うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
E-3一人旅Z.D.ED12-60mmF2.8-4.0SWDLUMIX_G20mmF1.7ASPH.E-P3htcEVO3D(ISW12HT)映画DMC-GF1タイドラマ旅(複数)E-M1横浜Z.D.ED50mmF2.0Macro音楽鉄道M.Z.D.ED12-40mmF2.8PRO動画バンコクスマートフォン夜景北海道IE8Z.D.ED50-200mmF2.8-3.5SWDInternet_ExplorerDSC-HX100VCP+Z.D.ED40-150mmF4.0-5.6DIGITAL_HARINEZUMI2富士山Z.D.ED9-18mmF4.0-5.6iPod_touch4thみなとみらいパソコン小豆島神戸PC秋の乗り放題パスウェブパタヤパソコン周辺機器東京スカイツリー宮崎あおいあまちゃん横浜ベイブリッジGirlsAward松山ケンイチM.Z.D.ED12mmF2.0E-M5江口洋介横浜駅白谷雲水峡アユタヤ浅草屋久島浅田真央横浜ランドマークタワー上戸彩Ai_Nikkor50mmf1.4GM1小樽大さん橋礼文島青森ロジクールM.Z.D.14-42mmF3.5-5.6ⅡR函館山下公園イベントコンパニオンE-520M.Z.D.14-42mmF3.5-5.6二俣川駅LS-10WiMAX大洗港四国渋谷土讃線戸田恵梨香松原商店街松田翔太江ノ島トラブル温泉上地雄輔金比羅山阿部寛Nikkor24mmf2.8Ai高松岡津町摩耶山風鈴ワット・アルンノニ藤木直人菅野美穂ポートタワー木村拓哉道後温泉東北本線JRiPad_miniXJAPANATOK西岸駅バックパック登別温泉角島大橋iPhoneAmazon稚内東京駅大部港予讃線シュノーケリング藤原竜也au石原さとみ綾瀬はるか讃岐うどんラン島仲間由紀恵八重の桜DVD妻夫木聡長崎益田駅LEICA_minilux枕崎駅熊本駅中井貴一瑛太松山駅ミニチュア風鹿児島本線佐藤浩市金沢駅キャメロン・ディアスレオナルド・ディカプリオ豊川悦司予土線四万十川窪川駅松山城瀬戸内海双子浦ジョージ・クルーニー汐吹公園エンジェルロード観音寺駅高知城高知五能線平泉オルガ・キュリレンコ阿波池田駅坪尻駅高知駅北海道&東日本パス川奈桂浜はりまや橋スキンダイビング日生港日生駅トレイルランニング蒼井ゆう平塚駅久大本線日の出ソニータイマー金沢八景JR東日本パスはやぶさ新青森iPod_touch4thスマートフォンIKEA夜明駅水戸黄門南京町有吉弘行阿蘇山浜松東伊豆指宿枕崎線秋田水戸駅深津絵里はまなす保土ヶ谷バイパス東北新幹線テレビサムスンXperia秋葉原AdobeiPadAir0.8秒と衝撃。あぶくま駅実験JR磐越西線塔のへつり駅会津若松駅中古車屋兜駅E-M1Z.D.ED50mmF2.0MacroBOSEスポーツジム旭川水着美瑛FC2ブログ共有テンプレートフリー写真素材札幌洞爺湖E-M10ボルボM.Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6EZGoProIE10会津田島駅大川ダム公園駅BLANKEY_JET_CITYスーザン・ボイルRADWIMPS松嶋菜々子上野樹里長谷川博己二俣川サッカーROSEROSEトム・ハンクスジャガーブライアン・セッツァーリゾートしらかみ香里奈観月ありさ東北被災地南会津会津鉄道男鹿高原駅メリケンパーク阿武隈急行線ワット・サケットワット・ポーフワランポーン駅WOLリモートデスクトップ琴平駅谷川岳薩摩高城駅肥後二見駅西大山駅指宿駅水道橋駅三ノ宮駅山陰本線OM-1PEN_FPEN_FT初代PENE-PL5OM-3東京ドーム長野電鉄屋代線香港ミャンマー羽田空港ヘルニアAterm_BL900HWロト7宗谷本線名寄駅三角地帯THE_MAD_CAPSULE_MARKETSDVD-Rパスポート稚内駅博多駅エヴァンゲリオン白馬駅業平橋駅Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6町田駅穴水駅のと鉄道大糸線糸魚川駅宗谷岬黒味岳納沙布岬苫小牧緑園都市駅和倉温泉駅大黒パーキング戸塚駅特牛駅唐津駅EOS-1DX立山黒部アルペンルートREGZA_Phone_T-01C熊ヶ根駅飛鳥Ⅱ海本牧魚津駅Milky_BunnyiOS伊予大洲駅横浜港CRASSしおサイダーBabylon伊万里駅Facebook佐世保駅たびら平戸口駅大村線酒田駅きらきらうえつ山形鳥取砂丘軍艦島南阿蘇鉄道長崎本線羽黒山横浜赤レンガ倉庫女鹿駅角館南部鉄道秋田内陸線土合駅福島駅阿蘇駅赤水駅めがね橋碓氷峠八ツ森駅出雲市駅小幌駅七尾線彦根駅カラビナMAMMUTウィルス米原駅小樽運河いしかりライナーYMOふじ丸初詣きゃりーぱみゅぱみゅ大橋のぞみスパイウェアFM戸塚嘉瀬駅ストーブ列車津軽鉄道東室蘭駅北舟岡駅豊岡駅十和田観光電鉄線上北町駅田儀駅七尾駅宇都宮駅福島郡山駅驫木駅

ミャンマーのヤンゴン国際空港でプリペイドSIMカードを購入する方法

2015.10.11 (Sun) 共有

ミャンマーのヤンゴン国際空港で購入したOoredooのプリペイドSIMカード 表側
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

写真は先月2015/09/21に入国したアジア最後のフロンティアとよく言われるミャンマー(旧ビルマ)のヤンゴン国際空港で購入したOoredooというキャリア(通信会社)のプリペイドSIMカードである。

ミャンマー美人の女性が印刷され、いかにもミャンマーって感じの色合いのパッケージが特徴的。後で説明するが料金は破格なのでこれからミャンマー旅行に行く人はぜひ参考にしてみてほしい。

プリペイドSIMカードとは、簡単に説明すると「使い捨てSIMカード」のことで、テレフォンカードのような前払い方式でデータ通信や通話が可能なSIMカードのことだ。通常のデータ通信SIMカードは、例えばドコモやauなどのキャリアと契約して毎月使った後に支払いが発生するが、プリペイドSIMカードの場合は、購入時に選んだ期間及びデータ通信量などの内容に応じて料金を前払いすることになる。

海外現地のSIMカードを使う最大のメリットは、ドコモのWORLD WINGやauのグローバルパスポートなど国内キャリアの海外・国際ローミングサービスよりも通信費をかなり安く抑えることができるということだ。

ただしこの方法を利用するには、SIMフリー端末(SIMフリーのスマートフォンやタブレットなど)が必要になる。なのでSIMロックがかかった国内キャリア用のSIMロック端末では通常は不可である。

しかしなぜかiPad~iPad Air~iPad miniシリーズ(セルラーモデル)だけは、国内キャリア版SIMロックモデルでも海外ではSIMロックフリー端末になるという裏ワザ的な仕様となっている(はず)。

詳細は: 「日本版iPad miniは海外ではSIMフリーになる」をバンコクでプリペイドSIMを買って試してみた

ちなみに私は今回もau版iPad mini2 Cellularモデルをミャンマーへ持ち込み実際に写真のOoredooプリペイドSIMカードを挿して使ったが、まったく問題なくインターネット通信ができた。さらにWindows10タブレットでテザリング(インターネット共有)も試してみたがこちらも問題なくインターネット通信ができた。


ミャンマーのヤンゴン国際空港で購入したOoredooのプリペイドSIMカード 裏側
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

パッケージ裏の上バーコードがIDコードで下が電話番号だと思われる。SIMカード裏には、PINコード(暗証番号)とPUKコード(PINコードを3回連続間違えてPIN ロックがかかった場合の解除コード)が記載されているので、念の為、出国まではパッケージと一緒に持っておくのがいいと思う。

ちょっと驚いたのは、最初からNano SIMだったこと。タイだと大きなSIMかmicroSIMを店員がカットしてNano SIMにしていたので。


ミャンマーのヤンゴン国際空港で購入したOoredooのプリペイドSIMカード パッケージ内の説明
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

パッケージ内の説明書きはほぼビルマ文字(ビルマ語もしくはミャンマー語)なのでまったく読めない。まだ外国人旅行者向けの配慮とかはないみたい(笑)。というかこのキャリア会社名「Ooredoo」ってなんて読むのオーレドー???と思って調べたら「ウリードゥー(ウーレドゥもしくはオレドー)」って読むんだって。


ミャンマーのヤンゴン国際空港到着ロビー
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

それでいよいよタイトルの「ミャンマーのヤンゴン国際空港でプリペイドSIMカードを購入する方法」を説明していこう。

まずこのOoredooのプリペイドSIMを買った場所は、到着ターミナルですべての入国手続き(入国審査~荷物受け取り~税関)が完了した最終ゲート先の到着ロビー(上の写真)。

なお上の写真の手前がOoredooの販売ブースで、少し先に黄・青・白のカウンターの「MPT」というのがあるが、それもミャンマーのキャリアの一つなのでそこでもプリペイドSIMカードは買えると思われる。他に「Telenor Myanmar」というキャリアのブースもヤンゴン国際空港内にあるらしい。他に空港内にあるかわからないけど街では「MECTel」というキャリアのSIMも売っているらしい。


ミャンマーのヤンゴン国際空港のOoredooの販売ブース(カウンター)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

Ooredooの販売ブースには、ミャンマー人の男女の店員が居た。ミャンマー人は日本語はもちろん英語も通じないらしいので、とりあえずビルマ語(ミャンマー語)で挨拶してみた。

「မဂၤလာပါ။(ミンガラバー)」

ミンガラバーというのは「こんにちは」という意味。しかしこれ以外のビルマ語は話せないのでとりあえず英単語を並べてみた(笑)。

My ipad」と言ってiPad mini2を店員に見せる。

I want to buy prepaid sim card」と言ってiPad mini2のSIMの蓋を指差す。

In Myanmar...4days. How much?


ミャンマーのヤンゴン国際空港で購入したOoredooのプリペイドSIMカード 料金表
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

すると店員が上の写真の料金表を出して説明をしてくれた。

Sim card is 1500Kyat. Plus 500MB 3900Kyat」ってな感じだったと思う。

上のチラシだとKsというのがミャンマーの通貨Kyat(チャット)の表記。

それでその時は、SIMカードの代金が1500チャットで、データ容量が500MBで3900チャットなんだと理解したが、今改めてチラシを見たら+500MBってなっているからおそらくプラスボーナスで計1GBで3900チャットってことだった。でないと1MB当たり3.9チャットという計算にならないからね。

4days OK?

OK

Monthlyって書いてあるから1カ月使えるので当然4日間はOKである。というか今思うと実質滞在日数はたった2.5日間なので、できれば7daysとかでもっと安いのがあれば最高だったけどね・・・。

How much? Total

すると店員は電卓を出し「1500Kyat + 3900Kyat = 5400Kyat」といって表示された数字を見せた。なるほどつまり5400チャットで1カ月間もしくは1GBまでデータ通信を利用できるという訳だ。まあその時は4日間で500MBって理解していたんだけどね。

It's OK!

そう言って先ほど両替したばかりのチャットで代金を支払い、iPad mini2を手渡した。すると店員は中に入っているauのSIMカードとOoredooのSIMカードを入れ替え設定を始める。4、5分後、店員は、「Ooredoo」と言ってタブレットの画面を指差した。

そには「au」に替わり「Ooredoo」と表示されていた。念の為、インターネット接続を試みたら問題なく繋がった。

Wow! Good! Thank you very much!

とお礼を言うと店員はニコっと微笑んだ。

早速、実際の通信状況を確認すべく、空港の外に出て写真を撮りTwitterにツイートしてみた。


さらにタクシーで空港からダウンタウンまでの移動の途中にもツイート。


大変失礼ながらまさか移動中の車内でも問題なく通信できるとは思っていなかったので驚いた。

こんな感じで無事ミャンマー入国と同時にヤンゴン国際空港内でインターネット接続環境を入手できたのだった。まあ後でダウンタウンを街ブラした時にもSIMカードの屋台を2回ほど見かけたので、たぶん空港以外でも購入は可能だと思われる。

その後、ヤンゴン滞在中、市内をあちこち移動しながら、このSIMを使ってネット通信を行ったが、鉄道のトンネル以外で通信ができないような状況はほとんどなかった。つまり街中はもちろんホテル内、店舗内、タクシー走行中、ヤンゴン環状線の列車走行中などでも問題なく通信できた。

他を試していないのでキャリア別の比較はわからないけれど、とりあえず私的にはOoredooプリペイドSIMカードのヤンゴンの電波状況は想像以上に良いというのが感想。

それで実際にかかった料金はすでに5400チャットと書いたが、これを日本円に換算すると・・・1000チャット100円くらいなので・・・

だいたい540円くらい!安い!

国内キャリアの国際ローミングサービスの料金と比較してもらえば、海外プリペイドSIMがいかに破格なのかがわかると思う。もちろん滞在期間が長いほどその差は圧倒的になる。

まあ今は日本でも格安SIMなら同じくらいだけどね。

上の料金表を日本円に換算すると
Daily 50MB 39円 +50MB 0.39円/MB
Monthly 500MB 390円 +500MB 0.39円/MB
Monthly 1GB 690円 +1GB 0.34円/MB
Monthly 2GB 1290円 +2GB 0.315円/MB
Monthly 5GB 2990円 +5GB 0.292円/MB
Monthly 10GB 5590円 +10GB 0.273円/MB
※2015年10月現在
※SIMカード代金 1枚 150円

という訳でこれからミャンマー旅行をされる人はぜひSIMロックフリー端末を持って行ってみてくださいね!

私のミャンマー一人旅の様子は下記twilogで↓
2015/09/21 ミャンマー入国
http://twilog.org/webkajp/date-150921/allasc
2015/09/22 ヤンゴン観光
http://twilog.org/webkajp/date-150922/allasc
2015/09/23 ヤンゴン環状線の旅
http://twilog.org/webkajp/date-150923/allasc
2015/09/24 ミャンマー出国~タイ
http://twilog.org/webkajp/date-150924/allasc

では、また

ミャンマー旅の必需品

D24 地球の歩き方 ミャンマー 2016~2017

経済成長著しいミャンマー。 ビジネス渡航者にも役立つ各ホテル、町なかでのWi-Fi接続環境にも対応。指さしで注文できる料理図鑑、おみやげリスト、お寺巡りのコツを紹介。人気遺跡バガンは地図を細かく分け、どこから巡ればよいのかをわかりやすく案内。アジアで最も注目のこの国に行くなら今しかない!


旅の指さし会話帳44ミャンマー (ここ以外のどこかへ!)

現地の人しか知らないとっておきの店や、最近流行っているスポットを教えてもらったり…。語学の苦手な人でも、ぶっつけ本番で会話が楽しめるように、ありとあらゆる工夫をした会話帳。ミャンマー語編。

関連アイテム
スポンサード リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 share
コメント(0)
ひと言でいいので、気軽にコメントしていってください!
あなたのそのひと言がこのブログ運営の原動力なのです。よろしくお願いします。

関連記事:旅と旅写真
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/乗り鉄/降り鉄/駅鉄/撮り鉄/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation