うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ海外の旅映画デジタルガジェットPANASONIC動画ありPCトラブル北海道音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ神戸ソフト&アプリSONY九州小豆島NIKON夜景SEIKO旅(複数)PCパソコンGirlsAward鉄道フィルムカメラウェブあまちゃんスマートフォン撮影道具浅田真央アメリカ白谷雲水峡屋久島四国iPod_touch4thパソコン周辺機器E-520ロジクール台湾土讃線RICHO-PENTAX金比羅山終わらない断捨離の記録アユタヤ讃岐うどんXJAPAN浅草バックパック香港道後温泉予讃線高松WiMAX江ノ島風鈴横浜駅ノニ大洗港動画グラム単位の軽量化CANONLEICA礼文島FUJIFILMキャメロン・ディアス摩耶山松山駅ミニチュア風大部港小樽ポートタワー窪川駅高知城日生港双子浦観音寺駅瀬戸内海南京町予土線松山城四万十川高知浜松エンジェルロード日生駅富士山東北メリケンパーク戸田恵梨香藤木直人中古車屋フリー写真素材水着スポーツジム実験阿部寛坪尻駅阿波池田駅高知駅はりまや橋琴平駅ジャガー二俣川サッカーテレビ桂浜東北本線レオナルド・ディカプリオ豊川悦司ジョージ・クルーニーオルガ・キュリレンコ仲間由紀恵ROSEROSEトム・ハンクスiPod_touch4thスマートフォンはまなす中井貴一伊予大洲駅東京ドーム函館いしかりライナー保土ヶ谷バイパス小樽運河ブライアン・セッツァースーザン・ボイルあぶくま駅兜駅塔のへつり駅秋の乗り放題パスGoProCOSINAミャンマー会津田島駅大川ダム公園駅被災地阿武隈急行線RADWIMPS南会津会津鉄道八重の桜男鹿高原駅水道橋駅LS-10汐吹公園東伊豆シュノーケリング川奈スキンダイビング平泉北海道&東日本パス東京スカイツリー新青森水戸黄門水戸駅東京駅トレイルランニングJR東日本パス東北新幹線はやぶさ福島駅八ツ森駅稚内駅名寄駅宗谷本線三ノ宮駅二俣川駅Milky_Bunny熊ヶ根駅YMOきゃりーぱみゅぱみゅJRしおサイダーハワイMAMMUT角島大橋カラビナ青森

【CP+2016に行ってみた】 5. RICOH & SIGMA ブースはこんな感じ

2016.02.27 (Sat) 共有

CP+2016 RICOHブース
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

【CP+2016に行ってみた】 目次はこちらから。

こちらはPENTAXブランドの一眼レフを販売するRICOHイメージングのブース。


CP+2016 RICOHブース イベントコンパニオンさん
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 POWER O.I.S.

リコーのイベントコンパニオンさん。


CP+2016 RICOHブース PENTAX K-1
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

今回のRICOHブースの目玉は、4月下旬発売予定のフルサイズ一眼レフ『PENTAX K-1』だ。


PENTAX K-1


3640万画素、ISO 204800の35ミリフルサイズCMOSセンサーと新・画像処理エンジンPRIME IVを搭載し、解像力と高感度を最高レベルで両立したらしい。

また、35ミリフルサイズで世界初の5軸・5段の補正効果を実現するボディ内手ぶれ補正機構 SRⅡと暗がりでも的確な自動露出とオートフォーカスが可能な-3EV低輝度対応AE・AF、さらに強力な防塵・防滴構造&-10℃耐寒動作保証などの搭載で、悪天候、暗さ、寒さなどの過酷なフィールド環境でも性能を発揮できるらしい。


CP+2016 RICOHブース PENTAX K-1
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

特に素晴らしいと思ったのは、フレキシブルチルト式液晶モニターという画期的な機構。なんと上下左右どちらの方向にもモニターを向けられ、さらに上の写真のようなありえない角度にすることも可能なんだとか。


CP+2016 RICOHブース PENTAX K-1
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8 POWER O.I.S.

レンズはAPS-Cの一眼レフのKマウントレンズがすべて装着可能。なおその場合はAPS-Cサイズの写真になる。

うーんこれはスペック的にはニコンD810なんかがライバルのカメラになるのかな?

詳しいPENTAX K-1の詳細は商品ページを参照。
PENTAX K-1 商品ページ


CP+2016 RICOHブース P GRⅡSilver Edition
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

個人的にはPENTAXのカメラはそれほど興味はなくて、どちらかと言えば上の写真のRICOH GRⅡの方が欲しかったりする。

これはその限定モデルで、『GRⅡ Silver Edition』ってやつ。たぶん色がシルバーってだけなのかな。


RICOH GRII Silver Edition


これはなんとマイクロフォーサーズより一回り大きなAPS-Cサイズのセンサーを搭載したデジカメ。にもかかわらずコンパクトで軽量で、しかもあまり高級そうに見えない。だけど実は凄いんだぞーみたいな感じが、けっこう好きなんだなー。

例えるなら昔のスカイラインとかBMWみたいな、いわゆる「羊の皮をかぶったオオカミ」って感じ(古い人間なんです)。

このGRⅡの詳細は商品ページを参照。
GRⅡの商品ページ

RICOHブースでは他に全天球カメラ「RICOH THETA S」や新発売の防水アクションカメラ「WG-M2」などもアピールしていた。


RICOH RICOH THETA S 360°全天球カメラ



RICOH WG-M2



CP+2016 SIGMAブース
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

お次はカメラと言うよりかレンズメーカーというイメージが強いSIGMAのブース。でも実はカメラも凄いらしい。


CP+2016 SIGMAブース
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

今回、SIGMAが発表したのが写真の『sd Quattro』と『sd Quattro H』というレンズ交換式のカメラだ。

詳細はよく知らないんだけど、なんでもSIGMAのカメラに搭載されるFoveonセンサーってのが、他のメーカーとまったく違う方式で、唯一無二の存在なんだって。まあこればかしは体感したことがないので、その違いをまったく理解できてないんだけれど、世間の評価はけっこう高いよね。


CP+2016 SIGMAブース
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

これは、sd Quattroにレンズが装着された状態。変なカタチのカメラだけれどなんかとっても面白そうな予感がする。

このsd Quattroの詳細は商品ページを参照。
sd Quattro の商品ページ


CP+2016 SIGMAブース
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

こちらはSIGMAブースのライブステージ。

SIGMAブースでは他に、ミラーレス一眼用(EマウントとM4/3)の新しいレンズ「30mm F1.4 DC DN」などもアピールしていた。

お次はSONY & FUJIFILM ブースですよー。

つづく

関連アイテム

関連外部リンク
スポンサード リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 share
コメント(0)
ひと言でいいので、気軽にコメントしていってください!
あなたのそのひと言がこのブログ運営の原動力なのです。よろしくお願いします。

関連記事:カメラと写真
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation