うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ映画海外の旅PANASONICデジタルガジェット動画ありPCトラブル北海道音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ九州SONYソフト&アプリ小豆島神戸NIKON夜景SEIKOPC旅(複数)パソコンGirlsAward鉄道撮影道具アメリカ屋久島白谷雲水峡あまちゃんフィルムカメラウェブ浅田真央スマートフォン金比羅山パソコン周辺機器E-520iPod_touch4thロジクール終わらない断捨離の記録四国土讃線アユタヤRICHO-PENTAX讃岐うどんバックパック浅草LEICAFUJIFILM礼文島予讃線香港高松風鈴道後温泉動画WiMAXXJAPANキャメロン・ディアスポートタワー江ノ島大洗港横浜駅ノニ摩耶山CANONミニチュア風松山駅小樽グラム単位の軽量化大部港浜松窪川駅高知城瀬戸内海高知松山城南京町双子浦日生港観音寺駅予土線日生駅四万十川エンジェルロード戸田恵梨香東北メリケンパーク富士山藤木直人中古車屋フリー写真素材水着スポーツジム実験青森坪尻駅阿波池田駅高知駅はりまや橋琴平駅ジャガー阿部寛二俣川サッカーテレビ桂浜東北本線オルガ・キュリレンコレオナルド・ディカプリオ豊川悦司仲間由紀恵トム・ハンクスブライアン・セッツァーROSEROSEジョージ・クルーニーiPod_touch4thスマートフォン函館中井貴一伊予大洲駅いしかりライナー小樽運河はまなす保土ヶ谷バイパススーザン・ボイルRADWIMPS秋の乗り放題パスあぶくま駅兜駅GoProミャンマーCOSINA台湾塔のへつり駅会津田島駅南会津被災地阿武隈急行線会津鉄道男鹿高原駅大川ダム公園駅八重の桜東京ドーム水道橋駅川奈汐吹公園東伊豆スキンダイビング北海道&東日本パス福島駅平泉シュノーケリング東京スカイツリートレイルランニング水戸黄門水戸駅JR東日本パスはやぶさ新青森東北新幹線八ツ森駅しおサイダー三ノ宮駅稚内駅名寄駅二俣川駅熊ヶ根駅LS-10Milky_Bunny宗谷本線YMOハワイJRMAMMUTカラビナきゃりーぱみゅぱみゅ角島大橋東京駅

おっさんタイ弾丸旅行3日目3 ワット・アルン(Wat Arun/暁の寺)

2013.07.30 (Tue) 共有

対岸のワット・アルン(Wat Arun)へ行く渡し船
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

※この記事は[3日目2 チャオプラヤー川を水上バスで移動]のつづきです。
※最初の記事はこちらから。


ワット・アルン(Wat Arun/暁の寺)は、ター・ティアン船着場(Tha Tien)の対岸なので、隣接する渡し船(上の写真)に乗って行く。料金は片道3バーツ(約11円)。


ワット・アルン(Wat Arun)側の船着場
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

これは、ター・ティアン船着場側の渡し船の船着場。


ワット・アルン(Wat Arun)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

チャオプラヤー川は、けっこう川幅が広いので、対岸が近づくとワット・アルンの大仏塔がさらにド迫力に!

「タイっぽいなぁー」

「やっぱ遺跡なのかな?」


ワット・アルン(Wat Arun)側に上陸
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

約5分ほどで、ワット・アルン側に上陸。


ワット・アルン(Wat Arun)の顔ハメ看板
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

この顔ハメ看板、無料かと思いきやシャッターを切った瞬間、後ろに座っていたタイ人兄さんが立ち上がって40バーツ(148円)を請求してきた。

「え、有料、マジ!?Oh!No!!!No!」

マジかよ絶対に嘘だと思って躊躇していると、タイ人兄さんは顔ハメ看板の下隅に書いてある小さな文字を指さした。そこにはたしかに40バーツと記載されていた。

「なんだそれーー!?こんなの気づかないって・・・」

非常に不愉快だったが、たった40バーツでもめたくなかったのでしぶしぶ払った。

「しかし、あのやり方はズルいなー」

「日本じゃ無料が当たり前だから、ほとんどの人が引っかかちゃうでしょ」

「あいつ、そーとー荒稼ぎしてるよ」

もしワット・アルンに行くことがあったら顔ハメ看板は、有料なので注意してほしい。ずる賢いやつがつけあがるので、できれば利用しないのがいいと思う。


ワット・アルン(Wat Arun)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

左右の巨大な守護神のようなのは、日本の四天王みたいなものかな?


ワット・アルン(Wat Arun)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

この肖像画は、たぶんタイの国王。タイではあちこちで見かける。


ワット・アルン(Wat Arun)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

大仏塔のエリアは、入場料50バーツ(約185円)がかかった。オープンの8:00までまだ10分ほど前だったが、普通に入れた。


ワット・アルン(Wat Arun)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

しかし、この大仏塔は、かっこいいね。


ワット・アルン(Wat Arun)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

やっぱピラミットみたいなものなのかな?


ワット・アルン(Wat Arun)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

大仏塔は、普通に登ることが可能。ただ途中から階段がめっちゃ急になるのと幅が狭いので、落ちたらたぶん死ぬ。特に下りは、超ー恐ろしかった。


ワット・アルン(Wat Arun)の大仏塔の上
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

ここは、大仏塔の中間の回廊。ここまでの階段は、それほど急ではない。


ワット・アルン(Wat Arun)からの眺め
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

手すりにしがみつきながら慎重に階段を登り、一番上の回廊に到着。いや、ホント、けっこー高いから(笑)。

写真は、その最上階の回廊からのチャオプラヤー川方面の眺め。


ワット・アルン(Wat Arun)からの眺め
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

こちらは後ろ側の景色。


ワット・アルン(Wat Arun)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

大仏塔を支える仏像たち。

大仏塔の壁は、ひじょうに細かな飾りが施されていた。


ワット・アルン(Wat Arun)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

対岸からやチャオプラヤー川からのワット・アルンも美しいけれど、間近で見るワット・アルンは、細やかな飾りも確認できるし、なにげに一番美しいと思った。


ワット・アルン(Wat Arun)の対岸の船着場
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

ワット・アルン観光を終えたおっさん達は、再び渡し船で元の対岸に戻った。

かなり早足で見たので、往復の所要時間は約35分くらいだった。ワット・アルンの敷地はそれほど広くないので、たぶんゆっくり見て回っても観光時間は1時間もあればいいと思う。

次におっさん達は、歩いてすぐのところにあるバンコク最大級の寺、ワット・ポー(Wat Pho)に向かう。そこには有名な黄金の巨大な涅槃仏(ねはんぶつ)がある。

≫≫ バンコクの人気ホテルが毎日値下げ・バーゲンハンター
≫≫ バンコク☆人気ホテルランキング!
≫≫ 365日【最低価格保証】タイ・パタヤの人気&おすすめホテル☆

つづく →次へ

関連外部リンク
ワット・アルンラーチャワラーラーム(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/...

Wat Arunの場所
http://goo.gl/maps/j7We1
スポンサード リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 share
コメント(0)
ひと言でいいので、気軽にコメントしていってください!
あなたのそのひと言がこのブログ運営の原動力なのです。よろしくお願いします。

関連記事:旅と旅写真
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation