うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ海外の旅映画デジタルガジェットPANASONIC動画ありPCトラブル北海道音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ神戸ソフト&アプリSONY九州小豆島NIKON夜景SEIKO旅(複数)PCパソコンGirlsAward鉄道フィルムカメラウェブあまちゃんスマートフォン撮影道具浅田真央アメリカ白谷雲水峡屋久島四国iPod_touch4thパソコン周辺機器E-520ロジクール台湾土讃線RICHO-PENTAX金比羅山終わらない断捨離の記録アユタヤ讃岐うどんXJAPAN浅草バックパック香港道後温泉予讃線高松WiMAX江ノ島風鈴横浜駅ノニ大洗港動画グラム単位の軽量化CANONLEICA礼文島FUJIFILMキャメロン・ディアス摩耶山松山駅ミニチュア風大部港小樽ポートタワー窪川駅高知城日生港双子浦観音寺駅瀬戸内海南京町予土線松山城四万十川高知浜松エンジェルロード日生駅富士山東北メリケンパーク戸田恵梨香藤木直人中古車屋フリー写真素材水着スポーツジム実験阿部寛坪尻駅阿波池田駅高知駅はりまや橋琴平駅ジャガー二俣川サッカーテレビ桂浜東北本線レオナルド・ディカプリオ豊川悦司ジョージ・クルーニーオルガ・キュリレンコ仲間由紀恵ROSEROSEトム・ハンクスiPod_touch4thスマートフォンはまなす中井貴一伊予大洲駅東京ドーム函館いしかりライナー保土ヶ谷バイパス小樽運河ブライアン・セッツァースーザン・ボイルあぶくま駅兜駅塔のへつり駅秋の乗り放題パスGoProCOSINAミャンマー会津田島駅大川ダム公園駅被災地阿武隈急行線RADWIMPS南会津会津鉄道八重の桜男鹿高原駅水道橋駅LS-10汐吹公園東伊豆シュノーケリング川奈スキンダイビング平泉北海道&東日本パス東京スカイツリー新青森水戸黄門水戸駅東京駅トレイルランニングJR東日本パス東北新幹線はやぶさ福島駅八ツ森駅稚内駅名寄駅宗谷本線三ノ宮駅二俣川駅Milky_Bunny熊ヶ根駅YMOきゃりーぱみゅぱみゅJRしおサイダーハワイMAMMUT角島大橋カラビナ青森

おっさんタイ弾丸旅行2日目2 パッタヤーまたはパタヤ(Pattaya)

2013.06.03 (Mon) 共有

パタヤに向かっている途中の景色
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

※この記事は[2日目1 朝のバンコク]のつづきです。
※最初の記事はこちらから。


写真は、パッタヤーまたはパタヤ(Pattaya、以下パタヤに統一)に向かってる車の車窓の景色。

朝のバンコク、BTS[N3]ビクトリーモニュメント駅(Victory Monument Station)で下車したおっさん達は、パタヤバン(Pattaya Van) というロット・トゥー乗り場を目指す。

ロット・トゥーというのは、12人ほどが乗れる1BOX車の乗合バスのことである。このビクトリーモニュメント駅にある戦勝記念塔の周辺は、各観光地行きのロット・トゥーの出発基地になっているらしい。

駅から歩道におりるとすぐにパタヤバンらしき看板を発見し、近くの人に訪ねてみる。するとビルの横の駐車スペースにつづく通路の壁際にテーブルを並べて座っている受付の人たちの列の中央辺りを指さした。

そのパタヤバンの受付で料金を支払うと、すぐに出発するからあのバンに乗って待っててくれみたいなことを言われた。しかし、ここでおっさんMが・・・

「ちょっ、のど乾いて死にそう、2時間乗るんでしょ、水買わないと!」

朝から予定外の立ち寄りがあったりバタバタしていたので、水を買うのを忘れていたのを思い出したらしい。たしかにすでに気温が30度を越えていてものすごく暑かったし、喉がカラカラだった。しかし近くには水が買えそうな売店が見当たらない。

「ダメだ店がない、バスもすぐに出るみたいだし、あきらめるしかないよ・・・」

「無理、死ぬ、買ってくる!!!」

しかしおっさんMは、いきなり発狂して水を買いに一人で走りだしてしまった。

なので、おっさんYは、パタヤバンの運転手にカタコト英語で「ちょっとだけ待って」って伝えようとしたが、英語はまったく通じず、しかもなぜか運転手はちょっとキレ気味だった。

「しかたない、この便は、あきらめるしかないかも・・・・」

「チケットどーするよ」

「まー、たった97バーツだし、いいだろ」

なんとこのパタヤバン、バンコクからパタヤまで一人たったの97バーツ(約359円)で運んでくれるのである。ハイウェイを使って約1.5~2時間の距離をである。タイの交通手段はどれも、あまりの安さに驚くばかりである。

半分あきらめかけた時に、人混みの先からおっさんMが水を持って走ってくるのが見えた。

「おーい、急げー!」

ということでなんとか無事パタヤバンに乗車することができた。時刻は現地時間の8:30頃だった。


パタヤに向かっている途中の景色
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

ほとんど寝ていないおっさん達は、車内でうとうとしながら半寝状態で過ごす。完全に爆睡しきれなかったのは、道路の路面状態が悪すぎて、しょっちゅうお尻が宙に浮くほど車体が跳ねるから。あと車がハイウェイを異常なほど飛ばしているので、かなり怖かったから。


Pattaya
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

「着いたぁーパッタヤー!」

パタヤ到着は、現地時間10:20頃なので、約1時間50分くらいかかった。


パタヤ埠頭
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.

パタヤバンが到着した場所は、ちょうど途中の目的地であるパタヤ埠頭(Pattaya Port)の目の前であった。


パタヤの景色
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

上の写真は、パタヤ埠頭に向かって左側の海の景色。


パタヤの景色
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

上の写真は、パタヤ埠頭に向かって右側の海の景色。中央辺りになんとなく見える砂浜がパタヤビーチ。見ての通りパタヤと一言で言うにはエリアは想像よりも超広くて歩いての移動はしんどそうな場所だった。Googleマップ上で約3.7kmほどのビーチなので両端は徒歩1時間弱くらい?かな。


パタヤの景色
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

今回、おっさん達は、パタヤ・ビーチには行かずにこのパタヤ埠頭から船に乗って沖合に浮かぶラン島に向かう。

上の写真に写っているスピードボートも魅力的だったが、料金が高いらしいので、普通の定期船かグラスボートで行くことに。

≫≫ バンコクの人気ホテルが毎日値下げ・バーゲンハンター
≫≫ バンコク☆人気ホテルランキング!
≫≫ 365日【最低価格保証】タイ・パタヤの人気&おすすめホテル☆

つづく → 次へ

関連外部リンク
Pattaya Van
http://www.pattayavan.com/

ビクトリーモニュメント駅前のパタヤバン乗り場の場所
http://goo.gl/maps/p1a2f

Pattaya Portの場所
http://goo.gl/maps/7prkA
スポンサード リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 share
コメント(1)

朱鷺(shuro)さん (2013-06-04) edit

↑この言葉に惹かれてお邪魔いたしました♪
今回、ちょっと立ち寄らせていただいただけでしたので、後日、じっくり記事を拝見させていただきたく思います。
南国、良いですね。
朱鷺は、住んでみたのはオーストラリアだけです。
旅行ではシンガポールのみ。
本当は、日本の南国も訪れたいのですが、国内旅行の方が高いというゲンジツにがっくりです。
写真を拝見しているだけで、南国風景には力をいただく気がします。目から入る情報は、ダイレクトに脳に伝わりますね。

突然の乱入失礼いたしました!

ひと言でいいので、気軽にコメントしていってください!
あなたのそのひと言がこのブログ運営の原動力なのです。よろしくお願いします。

関連記事:旅と旅写真
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation