うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ海外の旅映画デジタルガジェットPANASONIC動画ありPCトラブル北海道音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ神戸ソフト&アプリSONY九州小豆島NIKON夜景SEIKO旅(複数)PCパソコンGirlsAward鉄道フィルムカメラウェブあまちゃんスマートフォン撮影道具浅田真央アメリカ白谷雲水峡屋久島四国iPod_touch4thパソコン周辺機器E-520ロジクール台湾土讃線RICHO-PENTAX金比羅山終わらない断捨離の記録アユタヤ讃岐うどんXJAPAN浅草バックパック香港道後温泉予讃線高松WiMAX江ノ島風鈴横浜駅ノニ大洗港動画グラム単位の軽量化CANONLEICA礼文島FUJIFILMキャメロン・ディアス摩耶山松山駅ミニチュア風大部港小樽ポートタワー窪川駅高知城日生港双子浦観音寺駅瀬戸内海南京町予土線松山城四万十川高知浜松エンジェルロード日生駅富士山東北メリケンパーク戸田恵梨香藤木直人中古車屋フリー写真素材水着スポーツジム実験阿部寛坪尻駅阿波池田駅高知駅はりまや橋琴平駅ジャガー二俣川サッカーテレビ桂浜東北本線レオナルド・ディカプリオ豊川悦司ジョージ・クルーニーオルガ・キュリレンコ仲間由紀恵ROSEROSEトム・ハンクスiPod_touch4thスマートフォンはまなす中井貴一伊予大洲駅東京ドーム函館いしかりライナー保土ヶ谷バイパス小樽運河ブライアン・セッツァースーザン・ボイルあぶくま駅兜駅塔のへつり駅秋の乗り放題パスGoProCOSINAミャンマー会津田島駅大川ダム公園駅被災地阿武隈急行線RADWIMPS南会津会津鉄道八重の桜男鹿高原駅水道橋駅LS-10汐吹公園東伊豆シュノーケリング川奈スキンダイビング平泉北海道&東日本パス東京スカイツリー新青森水戸黄門水戸駅東京駅トレイルランニングJR東日本パス東北新幹線はやぶさ福島駅八ツ森駅稚内駅名寄駅宗谷本線三ノ宮駅二俣川駅Milky_Bunny熊ヶ根駅YMOきゃりーぱみゅぱみゅJRしおサイダーハワイMAMMUT角島大橋カラビナ青森

オリンパス OM-D E-M1のセンサーがソニーではなくパナソニック製だった件

2014.04.13 (Sun) 共有

OM-D E-M1にZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWDを装着
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

すでに今年の2月頃の情報なので今さらジロー(死語)なんだけれど、タイトルの通り我がメイン機オリンパスOM-D E-M1のイメージセンサーのメーカーがソニー製だと思っていたんだけれど、実際はパナソニック製だった事が判明していたらしい。分解した人が発見したみたい。「オリンパス E-M1 センサー」でググると情報が多数出てくる。

ちなみに上の写真はパナソニック製センサーと思われるオリンパスPEN E-P3で撮影したもの。前メイン機オリンパスE-3もやはりパナソニック製。

まー個人的にも一般的にもカメラの中の部品がどこのメーカーかなんてどうでもいい話ではあるが、センサーに関しては実際に映しだされる写真の画質に関わる部分なので多少は気になる。

それにてっきりソニーだと思っていたので、やっぱソニーのセンサーってスゲーとか思ってて、実はパナソニックでしたでズコーって感じ。

では、なぜソニー製だと思い込んでいたかと言うと、ソニーと資本業務提携後に発売したO-MD E-M5とPEN E-P5などのセンサーがソニー製だと確定していたからだ。

しかしネット上では、E-M1発売当初からE-M5との画質の比較での違いをよく指摘されていた。E-M1の方が立体感があるとか、E-M5よりも長時間露光ノイズが多いとか。今思えば、センサーがまったく違うのだから画質が違うのは当然の結果だった訳だ。

ただ画質というのはイメージセンサーだけで決まる訳ではなく画像処理エンジンという撮影データを補正するチップの性能も大きく関係している。これは各カメラメーカー独自の技術なので、たとえ同じセンサーでもメーカーが違えば画質は変わってくる。さらに言えばレンズによっても画質は変わる。

ということでソニーセンサーのE-M5、E-P5、E-M10(ソニーセンサーと言われている)とパナセンサーのE-M1、LUMIX GX7の写りの違いをスペックと公式サイトのサンプル写真で比較してみた。はたしてソニーセンサーとパナセンサーの実力の違いはいかほどだろうか!?

OM-D E-M5
イメージセンサー:4/3型 Live MOSセンサー 有効画素数1605万画素、総画素数 約1720万画素
画像処理エンジン:TruePic Ⅵ

≫≫O-MD E-M5 実写サンプル

PEN E-P5
イメージセンサー:4/3型 Live MOSセンサー 有効画素数1605万画素、総画素数 約1720万画素
画像処理エンジン:TruePic Ⅵ

≫≫PEN E-P5 実写サンプル

OM-D E-M10
イメージセンサー:4/3型 Live MOSセンサー 有効画素数1605万画素、総画素数 約1720万画素
画像処理エンジン:TruePic Ⅶ

≫≫O-MD E-M10 実写サンプル

OM-D E-M1
イメージセンサー:4/3型 Live MOSセンサー 有効画素数1628万画素、総画素数 約1685万画素
画像処理エンジン:TruePic Ⅶ

≫≫O-MD E-M1 実写サンプル
≫≫O-MD E-M1 EXPLORE PHOTOGRAPHERS

LUMIX GX7
イメージセンサー:4/3型 Live MOSセンサー 有効画素数1600万画素、総画素数 約1684万画素
画像処理エンジン:ヴィーナスエンジン

≫≫GX7 Phonto&Movieギャラリー

結論
はい、どれもはっきり言って綺麗です\(^o^)/!

細かい話をすれば、ソニーセンサー機に比べてパナセンサー機の方が上位機種なので、サンプル写真も当然気合入っているように感じる(笑)。それにプロの写真はフォトショップでだいぶイジっているだろうしね。

一番比較になるのが同じ最新の画像処理エンジンを搭載しているE-M1とE-M10なんだけれど、うーんあまり違いを感じないなー。同じパナセンサーと思わるE-M1とGX7は、けっこう写真の雰囲気が違うよね。やっぱり画像処理エンジンの違いからくるものなのかな?

これはあくまでも憶測だけれど、センサーの違いよりも画像処理エンジンやレンズの違いの方が画質に大きく関係しているのかもね。

まー個人的にE-M1は、これまで使っていたE-3に比べ、高感度が良くなったのと、JPEGの画質がすごく良くなったのが最大のメリットかな。特にJPEG撮って出しの画質に関しては、同レベル以上の写真をRAWから自分で現像するのにかなり苦労するくらい良い。というかJPEG撮って出し画像をフォトショップで調整するだけで、簡単に良い写真が作れちゃう。

正直E-M1は、私のレベルでは必要十分、というかオーバースペックな戦闘力です(笑)。

では、また

関連アイテム
スポンサード リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 share
コメント(0)
ひと言でいいので、気軽にコメントしていってください!
あなたのそのひと言がこのブログ運営の原動力なのです。よろしくお願いします。

関連記事:カメラと写真
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation