うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ海外の旅映画デジタルガジェットPANASONIC動画ありPCトラブル北海道音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ神戸ソフト&アプリSONY九州小豆島NIKON夜景SEIKO旅(複数)PCパソコンGirlsAward鉄道フィルムカメラウェブあまちゃんスマートフォン撮影道具浅田真央アメリカ白谷雲水峡屋久島四国iPod_touch4thパソコン周辺機器E-520ロジクール台湾土讃線RICHO-PENTAX金比羅山終わらない断捨離の記録アユタヤ讃岐うどんXJAPAN浅草バックパック香港道後温泉予讃線高松WiMAX江ノ島風鈴横浜駅ノニ大洗港動画グラム単位の軽量化CANONLEICA礼文島FUJIFILMキャメロン・ディアス摩耶山松山駅ミニチュア風大部港小樽ポートタワー窪川駅高知城日生港双子浦観音寺駅瀬戸内海南京町予土線松山城四万十川高知浜松エンジェルロード日生駅富士山東北メリケンパーク戸田恵梨香藤木直人中古車屋フリー写真素材水着スポーツジム実験阿部寛坪尻駅阿波池田駅高知駅はりまや橋琴平駅ジャガー二俣川サッカーテレビ桂浜東北本線レオナルド・ディカプリオ豊川悦司ジョージ・クルーニーオルガ・キュリレンコ仲間由紀恵ROSEROSEトム・ハンクスiPod_touch4thスマートフォンはまなす中井貴一伊予大洲駅東京ドーム函館いしかりライナー保土ヶ谷バイパス小樽運河ブライアン・セッツァースーザン・ボイルあぶくま駅兜駅塔のへつり駅秋の乗り放題パスGoProCOSINAミャンマー会津田島駅大川ダム公園駅被災地阿武隈急行線RADWIMPS南会津会津鉄道八重の桜男鹿高原駅水道橋駅LS-10汐吹公園東伊豆シュノーケリング川奈スキンダイビング平泉北海道&東日本パス東京スカイツリー新青森水戸黄門水戸駅東京駅トレイルランニングJR東日本パス東北新幹線はやぶさ福島駅八ツ森駅稚内駅名寄駅宗谷本線三ノ宮駅二俣川駅Milky_Bunny熊ヶ根駅YMOきゃりーぱみゅぱみゅJRしおサイダーハワイMAMMUT角島大橋カラビナ青森

おっさんタイ弾丸旅行3日目7 タイ国鉄フワランポーン駅(バンコク駅)

2013.08.06 (Tue) 共有

タイ国鉄フワランポーン駅(バンコク駅)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

※この記事は[3日目6 ワット・サケット(Wat Saket/黄金の丘)]のつづきです。
※最初の記事はこちらから。


ワット・サケットを後にしておっさん達がタクシーで向かったのは、タイ国鉄(State Railway of Thailand、略称:SRT)のフワランポーン駅(Hua Lamphong Station、バンコク駅、クルンテープ駅)だった。

これまで乗ったBTS(スカイトレイン)やMRT(バンコク・メトロ)の駅とは明らかに雰囲気が違う。巨大ターミナル駅って感じ。まー実際、この駅は、タイ国鉄4路線の起点駅になっているんだとか。

ちなみにこの駅名は、サイトやガイドブックなどによって名称や呼称が違うので、ひじょうに紛らわしくて注意が必要である。しかも観光案内によく書かれている呼び方であるフワランポーン駅は、俗称であり正式な呼称ではないんだとか。

正式名称:クルンテープ駅(สถานีรถไฟกรุงเทพ/読み方:Sthani rthfi krungtheph)
主俗称:フワランポーン駅(Hua Lamphong Station)
別表記:フアラムポーン駅、ホアランポーン駅
別名:バンコク駅(Bangkok)、バンコク中央駅


しかも観光案内には主にフワランポーンと表記されているんだけれど、時刻表などには、Bangkok(バンコク)って書いてあったりして、最初これが同じ駅だと理解できてなくて、ひじょうに困った。


タイ国鉄フワランポーン駅(バンコク駅)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

「どこで切符が売っているんだろう」

「お、あのインフォメーションで聞いてみよう」

構内途中の出入口横にインフォメーションと書かれたカウンターがあったので、尋ねてねてみる。

するとカウンターの兄さんがタイ語+英語?で、一生懸命、何か説明してくれているんだけれど、よくよく聞いているとなにやら話がおかしい。切符売場を尋ねただけなのに、なぜかこれから向かう場所への往復と観光地巡りのチャーター車の話をしてくる。しかも一人当たり(詳しくは忘れたけど)1000バーツ以上(約3700円以上)というべらぼうな料金である。

なめんなよーって思って、チャーター車をきっぱり断ったら、やっと切符の話になった。が、しかし、やはり話がおかしい。事前情報では、まだ間に合うはずの10:05発Express便(急行)は、もう間に合わないと言われ、その次の10:50発Special Express便(特急)の切符を手配してくれると言うのだ。しかも特急の料金は、事前情報だと315バーツ(約1165円)のはずなのに、なぜか400バーツ以上(約1480円)が必要だと言う。

「これ、明らかに駅のインフォメーションじゃないな」

「怪しいインチキツアー業者だな、たぶん」

話の途中で、インチキ業者だと気づいたので、切符を用意するから発車時刻30分前にまたここに来てくれと言う兄さんに「OK!OK!」って言っておいてから逃げるように早足でその場を去った。

危うく騙されるところだった!

しかも、そこから15メートルくらい先に正規の切符売場があった。


タイ国鉄フワランポーン駅(バンコク駅)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

上の写真は、駅のホームがあるエリア。駅に改札はなく、ホームは出入り自由。

切符売場で、まだ間に合うはずの急行列車に乗れるか聞いたところ、大丈夫だと言う。やはり、さっきのインフォメーションは、嘘つきだった。

それで大人3人分を頼むと、最初一人245バーツ(約907円)で合計735バーツ(約2720円)という料金がレジに表示された。

おっと、これは高い方のシートだと思ったので、「No! 20Bath」って言ったら、職員がもう一度入力し直して、一人20バーツ(約74円)、合計60バーツ(222円)の運賃表示に変わった。

そうです、たった20バーツなのだ!

しかも約1.5時間の距離で!

「タイの国鉄、安すぎるぅー(笑)!」

ちなみに245バーツのシートは、2等車エアコン付き指定席の料金で、おっさん達が乗ったのは、もちろん扇風機付き3等車自由席20バーツの車両である。

理由は単純である。やっぱ旅は、地元の人が利用している車両に乗ってその雰囲気に馴染まないとね。

まーこの急行が間に合わなかったら次の特急10:50発315バーツ弁当付きでも、それはそれでよかったんだけれどね。

もしタイ国鉄に乗るならタイ国鉄公式サイト(STATE RAILWAY OF THAILAND)で、時刻表をチェックしておくことを推奨。


タイ国鉄フワランポーン駅に停車中の列車(GEA型ディーゼル機関車)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

カメラ目線で台車に座ってポーズを決めているタイ人が気になる写真。

列車は、米国GE社製のGEA型ディーゼル機関車(4543番)だと思われる。


この列車に乗車した、THN系気動車 1124
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

これが今回、乗車した東北本線71号車10:05バンコク駅発シーサケート駅(Si Sa Ket)行きである。

SRTとは、State Railway of Thailandの略でタイ国鉄って意味。

列車は、日本製THN系気動車(1124番)という車両らしい。


フワラポーン駅と列車、THN系気動車 1124
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

危うく騙されそうになったが、無事、目的の列車に乗ることができ、列車は予定時刻を5~10分遅れで出発した。この時の現地時間は、10:10くらい。


タイ国鉄THN系気動車の車内
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

これが、クーラー無し扇風機付き常夏窓全開仕様3等車の車内。

バンコクから向かうは、もちろんタイの世界遺産アユタヤ(Ayutthaya/プラナコーンシーアユッタヤー郡)!「古都アユタヤ」の名で世界遺産に登録されているアユタヤ王朝の遺跡群である。

づづく →次へ

関連外部リンク
STATE RAILWAY OF THAILAND
http://www.railway.co.th/home/Default.asp?lenguage=Eng

Hua Lamphong Stationの場所
http://goo.gl/maps/CiDkK
スポンサード リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 share
コメント(1)

kurobeさん (2014-02-22) edit

写真とかタクシーあと王宮は休みとかぼられたり、嘘言われたり、さんざんですな、あとパタヤ日帰り、て、もったいない。ここは夜から男の為にあるような街なのに、タイに何しにきたの?て、思う。ネット調べてからの方が、もっと楽しめたはず
ひと言でいいので、気軽にコメントしていってください!
あなたのそのひと言がこのブログ運営の原動力なのです。よろしくお願いします。

関連記事:旅と旅写真
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation