うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
E-3一人旅Z.D.ED12-60mmF2.8-4.0SWDLUMIX_G20mmF1.7ASPH.E-P3htcEVO3D(ISW12HT)映画DMC-GF1タイドラマ旅(複数)E-M1横浜Z.D.ED50mmF2.0Macro音楽鉄道M.Z.D.ED12-40mmF2.8PRO動画バンコクスマートフォン夜景北海道IE8Z.D.ED50-200mmF2.8-3.5SWDInternet_ExplorerDSC-HX100VCP+Z.D.ED40-150mmF4.0-5.6DIGITAL_HARINEZUMI2富士山Z.D.ED9-18mmF4.0-5.6iPod_touch4thみなとみらいパソコン小豆島神戸PC秋の乗り放題パスウェブパタヤパソコン周辺機器東京スカイツリー宮崎あおいあまちゃん横浜ベイブリッジGirlsAward松山ケンイチM.Z.D.ED12mmF2.0E-M5江口洋介横浜駅白谷雲水峡アユタヤ浅草屋久島浅田真央横浜ランドマークタワー上戸彩Ai_Nikkor50mmf1.4GM1小樽大さん橋礼文島青森ロジクールM.Z.D.14-42mmF3.5-5.6ⅡR函館山下公園イベントコンパニオンE-520M.Z.D.14-42mmF3.5-5.6二俣川駅LS-10WiMAX大洗港四国渋谷土讃線戸田恵梨香松原商店街松田翔太江ノ島トラブル温泉上地雄輔金比羅山阿部寛Nikkor24mmf2.8Ai高松岡津町摩耶山風鈴ワット・アルンノニ藤木直人菅野美穂ポートタワー木村拓哉道後温泉東北本線JRiPad_miniXJAPANATOK西岸駅バックパック登別温泉角島大橋iPhoneAmazon稚内東京駅大部港予讃線シュノーケリング藤原竜也au石原さとみ綾瀬はるか讃岐うどんラン島仲間由紀恵八重の桜DVD妻夫木聡長崎益田駅LEICA_minilux枕崎駅熊本駅中井貴一瑛太松山駅ミニチュア風鹿児島本線佐藤浩市金沢駅キャメロン・ディアスレオナルド・ディカプリオ豊川悦司予土線四万十川窪川駅松山城瀬戸内海双子浦ジョージ・クルーニー汐吹公園エンジェルロード観音寺駅高知城高知五能線平泉オルガ・キュリレンコ阿波池田駅坪尻駅高知駅北海道&東日本パス川奈桂浜はりまや橋スキンダイビング日生港日生駅トレイルランニング蒼井ゆう平塚駅久大本線日の出ソニータイマー金沢八景JR東日本パスはやぶさ新青森iPod_touch4thスマートフォンIKEA夜明駅水戸黄門南京町有吉弘行阿蘇山浜松東伊豆指宿枕崎線秋田水戸駅深津絵里はまなす保土ヶ谷バイパス東北新幹線テレビサムスンXperia秋葉原AdobeiPadAir0.8秒と衝撃。あぶくま駅実験JR磐越西線塔のへつり駅会津若松駅中古車屋兜駅E-M1Z.D.ED50mmF2.0MacroBOSEスポーツジム旭川水着美瑛FC2ブログ共有テンプレートフリー写真素材札幌洞爺湖E-M10ボルボM.Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6EZGoProIE10会津田島駅大川ダム公園駅BLANKEY_JET_CITYスーザン・ボイルRADWIMPS松嶋菜々子上野樹里長谷川博己二俣川サッカーROSEROSEトム・ハンクスジャガーブライアン・セッツァーリゾートしらかみ香里奈観月ありさ東北被災地南会津会津鉄道男鹿高原駅メリケンパーク阿武隈急行線ワット・サケットワット・ポーフワランポーン駅WOLリモートデスクトップ琴平駅谷川岳薩摩高城駅肥後二見駅西大山駅指宿駅水道橋駅三ノ宮駅山陰本線OM-1PEN_FPEN_FT初代PENE-PL5OM-3東京ドーム長野電鉄屋代線香港ミャンマー羽田空港ヘルニアAterm_BL900HWロト7宗谷本線名寄駅三角地帯THE_MAD_CAPSULE_MARKETSDVD-Rパスポート稚内駅博多駅エヴァンゲリオン白馬駅業平橋駅Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6町田駅穴水駅のと鉄道大糸線糸魚川駅宗谷岬黒味岳納沙布岬苫小牧緑園都市駅和倉温泉駅大黒パーキング戸塚駅特牛駅唐津駅EOS-1DX立山黒部アルペンルートREGZA_Phone_T-01C熊ヶ根駅飛鳥Ⅱ海本牧魚津駅Milky_BunnyiOS伊予大洲駅横浜港CRASSしおサイダーBabylon伊万里駅Facebook佐世保駅たびら平戸口駅大村線酒田駅きらきらうえつ山形鳥取砂丘軍艦島南阿蘇鉄道長崎本線羽黒山横浜赤レンガ倉庫女鹿駅角館南部鉄道秋田内陸線土合駅福島駅阿蘇駅赤水駅めがね橋碓氷峠八ツ森駅出雲市駅小幌駅七尾線彦根駅カラビナMAMMUTウィルス米原駅小樽運河いしかりライナーYMOふじ丸初詣きゃりーぱみゅぱみゅ大橋のぞみスパイウェアFM戸塚嘉瀬駅ストーブ列車津軽鉄道東室蘭駅北舟岡駅豊岡駅十和田観光電鉄線上北町駅田儀駅七尾駅宇都宮駅福島郡山駅驫木駅

【止まらない衝動】 M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14 購入!

2014.11.30 (Sun) 共有

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROとM.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

再び止まらない衝動が発動中!!!

ついに我が所有レンズ史上、最高性能(価格)のレンズを入手した!

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO (写真右)
 +
M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14 (写真左)


11/29に発売したばかりのマイクロフォーサーズ用の新しい望遠ズームレンズである。このレンズはF2.8という明るさのまま35mm判換算80mmから300mmをカバーし、さらに専用のテレコンバーターMC-14を装着すると換算420mm(F4.0)という超望遠領域の撮影が可能。

その光学性能は、抜けの良さ、周辺までの驚異的な解像力、やわらかな円形ボケ、F2.8通し、10群16枚の贅沢なレンズ構成、さまざまな収差を極限まで抑制、ゴーストやフレアを徹底的に排除するZERO (Zuiko Extra low Reflection Optical)コーティングなど一眼レフのフォーサーズ用レンズSHG(スーパーハイグレード)、いわゆる松レンズよりも上だとオリンパス自身が言い切るほどの高性能ぶりで、まさにオリンパス史上最高レベルの光学性能を堪能できる一本らしい!

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROの動画


なんと言っても広角側から望遠まで変わらないF2.8通しなのが良い。またサンニッパ(35mm判換算300mmでF2.8の望遠レンズ)相当の望遠レンズとしては、ありえないほどの小型・軽量化を達成した。

DUAL VCMフォーカスシステムの動画


世界初の技術としては、「DUAL VCMフォーカスシステム」という2つのレンズ群を2つのリニアモーターで同時に動かす方式により高速化と近接での性能向上を実現。

O-MD E-M1

そして私がこのレンズを必要とする最大の理由が、防塵・防滴・耐低温(-10℃) 性能である。

このブログでは何度も書いてきたが、とにかくオリンパスの防塵防滴機構は本物である。所有するE-3とOM-D E-M1及び防塵防滴仕様のレンズは、旅の途中で何度も雨に打たれずぶ濡れになってきた。それも濡れないように気を使いながらではない。長時間もろに土砂降りの豪雨や暴風雪に打たれ続けるほどの状況である。それでも故障することは一度もなかった。かなり防水に近い性能かと思っている(※実際は知りません)。

DUSTPROOF AND SPLASHPROOF CONSTRUCTION 動画


だからオリンパスの防塵防滴性能には圧倒的な信頼を寄せている。私の場合、歩き旅での使用を想定しているので、どうしても防塵防滴に確証が持てないオリンパス以外の他メーカーをメイン機にできない理由でもある。

例えばニコンではNikon 1 AW1以外でボディもレンズも防塵防滴を謳っている製品がないし、キヤノンでは「防塵・防滴性の高い構造」など少し弱い表現だったり、ソニーでは「防塵・防滴に配慮した設計」ってことでさらに弱い表現だったり、まあペンタックスのKシリーズの上位機はけっこう雨の中で使えるらしいが。つまりオリンパスとペンタックス以外のメーカーだと防塵防滴と謳ってあっても実際に雨の中で使ったら壊れたって情報も多く、私のような使い方だとたぶん完全にアウトかと。

そもそもカタログに↓こんな写真を掲載しているメーカーは他にない(笑)
OM-D E-M1

このレンズの他の特徴をまとめると下記に。
・ズーミング時もレンズ長が変わらないインナーズーム方式を採用
・ズーム全域で撮像面から最短距離70cm(レンズ先端から約50cm)を実現
・AF→MFを瞬時に切り替えられる「MFクラッチ機構」の搭載
・ファンクションボタン(L-Fn)に機能割付が可能
・着けたままでスライド収納が可能な専用レンズフード


OM-D E-M1 + M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO+MC-14
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

今回、購入したのは、「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO1.4xテレコンバーターキット」というやつで、レンズ以外の同梱品は下記。PROシリーズだとフードやケースも標準で付いてくる。

レンズキャップ(LC-72C)
レンズリアキャップ(LR-2)2個
レンズフード(LH-76)
レンズケース(LSC-1120)
1.4xテレコンバーターMC-14
MC-14用フロントキャップ(BC-3)
レンズケース(LSC-0603)
各説明書、保証書など


上の写真は、レンズとフード、テレコンMC-14をOM-D E-M1に装着したもの。正直、けっこう長いと思った。収納性を考えるとインナーズームじゃなくてもいいような気もするが、見た目のカッコよさは圧倒的にこっちかな。


ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDとED 40-150mm F2.8 PRO+MC-14を比較
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

ではフォーサーズ用のZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDをE-520に装着して大きさを比べてみよう。50-200mmは最大ズームだと上の写真のように明らかに長い。


ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDとED 40-150mm F2.8 PRO+MC-14を比較
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

ただズームを収納した状態だと上の写真のようにちょっと長い程度の差。ただ太さがあるので、カメラを含めたシステム全体で考えた場合、40-150mm+MC-14の方がだいぶ小さいし軽い。

※50-200mmにはレンズフィルターが付いてるのでその分も考慮して見て

さらに言うとフォーサーズの防塵防滴仕様のカメラは写真のE-520より一回り大きくて重いE-3、E-5なので、防塵防滴システムという観点からもE-M1とこのレンズの組み合わせは最軽量なシステムだろう。

ちなみに40-150mmF2.8単体の三脚座除く重量は760gとマイクロフォーサーズのレンズとしてはとても重い。


35-100mm F2.8 ※↑クリックで詳細

換算200mmまででいいならLUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8/POWER O.I.S.という防塵防滴仕様のF2.8通しで360gのレンズがパナソニックから発売しているので、さらに小型・軽量化が可能。ただ防塵防滴の実際の性能に関しては情報が少なく未知数。


ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDとED 40-150mm F2.8 PROを比較
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

テレコンMC-14を外せば当然、上の写真のようにさらに短く、軽くなる。まあ実際、換算400mmが必要な場面って三脚とかで構えて撮るような被写体が多いから、テレコンMC-14はあくまでもその時の為の予備かな。F値もテレコン装着時はF4.0通しになるしね。あと普段は三脚座も外して、さらに軽量化を図ると思う。


OM-D E-M1 + M.Z.D. ED 40-150mm F2.8 PRO
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

OM-D E-M1 + M.Z.D. ED 40-150mm F2.8 PRO、斜めから撮影。フードを付けないこのスタイルが軽快でカッコいいかも。


OM-D E-M1 + M.Z.D. ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

テレコンMC-14を装着。これを装着すると焦点距離と1.4倍に変わるので、40-150mmが56-210mmで35mm判換算だと112-420mmになる。なおF値も約1.4倍のF4.0になる。当然これも防塵・防滴・耐低温性仕様。


OM-D E-M1 + M.Z.D. ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14にフードをスライド収納
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

さらにフードを装着してスライド収納したところ。これは間違いなく便利。


OM-D E-M1 + M.Z.D. ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14にフードを装着
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

こちらはフードを伸ばした状態。たぶんこの状態で使うのは、最初から三脚で撮影する被写体を撮りに行く時くらいかな。

普段はテレコン&フード&三脚座なし、もちろん三脚もなしの気軽な手持ち撮影。そのような撮影スタイルがこのレンズの醍醐味だろうね。E-M1の超強力な5軸手ぶれ補正もこの気軽さを後押ししている。

もし同じようなシステムをフルサイズ機で組むとお値段はもちろんだが、何と言っても総重量が恐ろしい事になるからとてもじゃないが普段から気軽に持ち歩いて手持ち撮影できる雰囲気はない。


E-520+ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDとE-M1+ED 40-150mm F2.8 PRO
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

さてそんなこんなで衝動買いしてしまったこのレンズ、まだ身近な物しかテスト撮影していないが、ちょっと使ってみた感想は下記な感じ。

・望遠レンズとしては驚くほど被写体に近づける
・ズームリングはとてもスムーズなフィーリング
・フォーカスリングもとてもスムーズ
・AFも驚くほど速くて、静かで、迷いも少ない
・MFクラッチ機構はガラス越しの撮影などで重宝する
・軽いと言ってもM4/3としてはやっぱ重いし大きい
・全体のシステムとしてはかなり軽くなった(フォーサーズ比)
・できればあと3cm短くて200g軽かったら最高だった(笑)
・テレコンはまだ正直、使い所を想像できていない(鳥とか撮らないし)
・テスト撮影の感想、画像がひじょうにシャープだからか立体感が凄い


E-M1 アートフィルター「ヴィンテージ」で撮影したコカ・コーラ zero
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
75mm(換算150mm) F2.8 SS1/20 ISO-200


上の写真は適当な物をテスト撮影したもの。アートフィルター「ヴィンテージ」にてJPEG撮って出し、Photoshop CS6で明るさとサイズを調整。

ということで、近日このレンズの試し撮り写真を公開予定、お楽しみに!
では、また

これです↓
OLYMPUS M.ZUIKO ED40-150mm F2.8 PRO 1.4X テレコンバーターキット ブラック

関連アイテム
スポンサード リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 share
コメント(0)
ひと言でいいので、気軽にコメントしていってください!
あなたのそのひと言がこのブログ運営の原動力なのです。よろしくお願いします。

関連記事:写真とカメラ
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/乗り鉄/降り鉄/駅鉄/撮り鉄/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation