うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ映画海外の旅PANASONICデジタルガジェット動画ありPCトラブル北海道音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ九州SONYソフト&アプリ小豆島神戸NIKON夜景SEIKOPC旅(複数)パソコンGirlsAward鉄道撮影道具アメリカ屋久島白谷雲水峡あまちゃんフィルムカメラウェブ浅田真央スマートフォン金比羅山パソコン周辺機器E-520iPod_touch4thロジクール終わらない断捨離の記録四国土讃線アユタヤRICHO-PENTAX讃岐うどんバックパック浅草LEICAFUJIFILM礼文島予讃線香港高松風鈴道後温泉動画WiMAXXJAPANキャメロン・ディアスポートタワー江ノ島大洗港横浜駅ノニ摩耶山CANONミニチュア風松山駅小樽グラム単位の軽量化大部港浜松窪川駅高知城瀬戸内海高知松山城南京町双子浦日生港観音寺駅予土線日生駅四万十川エンジェルロード戸田恵梨香東北メリケンパーク富士山藤木直人中古車屋フリー写真素材水着スポーツジム実験青森坪尻駅阿波池田駅高知駅はりまや橋琴平駅ジャガー阿部寛二俣川サッカーテレビ桂浜東北本線オルガ・キュリレンコレオナルド・ディカプリオ豊川悦司仲間由紀恵トム・ハンクスブライアン・セッツァーROSEROSEジョージ・クルーニーiPod_touch4thスマートフォン函館中井貴一伊予大洲駅いしかりライナー小樽運河はまなす保土ヶ谷バイパススーザン・ボイルRADWIMPS秋の乗り放題パスあぶくま駅兜駅GoProミャンマーCOSINA台湾塔のへつり駅会津田島駅南会津被災地阿武隈急行線会津鉄道男鹿高原駅大川ダム公園駅八重の桜東京ドーム水道橋駅川奈汐吹公園東伊豆スキンダイビング北海道&東日本パス福島駅平泉シュノーケリング東京スカイツリートレイルランニング水戸黄門水戸駅JR東日本パスはやぶさ新青森東北新幹線八ツ森駅しおサイダー三ノ宮駅稚内駅名寄駅二俣川駅熊ヶ根駅LS-10Milky_Bunny宗谷本線YMOハワイJRMAMMUTカラビナきゃりーぱみゅぱみゅ角島大橋東京駅

東北No.1?秘境駅 JR山田線 浅岸駅(あさぎしえき)

2014.11.26 (Wed) 共有

浅岸駅(あさぎしえき)の駅名票
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

つい最近の11/21にテレ東の「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」という番組内の秘境駅シリーズで東北No.1秘境駅と紹介されたJR山田線の「浅岸駅(あさぎしえき)」をやっていたので写真を現像してみた。

番組では秘境駅の事をこう説明していた(笑)。

日常の喧騒を逃れ、
旅の途中ふと降りたくなってしまう名も知らぬ無人の駅。
時に、えも言われぬ懐かしさを感じさせてくれる・・。
中には、人里はなれた、利用客も殆どいない「なぜこんなところ?」に
と思ってしまう駅がある。人はそれを・・・秘境駅と呼ぶ。

秘境駅の魅力に取り憑かれ着々とコンプリートを目指している私としては、秘境駅がテレビで取り上げられるのは嬉しい限りだ。まあだからと言って下車してみようと思う人は少ないとは思うけどね。


浅岸駅(あさぎしえき)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

この浅岸駅が東北No.1と言われる所以の一つとして、その立地条件だと思う。上の写真のように、この駅は完全な山中にポツリと存在する。

しかも待合所の扉には「駅周辺で熊の目撃情報があり」の張り紙があるほどの山奥である。

車だと、国道からの脇道入口「浅岸駅はこっち的な看板」から、くねくねの細い山道を11キロ以上、時間にして約1時間半以上も走った場所にある。

それと番組内で住民が出ていたが、国道から向かう途中に2世帯だけの中津川集落という集落があり、そこからは車で15分ほどかかる。集落の住人によると昔は100世帯も人が住んでいて、浅岸駅は有人駅だったんだと。


浅岸駅(あさぎしえき)の時刻表
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

浅岸駅が東北No.1とされるもう一つの所以が時刻表である。

なんと宮古方面下りの始発が夕方の17:05なので、盛岡駅からこの駅へ朝から列車で行くことは事実上不可能!なお上りの6:42は宮古駅の始発なので、盛岡駅の始発で浅岸駅を通り越してから戻る方法も不可。つまり盛岡駅からは16:41発普通列車に乗る以外に浅岸駅に上陸する方法がない。

逆に宮古駅からは5:00発の始発で6:42に浅岸駅に上陸可能。ただし、早朝に上陸しても、次の列車は17:05宮古行きか、17:27の盛岡行きとどちらも夕方で、それまでの滞在時間は10時間以上になる。こんな熊が出るかもしれない山奥で10時間も過ごすのはさすがに厳しいだろう。

では、隣の駅まで歩くという方法はどうだろうか?秘境駅を巡る旅で隣の駅まで歩いて滞在時間を短縮するのは常套手段の一つである。

盛岡側の隣は大志田駅(おおしだえき)という駅で、徒歩にして3時間以上かかりそうだ。しかも大志田駅もまた同じく到達高難易度秘境駅で、浅岸駅よりも停車本数が少ない上下3本のみ。その3本は当然、浅岸駅にも停車する列車だから、この駅まで歩くことはまったくもって意味がない。

宮古側の隣は区界駅(くざかいえき)で、やはりこちらも徒歩にして3時間以上かかりそうだ。ただ区界駅には、10:50発盛岡行き快速リアスと11:49発宮古行き快速リアスが停車するので、浅岸駅を7:30頃から歩き始めて3時間後の10:30頃までに辿り着ければ午前中に盛岡方面へ、4時間後の11:30頃までだと宮古方面へ離脱可能のようだ。

なお大志田駅と浅岸駅の両方を巡る場合は、宮古からの始発で6:52に大志田駅に到着し、隣の浅岸駅まで3時間歩き、そこで17時台の列車を待つのが最短だろう。どうしても歩きたくない場合は下記の方法は可能。

宮古駅 5:00発 盛岡行き 乗車
大志田駅 6:52着 下車
 |駅滞在時間12時間以上
大志田駅 19:25発 宮古行き 乗車
浅岸駅 19:34着 下車
浅岸駅 19:57発 盛岡行きに乗車
※2014年11月現在

2駅降りるだけで一日仕事(笑)!ちなみに私は、列車での上陸は断念して、車で行きました。途中、大志田駅で昼寝したので、国道から2駅を車で巡って、反対の国道へ抜けるまで約8時間ほどかかった。

その時、旅の途中で書いた記事は「おっさん一人車旅 10日目 山田線秘境駅探訪~盛岡駅

まあこうやって見ると東北No.1は大志田駅じゃないかとも思うけど。まあただ大志田駅はそばに小さな集落があるから微妙なところか?個人的には廃線になった岩泉線の押角駅(おしかどえき)が、秘境駅の雰囲気満点で好みではある。


浅岸駅(あさぎしえき)の駅前
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

今回、山田線秘境駅地帯を改めて列車で行く方法を検証してみたが、この2駅はやっぱりヤバイ!なお浅岸駅と大志田駅は毎年12月~3月末までの期間は冬季休業で全列車が通過となるので降りれない。

さてこんな秘境駅の魅力とは一体何なんだろうか?

それはズバリ「誰もいない、何もない」がある
ということだと思う。

秘境駅へ降り立ち、離れてゆく列車を見送り、見えなくなったその瞬間から、まるで時が止まったかのような、静かで穏やかな時間が訪れる。日常から非日常へ変わる瞬間だ。

そこを例えるなら南国にポッカリ浮かぶ小さな無人島かな。

誰もいない、何もない、携帯の電波も、ネットもつながらない。

だから何もすることがない。

だけどなぜか癒やされる。それが秘境駅。

山へ入れば何もないよと言われそうだが、一人で誰もいない山へ入る勇気はないから(笑)!なお上級者は、寝袋持参で訪れて秘境駅で一泊する。

では、また

秘境駅といえば牛山隆信氏 (著)

いま行っておきたい秘境駅

秘境駅オーソリティ牛山隆信が厳選!
いま行かねばならない45の秘境駅を紹介!
スポンサード リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 share
コメント(0)
ひと言でいいので、気軽にコメントしていってください!
あなたのそのひと言がこのブログ運営の原動力なのです。よろしくお願いします。

関連記事:旅と旅写真
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation