うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
うぇぶかにほん公式ツイッター  うぇぶかにほん公式フェイスブック  Peaceful Paradise Life FILMS  最新記事のRSS
Peaceful Paradise Life
blog ホーム 旅、カメラ、そしてウェブ... 堀田けいすけのブログ
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ海外の旅映画PANASONICデジタルガジェット動画ありPCトラブル北海道音楽備忘録旅道具イベントトイカメラ神戸小豆島ソフト&アプリ九州SONYNIKON夜景SEIKO旅(複数)PCGirlsAwardパソコン鉄道スマートフォンフィルムカメラ屋久島撮影道具浅田真央白谷雲水峡あまちゃんアメリカウェブRICHO-PENTAX台湾ロジクール四国パソコン周辺機器iPod_touch4thE-520アユタヤ土讃線終わらない断捨離の記録金比羅山バックパック香港動画風鈴ポートタワー摩耶山江ノ島横浜駅ノニ高松讃岐うどん大洗港WiMAX礼文島大部港予讃線道後温泉XJAPAN浅草FUJIFILMLEICAグラム単位の軽量化ミニチュア風小樽キャメロン・ディアスCANON松山駅テレビサッカーブライアン・セッツァー四万十川ジャガー二俣川阿部寛富士山RADWIMPS戸田恵梨香スーザン・ボイルROSEROSEトム・ハンクスオルガ・キュリレンコ阿波池田駅高知桂浜高知駅坪尻駅高知城琴平駅窪川駅仲間由紀恵メリケンパークはりまや橋南会津GoProミャンマー秋の乗り放題パスあぶくま駅兜駅COSINAハワイ水着フリー写真素材スポーツジムカンボジアラオス塔のへつり駅実験会津鉄道男鹿高原駅予土線被災地東北八重の桜会津田島駅中古車屋藤木直人大川ダム公園駅阿武隈急行線松山城しおサイダー中井貴一JR東北本線伊予大洲駅GM5函館八ツ森駅スキンダイビング川奈北海道&東日本パス平泉福島駅東京ドームMAMMUT宗谷本線熊ヶ根駅名寄駅稚内駅三ノ宮駅Milky_BunnyYMO水道橋駅カラビナ角島大橋LS-10きゃりーぱみゅぱみゅ汐吹公園東伊豆日生駅日生港浜松南京町iPod_touch4thスマートフォン青森ジョージ・クルーニー双子浦二俣川駅豊川悦司瀬戸内海観音寺駅エンジェルロード東京駅水戸駅新青森東北新幹線いしかりライナー東京スカイツリーシュノーケリングはやぶさJR東日本パスはまなす水戸黄門トレイルランニング保土ヶ谷バイパス小樽運河レオナルド・ディカプリオ

映画 『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』 の感想

2011.08.05 (Fri) : ドラマと映画


映画の内容は下記(アマゾンより転載)
-----------------
超豪華キャスト集結究極の心理ゲーム開幕!
生き残れるのは果たして、誰か?

時給11万2千円という求人広告につられ、男女計10人が「暗鬼館」に集まった。
仕事内容は、「暗鬼館」での7日間を24時間監視されるだけ。
鍵のかからない10の個室と10の凶器が参加者に与えられる。

何も起きなければ全員に1,600万円以上の大金が手に入るはずだった・・・。
しかし、2日目に死者が出る。
誰が何のために殺したのか?
参加者は疑心暗鬼の深淵に落ちてゆく・・・。

果たして、生き残りをかけた究極の心理ゲームは始まってしまうのか?

2010年度版「このミステリーがすごい!」作家別投票で1位に輝いた新鋭・米澤穂信の人気小説を、『リング』『L change the WorLd』の中田秀夫監督が映画化。

藤原竜也、綾瀬はるか、石原さとみ、北大路欣也といった主役級の豪華キャストが集結。心理ゲーム系映画の決定版が誕生する。

------------------

そして感想ですが、この映画をミステリー作品として見るとあまりにも謎解きの要素が少なく、トリックも単純過ぎ、緊迫しただまし合いや駆け引きもない。しかも普通に犯人や先が読めてしまい、全体的に今一歩といった感じだった。さらに言えば、探偵道具や凶器などを使った推理やトリックも特にないので、そのアイテムの存在意義がない。また、このゲーム自体の世界観というか目的や設定、整合性が曖昧で説得力に欠ける。

作品にどのようなメッセージが込められているのかが、つかめなかったので、実は続けて2回見たけど、結局、制作者の意図はつかめなかった。強引に意味を付けるのなら「生きているのはすばらしい」といった感じだろうか?

たぶん、全体的に雑なんだと思う。もっと細かい部分まで突き詰めたらまったく違った作品になったと思うとちょっと残念な気分になった。

この作品は、次々と人が殺されていくといったサスペンスホラーというジャンルが当てはまるかもしれない。ただ、ホラーとして見てもそれほど怖くはない。あの名作『リング』を作った同じ監督の作品とはとても思えないような雑な映像だからだ。

豪華キャストだったからだろうか?なんでだろう、モヤモヤと心に引っかかる、とにかくとても残念で、もったいない気分にさせる作品だった。たぶん「デス・ノート」「カイジ」「ライアー・ゲーム」のような作り込まれた世界観にどっぷり浸りたくて、かなり期待して見たのが原因だろう。あの予告編と豪華キャストを見れば期待するなと言う方が難しいが・・・。テレビドラマを見るくらいの気軽な気持ちで見れば、それなりに面白いと思う。

※感想はあくまでも素人の個人的な意見です。

↓原作の方が面白いらしいです。
インシテミル
スポンサード リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
share
コメント(0)
ひと言でいいので、気軽にコメントしていってください!
あなたのそのひと言がこのブログ運営の原動力なのです。よろしくお願いします。

関連記事:ドラマと映画
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation