うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ海外の旅映画デジタルガジェットPANASONIC動画ありPCトラブル北海道音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ神戸ソフト&アプリSONY九州小豆島NIKON夜景SEIKO旅(複数)PCパソコンGirlsAwardスマートフォン鉄道ウェブフィルムカメラあまちゃん撮影道具浅田真央アメリカ白谷雲水峡屋久島四国iPod_touch4thパソコン周辺機器E-520ロジクール台湾土讃線RICHO-PENTAX金比羅山終わらない断捨離の記録アユタヤ讃岐うどんXJAPAN浅草バックパック香港道後温泉予讃線高松WiMAX江ノ島風鈴横浜駅ノニ大洗港動画グラム単位の軽量化CANONLEICA礼文島FUJIFILMキャメロン・ディアス摩耶山松山駅ミニチュア風大部港小樽ポートタワー窪川駅高知城日生港双子浦観音寺駅瀬戸内海南京町予土線松山城四万十川高知浜松エンジェルロード日生駅富士山東北メリケンパーク戸田恵梨香藤木直人中古車屋フリー写真素材水着スポーツジム実験阿部寛坪尻駅阿波池田駅高知駅はりまや橋琴平駅ジャガー二俣川サッカーテレビ桂浜東北本線レオナルド・ディカプリオ豊川悦司ジョージ・クルーニーオルガ・キュリレンコ仲間由紀恵ROSEROSEトム・ハンクスiPod_touch4thスマートフォンはまなす中井貴一伊予大洲駅東京ドーム函館いしかりライナー保土ヶ谷バイパス小樽運河ブライアン・セッツァースーザン・ボイルあぶくま駅兜駅塔のへつり駅秋の乗り放題パスGoProCOSINAミャンマー会津田島駅大川ダム公園駅被災地阿武隈急行線RADWIMPS南会津会津鉄道八重の桜男鹿高原駅水道橋駅LS-10汐吹公園東伊豆シュノーケリング川奈スキンダイビング平泉北海道&東日本パス東京スカイツリー新青森水戸黄門水戸駅東京駅トレイルランニングJR東日本パス東北新幹線はやぶさ福島駅八ツ森駅稚内駅名寄駅宗谷本線三ノ宮駅二俣川駅Milky_Bunny熊ヶ根駅YMOきゃりーぱみゅぱみゅJRしおサイダーハワイMAMMUT角島大橋カラビナ青森

軍用iPhone製造計画、UAGのMIL規格クリア耐衝撃ケースを装着

2018.10.14 (Sun) 共有

UAG Plasma iPhone 7Plus UAG-IPH7PLS 軍用アイホン
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens: LUMIX G MACRO 30mm F2.8 ASPH.

※この記事は前回(我がiPhone7PlusのSIMはLINEモバイルにしてみた!)や前々回(2018年の今、iPhone Xでも8 Plusでも6s PlusでもなくiPhone 7 Plusを買った理由)の続きみたいなものです。

すでにお伝えした通り人生初アイホン、iPhone 7 Plusを手に入れた私。

しかし時代はすでにiPhone XS /iPhone XS Max/iPhone XRという昨年発売のX(テン)から始ったフルスクリーンアイフォン第2世代(そう呼ぶのかは不明)へ突入してしまった訳なんだが、iPhone7シリーズがまだカタログ落ちしてなくてちょっとホッとしている。

今回、iPhone7とiPhone8は生き残ったが、iPhone6sとiPhoneSEは販売終了、そしてなぜか前モデルiPhoneXも終了、これはひどい!まあXSやXRとの競合を避けたかったのだろうけど、たった1年で販売終了とはなんだか悲しいねぇ~。

個人的には、iPhone史上最大と言われるiPhone XS Maxの6.5インチ画面が実際には7Plusの5.5インチ画面の縦を長くしただけで、見え方のサイズは変わらないということらしいので、だったら別にいいかなって感じ。というかiPhone XS Max 256GBで15万円超え、そしてiPhone史上最高価格のiPhone XS Max 512GBで17万円超えってそもそも買うの無理だから、なんかすごいことになってきたなー。

ところで今回、iPhone 9/9 Plusが出なかったことで、ついに初代~3G、3GS、4、4S、5、5S、6、6S、7、8と続いたアラビア数字モデル名かつホームボタン付きモデルの発売が途絶えた。今後はやっぱローマ数字が増えていくモデル名なんだろうかね?ついこないだ3Gが出たと思っていたが、なんか最近時間の流れが早く感じるなぁー。


UAG Monarch & Plasma
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens: M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

まあそんな最近のスマートフォン事情はさておいてそろそろ本題です。

軍用iPhone製造計画

我がiPhone 7 Plus マットブラック(艶消しブラック)を購入した時から、この超かっこいいアイホンに装着するスマホケースはハードな軍用規格(MIL規格)をクリアした耐衝撃スマホケースと決めていた。

最大の理由はやはり耐落下性能の強化である。

携帯やタブレットを地面に落とすことはめったにないが、それでもまったくではなく、だいたい年1回くらいはやらかす。これまでは外装が破損するほどの落下はなかったが、万が一このスマホが破損した日にはショックで倒れるかもしれない。実はそれくらいこのスマホを気に入っているのだ。

iPad mini 2も素晴らしい端末だったが、このiPhone 7 Plusもやはり素晴らしい。今更だがやはりAppleのモバイル端末の完成度は完璧だ。今売られているモデルなら、どれを買っても後悔はないだろう。

そして我がアイホンを守るべく選んだ耐衝撃ケースが上の写真。

URBAN ARMOR GEAR (UAG)

アーバン・アーマー・ギア(ユーエージー)って読むのかな?このUAGは、耐衝撃ケースの代名詞と言われるアメリカのメーカーだ。

なぜ2個あるのか?

それは最初、左の「MONARCH (カラー:グラファイト) UAG-IPH7PLS-P-BLK」というハイエンドモデルを購入したんだけど、数日後に右の「PLASMA (カラー:シトロン) UAG-IPH7PLS-CTR」というモデルを発見し、一目惚れし衝動買いしてしまったからなのだ。

なので、2つを実際に使い比べてどっちを使うか決めることにした。

↓これです

URBAN ARMOR GEAR Monarch Case
グラファイト UAG-IPH7PLS-P-BLK
iPhone8Plus/7Plus/6sPlus



URBAN ARMOR GEAR Plasma Case
シトロン UAG-IPH7PLS-CTR
iPhone8Plus/7Plus/6sPlus


普通のスマホケースと比べると値段が高いと感じるかもしれないが、耐衝撃スマホケースの中では安い方だと思う。


UAG Monarch & Plasma 外観比較 背面
≫ 拡大する

UAG Monarch & Plasma 外観比較 内側
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens: LUMIX G MACRO 30mm F2.8 ASPH.

まずは見た目だが、この見るからにミリタリーって感じの洗練されたデザインが最高だ。

ミリタリー・デザインの本質は機能美である。

それは単なるデザインではない。余分な装飾を排し、ミリタリースペックに必要な機能を第一に考え、それを極限まで追求し、なおかつ使いやすさも妥協しない、本物の機能のデザインであること。

もちろん両方とも本当にミリタリースペックの耐衝撃性能を備えており、米軍採用品の選定に用いられるアメリカ国防総省が定めた試験法規格「MIL-STD-810G, Method 516.6 Procedure IV」をクリアしている。

具体的には、
・122cmの高さから落下
・26方向(8角、12稜、6面)からテスト
・デバイスの損傷は0回

という製品落下試験をクリア。

下の衝撃的な動画を見ればUAGの耐衝撃性能とデザインが本物だということがよくわかると思う。

クリックで再生↓
iPhone 6 High Speed Impact - 121.9 MPH (196 KM/h) - Urban Armor Gear

時速200キロで走るポルシェの窓から落としても大丈夫!

「おいおい!マジかこれ!?」

信じられないような内容だが、これは現実である(たぶん)!

しかも耐衝撃ケースなのに、薄くて、軽い!

実はこれこそがUAGを選んだ最大の理由である。

あらゆる装備をグラム単位で軽量化している私にとって、いくら防御力が高くても、分厚くて重いケースだったらまず選ばない。そういう意味でこのスマホケースの選択は私にとって必然だったのだ。

では2種類のケースの外観の違いを見ていこう。

まず左のMONARCHケースは、異なる素材の5層構造で構成されていて、他モデルの2倍の回数の落下試験をクリアするほどの優れた耐衝撃性能を備えているらしい。しかもこのハイエンドモデルだけは驚きの10年保証付き!

MONARCH 5層構造
MONARCH 5層構造
1. ポリカーボネートシアプレート:PC(ポリカーボネート樹脂)
2. トップグレインレザー:レザー
3. インパクトレジスタントラバー:TPU(熱可塑性ポリウレタン)
4. アーマーフレーム:PC(ポリカーボネート樹脂)
5. アロイメタルハードウェア


一方、右のPLASMAケースは、耐衝撃に優れたハニカム構造をケース内側に採用し、硬さの異なる素材(アーマーシェル/ソフトコア)の ハイブリッド構造(2層構造)により、高い耐衝撃性を実現しているらしい。ちなみにこちらの保証期間は初期不良のみ。

PLASMA  ハイブリッド構造(2層構造)

具体的には、周りの枠の黒い部分がよくソフトケースに採用されている柔らかい材質のTPU(熱可塑性ポリウレタン)で、背面のクリアな部位がよくハードケースに採用されている硬質な材質のPC(ポリカーボネート樹脂)。


UAG MonarchにiPhone7Plusを装着
≫ 拡大する

UAG PlasmaにiPhone7Plusを装着
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens: LUMIX G MACRO 30mm F2.8 ASPH.

こちらは実際にiPhone 7 Plusを装着したMONARCHケース(上)とPLASMAケース(下)。

UAGの特徴として上下および四隅のバンパーの部分が柔らかいTPU素材かつ最も分厚くなっていて、その部分で落下時の衝撃を吸収するような構造。

ちなみにどちらも最も厚い部分が12.7mmと同じだが、実際に手に持った感じは明らかにMONARCHケースの方が厚く感じる。これはPLASMAケースの方が背面のPC(ポリカーボネート樹脂)素材の部分(緑色の部位)が少し薄くなっているからだ。MONARCHケースの方は見ての通り、背面は周囲から中央部まで均一の厚みだ。

こうやって実際に外観の違いを比べると、MONARCHケースの方が耐衝撃性能はもちろん、耐久性も高そうだ。


UAG MonarchにiPhone7Plusを装着
≫ 拡大する

UAG PlasmaにiPhone7Plusを装着
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens: LUMIX G MACRO 30mm F2.8 ASPH.

スマホの落下事故で最もショッキングな破損、それはガラスの画面が割れてしまうことだろう。

UAGのケースなら、見ての通り、液晶外周部が画面よりも盛り上がったスクリーンサラウンド構造を採用しているので、液晶画面への保護性能も高いはず。なお写真は上がMONARCHケースで下がPLASMAケース。

ただこれは地面が平らだった場合で、もしそこに大きめの石ころが転がっていたら、画面への傷などはやはり防げない可能性が高い。なので液晶保護フィルムもやはり「衝撃吸収」機能が付いた物を組み合わせたい。

スマホの脱着のしやすさに関しては、圧倒的にPLASMAケースの方がダメ。もうiPhoneが折れるんじゃないかってくらい取り出すのが難しい。かなりのコツが必要なので、もし脱着を頻繁にするのならはっきり言っておすすめできない。

MONARCHケースの方は、一般的なスマホケースと同じレベルで脱着のしやすさはまったく問題なかった。

なお、下部のスピーカー穴の左がイヤホンジャック用に空いているのは、iPhone 6s Plusにも対応しているからなんだけど、細かなことだがここはやっぱ7 Plus / 8 Plus 専用でイヤホンジャック穴がないデザインにしてもらいたかった。


UAG MonarchにiPhone7Plusを装着 重量244g
≫ 拡大する

UAG PlasmaにiPhone7Plusを装着 重量235g
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens: LUMIX G MACRO 30mm F2.8 ASPH.

こちらは、iPhone 7 Plusに装着した状態で総重量を測ったもの。

UAG Monarch: 244g
UAG Plasma: 235g


iPhone 7 Plusの重量が188g、液晶保護フィルム&背面保護フィルムが約3gなので、MONARCHケースが+53g(仕様だと約40gだが)PLASMAケースが+44g(仕様だと約30gだが)だった。

しかし差がわずか9gだけだったのは意外だった。たった9gでも手にするとなぜかMONARCHケースの方がすごく重く感じるから不思議だ。厚みのせいもあるのかも。

いずれも製品仕様より約13~14g重かったのはちょっと残念。

私の場合、物を買う時に必ず重量を確認するので、ここはごまかさずに正確に記載して欲しかった。まあ手帳型ケースとかと比べたら、それでも十分軽いんだけどね。


UAG Plasma 未装着とiPhone 7 Plus Black
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens: LUMIX G MACRO 30mm F2.8 ASPH.

それで、結局、どっちを使うのかと言うと、上のやつ!

PLASMA シトロン!

理由としては、まずデザインというかこのカラーかな。一目惚れした理由でもあるし。

iPhone 7 Plusの超かっこいいマットブラック(艶消しブラック)のボディカラーをできれば活かしたかったんだよね。それには背面全体がケース素材色で覆われてしまうMONARCHケースよりも、クリア系素材のPLASMAケースの方が最適だった。


UAG PlasmaとiPhone 7 Plus BlackとiPad mini 2 Silver
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens: LUMIX G MACRO 30mm F2.8 ASPH.

しかもこの明るいシトロングリーンは、例えばシルバーなど明るいボディカラーの端末と組み合わせると上のようにそのままの色合いになるんだけれど、ブラック系のボディカラーと合わせると少し暗いオリーブグリーンっぽい色になって、ミリタリーっぽさが倍増するのだ。

ちなみに7 Plus用のPLASMAシリーズは、このシトロンの他にアイス、アッシュ、コバルトというカラーがある。


URBAN ARMOR GEAR Plasma Case
アイス UAG-IPH7PLS-ICE
iPhone8Plus/7Plus/6sPlus



URBAN ARMOR GEAR Plasma Case
アッシュ UAG-IPH7PLS-ASH
iPhone8Plus/7Plus/6sPlus



URBAN ARMOR GEAR Plasma Case
コバルト UAG-IPH7PLS-CBT
iPhone8Plus/7Plus/6sPlus



UAG Plasma 未装<br />着
≫ 拡大する

UAG Plasma 装着 内側
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens: LUMIX G MACRO 30mm F2.8 ASPH.

これにした第二の理由が上の写真の黒いポッチの部分である。

これは落下による衝撃を吸収するショックアブソーバー的な役割のパーツと思われるが、このパーツが有ることでiPhone背面とケース内側の間にわずかな隙間ができる。

このわずかな隙間がとても重要で、これがあることで長時間の動画視聴など高負荷な使用を続けても、わりと熱くなりずらいことがわかった。

対して、内側の全面がぴったりとiPhone背面にくっついているMONARCHケースの場合、長時間使うと少し熱くなる。つまりPLASMAケースと比べると放熱性能が少し低い。

実際、スマホ自体への影響はそれほどないと思われるレベルではあるが、まあ少しでも放熱効果が高い方が精神衛生上いいかなって感じ。

ちなみに写真ではハニカム構造と言われる蜂の巣のような正六角形を並べた模様が外側に施されているようにも見えるが、実際は内側だけに施されていて、外側はつるんとした形状。このハニカム構造の実際の効果は不明だが、おそらく強度を保ちながら軽量化するためだと思われる。


UAG PlasmaにiPhone7Plusを装着 サイド側1
≫ 拡大する

UAG PlasmaにiPhone7Plusを装着 サイド側2
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens: LUMIX G MACRO 30mm F2.8 ASPH.

側面のボタン類へのアクセスは少し固く感じるが、おおむね良好で特に不満はない。

背面のカメラの穴は大きく、そして深くなっているので、ピンポイントで突起物などにぶつからなければダメージを受けることはないだろう。もちろん広角側でも映像がケラれることもない。

それと電子マネーやモバイルSuicaなどApple Payのタッチ決済だけど、ケースを装着した状態でまったく問題なくできた。


UAG Plasma 自然光
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens: LUMIX G MACRO 30mm F2.8 ASPH.

そんな訳で私のアイホンは、UAGのスマホケースを装着し耐衝撃性能を大幅に強化したのだった。

軍用 IPHONE7+ 耐衝撃 ホタ スペシャル Ver.1.0 完成!
MILITARY IPHONE7+ SHOCK RESISTANCE HOTA SPECIAL Ver.1.0

コードネーム: グリーンタートル

SPEC
CLEARRING: MIL-STD-810G, Method 516.6 Procedure IV
BASE BODY: APPLE IPHONE 7 PLUS 256GB BLACK(MATTE BLACK)
CASE: URBAN ARMOR GEAR(UAG) PLASMA CITRON
F-FILM: RASTA BANANA JF857IP7SB
R-FILM: RASTA BANANA J758IP7B


URBAN ARMOR GEAR Plasma Case
シトロン UAG-IPH7PLS-CTR
iPhone8Plus/7Plus/6sPlus



ラスタバナナ iPhone8 Plus/7 Plus フィルム
平面保護 衝撃吸収 フルスペック
反射防止 アイフォン 液晶保護



ラスタバナナ iPhone 7 Plus
衝撃吸収光沢背面フィルム


では最後に衝撃的な落下テスト動画を紹介しよう。これを見れば、私のアイホンの耐衝撃性能が本物だということがおわかりいただけると思う。

クリックで再生↓
UAG Protective Case Vs Cheap Fashion Store Case - Drop Test

おわかりいただけただろうか...

「ちょっとまて!これ122cmどころじゃないだろ(笑)!」

ところで7Plus用のMONARCHのカラーはグラファイトの他にプラチナム(UAG-IPH7PLS-P-SLV)、クリムゾン(UAG-IPH7PLS-P-CR)の計3色。

最強の耐衝撃性能を手に入れたい人はこっちだろうね。


URBAN ARMOR GEAR Monarch Case
プラチナム UAG-IPH7PLS-P-SLV
iPhone8Plus/7Plus/6sPlus



URBAN ARMOR GEAR Monarch Case
クリムゾン UAG-IPH7PLS-P-CR
iPhone8Plus/7Plus/6sPlus



↓iPhoe7 Plus以外のUAGケースはこちら
≫ UAGスマホ用ケース一覧

では、また
スポンサード リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 share
コメント(0)
ひと言でいいので、気軽にコメントしていってください!
あなたのそのひと言がこのブログ運営の原動力なのです。よろしくお願いします。

関連記事:モバイル
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation