うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ海外の旅映画デジタルガジェットPANASONIC動画ありPCトラブル北海道音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ神戸ソフト&アプリSONY九州小豆島NIKON夜景SEIKO旅(複数)PCパソコンGirlsAward鉄道フィルムカメラウェブあまちゃんスマートフォン撮影道具浅田真央アメリカ白谷雲水峡屋久島四国iPod_touch4thパソコン周辺機器E-520ロジクール台湾土讃線RICHO-PENTAX金比羅山終わらない断捨離の記録アユタヤ讃岐うどんXJAPAN浅草バックパック香港道後温泉予讃線高松WiMAX江ノ島風鈴横浜駅ノニ大洗港動画グラム単位の軽量化CANONLEICA礼文島FUJIFILMキャメロン・ディアス摩耶山松山駅ミニチュア風大部港小樽ポートタワー窪川駅高知城日生港双子浦観音寺駅瀬戸内海南京町予土線松山城四万十川高知浜松エンジェルロード日生駅富士山東北メリケンパーク戸田恵梨香藤木直人中古車屋フリー写真素材水着スポーツジム実験阿部寛坪尻駅阿波池田駅高知駅はりまや橋琴平駅ジャガー二俣川サッカーテレビ桂浜東北本線レオナルド・ディカプリオ豊川悦司ジョージ・クルーニーオルガ・キュリレンコ仲間由紀恵ROSEROSEトム・ハンクスiPod_touch4thスマートフォンはまなす中井貴一伊予大洲駅東京ドーム函館いしかりライナー保土ヶ谷バイパス小樽運河ブライアン・セッツァースーザン・ボイルあぶくま駅兜駅塔のへつり駅秋の乗り放題パスGoProCOSINAミャンマー会津田島駅大川ダム公園駅被災地阿武隈急行線RADWIMPS南会津会津鉄道八重の桜男鹿高原駅水道橋駅LS-10汐吹公園東伊豆シュノーケリング川奈スキンダイビング平泉北海道&東日本パス東京スカイツリー新青森水戸黄門水戸駅東京駅トレイルランニングJR東日本パス東北新幹線はやぶさ福島駅八ツ森駅稚内駅名寄駅宗谷本線三ノ宮駅二俣川駅Milky_Bunny熊ヶ根駅YMOきゃりーぱみゅぱみゅJRしおサイダーハワイMAMMUT角島大橋カラビナ青森

OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ試し撮りレビュー

2015.02.15 (Sun) 共有

OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

発売前のOLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡの実機を少しだけ試す事ができたので、その試し撮りレビュー。

世界一、
ブレないやつ。


というキャッチコピーのこのOM-D E-M5 MarkⅡ、なんとレンズ交換式デジタル一眼において世界最強の5軸手ぶれ補正を搭載したカメラだ。どのくらい凄いかを数値にすると、シャッタースピードにして5段分の補正効果があると言う。

初代E-M5やフラッグシップモデルのE-M1の超強力な手ぶれ補正でも4段分なので、いかにこのカメラが強力かわかるだろう。

なおオリンパス機はすべてボディ内手ぶれ補正なので、オールドレンズを含むあらゆるレンズに対して強力な手ぶれ補正が有効。なのでこのE-M5 Mark2と組み合わせるあらゆるレンズは、ほぼ手ブレによる失敗知らずと言っても過言じゃない。それほどオリンパスの手ぶれ補正性能は高いのだ。

さらに今回は、ムービーにも力を入れていて、いままではオマケ程度だったフルHDムービー機能は、フレームレート60p、ビットレート52Mbpsに対応。強力な5軸手ぶれ補正により、手ぶれ補正機材を使わず手持ちでブレを抑えた美しいムービー撮影が可能だとか。またムービー用のAFと露出制御を新搭載。さらに通常のIPB形式に加えプロレベルのムービー編集に要求されるALL-Intra形式での撮影にも対応。

他にフォーカスピーキング、タイムレコード記録、外部マイクを使った高音質音声録音にも対応、スローモーションやクイックモーション撮影、ムービーテレコン、HDMIモニタリングスルーなど動画機能を充実させた。

上のYouTubeの本田圭佑のCMは、なんとE-M5 Mak2でしかも手持ちで撮影しているというから驚きである。

個人的には4Kは正直まだ必要だとは思っていなくて、むしろソニーハンディカムに搭載されている空間光学手ブレ補正のような強力な手ぶれ補正や外部マイク接続などの録音機能が充実したムービー用カメラを探していたので、これはまさにドンピシャの内容(まだ買うかわからないが)。

それとバリアングル液晶モニターになったので、動画撮影が便利そう。

↓こちらもOM-D MOVIEのサンプル




いやー素晴らしい、手持ちでこれだけ撮れれば、もう最高だよ(笑)。


OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

初代E-M5は防塵・防滴までだったが、今回はE-M1と同じ-10度までの耐低温も追加。いまいちだった初代のファインダーは、E-M1と同じ236万ドット超大型高精細ビューファインダーに変更。画像処理エンジンもE-M1と同じTurePicⅦに進化。その他にもE-M1にあってE-M5になかったに機能が、このE-M5 MarkⅡにはほとんどが搭載された。

さらにセンサーシフトによる40M相当のJPEG画像を生成する40Mハイレゾショットと無音の静音モードというE-M1には無い機能まで搭載。

E-M1との違いがわからなくなったのでオリンパスの人に聞いてみた。

「ほとんど機能が同じになってしまったんだけれど、E-M1とE-M5Ⅱの違いって何?実際どっちのがいいですか?」

「最大の違いはAFとセンサーです。E-M1には像面位相差AFとそれ専用のセンサーが搭載されています。だからAFの性能の分、E-M1の方がいいです」

なるほど確かにE-M1にはコントラストAFと像面位相差AFを組み合わせた『DUAL FAST AF』なるものが搭載されていて、E-M5Mark2は、『FAST AF』搭載となっている。

まあしかし逆に言えば、E-M1のアドバンテージはAFと連写とクリップが握りやすいボディ形状ってことくらいになってしまった(笑)。むしろ手ぶれ補正は負けてるし。まあE-M1の手ぶれ補正でも十分過ぎるくらい強力なのでまったく不満はないけど。

ちなみにセンサーメーカーはどこなのかを聞いてみたが教えてくれなかった。ネットの情報によるとソニー・センサーらしいから、パナソニック・センサーのE-M1とは若干画質が違うのかもしれないね。

ということで、SDカードでE-M5 MarkⅡの試し撮り画像を持ち帰ったのでアップしておく。すべて何も考えずに適当に撮ったものなのであしからず。

OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ試し撮りショット
※JPEG撮って出し、明るさとコントラストだけPhotoshopで調整
※ブログのサイズ制限の関係で若干だけ圧縮、ほぼ元画像と同サイズ
※元画像は開くのに時間がかかります

レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ
OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ試し撮りショット1焦点距離:150mm
35mm判換算:300mm
SS1/60
F5.6
ISO1600
元画像4608×3456/4.68MB
縮小版2048×1536/1.59MB
OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ試し撮りショット2焦点距離:75mm
35mm判換算:150mm
SS1/100
F5.5
ISO1600
元画像4608×3456/4.26MB
縮小版2048×1536/1.54MB
OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ試し撮りショット3焦点距離:14mm
35mm判換算:28mm
SS1/60
F4.0
ISO400
元画像4608×3456/4.25MB
縮小版2048×1536/1.60MB

↓こちらはOM-D E-M1で撮った比較参考画像
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
OLYMPUS OM-D E-M1 比較参考画像焦点距離:40mm
35mm判換算:80mm
SS1/100
F4.5
ISO500
元画像3456×4608/4.20MB
縮小版1536×2048/1.74MB


上の比較だとレンズ性能がだいぶ違うけど、まあでもE-M1とほとんど変わらない感じかな。今回は室内ってことでISOが高めだけど、低感度ならかなり期待できる画質だと思う。というかこれだけ撮れればE-M5ⅡとE-M1の2台持ちにしてもいいかも。

実際に持った感じも初代のようなプラっぽさはなくなって、E-M1と同じような金属の塊感があってとてもイイ感じ。またシルバーの塗装も初代より高級感のある色になったと思う。


OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

上のE-M5 Mark2は、参考出品の特別色でチタンカラーみたいなやつ。


OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

シルバーボディにM.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZの組み合わせ。この昔の一眼レフっぽいデザインだとシルバーにブラックのレンズでも違和感ないよね。


OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

オプションのパワーバッテリーホルダーHLD-8を装着したもの。持ってみた感じはE-M1に近い感じになるけど、重量はE-M1よりだいぶ重くなる。


OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

HLD-8を付けると元のシャッターボタンとダイヤルはどうなるんだろうか?まあたぶんオリンパスのことだから、別の機能を割り当てられる可能性が高いと思うけど。


OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

こちらは、金属製外付けグリップECG-2を付けたE-M5 Mark2。これも持ってみたけど、何も付けない状態でもけっこう握りやすい形状のデザインなので、これは別にいらないかなーって感じた。ただ下部がアルカスイス規格のクイックシューに対応しているので、それは便利だと思う。

以上、レビューをまとめるとこのOM-D E-M5 MarkⅡは、全部入りでコンパクトでしかもデザインもカッコいい。買って損はないと思われる渾身のカメラかと。

E-M1とあまり価格差がないので、どちらかを選べと言われたら正直、ひじょうに迷うよね。私の場合は、スチル撮影メインかつフォーサーズ用レンズを持っているのでAFを重視してE-M1を選ぶけど、もしスチルだけでなくムービー撮影も楽しみたいならE-M5 MarkⅡの方が断然いいだろうね。

あとこれは比較してないので分からないけれど、おそらく動体撮影に関しては、AF&連写性能的にE-M1の方が強いのかも。逆に風景とか中心なら手ぶれ補正がさらに強力なE-M5 MarkⅡの方がいいのかな。

連写比較
E-M1  C-AF時 9コマ/秒、S-AF時 10コマ/秒
E-M5Ⅱ C-AF時 5コマ/秒、S-AF時 10コマ/秒

個人的には、ムービーも強力で、スチルの画質もE-M1と同等ってことで、買増して2台持ちにして標準ズームはE-M5Ⅱ、望遠ズームはE-M1ってな構成が最高に幸せになれるような気がする(笑)。

関連アイテム
スポンサード リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 share
コメント(1)

PPKさん (2015-02-21) edit

E-M5Ⅱ使い易そうだしデザインも最高ですね。E-M1どこにでも連れて歩いていますが、誘惑に負けてE-M5Ⅱ買ってしまったらE-M1の稼働率が・・・

Mフォーサーズ陣営が魅力的な単焦点を色々用意してくれたおかげで、手持ちのレンズは単焦点ばかり。E-M5Ⅱには大きなズームより単焦点が似合いそうなので本気で購入迷ってしまいます。
ひと言でいいので、気軽にコメントしていってください!
あなたのそのひと言がこのブログ運営の原動力なのです。よろしくお願いします。

関連記事:カメラと写真
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation