイッター  うぇぶかにほん公式フェイスブック  Peaceful Paradise Life FILMS  最新記事のRSS
Peaceful Paradise Life
blog ホーム 旅、カメラ、そしてウェブ... 堀田けいすけのブログ
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ海外の旅映画PANASONICデジタルガジェット動画あり北海道PCトラブル音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ神戸小豆島SONYソフト&アプリ九州夜景NIKONSEIKO旅(複数)PCスマートフォンパソコンGirlsAward鉄道アメリカウェブ浅田真央屋久島フィルムカメラあまちゃん撮影道具白谷雲水峡土讃線金比羅山四国パソコン周辺機器ロジクールiPod_touch4th台湾終わらない断捨離の記録RICHO-PENTAXアユタヤE-520高松摩耶山讃岐うどん道後温泉ポートタワー大部港予讃線ノニ風鈴動画横浜駅礼文島江ノ島浅草キャメロン・ディアス小樽グラム単位の軽量化FUJIFILMCANON大洗港松山駅LEICAXJAPANミニチュア風WiMAXバックパック香港南京町浜松青森東京駅日生駅水戸駅双子浦水戸黄門松山城瀬戸内海観音寺駅エンジェルロード日生港東京スカイツリー川奈汐吹公園スキンダイビング北海道&東日本パス平泉東伊豆シュノーケリングはやぶさJR東日本パス東北新幹線新青森予土線トレイルランニング阿波池田駅東北メリケンパーク富士山戸田恵梨香藤木直人中古車屋フリー写真素材福島駅水着スポーツジム実験阿部寛桂浜はりまや橋高知高知城窪川駅高知駅坪尻駅サッカー二俣川テレビジャガー琴平駅四万十川塔のへつり駅阿武隈急行線RADWIMPS被災地南会津会津鉄道スーザン・ボイルブライアン・セッツァーオルガ・キュリレンコレオナルド・ディカプリオ仲間由紀恵トム・ハンクスROSEROSE男鹿高原駅八重の桜ハワイCOSINAラオスカンボジアGM5ミャンマーGoPro会津田島駅大川ダム公園駅兜駅あぶくま駅秋の乗り放題パス豊川悦司ジョージ・クルーニー宗谷本線YMO名寄駅稚内駅三ノ宮駅きゃりーぱみゅぱみゅ角島大橋JRしおサイダー東北本線MAMMUTカラビナ二俣川駅熊ヶ根駅小樽運河いしかりライナー保土ヶ谷バイパスはまなすiPod_touch4thスマートフォン函館中井貴一LS-10Milky_Bunny水道橋駅東京ドーム伊予大洲駅八ツ森駅

OM-D E-M5 MarkⅡ試し撮り その2(タイの旅動画編)

2015.06.27 (Sat) : カメラと写真

OM-D E-M5 MarkⅡの動画のキャプチャー
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

この記事は一応、「【止まらない衝動】OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡを購入!」や「タイ旅、再び(今年2度目) ~プロローグ」や「OM-D E-M5 MarkⅡ試し撮り その1(タイの旅写真編)」の続きみたいなものです。

前回の記事では、オリンパスの最新ミラーレス一眼「OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ」の試し撮り写真を公開してみたんだけれど、今回は、試し撮り動画をYouTubeにアップしてみた。

いままで一眼カメラで動画を撮ったことはほとんど無かったんだけれど、E-M5 MarkⅡは、オリンパスのカタログやウェブサイトでも下記のようなキャッチコピーで動画性能の向上をアピールしていたので、一応、それを試してみたという訳だ。それに本当に良かったら、動画用に使っていたデジカメが不要になって、今後の旅でその分軽量化できるしね。

 手持ち撮影で可能になったシネマ品質のムービー
 ムービーでも驚くほどブレない
 だから、気軽な手持ち撮影さえ、シネマ品質になる


E-M5Ⅱでは、世界最強のボディー内5軸VCM手ぶれ補正がムービーでも偉力を発揮するらしい。さらにムービー用のAFと露出制御を新たに搭載しているらしい。

そして↓これが今回、テスト撮影した動画
※画質の設定をHD以上に変更することを推奨

タイトル: THAILAND PATTAYA WALKING STREET (タイ パタヤ ウォーキングストリート)
概要: 南国タイ(Thailand)のパタヤ(Pattaya City)にある歓楽街「ウォーキングストリート(Walking Street)」をビーチロード側からナンヌアル・シーフード・レストランの辺りまで­歩いてみた。この通りは、夜になると歩行者天国になって、パタヤで一番にぎやかというかさわがしい­場所になる。タイで有名なゴーゴーバー(Go Go Bar)やバービア(Bar Beer)などがひしめき合っている。
camera: OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ
lens: M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
software: SONY Vegas Pro 13


まあ一応、言い訳しておくと、それでもけっこうブレたり傾いたりしているのは、手ぶれ補正の効果を確認する為にあえてごく普通の歩き方かつ肩の高さで片手で持って撮影しているから。普通のデジカメならブレブレで気持ち悪くなってまずまともに見れないようなラフな歩き方だったが、さすが世界最強の手ぶれ補正と言うだけの事はあるかも。

それより気になったのは、電飾の看板などがほとんど白飛びしていること。買った時の初期設定のままの動画モード+Pモード(プログラムオート)で撮ったのだが、やはり事前に細かな調整は必要だったと反省。Pモードで上手く撮れた試しがない。というかPモードの使い所がわからない。

それに動画モードでもいろいろ細かな設定が可能だったんだと、後で気づいた。いやーだって、それ以外でも録画ボタンを押せば普通に動画撮影が始まるのに、あえて動画モードってのがあるんだから、てっきりこれは、誰でも簡単に撮れる「おまかせ設定」なんだろうなーと思い込んでいたから。マニュアル読まないので(笑)。というかデジカメのおまけムービー機能なんか録画ボタン押すだけのすべておまかせ設定にして欲しい。

話戻りますが、今回のテストで分かったのは、手ブレ補正や画質、マイクの性能と音質に関しては、動画機としても個人的には必要十分な性能だったということ。後は、両手でしっかりカメラを持って、もっと慎重に動かし、ゆっくりとスリ足で歩くといった基本的な動作にすれば完璧かと。あと事前の調整もしっかりやって。

という事でこのOLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡは・・・

新らしいMy動画用カメラに認定しました!

ちなみにカメラとは関係ないけど、YouTubeにアップした場合、動画加工ツールに「スタビライズ」というカメラのブレを抑えてくれる機能があって、それを使うと再生される動画のブレが不思議とほとんどなくなるよ。今回はカメラのテスト用動画なので、未設定だけどね。

まだE-M5Ⅱで試してない機能で40Mハイレゾショットってのもあるし、他のレンズもまだ使っていないので、そちらの試し撮りも出来上がったら、そのうちアップします。お楽しみに!

では、また

関連アイテム
スポンサード リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
share
コメント(0)
ひと言でいいので、気軽にコメントしていってください!
あなたのそのひと言がこのブログ運営の原動力なのです。よろしくお願いします。

関連記事:カメラと写真
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation