うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
うぇぶかにほん公式ツイッター  うぇぶかにほん公式フェイスブック  Peaceful Paradise Life FILMS  最新記事のRSS
Peaceful Paradise Life
blog ホーム 旅、カメラ、そしてウェブ... 堀田けいすけのブログ
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ海外の旅映画PANASONICデジタルガジェット動画あり北海道PCトラブル音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ神戸小豆島SONYソフト&アプリ九州夜景NIKONSEIKO旅(複数)PCスマートフォンパソコンGirlsAward鉄道アメリカウェブ浅田真央屋久島フィルムカメラあまちゃん撮影道具白谷雲水峡土讃線金比羅山四国パソコン周辺機器ロジクールiPod_touch4th台湾終わらない断捨離の記録RICHO-PENTAXアユタヤE-520高松摩耶山讃岐うどん道後温泉ポートタワー大部港予讃線ノニ風鈴動画横浜駅礼文島江ノ島浅草キャメロン・ディアス小樽グラム単位の軽量化FUJIFILMCANON大洗港松山駅LEICAXJAPANミニチュア風WiMAXバックパック香港南京町浜松青森東京駅日生駅水戸駅双子浦水戸黄門松山城瀬戸内海観音寺駅エンジェルロード日生港東京スカイツリー川奈汐吹公園スキンダイビング北海道&東日本パス平泉東伊豆シュノーケリングはやぶさJR東日本パス東北新幹線新青森予土線トレイルランニング阿波池田駅東北メリケンパーク富士山戸田恵梨香藤木直人中古車屋フリー写真素材福島駅水着スポーツジム実験阿部寛桂浜はりまや橋高知高知城窪川駅高知駅坪尻駅サッカー二俣川テレビジャガー琴平駅四万十川塔のへつり駅阿武隈急行線RADWIMPS被災地南会津会津鉄道スーザン・ボイルブライアン・セッツァーオルガ・キュリレンコレオナルド・ディカプリオ仲間由紀恵トム・ハンクスROSEROSE男鹿高原駅八重の桜ハワイCOSINAラオスカンボジアGM5ミャンマーGoPro会津田島駅大川ダム公園駅兜駅あぶくま駅秋の乗り放題パス豊川悦司ジョージ・クルーニー宗谷本線YMO名寄駅稚内駅三ノ宮駅きゃりーぱみゅぱみゅ角島大橋JRしおサイダー東北本線MAMMUTカラビナ二俣川駅熊ヶ根駅小樽運河いしかりライナー保土ヶ谷バイパスはまなすiPod_touch4thスマートフォン函館中井貴一LS-10Milky_Bunny水道橋駅東京ドーム伊予大洲駅八ツ森駅

ベストカメラ2013の1位がOM-D E-M1だった(嬉)!

2013.11.22 (Fri) : カメラと写真

日本カメラ12 ベストカメラ2013
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

本屋で立ち読みをしていたら『日本カメラ12月号』というカメラ雑誌の見出し“ベストカメラ2013”が気になり手にとってみる。

それは日本カメラ執筆陣10人が、ベスト10のカメラをそれぞれ選び採点した合計点の多いカメラのランキングのようだった。

2013年発売の主なカメラ
オリンパス:OM-D E-M1、PEN E-P5、PEN E-PL6、STYLUS 1、STYLUS XZ10
ソニー:α7R、α7、α58、Cyber-shot RX10、Cyber-shot QX100
パナソニック:LUMIX GX7、LUMIX GM1、LUMIX G6、LUMIX GF6
ニコン:Df、D610、D7100、D5300、1 AW1
ライカ:M、Xバリオ
富士フィルム:X-E2、X-M1、X-A1
ペンタックス:K-3、K-50、Q7
リコー:GR
キヤノン:EOS 70D、EOS Kiss X7
シグマ:DP3 MerriⅡ
※抜け・間違い、あるかもしれません


で、今年のベスト・カメラは・・・


日本カメラ12 ベストカメラ2013
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

「じぇじぇじぇ!?まさかのOM-D E-M1が1位!」

そうなんです、我が新メイン機「OLYMPUS OMD E-M1」が1位に選ばれていたのである。これは正直、素直に超ー嬉しい!思わずその雑誌を購入してしまった(笑)。

上位に選出した審査員のコメントによると、「ボディデザイン、機能、画質面でもすべて満点」とか「仕事カメラとして高度の仕上がりを評価」「もうE-M5には戻れません・・・」「使って楽しいカメラ」「ミラーレス機の完成形」「見やすくなったEVF」などなど、べた褒め状態(喜)!


日本カメラ12 ベストカメラ2013
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

ちなみに私が選んだ理由は、伝統と信頼の防塵・防滴性能、超強力な5軸手ぶれ補正、成熟した操作性、大幅に改善した高感度性能。そして決定打は前にも書いたけれど、空気感まで写し込んでいたリアリティ溢れる印刷写真の画質を見た時かな。

私の主な使い方(歩き旅)の場合、フルサイズ機の得意ないわゆる背景ボケの写真は、ほとんど必要としない。むしろ隅々までカリっとシャープに写った写真が理想。なぜなら背景ボケの美しい芸術的な写真表現をじっくり追求している時間も才能、技術もないからだ。

旅先の写真は、ほとんどが手持ちでの一発勝負。シャッターが多く切れる場面でも4~5枚くらい。もちろん三脚なんて使う余裕もない。自然とライブ中継のように目の前の景色をあるがままの姿で捉えた記録写真を撮り続ける感じになる。

なので当然、F値も上げていくんだけれど、あまり上げ過ぎるとシャッタースピードが遅くなって失敗率が上がってしまう。ただ、実は4/3機の場合はセンサーサイズが小さいことのメリットとして「被写界深度が深い(パンフォーカス)傾向」なので、F値をあまり上げなくても、それなりに写ってくれる。裏を返せば「背景ボケが苦手」というデメリットでもあるんだけれどね。

つまり旅先の撮影の場合、E-M1は「被写界深度の深さ(F値をあまり上げずに済む=シャッタースピードをかせげる)+強力な手ぶれ補正+高感度性能」の組み合わせで、“失敗知らずの最強パンフォーカス風一眼”と言っても過言ではないと思う。パンフォーカス“風”と言ったのは、もちろんAF(オートフォーカス)を使用するからとAFが爆速なのでほとんど一瞬で撮影できるという意味。

まあ、今回のランキングはプロの人の評価だし、もちろんプロが撮ればより素晴らしい写真ができるのは間違いないと思うけれど、たぶん私と同じ素人でもそれなりの写真ができてしまう恐ろしい武器、それが実際にE-M1を数週間使った私の感想。

※と、連日、E-M1を絶賛する私は、けしてオリンパスの回し者ではありません。


日本カメラ12 ベストレンズ2013
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

さらにベスト・レンズ2013にも・・・

キットで買ったM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROが1位に!

やったー、カメラ・レンズ、まさかのダブル受賞!ちなみにこの記事の写真もその組み合わせで撮影してみた(笑)。

この組み合わせの作例は:OM-D E-M1 試し撮りその1、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

ちなみにカメラ・レンズの集計結果は下記。

ベスト・カメラ2013
順位機種名点数相場とレビュー
1位オリンパス OM-D E-M179点E-M1
2位ニコン Df58点Df
3位パナソニック LUMIX GX746点GX7
4位ライカ M40点
5位ソニー α7 / パナソニック LUMIX GM135点α7/GM1
7位ソニー α7R / ペンタックス K-334点α7R/K-3
9位富士フィルム X-E233点X-E2
以下省略

ベスト・レンズ2013
順位レンズ名点数相場とレビュー
1位オリンパス M.Z.D. ED 12-40mm F2.8 PRO30点MZD12-40
2位ニコン AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G28点N58
3位シグマ 18-35mm F1.8 DC HSM22点18-35mm
4位カールツァイス Apo Sonnar T*2/135(ZF.2/ZE)8点AS135
5位富士フィルム FUJINON XF23mm F1.4R7点XF23
以下省略

↓この雑誌です

日本カメラ12月号


では、また

関連アイテム
スポンサード リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
share
コメント(2)

匿名さん (2013-11-22) edit

プロにも高評価!
これはやばい!
冬のボーナスでE-M1をポッチっちゃいそうです。

匿名さん (2013-11-26) edit

はじめまして
私もE-M1を購入しました。

最初に写真で見た時は微妙でしたが、実機は想像してい以上の高級感に感動。
そして、実際に使ってみて、さらに感動。

ほんとに良いカメラです。
ひと言でいいので、気軽にコメントしていってください!
あなたのそのひと言がこのブログ運営の原動力なのです。よろしくお願いします。

関連記事:カメラと写真
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation