うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
E-3一人旅Z.D.ED12-60mmF2.8-4.0SWDLUMIX_G20mmF1.7ASPH.E-P3htcEVO3D(ISW12HT)映画DMC-GF1タイドラマ旅(複数)E-M1横浜Z.D.ED50mmF2.0Macro音楽鉄道M.Z.D.ED12-40mmF2.8PRO動画バンコクスマートフォン夜景北海道IE8Z.D.ED50-200mmF2.8-3.5SWDInternet_ExplorerDSC-HX100VCP+Z.D.ED40-150mmF4.0-5.6DIGITAL_HARINEZUMI2富士山Z.D.ED9-18mmF4.0-5.6iPod_touch4thみなとみらいパソコン小豆島神戸PC秋の乗り放題パスウェブパタヤパソコン周辺機器東京スカイツリー宮崎あおいあまちゃん横浜ベイブリッジGirlsAward松山ケンイチM.Z.D.ED12mmF2.0E-M5江口洋介横浜駅白谷雲水峡アユタヤ浅草屋久島浅田真央横浜ランドマークタワー上戸彩Ai_Nikkor50mmf1.4GM1小樽大さん橋礼文島青森ロジクールM.Z.D.14-42mmF3.5-5.6ⅡR函館山下公園イベントコンパニオンE-520M.Z.D.14-42mmF3.5-5.6二俣川駅LS-10WiMAX大洗港四国渋谷土讃線戸田恵梨香松原商店街松田翔太江ノ島トラブル温泉上地雄輔金比羅山阿部寛Nikkor24mmf2.8Ai高松岡津町摩耶山風鈴ワット・アルンノニ藤木直人菅野美穂ポートタワー木村拓哉道後温泉東北本線JRiPad_miniXJAPANATOK西岸駅バックパック登別温泉角島大橋iPhoneAmazon稚内東京駅大部港予讃線シュノーケリング藤原竜也au石原さとみ綾瀬はるか讃岐うどんラン島仲間由紀恵八重の桜DVD妻夫木聡長崎益田駅LEICA_minilux枕崎駅熊本駅中井貴一瑛太松山駅ミニチュア風鹿児島本線佐藤浩市金沢駅キャメロン・ディアスレオナルド・ディカプリオ豊川悦司予土線四万十川窪川駅松山城瀬戸内海双子浦ジョージ・クルーニー汐吹公園エンジェルロード観音寺駅高知城高知五能線平泉オルガ・キュリレンコ阿波池田駅坪尻駅高知駅北海道&東日本パス川奈桂浜はりまや橋スキンダイビング日生港日生駅トレイルランニング蒼井ゆう平塚駅久大本線日の出ソニータイマー金沢八景JR東日本パスはやぶさ新青森iPod_touch4thスマートフォンIKEA夜明駅水戸黄門南京町有吉弘行阿蘇山浜松東伊豆指宿枕崎線秋田水戸駅深津絵里はまなす保土ヶ谷バイパス東北新幹線テレビサムスンXperia秋葉原AdobeiPadAir0.8秒と衝撃。あぶくま駅実験JR磐越西線塔のへつり駅会津若松駅中古車屋兜駅E-M1Z.D.ED50mmF2.0MacroBOSEスポーツジム旭川水着美瑛FC2ブログ共有テンプレートフリー写真素材札幌洞爺湖E-M10ボルボM.Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6EZGoProIE10会津田島駅大川ダム公園駅BLANKEY_JET_CITYスーザン・ボイルRADWIMPS松嶋菜々子上野樹里長谷川博己二俣川サッカーROSEROSEトム・ハンクスジャガーブライアン・セッツァーリゾートしらかみ香里奈観月ありさ東北被災地南会津会津鉄道男鹿高原駅メリケンパーク阿武隈急行線ワット・サケットワット・ポーフワランポーン駅WOLリモートデスクトップ琴平駅谷川岳薩摩高城駅肥後二見駅西大山駅指宿駅水道橋駅三ノ宮駅山陰本線OM-1PEN_FPEN_FT初代PENE-PL5OM-3東京ドーム長野電鉄屋代線香港ミャンマー羽田空港ヘルニアAterm_BL900HWロト7宗谷本線名寄駅三角地帯THE_MAD_CAPSULE_MARKETSDVD-Rパスポート稚内駅博多駅エヴァンゲリオン白馬駅業平橋駅Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6町田駅穴水駅のと鉄道大糸線糸魚川駅宗谷岬黒味岳納沙布岬苫小牧緑園都市駅和倉温泉駅大黒パーキング戸塚駅特牛駅唐津駅EOS-1DX立山黒部アルペンルートREGZA_Phone_T-01C熊ヶ根駅飛鳥Ⅱ海本牧魚津駅Milky_BunnyiOS伊予大洲駅横浜港CRASSしおサイダーBabylon伊万里駅Facebook佐世保駅たびら平戸口駅大村線酒田駅きらきらうえつ山形鳥取砂丘軍艦島南阿蘇鉄道長崎本線羽黒山横浜赤レンガ倉庫女鹿駅角館南部鉄道秋田内陸線土合駅福島駅阿蘇駅赤水駅めがね橋碓氷峠八ツ森駅出雲市駅小幌駅七尾線彦根駅カラビナMAMMUTウィルス米原駅小樽運河いしかりライナーYMOふじ丸初詣きゃりーぱみゅぱみゅ大橋のぞみスパイウェアFM戸塚嘉瀬駅ストーブ列車津軽鉄道東室蘭駅北舟岡駅豊岡駅十和田観光電鉄線上北町駅田儀駅七尾駅宇都宮駅福島郡山駅驫木駅

OM-D E-M1とE-M5 MarkⅡを比較しての決定的な違い

2015.07.13 (Mon) 共有

OM-D E-M1とE-M5 MarkⅡ
≫ 拡大する

Camera:Panasonic LUMIX GM1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

前回までの記事「OM-D E-M5 MarkⅡ試し撮り その1(タイの旅写真編)」「OM-D E-M5 MarkⅡ試し撮り その2(タイの旅動画編)」などでも書いたが、最近衝動買いしたオリンパスのカメラOM-D E-M5 MarkⅡとOM-D E-M1との違いで、まだよく分かってなかった「AFが狙ったピントを外していたり、手ブレで失敗した写真が思った以上に多かった」ことの原因が、だいぶ明確に分かったので書いておこうと思う。

その前にすでに書いた「電源オンからAFが作動するようになるまでの所要時間、いわゆる起動時間がE-M1の方が圧倒的に早くて、E-M5Ⅱはワンテンポ遅い問題」なんだけれど、さらに所有している別のカメラとも比較してみたが、やはりE-M5Ⅱの遅さは際立っていた。

※速い順、あくまでも感覚による
E-3: 1秒以内
LUMIX GM1:1秒以内
E-520: 1秒以内
OM-D E-M1: 1秒以内
OM-D E-M5Ⅱ: 1秒以上、体感的に2秒くらい
PEN E-P3: 1秒以上、体感的に2秒くらい

E-3、GM1、E-520に関しては電源入れたら即AFが動く感じでほとんど差はなかった。E-M1は、それより0.5秒ほど遅れて画面が表示されAFが動く感じ。なおE-3とE-520は一眼レフなので液晶画面表示オフでのタイム。

対してE-M5ⅡとE-P3は、体感的に2秒くらい待つ感じでかなり遅い。ただ同じ遅さでもE-P3は画面が表示されるのが遅くて表示されてからは即AFが動くが、E-M5Ⅱは画面が即表示されているのにAFが即動かないというまさかの逆パターンなのだ。

つまり他のカメラはほぼ、画面の表示と同時にAFが動く仕様で、画面の表示までが起動時間なのに対して、E-M5Ⅱだけが画面が表示されているのにAFの作動が遅いという正直イラっとくる特殊な仕様になっている。

なぜE-M5Ⅱだけこのような仕様なのかはわからないが、これだとシャッターチャンスを逃す確率も上がるだろうし、せっかくストリートスナップ向けの小型ボディなのに台無しである。オリンパスのファームウェアアップデートでできれば対応してもらいたい。


OLYMPUS OM-D E-M1 12-40mm F2.8 レンズキット


次に本題の「AFが狙ったピントを外していたり、手ブレで失敗した写真が思った以上に多かった」ことの原因なんだけれど、今回、何度もE-M1とE-M5Ⅱを撮り比べてみて、突き止めた決定的な違いは下記。

シャッターボタンのストロークが全く違っていた!

どうゆうことかと言うといわゆるレリーズタイムラグ(シャッタータイムラグ)とかではなく、シャッターボタン自体のタイムラグ?ってことかな。つまりシャッターボタンを押してシャッターが切れるまでのストローク量が全く違うのだ。

OM-D E-M1: ストロークが浅い
OM-D E-M5Ⅱ: ストロークが深い

E-M1の場合、ほとんど指に力を入れなくてもシャッターが切れるのに対して、E-M5Ⅱは若干押しこむ必要がある感じ。だからかE-M1は、かなりラフにシャッターを押してもブレることが少ない。対してE-M5Ⅱは、同じようにシャッターを押すとストロークが深い分、カメラがブレて失敗確率が高くなるということだった。このことが分かってからE-M5Ⅱでは、より慎重にシャッターを切るようにしたら失敗しなくなった。ちなみにレリーズタイムラグはどちらもすごく速いよ。


OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII


他の違いとしては、ファインダー横のセンサーで背面液晶とEVFが切り替わる速度がE-M1の方がワンテンポ速い。またシャッター音の質がまったく違うのと、静かなのはE-M5Ⅱ。それとE-M5ⅡにはE-M1にはない静音撮影というシャッター音が無音のモードも搭載されている。

それと位相差AFに最適化さているフォーサーズ用レンズを使う場合、E-M1に比べてE-M5ⅡはAFがかなり遅い。なぜならE-M5ⅡのAFはコントラストAFのみで、位相差AFは搭載されていないから。対してE-M1はフォーサーズレンズ装着時は、像面位相差AFが使用できる「DUAL FAST AF」なるAFを搭載していのだ。つまりフォーサーズ用レンズで、レンズ本来のAF速度を得るにはマイクロフォーサーズ一眼では、今のところE-M1しか選択肢がないのである。ただし、コントラストAFに最適化されたマイクロフォーサーズ用レンズを使う場合は、AF速度の違いはまったく感じない。

カタログ上では、E-M5Ⅱはさらに強力な世界最強ボディ内5軸手ぶれ補正搭載となっているが、使い比べた感じだとその差は体感できるレベルではないと思った。つまりどちらも強力。

写真の画質に関してはほとんど同じなんだけれど、E-M5Ⅱには40Mハイレゾショットという新機能もあるし、総合的にはE-M5Ⅱが上かなーと感じる。これはセンサーメーカーがPanasonicとSONYの違いからなのかも?


OLYMPUS OM-D E-M5 MarkII Limited Edition Kit チタニウムカラー


OM-D E-M1とE-M5MarkⅡの違いまとめ
01. E-M1>E-M5Ⅱ 起動時間
02. E-M1>E-M5Ⅱ シャッターボタンのストローク
03. E-M1>E-M5Ⅱ ファインダーセンサー切り替わり速度
04. E-M5Ⅱ>E-M1 シャッター音の静かさ
05. E-M1>E-M5Ⅱ フォーサーズ用レンズのAF速度
06. E-M1E-M5Ⅱ マイクロフォーサーズ用レンズのAF速度
07. E-M1E-M5Ⅱ ボディ内5軸手ブレ補正の効果
08. E-M5Ⅱ>E-M1 画質
09. E-M5Ⅱ>E-M1 小型軽量
10. E-M5Ⅱ>E-M1 動画性能


ここまでの比較だとE-M1の方が優位に感じるかもしれないが、実際その違いはほんのわずかだ。実際、1秒とか0.5秒とかの違いの世界だし(笑)。

例えば被写体とじっくり向き合ってちゃんと構えて撮影する場合、その違いによるE-M5Ⅱのデメリットはほとんど無いに等しい。むしろ画質が上なE-M5Ⅱのメリットの方が大きいだろう。それと小型軽量を重視する場合もE-M5Ⅱの方が小さいしわずかに軽い。

ただ旅先などでノーファインダーで速写って感じや人や動物、乗り物など動体の撮影が多い場合、起動時間やシャッターボタンストロークのわずかな違がけっこう大きいかもしれない。それにE-M5Ⅱのバリアングル式モニターは縦写真にはとても便利だけれど、ノーファインダー及び速写にはE-M1のチルト式モニターの方が素早く出せて便利だったりする。つまり、速写メインの人はやはりレスポンス性能が高いE-M1の方が幸せになれるかも。


OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0


しかしノーファインダーとか速写のスナップ撮影などの場合、ボディサイズはより小型のE-M5Ⅱの方が理想だったりするから悩ましい。さらに言えばE-M5Ⅱ+単焦点レンズがサイズ的にはベスト。12mm F2.0とかね。

なお動画性能に関しては、比較していないが、おそらくE-M5Ⅱの方が高いと思われる。


OM-Dで写真表現と仲良くなる
オリンパスOM-Dの撮り方教室


ということでここまで「OM-D E-M1とE-M5 MarkⅡを比較しての決定的な違い」と題して書いてみたけれど、結論を言えば、どっちもひじょうに良いカメラなのは間違いないので、もしどっちを買うか迷っている人は、上の違いを踏まえて、カメラ屋で実機に触ってから判断するのがいいと思うよ。

では、また

関連アイテム
スポンサード リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 share
コメント(5)

匿名さん (2016-04-27) edit

ありがとう。よくわかったよ

ゆたかさん (2016-05-21) edit

どちらを買うか悩んでいたので、とーっても参考になりました。

匿名さん (2016-05-22) edit

上記「ゆたかさん」と同じくどちらを買うか迷っています。速度重視でem1に魅かれるものの、実際に重さを比べてから購入することにしました。

匿名さん (2016-06-07) edit

購入を検討していましたので、非常にためになりました。

知りたいさん (2016-08-15) edit

思わせぶりな表題に釣られた提灯記事だった。

それにしてもこれらのデータはメーカーが
きちんと公開すべきだ。

ひと言でいいので、気軽にコメントしていってください!
あなたのそのひと言がこのブログ運営の原動力なのです。よろしくお願いします。

関連記事:写真とカメラ
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/乗り鉄/降り鉄/駅鉄/撮り鉄/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation