うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
うぇぶかにほん公式ツイッター  うぇぶかにほん公式フェイスブック  Peaceful Paradise Life FILMS  最新記事のRSS
Peaceful Paradise Life
blog ホーム 旅、カメラ、そしてウェブ... 堀田けいすけのブログ
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ海外の旅映画PANASONICデジタルガジェット動画ありPCトラブル北海道音楽備忘録旅道具イベントトイカメラ神戸小豆島ソフト&アプリ九州SONYNIKON夜景SEIKO旅(複数)PCGirlsAwardパソコン鉄道スマートフォンフィルムカメラ屋久島撮影道具浅田真央白谷雲水峡あまちゃんアメリカウェブRICHO-PENTAX台湾ロジクール四国パソコン周辺機器iPod_touch4thE-520アユタヤ土讃線終わらない断捨離の記録金比羅山バックパック香港動画風鈴ポートタワー摩耶山江ノ島横浜駅ノニ高松讃岐うどん大洗港WiMAX礼文島大部港予讃線道後温泉XJAPAN浅草FUJIFILMLEICAグラム単位の軽量化ミニチュア風小樽キャメロン・ディアスCANON松山駅テレビサッカーブライアン・セッツァー四万十川ジャガー二俣川阿部寛富士山RADWIMPS戸田恵梨香スーザン・ボイルROSEROSEトム・ハンクスオルガ・キュリレンコ阿波池田駅高知桂浜高知駅坪尻駅高知城琴平駅窪川駅仲間由紀恵メリケンパークはりまや橋南会津GoProミャンマー秋の乗り放題パスあぶくま駅兜駅COSINAハワイ水着フリー写真素材スポーツジムカンボジアラオス塔のへつり駅実験会津鉄道男鹿高原駅予土線被災地東北八重の桜会津田島駅中古車屋藤木直人大川ダム公園駅阿武隈急行線松山城しおサイダー中井貴一JR東北本線伊予大洲駅GM5函館八ツ森駅スキンダイビング川奈北海道&東日本パス平泉福島駅東京ドームMAMMUT宗谷本線熊ヶ根駅名寄駅稚内駅三ノ宮駅Milky_BunnyYMO水道橋駅カラビナ角島大橋LS-10きゃりーぱみゅぱみゅ汐吹公園東伊豆日生駅日生港浜松南京町iPod_touch4thスマートフォン青森ジョージ・クルーニー双子浦二俣川駅豊川悦司瀬戸内海観音寺駅エンジェルロード東京駅水戸駅新青森東北新幹線いしかりライナー東京スカイツリーシュノーケリングはやぶさJR東日本パスはまなす水戸黄門トレイルランニング保土ヶ谷バイパス小樽運河レオナルド・ディカプリオ

花子とアン 最終回と全体の感想

2014.09.27 (Sat) : ドラマと映画

花子とアン

今日は、吉高由里子主演の朝ドラ(NHK連続ドラマ小説)『花子とアン』の最終回だったので。

■「花子とアン」最終回の感想
最終回、花子のスピーチも良かったし(ちょっと長かったけど)、感動で涙が。ただ登場人物達が、やけに年寄りになってしまっているのが??(笑)、蓮子さんなんか80歳のお婆さんみたいだったし、昔の人だからなのかな?明日から「ごきげんよう、さようなら」のナレーションが聞けないと思うとやっぱ寂しいな~。

■「花子とアン」全体の感想
あの「あまちゃん」後の作品だったので、正直、あまり期待せずに観たのだけれど、第一話の空襲のシーンのクオリティとリアリティが凄すぎて一気に作品の世界へ引き込まれた。やっぱNHKのドラマは凄いよ。あとオープニングの美しい景色の映像は、毎朝癒やされた。北海道の景色かな?って思ってたが、実際は赤毛のアンの舞台になったカナダのプリンスエドワード島ってところなんだって。カナダってあまり興味なかったけど、ここにはいつか行ってみたいな。

ドラマの内容は、吉高由里子演じる「赤毛のアン」翻訳者の村岡花子さんの人生を描いたもので、感想を一言で言うと「とても良いドラマ」。脚本、演出、登場人物、キャスティング、俳優の演技、セットや衣装などのクオリティなど、すべてにおいてとても丁寧に作り込まれた素晴らしい作品。

特に主役の吉高由里子が素晴らしかった。失礼ながら、あんなに演技が上手い役者さんだとは思ってなかった。とても感情表現が上手で、なおかつ演技っぽくない自然な演技。セリフを読むのが上手い人が演技力があると思いがちだけれど、舌足らずや滑舌が悪くても、感情や表情が自然で役柄になりきっていれば、むしろそれはリアルだ。そのようなお芝居をする役者の前では、セリフを読むのがやたら上手い役者の演技は逆に不自然に見える。

またキャスティングも良かった。やっぱメインキャストを俳優が本業の人で固めるのは正解。朝ドラは比較的そういった傾向だけれどね。ただ知名度が低い人が多くなるので、一見すると地味な印象になるが、やっぱ俳優が本業の人は、役をきっちり作り込んで魅力的なキャラにする能力があると思う。

あと脚本は、劇中のセリフの「ありふれた日常を切り取った作品に洗練された平凡を感じる」って感じでとても良く考えられたもの。ほどほどのテンポと分かりやすい展開、上品かつ王道的な内容、そして古き良き時代の日本の雰囲気や美しい日本語がとても丁寧に描かれていて、「あまちゃん」「梅ちゃん先生」を上回る平均視聴率だったのもうなずける。ただあまちゃんのように何度も見たくなるような中毒性はないけどね。ちなみに脚本家は中園ミホって人で、代表作は「やまとなでしこ」「ハケンの品格」など。

■「花子とアン」好きな名台詞、名言
このドラマにはほぼ毎日、素敵な言葉が散りばめられている。その中でも特に心に残る台詞は下記かな。

ブラックバーン校長 「今から何十年後かに、あなた方がこの学校生活を思い出して、あの時代が一番幸せだった、楽しかったと心の底から感じるのなら、私はこの学校の教育が失敗だったといわなければなりません。人生は進歩です。若い時代は準備のときであり、最上のものは過去にあるのではなく、未来にあります。旅路の最後まで希望と理想を持ち続け進んでいくものでありますように」

朝一 「ふんだんけど、一生懸命やるしかねえじゃん。一生懸命やって勝つことの次にいいことは、一生懸命やって負けることだ

花子 「心に思ってることを伝えないのは、思ってないことと、おんなじことだよ

お爺やん 「はな、見っけた夢は、夢中になって追っかけろし

花子(赤毛のアンの台詞から)「曲がり角をまがった先に、何があるのかは、わからないの。でも、きっといちばんよいものにちがいないと思うの

ナレーション(美輪明宏)ごきげんよう、さようなら


花子とアン メモリアルブック


来週から「マッサン」だー!
スポンサード リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
share
コメント(0)
ひと言でいいので、気軽にコメントしていってください!
あなたのそのひと言がこのブログ運営の原動力なのです。よろしくお願いします。

関連記事:ドラマと映画
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation