うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ海外の旅映画デジタルガジェットPANASONIC動画ありPCトラブル北海道音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ神戸ソフト&アプリSONY九州小豆島NIKON夜景SEIKO旅(複数)PCパソコンGirlsAward鉄道フィルムカメラウェブあまちゃんスマートフォン撮影道具浅田真央アメリカ白谷雲水峡屋久島四国iPod_touch4thパソコン周辺機器E-520ロジクール台湾土讃線RICHO-PENTAX金比羅山終わらない断捨離の記録アユタヤ讃岐うどんXJAPAN浅草バックパック香港道後温泉予讃線高松WiMAX江ノ島風鈴横浜駅ノニ大洗港動画グラム単位の軽量化CANONLEICA礼文島FUJIFILMキャメロン・ディアス摩耶山松山駅ミニチュア風大部港小樽ポートタワー窪川駅高知城日生港双子浦観音寺駅瀬戸内海南京町予土線松山城四万十川高知浜松エンジェルロード日生駅富士山東北メリケンパーク戸田恵梨香藤木直人中古車屋フリー写真素材水着スポーツジム実験阿部寛坪尻駅阿波池田駅高知駅はりまや橋琴平駅ジャガー二俣川サッカーテレビ桂浜東北本線レオナルド・ディカプリオ豊川悦司ジョージ・クルーニーオルガ・キュリレンコ仲間由紀恵ROSEROSEトム・ハンクスiPod_touch4thスマートフォンはまなす中井貴一伊予大洲駅東京ドーム函館いしかりライナー保土ヶ谷バイパス小樽運河ブライアン・セッツァースーザン・ボイルあぶくま駅兜駅塔のへつり駅秋の乗り放題パスGoProCOSINAミャンマー会津田島駅大川ダム公園駅被災地阿武隈急行線RADWIMPS南会津会津鉄道八重の桜男鹿高原駅水道橋駅LS-10汐吹公園東伊豆シュノーケリング川奈スキンダイビング平泉北海道&東日本パス東京スカイツリー新青森水戸黄門水戸駅東京駅トレイルランニングJR東日本パス東北新幹線はやぶさ福島駅八ツ森駅稚内駅名寄駅宗谷本線三ノ宮駅二俣川駅Milky_Bunny熊ヶ根駅YMOきゃりーぱみゅぱみゅJRしおサイダーハワイMAMMUT角島大橋カラビナ青森

Seiko Skyliner Calendar (セイコー スカイライナー カレンダー)

2017.09.08 (Fri) 共有

セイコー スカイライナー カレンダー 62系 手巻き腕時計
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真は、いわゆるアンティークウォッチもしくはヴィンテージウォッチとされるとても古い腕時計。セイコーが私が生まれるよりも前の1960年代に発売したらしい手巻きの機械式腕時計だ。

SEIKO SKYLINER (セイコー スカイライナー)というシリーズの『Seiko Skyliner Calendar(セイコー スカイライナー カレンダー)』というモデルらしい。ムーブメントはCal.6222Aという21石で手巻きの機械らしい。

「らしい」という言い方になってしまうのは、この手のアンティーク腕時計はもちろんだが、腕時計全般について特に詳しい訳ではないので・・・。

基本的にデザインの好みで衝動的にモノを選ぶ傾向にあるので、中身についてはまあ後から調べることになる。というかそれほどこだわってない。

このセイコーのアンティークな腕時計に惹かれたのも、現代のセイコーに必ずあるあの「SEIKO」ロゴではなく、筆記体で「Seiko Skyliner」と書かれていたのが、なんか新鮮だったから。それにゴールド色のケースの腕時計なのにシンプルで品があるのもいいと思った。


SEIKO SKYLINER CALENDAR Antique watch
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

「へー筆記体ロゴのセイコーの時計もあるんだねー」

しかもこの主張しないシンプルで控えめな筆記体ロゴがまたいい。言われなければこれがセイコーの腕時計だとは誰も気づかないだろう。

文字盤は銀色で、文字は黒、針やバーインデックスは金色。「Seiko Skyliner」のロゴの下に「Calendar」と書かれていて、6時側には、「WATERPROOF」「DIASHOCK 21 JEWELS」「JAPAN 6222-8000S AD」と書かれている。

ちなみに裏ぶたには、中央にタツノオトシゴの刻印があって、それを囲むように「SEIKO」「WATER PROOF」「SGP」「6222-8000」と記載されている。SGPなのでケース素材は、金メッキということになる。

スカイライナー カレンダーというモデル名だが、カレンダー早送り機構は無いので日付合わせはかなり面倒だ。この腕時計のカレンダーの合わせ方は、21時と24時を往復させることで日付を早送りすることができる。


セイコー スカイライナー カレンダー DIASHOCK 21 JEWELS
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

風防の素材はガラスではなくたぶんプラスチック製。形状はドーム型で、斜めから見るとカーブの部分にゆがみによる光の反射が生じるのが、なんというか、とてもクラシカルな雰囲気でいい。

50年以上も前の機械式腕時計なのに、ゼンマイを巻けば普通に稼働するし、日差も数日くらいならまったく気にならないレベルで、現状は修理やOHの必要をまったく感じられないほど程度が良い個体。

ケースの幅はりゅうずを含めて実測で約40mmくらい、厚さは約10mmくらい。重さは社外の本革ベルトを含めて45gくらい。メカ的なことなどの詳細なスペックは一切不明。

なお写真がノスタルジックなフィルム写真のような雰囲気なのは、ヴィンテージウォッチなので、オリンパスのアートフィルター「ヴィンテージ」で撮影したものをベースに加工したから。レンズは、宝の持ち腐れになっているM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROで、望遠端でもけっこう寄れて、写りもいいので、トリミング前提になるけど物撮りにも使える。


Seiko Skyliner Calendar 6222-8000S
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

こちらが、このセイコースカイライナーの実際の色合いがわかる写真。

ところで、せっかく手に入れたグッドコンディションのセイコー スカイライナー カレンダーだが、実際のところまったく使っていない。というか使い所がなかった。

どうしてかと言うと、何度か着けて出かけてみたんだけれど、どうもファッションと合ってないような気がして。私が普段に着ている服は、365日ほぼアウトドアブランドかスポーツブランドのラフなアウトドアウェアばかり。

金ケースだからか?本革ベルトだからか?アンティーク腕時計だからか?なぜだがわからないんだけれど、とにかくアウトドアスタイルには似合ってないような気がして・・・。

たぶんスーツやシャツなどフォーマルなスタイルなら似合うはずなんだけれど、スーツはもうここ10年ほど着ていない。よって使う場面がない...。

悲しい・・・

ところで最新のセイコーの機械式(自動巻き)腕時計にもクラッシックな雰囲気のがいろいろあるんだねー。

↓これなんかスカイライナーそっくりだよ
SEIKO PRESAGE SARY076
SARY076 ※クリックで詳細

SEIKO PRESAGE SARY076

ちなみに「スカイライナー」を検索すると「成田に行くなら成田エクスプレスVS京成スカイライナーのどっち?」とか出てくるけど、東京駅八重洲口から乗れる東京シャトルかTHEアクセス成田という成田空港直通の高速バスの方が、安くて、早くて、快適だと思うよ。

では、また

関連アイテム
スポンサード リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 share
コメント(0)
ひと言でいいので、気軽にコメントしていってください!
あなたのそのひと言がこのブログ運営の原動力なのです。よろしくお願いします。

関連記事:腕時計
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation