うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
うぇぶかにほん公式ツイッター  うぇぶかにほん公式フェイスブック  Peaceful Paradise Life FILMS  最新記事のRSS
Peaceful Paradise Life
blog ホーム 旅、カメラ、そしてウェブ... 堀田けいすけのブログ
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ海外の旅映画PANASONICデジタルガジェット動画あり北海道PCトラブル音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ神戸小豆島SONYソフト&アプリ九州夜景NIKONSEIKO旅(複数)PCスマートフォンパソコンGirlsAward鉄道アメリカウェブ浅田真央屋久島フィルムカメラあまちゃん撮影道具白谷雲水峡土讃線金比羅山四国パソコン周辺機器ロジクールiPod_touch4th台湾終わらない断捨離の記録RICHO-PENTAXアユタヤE-520高松摩耶山讃岐うどん道後温泉ポートタワー大部港予讃線ノニ風鈴動画横浜駅礼文島江ノ島浅草キャメロン・ディアス小樽グラム単位の軽量化FUJIFILMCANON大洗港松山駅LEICAXJAPANミニチュア風WiMAXバックパック香港南京町浜松青森東京駅日生駅水戸駅双子浦水戸黄門松山城瀬戸内海観音寺駅エンジェルロード日生港東京スカイツリー川奈汐吹公園スキンダイビング北海道&東日本パス平泉東伊豆シュノーケリングはやぶさJR東日本パス東北新幹線新青森予土線トレイルランニング阿波池田駅東北メリケンパーク富士山戸田恵梨香藤木直人中古車屋フリー写真素材福島駅水着スポーツジム実験阿部寛桂浜はりまや橋高知高知城窪川駅高知駅坪尻駅サッカー二俣川テレビジャガー琴平駅四万十川塔のへつり駅阿武隈急行線RADWIMPS被災地南会津会津鉄道スーザン・ボイルブライアン・セッツァーオルガ・キュリレンコレオナルド・ディカプリオ仲間由紀恵トム・ハンクスROSEROSE男鹿高原駅八重の桜ハワイCOSINAラオスカンボジアGM5ミャンマーGoPro会津田島駅大川ダム公園駅兜駅あぶくま駅秋の乗り放題パス豊川悦司ジョージ・クルーニー宗谷本線YMO名寄駅稚内駅三ノ宮駅きゃりーぱみゅぱみゅ角島大橋JRしおサイダー東北本線MAMMUTカラビナ二俣川駅熊ヶ根駅小樽運河いしかりライナー保土ヶ谷バイパスはまなすiPod_touch4thスマートフォン函館中井貴一LS-10Milky_Bunny水道橋駅東京ドーム伊予大洲駅八ツ森駅

ソニー高倍率ズームデジカメ HX100V 開封写真

2011.11.12 (Sat) : カメラと写真

SONYサイバーショットDSC-HX100V正面
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD


実は昨日、ヨドバシカメラで高倍率ズームデジカメ(デジタルカメラ)というジャンルのカメラを買った。というのも最近になって、このジャンルのスペックで見る性能がえらく上がっていて、しかもオリンパスPENなどのミラーレス一眼の人気に押されてか、このジャンルを含むデジカメ全般の価格が軒並み暴落していたので、半分遊びのつもりで購入してみたのだった。

あぁ~あ、またやっちゃった・・・もう、完全に病気・・・困った、やはり私は、一度かかるとなかなか治療できないと言われるカメラ中毒になっている。

どんどん沼にハマっているという自覚症状と・・・押さえられない衝動・・・一瞬の快楽に溺れゆく・・・麻痺してゆく・・・感覚が・・・
ああぁぁ気持ちイイ!
ゆっくりと、確実に、落ちてます。底なしの沼に。

それで、高倍率ズームデジカメとは、簡単に言うと超望遠ズームレンズが付いたデジカメのこと。今だと24倍~30倍くらいが主流である。いわゆる「ネオ一眼」とも呼ばれているジャンル。では30倍のズームとはどれくらいなのかと言うと一眼レフの800mm(35mm換算)くらいの超望遠レンズと同じくらいなのだ。

※画像はクリックで拡大できます。

SONYサイバーショットDSC-HX100V箱 SONYサイバーショットDSC-HX100V箱を開封1
SONYサイバーショットDSC-HX100V箱を開封2 SONYサイバーショットDSC-HX100V中身


今回、買ったのは、ソニーのハイエンドデジカメ、サイバーショットHX100V(DSC-HX100V)というカメラだ。デジカメと言ってもちょっと大きめで一眼っぽい形をしている。

正直、ソニーの製品は、液晶テレビでソニータイマーが炸裂(さくれつ)した経験があって本意ではなかった。しかし、このカメラの用途は、主に動画撮影を予定しているので、ビデオ性能を他社と比較していくとどーしてもソニーとなってしうのである。あくまでもスペック的な比較ではあるが。とにかく動画手ぶれ補正が凄いということで、YouTubeをチェックしてみたら、本当に凄かったのが決め手となった。

通常、手持ちでビデオ撮影をすると、どーしても歩いている時の上下動が映像に反映されて、見ていて酔うような感じになるんだけど、このカメラは、その上下動を強力な動画手ぶれ補正機能で、補正してくれる。これは、はっきり言ってかなりスゴイことだと思った。この価格でついにここまで来たかと!

▼購入候補に挙がったネオ一眼スペック比較
SONY Cyber-shot HX100V
1620万画素 30倍光学ズーム F2.8~F5.6 ISO100~3200 JPEG フルHD カールツァイス・レンズ
≫≫Amazonの評価を見る ≫≫製品サイト


Panasonic LUMIX FZ150
1210万画素 24倍光学ズーム F2.8~F5.2 ISO100~3200 JPEG/RAW フルHD ライカ・レンズ
≫≫Amazonの評価を見る ≫≫製品サイト


Nikon COOLPIX P500
1210万画素 36倍光学ズーム F3.4~F5.7 ISO160~3200 JPEG フルHD NIKKORレンズ
≫≫Amazonの評価を見る ≫≫製品サイト


FUJIFILM FinePix HS20EXR
1600万画素 30倍光学ズーム F2.8~F5.6 ISO100~12800 JPEG/RAW フルHD フジノン・レンズ
≫≫Amazonの評価を見る ≫≫製品サイト


Canon PowerShot SX40 HS
1210万画素 35倍光学ズーム F2.7~F5.8 ISO100~3200 JPEG フルHD キャノン・レンズ
≫≫Amazonの評価を見る ≫≫製品サイト


まず、富士フイルムとニコンのは、安いかったんだけど、実際に触ってみてすぐに却下(あくまでもちょっと触っただけの感覚的な判断です)した。

ニコンのP500は、薄いコンデジ+グリップ&レンズなデザインなのが却下の理由。今回オリンパス(OLYMPUS SP-810UZ)は、まったく候補に上がらなかったけど、なぜかと言うとやっぱこれもデザインが私的にダメなんですねぇー。

逆に富士フイルムのFinePix HS20EXRはかなり一眼レフに近いデザインでカッコイイのだけれど、なんとズームが手動のみだった。ビデオ撮影がメインなので、電動ズームがないのは、致命的。ちなみにソニーHX100Vは、シャッター周りの電動ズーム以外に、レンズ周りにもズームリング風の電動ズームがある。

キヤノンに関しては、予算オーバーってことで速攻却下。パナソニックのルミックスFZ150もちょっと予算オーバーだったんだけど、実際に触った感じがかなり良かったので、ソニーとパナで最後まで悩まされた。しかもパナは、RAWファイルに保存もできる。ソニーはJPEGだけ。この保存形式の差は、かなり悩ましい~。

結局は、パナ24倍率、ソニーの30倍という倍率勝負で、ソニーを選んだ。ただ、触った感触は、パナのFZ150も、かなり良さそうではあった。もし、パナも30倍以上だったら・・・たぶん即決できなかったかも。

※今回は、カメラよりもビデオ性能を優先と言っていますが、実際に本当にこれがベストかは、わかりかねますので、あしからず。


SONYサイバーショットDSC-HX100V正面右 SONYサイバーショットDSC-HX100V正面左
SONYサイバーショットDSC-HX100V上 SONYサイバーショットDSC-HX100V液晶画面


さて、HX100Vについてですが、デザインは小さな一眼レフって感じである。レンズは、名門カールツァイス社のカールツァイス「バリオ・ゾナーT*」というのが搭載されている。重量は、一眼レフと比べるとはるかに軽い。背面の液晶画面は、上下方向に可動するが、左右には動かない。


SONYサイバーショットDSC-HX100Vフラッシュ SONYサイバーショットDSC-HX100V望遠


電源を入れるとニョキっとレンズが少し前にでる。望遠側にズームするとニョキ~っとレンズが長く飛び出す。フラッシュはレンズの上がパッカッと開く。


SONYサイバーショットDSC-HX100V大きさ比較 SONYサイバーショットDSC-HX100VとPanasonic LUMIX GF1
SONYサイバーショットDSC-HX100VとOLYMPUS E-5 東芝のSDHCカード


他のカメラと大きさを比較すると上の写真の感じ。左上:ニコンF3HPとLUMIX GF1、右上:GF1、左下:OLYMPUS E-3

今回、便利だと思ったのは、レンズキャップのヒモ。これならレンズがなくなる心配がない。さらに電源を入れるとレンズが出てくるので、キャップが自動で外れる(そうゆう使い方を想定しているかは不明ですが)。

逆にひどいなぁーと思ったのは、バッテリーチャージャーが別売りだということ。なので充電用のACアダプターを直接カメラに刺して充電するしかない。調べたらルミックスには、バッテリーチャージャーが付属しているようだ。なので、HX100V+バッテリーチャージャーを購入する場合は、価格が変わらなくなるなぁーと今思った。

あとSDHCカードは、もちろん別売りなので、いっしょに購入しないと写真の記録ができない。今回は東芝のClass10SDHCカードが安かったので2枚買った。

それで、まだ、開封しただけで、使い方がほとんどわからないので、また今度、試し撮り写真や動画をアップします。

では、また

関連アイテム
スポンサード リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
share
コメント(0)
ひと言でいいので、気軽にコメントしていってください!
あなたのそのひと言がこのブログ運営の原動力なのです。よろしくお願いします。

関連記事:カメラと写真
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation