うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ映画海外の旅PANASONICデジタルガジェット動画ありPCトラブル北海道音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ九州SONYソフト&アプリ小豆島神戸NIKON夜景SEIKOPC旅(複数)パソコンGirlsAward鉄道撮影道具アメリカ屋久島白谷雲水峡あまちゃんフィルムカメラウェブ浅田真央スマートフォン金比羅山パソコン周辺機器E-520iPod_touch4thロジクール終わらない断捨離の記録四国土讃線アユタヤRICHO-PENTAX讃岐うどんバックパック浅草LEICAFUJIFILM礼文島予讃線香港高松風鈴道後温泉動画WiMAXXJAPANキャメロン・ディアスポートタワー江ノ島大洗港横浜駅ノニ摩耶山CANONミニチュア風松山駅小樽グラム単位の軽量化大部港浜松窪川駅高知城瀬戸内海高知松山城南京町双子浦日生港観音寺駅予土線日生駅四万十川エンジェルロード戸田恵梨香東北メリケンパーク富士山藤木直人中古車屋フリー写真素材水着スポーツジム実験青森坪尻駅阿波池田駅高知駅はりまや橋琴平駅ジャガー阿部寛二俣川サッカーテレビ桂浜東北本線オルガ・キュリレンコレオナルド・ディカプリオ豊川悦司仲間由紀恵トム・ハンクスブライアン・セッツァーROSEROSEジョージ・クルーニーiPod_touch4thスマートフォン函館中井貴一伊予大洲駅いしかりライナー小樽運河はまなす保土ヶ谷バイパススーザン・ボイルRADWIMPS秋の乗り放題パスあぶくま駅兜駅GoProミャンマーCOSINA台湾塔のへつり駅会津田島駅南会津被災地阿武隈急行線会津鉄道男鹿高原駅大川ダム公園駅八重の桜東京ドーム水道橋駅川奈汐吹公園東伊豆スキンダイビング北海道&東日本パス福島駅平泉シュノーケリング東京スカイツリートレイルランニング水戸黄門水戸駅JR東日本パスはやぶさ新青森東北新幹線八ツ森駅しおサイダー三ノ宮駅稚内駅名寄駅二俣川駅熊ヶ根駅LS-10Milky_Bunny宗谷本線YMOハワイJRMAMMUTカラビナきゃりーぱみゅぱみゅ角島大橋東京駅

RRS (Really Right Stuff) BOEM1: Plate for OM-D E-M1 使用レビュー

2016.04.11 (Mon) 共有

RRS (Really Right Stuff) plate for OM-D E-M1
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

【Customized My Camera】 OLYMPUS OM-D E-M1 編
RRS (Really Right Stuff)
BOEM1: Plate for OM-D E-M1


昔から私は何でもカスタマイズするのが好きである。カスタマイズというのは、簡単に言えば、外観の変更や機能の追加など、製品の仕様を自分の好みや使い勝手に変更すること。やはりカメラも使っているうちにいろいろとカスタマイズしたくなってくる。

今回、紹介するのは、2014年おっさん一人旅~四国編の旅の途中、カメラとレンズを列車の床へ落下させてレンズを大破させてしまった事件の教訓としてその数日後に購入した『RRS (Really Right Stuff) BOEM1: Plate for OM-D E-M1』というアイテム。

不幸中の幸いでカメラはほとんど無傷だったが、落とし方によってはカメラも大破もしくは大きく傷ついていただろうと思うと、何かしらのガードが必要だと感じ、入手したのがこのRRSプレートだった。


RRS (Really Right Stuff) plate for OM-D E-M1 上側
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

これは何かと言うと、写真を見ての通り、カメラ底面に装着するアンダープレート?なるアイテムである。本来は、カメラをガードするというよりも、グリップの向上&クイックリリースプレートがこのアイテムの用途。

プレートの下の部分が、アルカスイス(ARCA SWISS)規格の互換クイックリリースプレートになっていて、同じくアルカスイス規格のクイックリリースクランプなどに取付が可能なのだ。


RRS (Really Right Stuff) plate for OM-D E-M1 装着 正面
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

装着すると底面全体が底上げされ、さらにグリップ部分まで回り込んでいるのでグリップ力が向上する。

ノーマルの状態だと小指が収まりきらず半分くらい下にはみ出すが、これを装着すると指の収まりがとても改善する。

ノーマルの状態↓

OLYMPUS OM-D E-M1ボディ


重量は約60gほどなので、見た目の印象ほど重くはならない。


RRS (Really Right Stuff) plate for OM-D E-M1 装着 斜め後ろ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

可動式液晶モニターは、上下どちらに傾けてもRRSプレートに干渉することはない。

ところで中国メーカーの物で他にも同じようなプレートは何種類かあるんだけれど、このRRS製を選んだ最大の理由は、右横にハンドストラップグリップを通すことができる穴が開いている構造になっていたから。

ハンドグリップストラップを取り付ける場合、本来はストラップ取付用の部品を三脚穴に取り付ける必要があるんだけれど、それだとこのこのようなアンダープレートの外観や機能が大きく損なわれてしまう。下部がさらに出っ張る感じになるし、クイックリリースプレートの機能は完全に死んでしまうからね。だからこの穴の存在は非常に重要だ。

ちなみに愛用のハンドストラップグリップは「COTTON CARRIER HAND STRAP」という製品。

↓これです

COTTON CARRIER HAND STRAP コットンキャリア ハンドストラップ



RRS (Really Right Stuff) plate for OM-D E-M1 下側
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

裏側を見るとちゃんと三脚ネジ穴が開いていて、レンズ光軸上に再配置されている。


RRS (Really Right Stuff) plate for OM-D E-M1 装着 裏面
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

もちろん装着したままバッテリーの出し入れができる構造になっている。付けっぱなしで使いたい物なので、こうじゃなかったら買わないよね。


RRS (Really Right Stuff) plate for OM-D E-M1 装着 ロゴ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

ところでReally Right Stuffは、リアリー・ライト・スタッフと読み、通称はRRS(アール・アール・エス)らしい。ついついRSSやSSRと書いてしまういそうになるけど・・・。

Really Right Stuffは、クイックリリースプレートの製造から始まり、現在は三脚、一脚、三脚ヘッド(ボールヘッド、フルード雲台、パノラマ・ジンバル雲台、一脚雲台、カメラ回転デバイスなど)、プレート各種(カメラプレート、Lプレート、レンズプレート、多目的レール)、クイックリリース・クランプ、フラッシュ・ブラケットなど三脚関連のアイテムを製造しているアメリカのメーカーなんだとか。ウェブサイトにMade in USAと書いてあるので、アメリカで製造していると思われる。

なお今回購入した「BOEM1: Plate for OM-D E-M1」にはオプションとして、「BOEM1-L: L-component for BOEM1 plate」という三脚にカメラを取り付ける時の縦位置にも対応できるL型のモジュラーベースプレートもあるんだけど、まあ私的には必要ないかなと思って買わなかった。

↓オプションのL型プレートを付けるとこんな感じ
BOEM1-L-Set-L-plate-for-OM-D-E-M1

カメラのガードを考えると、このL型プレートも付けた方が、下部+左側+右側(ハンドストラップ装着)って感じで、防御力がかなり上がるのは間違いないだろう。

ちなみにこのRRS (Really Right Stuff) BOEM1: Plate for OM-D E-M1のお値段は下記。

[BOEM1: Plate for OM-D E-M1] 65ドル
[BOEM1-L: L-component for BOEM1 plate] 60ドル
[BOEM1-L Set: L-plate for OM-D E-M1] 125ドル

メインのプレートとL型オプション部品がほぼ同じ値段(5ドル違い)というのが意味わからんけど、製品のクオリティはかなり高かかったので価格の高さは、なんとか納得できる範囲かな。

ちなみに日本国内では売っているサイトが無かったので、米国のRRS直営サイトの通販で購入(つまり個人輸入)。アメリカから発送なので送料がめっちゃ高いのが最大の難点。

http://www.reallyrightstuff.com/

Really Right Stuffから届いた荷物

こんな荷物で届いた。


Really Right Stuffの荷物を開封したらこんな感じ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

荷物を開封したらこんな感じでRRS (Really Right Stuff) BOEM1: Plate for OM-D E-M1が入っていた。


SUNWAYFOTO DDC-26
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

こちらは私が使っているアルカスイス互換のクイックリースクランプで『SUNWAYFOTO DDC-26』という製品。本家Arca-Swissの物はめちゃくちゃお高いけど、こちらはかなりリーズナブルなお値段。しかも製品のクオリティはわりと高いと思う。

この小さいサイズがミラーレス一眼には最適かつとても使い勝手が良くて、いろいろと重宝している。

これです↓

SUNWAYFOTO クイックリリースクランプ DDC-26


センターの取り付け穴は、カメラの三脚ネジ穴と同じUNC1/4-20(細ネジ)のネジが切ってある。


RRS (Really Right Stuff) plate for OM-D E-M1 + SUNWAYFOTO DDC-26
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

ほら、三脚への装着が、こんな感じで一瞬で完了するー!

すでに1年以上使用しての感想だけれど、はっきり言って、もうこれじゃないと三脚を使うのが面倒なほど便利。グリップも確実に持ちやすくなった。そしてなによりもアンダーが完全に守られているという安心感。床にカメラを落とした経験のある私の場合、これこそ最大のメリットじゃないかな。

なおAmazonではこのRRS製は売ってないけど、NEEWER、Fotga、No1accessory、Waterwood、MENGSというメーカーの物ならけっこう安く売っているね。

Amazonで「E-M1 アルカスイス」を検索

実は最近、OM-D E-M5 MarkⅡ用も買ったので、次回はそちらのレビューも書く予定です、お楽しみに。

では、また

↓こんな本が出た

オリンパスPEN&OMのすべて (Gakken Camera Mook)

2016年に80周年を迎えるカメラメーカー、オリンパス。現在、OM-DシリーズとPENシリーズと2種類のラインを展開する同社のカメラの魅力に迫る1冊です。技術、デザインに加え、両シリーズのヒストリーを詳しく掲載。資料性の高い1冊です。

関連アイテム
スポンサード リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 share
コメント(0)
ひと言でいいので、気軽にコメントしていってください!
あなたのそのひと言がこのブログ運営の原動力なのです。よろしくお願いします。

関連記事:カメラと写真
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation