うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
E-3一人旅Z.D.ED12-60mmF2.8-4.0SWDLUMIX_G20mmF1.7ASPH.E-P3htcEVO3D(ISW12HT)映画DMC-GF1タイドラマ旅(複数)E-M1横浜Z.D.ED50mmF2.0Macro音楽鉄道M.Z.D.ED12-40mmF2.8PRO動画バンコクスマートフォン夜景北海道IE8Z.D.ED50-200mmF2.8-3.5SWDInternet_ExplorerDSC-HX100VCP+Z.D.ED40-150mmF4.0-5.6DIGITAL_HARINEZUMI2富士山Z.D.ED9-18mmF4.0-5.6iPod_touch4thみなとみらいパソコン小豆島神戸PC秋の乗り放題パスウェブパタヤパソコン周辺機器東京スカイツリー宮崎あおいあまちゃん横浜ベイブリッジGirlsAward松山ケンイチM.Z.D.ED12mmF2.0E-M5江口洋介横浜駅白谷雲水峡アユタヤ浅草屋久島浅田真央横浜ランドマークタワー上戸彩Ai_Nikkor50mmf1.4GM1小樽大さん橋礼文島青森ロジクールM.Z.D.14-42mmF3.5-5.6ⅡR函館山下公園イベントコンパニオンE-520M.Z.D.14-42mmF3.5-5.6二俣川駅LS-10WiMAX大洗港四国渋谷土讃線戸田恵梨香松原商店街松田翔太江ノ島トラブル温泉上地雄輔金比羅山阿部寛Nikkor24mmf2.8Ai高松岡津町摩耶山風鈴ワット・アルンノニ藤木直人菅野美穂ポートタワー木村拓哉道後温泉東北本線JRiPad_miniXJAPANATOK西岸駅バックパック登別温泉角島大橋iPhoneAmazon稚内東京駅大部港予讃線シュノーケリング藤原竜也au石原さとみ綾瀬はるか讃岐うどんラン島仲間由紀恵八重の桜DVD妻夫木聡長崎益田駅LEICA_minilux枕崎駅熊本駅中井貴一瑛太松山駅ミニチュア風鹿児島本線佐藤浩市金沢駅キャメロン・ディアスレオナルド・ディカプリオ豊川悦司予土線四万十川窪川駅松山城瀬戸内海双子浦ジョージ・クルーニー汐吹公園エンジェルロード観音寺駅高知城高知五能線平泉オルガ・キュリレンコ阿波池田駅坪尻駅高知駅北海道&東日本パス川奈桂浜はりまや橋スキンダイビング日生港日生駅トレイルランニング蒼井ゆう平塚駅久大本線日の出ソニータイマー金沢八景JR東日本パスはやぶさ新青森iPod_touch4thスマートフォンIKEA夜明駅水戸黄門南京町有吉弘行阿蘇山浜松東伊豆指宿枕崎線秋田水戸駅深津絵里はまなす保土ヶ谷バイパス東北新幹線テレビサムスンXperia秋葉原AdobeiPadAir0.8秒と衝撃。あぶくま駅実験JR磐越西線塔のへつり駅会津若松駅中古車屋兜駅E-M1Z.D.ED50mmF2.0MacroBOSEスポーツジム旭川水着美瑛FC2ブログ共有テンプレートフリー写真素材札幌洞爺湖E-M10ボルボM.Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6EZGoProIE10会津田島駅大川ダム公園駅BLANKEY_JET_CITYスーザン・ボイルRADWIMPS松嶋菜々子上野樹里長谷川博己二俣川サッカーROSEROSEトム・ハンクスジャガーブライアン・セッツァーリゾートしらかみ香里奈観月ありさ東北被災地南会津会津鉄道男鹿高原駅メリケンパーク阿武隈急行線ワット・サケットワット・ポーフワランポーン駅WOLリモートデスクトップ琴平駅谷川岳薩摩高城駅肥後二見駅西大山駅指宿駅水道橋駅三ノ宮駅山陰本線OM-1PEN_FPEN_FT初代PENE-PL5OM-3東京ドーム長野電鉄屋代線香港ミャンマー羽田空港ヘルニアAterm_BL900HWロト7宗谷本線名寄駅三角地帯THE_MAD_CAPSULE_MARKETSDVD-Rパスポート稚内駅博多駅エヴァンゲリオン白馬駅業平橋駅Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6町田駅穴水駅のと鉄道大糸線糸魚川駅宗谷岬黒味岳納沙布岬苫小牧緑園都市駅和倉温泉駅大黒パーキング戸塚駅特牛駅唐津駅EOS-1DX立山黒部アルペンルートREGZA_Phone_T-01C熊ヶ根駅飛鳥Ⅱ海本牧魚津駅Milky_BunnyiOS伊予大洲駅横浜港CRASSしおサイダーBabylon伊万里駅Facebook佐世保駅たびら平戸口駅大村線酒田駅きらきらうえつ山形鳥取砂丘軍艦島南阿蘇鉄道長崎本線羽黒山横浜赤レンガ倉庫女鹿駅角館南部鉄道秋田内陸線土合駅福島駅阿蘇駅赤水駅めがね橋碓氷峠八ツ森駅出雲市駅小幌駅七尾線彦根駅カラビナMAMMUTウィルス米原駅小樽運河いしかりライナーYMOふじ丸初詣きゃりーぱみゅぱみゅ大橋のぞみスパイウェアFM戸塚嘉瀬駅ストーブ列車津軽鉄道東室蘭駅北舟岡駅豊岡駅十和田観光電鉄線上北町駅田儀駅七尾駅宇都宮駅福島郡山駅驫木駅

【MWSMP】BIOS設定・Windows8インストール・Hyper-V

2013.04.14 (Sun) 共有

Windows 8 Pro
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

【MWSMP】軍用ワークステーション製造計画 (最初の記事はこちら)
Vol.10 BIOS設定・Windows8・Hyper-V

前回の記事(配線のつなぎ方)の続きで、今回は、BIOS設定からWindows8インストール~Hyper-V、リモートデスクトップなど。

前回、書き忘れた事があって、このマザーボード(ASUS P8C WS)は、マザーボード上に2箇所スイッチがあって、初期の設定から変更した。

一つは「EPUスイッチ」といって、自動的にコンピュータの負荷を探知して電力消費を抑えてくれるスイッチ。初期のオフ(左)からオン(右)に。もう一つは、「GPU Boostスイッチ」といって、統合型グラフィック(iGPU)を自動的に高速で安定したクロックスピードへ最適化するスイッチ。これもオフ(左)をオン(右)に。

さて、配線が完了し、一応、組み上がった自作PCは、電源をコンセントにつなぎ電源オンの儀式に移る。

※ここからは、軍隊式、隊長と隊員のやり取り風・私の心の声でお伝えします。

コンセントをつなぐとマザーボードとグラフィックボードの通電が確認できるグリーンのLEDランプが点灯した。

隊員「システム電源供給、異常ありません」

次に電源スイッチをポチっとオンに・・・緊張の一瞬である。

「ブォオオオオオオオオオオオオオオ!」とファンが動きだす。

「ピッ!」

短いビープ音が鳴り、ASUS画面を経て、モニターに黒バックで白文字の英語が表示された。よく読まなかったけど、たぶん「OSが入ってないよ」みたいなことが書いてあったんだと思う。

次にマザーボード上のエラーランプが点灯していないか確認。

隊員「マザーボードのエラーランプ点灯なし、異常ありません!」

隊長「よし、BIOS起動準備」

パソコンの電源スイッチを長押しして、一度電源を落とす。次にキーボードとマウスをUSBに接続する。

隊員「キーボード・マウスの接続完了、BIOSの起動準備できています」


BIOS設定
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

隊長「BIOSきどぉおおおおおおおおーー!!!」

電源スイッチを再びオンにして、ビープ音の後のASUS画面でキーボードの「Delete」ボタンを数回連打する。するとすぐさまASUSのBIOS画面の「EZ Mode」が表示された。※上の写真は「Advanced Mode」の画面。

隊員「BIOS起動しました」

隊長「すぐにシステムの状態を確認しろ」

隊員「CPU表示内容OK、トータルメモリー数一致、CPU温度40、マザーボード温度30、電圧異常なし、CPUファンスピード安定しています」

隊長「よし、作戦成功だぁあああああああ!」

隊員「うぉおおおおおおおおおおおお!」

みたいな心の中でのやり取りを経て、無事、自作PCの電源オンの儀式は成功した。

ちなみにBIOSとはビオスではなく、バイオスと読むんだけれど、私の頭の中ではいつもビオスと読んでしまう。このBIOSを簡単に説明すると、パソコンの最低限の設定を行う為のプログラムって感じかな。主に起動(ブートデバイス)の優先順位を変更する時に使う。


BIOS設定
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

しっかし、このパソコンのBIOS、マウスで操作ができてかなり便利だ。まずはBIOS言語設定を日本語に変更。

最初に表示される「EZ Mode」だと起動優先順位とざっくりとしたシステムパフォーマンスしか変更でないので、F7を押して「Advanced Mode」に切り替えて、日付や時間を調整。


UEFI BIOS画面
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

何をどーしたかの詳細は省くけれど、設定を変更するなら、ユーザーマニュアルにけっこう詳しく書いてあったよ。

BIOSの設定を確認したら、次にBIOS画面のままアイドル状態で慣らし運転を24時間ほど行う。自動車と違ってパソコンに慣らし運転が必要かは実際は不明だけれど、初期不良とかあるかもしれないし、やはり新しい部品にいきなり負荷をかけるのはなんとなく怖い。

主にモニタリングするのは、CPUとマザーボードの温度とマザーボード上のエラーランプ、各ファンの作動くらいかな。長時間置いといても温度変化がなければ、CPUとマザーボード及び冷却システムに不具合がないってことになると思う。

しかし、今回作ったPCなんだけど、起動してみて驚いたのは、ファンの作動音がひじょうに静かだったということである。さらに嬉しい誤算だったのは、衝動買いしたファンコントローラーの存在。ひじょうに静かな各ファンをファンコンで少しだけ回転数を落としてやると、さらにめちゃくちゃ静かになった。

なんつー静かさ加減!これぞ軍用ワークステーションに相応しい静寂じゃないか!

戦地では、わずかな音が命取りになりかねない。極限まで作動音を抑えることもまた軍用ワークステーション(あくまでもイメージです)に必要なスペックなのかも。

まーでも実際は、特に静音パソコンを目指していたわけではないが、いざ完成したら、こりゃー静音パソコンだよって感じるレベルだった。CPUクーラー・ファンもグラボのファンもとっても静か。その静かさの中でよーく耳をすまして、音が一番大きいと感じたのは、電源ファン、次ぎにとりあえず装着した昔のグラボ(7900GT)のファン。その他のファンは私の耳には、無音レベル(笑)。というのもこれまでのPCは、私的には爆音パソコンの部類だったから。


Windows8 Pro
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

さて、慣らし運転で特に異常もなかったので、いよいよOSをインストールする。今回、選んだOSは、「Microsoft Windows 8 Pro (DSP版) 64bit」、11299円なり。

これです↓
Microsoft Windows 8 Pro (DSP版) 64bit 日本語(新規インストール用)

今、アマゾンを見たら私が買った時より値上がりしているみたいだね、タイミング良かったかも。しかしアマゾンのレビュー読むと非正規品も出まわっているみたいなので、とにかく「新品の出品」画面で、Amazon配送センターから発送されるやつを選んだよ。

今回のような自作パソコンにインストールする場合は、DSP版というのを買えばいい。発売記念優待版とかアップグレード版というのは、XP/Vista/7などのWindowsがすでに入っているパソコンからのアップグレード用である。

なおWindows 8 DSP版は、64bit版と32bit版が別々に販売されていたので、今回は迷わず64bit版を選択。

今回の自作PCに搭載した16GBのメモリは、64bit版でないと認識しないからである。32bit版だとたぶん今までと同じ3.25GBまでなのかな?それにWindows7で、すでにかなり64bit版が普及しているわけだし、もうデメリットはほとんどないんじゃないかな。

じゃー64bit&16GBのメモリに対応したソフトってあるのかよって思われるかもしれないが、Adobeの最新の動画編集やグラフィック関連ソフトは、ほとんど64bit対応&メモリ4GB以上(8GB以上を推奨)が必須になっているんだよね。必須だから、つまり32bitで4GB以下のロースペックなパソコンじゃ動かないよーてこと。

プロ用ソフトだからかもしれないが、それでも全ユーザーに高額なシステムへの変更を強制するって、やっぱ市場を独占しているAdobeだからできる対応だと思う。そういった絶大な力の企業が誘導する世界の流れを見れば、おのずと64bitがメインストリームとなってゆくんだろう。と読んだ。

まあ、個人的には、あのままMacromediaが、Adobeに吸収されずに競争関係が続いていれば、今頃・・・って思うけどね。だって東電しかり、とにかく一社が市場を独占するとあまりいいことがないから。

話戻すと、Windows 8のDSP版のエディションには、「無印?」と「Pro」の2種類があって、今回は迷わずProを選択。というのも今回、試してみたい「Hyper-V」は、Proにしか搭載されていないからである。その他の主な違いは、「リモートデスクトップ」の対応、「BitLocker ドライブ暗号化」搭載なんだとか。実質価格差は3千円くらいしか変わらないから、どうせならProを買っといた方がいいと思う。

まとめるとWindows 8 DSP版を買うなら、「Pro 64bit版」がいい?という結論。


Windows 8 Proインストール画面
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

インストールはCDをドライブに入れて電源を入れるだけ。

最初に上の写真のようなセットアップ画面が出て「次へ」をクリック。


Windows 8 Proインストール画面
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

次にパッケージのシールに記載されているプロダクトキーを入力して「次へ」をクリック。

インストールの種類は「カスタム:Windowsのみをインストールする」を選択。


Windows 8 Proインストール画面
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

インストールする場所は、もちろんSSDを選択。

はい、これだけで、インストールは始まった。


Windows 8 Proインストール画面
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

途中、再起動された後に上の写真のパーソナル設定という画面に。適当に色を選んで、PC名を入力。

すると・・・


Windows 8 Pro メトロUI
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

「Windows 8 キターーーーーーー!」

こ、これがとっても評判の悪いメトロUI!

「しかも横スクロールかよ・・・」

ネットの世界ではご法度とされる横スクロールが採用されたUI、見るからに使いづらそうである。でもマウスで画面をスワイプできるのかとおもいきや、なんとスワイプはできないんだけど、画面の端っこにカーソルを移動したら横スクロールした。さらに言うとマウスのホイールを回すとこのメトロUI画面では、横スクロールになった。

とりあえずデスクトップのボタンをクリックすると、瞬時にデスクトップ画面に!

「うわ、超ー速いー!」

LANケーブルを接続してネットにつないでみた。

IE10を起動、一瞬でサイトが表示された。YouTubeやGoogleマップなど色々と試したが、なにをしても爆速である!

Windows 8が速いのか、このマシンが速いのかわからないけれど、とにかく速い。これが、Xeonのパワーなのか!?これまでのパソコンで起動に8秒くらいかかる重いソフトも3秒くらいで起動した。体感的には3倍って感じかな。

それでWindows8なんだけれど、しばらく使ってみて感じたのは、やっぱメトロUI、使いにくいな・・・。デスクトップにスタートボタンが無い代わりに、左下角にカーソルを移動するとメトロUI画面への切り替えになっていて、これまでのWindowsのスタートボタン=メトロUIスタート画面っていう仕組みになっっている。

つまりAndroidでいうデスクトップがメトロUIで、「すべてのプログラム」画面がそこからさらに先にあるって感じ。だからデスクトップからすべてのプログラムに行ってまたデスクトップに戻るには下記の操作が必要になる。

Windows8> 
左下角にカーソルを移動して「スタート」をクリック
↓行き
右クリックして右下に表示される「すべてのアプリ」をクリックで画面が切り替わる
↓戻り
左下角にカーソルを移動して「スタート」をクリック
↓戻り
スタート画面で、デスクトップボタンをクリック
■ クリック数は、行き3回、戻り2回、合計5クリック
※すべてのアプリ画面の左上にカーソルを移動させると起動しているデスクトップへ1クリックで移動可能なので、その方式なら合計4クリック

XPの場合
スタートボタンクリック
↓行き
すべてのプログラムにカーソルを合わせて移動させるだけ
↓戻り
デスクトップにカーソルを移動すれば消える
■ クリック数は、行き1回、戻り0回、合計1クリック

上の比較の通り、クリック数も画面の切り替わり数もカーソルの移動量も圧倒的に多いし、Windows8のUIは、明らかな改悪と言わざる得ないだろう。というか元々、Windowsよりも下位で、Windowsより圧倒的に使いづらいスマートフォン/タブレット用のOSと同じUIに変更した理由がわからない。

スマホやタブレットはあくまでもサブ機、Windowsはビジネス用途で主にデスクトップ。デスクトップの場合はマウスがあるわけだし、そもそもまったく用途が違うわけで、下位のOSに合わせたら、使いづらくなるのは当たり前である。

これを作ったマイクロソフトは、アホなんじゃないかと思った。これじゃー売れないわけだよ・・・。だってマジで使いづらいから(笑)。

やっぱスタートボタンは必要ということで早速、スタートボタンを追加できるソフトをインストールした。色々と無料で提供されている中からとりあえずMetroのスタート画面もスキップしてくれる「Start Menu 8」というソフトにしてみた。

追記:その後、Windows XPのスタートを再現できる「Classic Shell」というフリーソフトに変更。


Windows 8 Pro Hyper-VでWindows XP をインストール
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

それでも今回、Windows 8 Proを選んだ理由は、仮想マシン機能「Hyper-V」の存在。ということで早速、Hyper-VにWindows XPをインストールしてみることに。

Hyper-Vは初期では無効になっていて、下記の手順で有効にした。

intel VT(intel Virtualization Technology)
BIOSのAdbanced-Mode[詳細]→[intel VT(intel Virtualization Technology)]を有効にする。

hyper-V1を有効にする方法
コントロールパネル→プログラム→Windowsの機能の有効化または無効化→Windows機能の[Hyper-V]含む以下にチェックを入れる。

これでHyper-Vが使えるようになった。

そこから先は、「Hyper-Vマネージャー」っていうのを使ってWindows XPを仮想マシンにインストールするんだけれど、詳しくは省略するけれど、「Hyper-V WindowsXP インストール」とかでググると色々出てくるよ。

それでHyper-VでXPを使ってみた感想なんだけれど、この自作PCがハイスペックなだけに、XP自体の速度も起動も普通に速くて不満がないレベルだった。ただ、マウスのカーソルの動きがぎこちない感じで違和感が・・・カッカッカッカッって感じにすっ飛ぶ?点滅する?って感じかな。もしかしたらマウスの設定とかで直せるかも。

しかし、ここに来てHyper-VでXPを普通に使えない2つの問題点に気付く。

・音が出ない
・USBが使えない

どうやらHyper-V自体が、サウンド機能とUSB機能をサポートしていないんだとか。まー基本的にビジネス用ソフトは音出ないし関係ないって言ってしまえばそれまでなんだけど。これじゃー動画編集とか音楽編集には使えないし、もちろん音が出るゲームや動画サイトの閲覧も音なしになる。

それとUSBデバイスを認識しなくても、プリンターは、ネットワークを介して別のPC(要はWin8)から使えばいいし、USBメモリーが使えなくても、一度、ネットワークを介してWin8に移動させればいいわけだけれど。

それでも、うーんなんかやっぱXPの機能がフルに使えないとスッキリしないなぁ・・・。それとHyper-V内のXPからWin8に戻る時にいちいち[Ctrl]+[Alt]+[←]を押さなければならないのがちょっとわずらわしかった。

個人的な理想を言うと、Hyper-V内のXPとWin8は、Win8上のソフトのようにウィンドウからドラッグアンドドロップで、Win8とデータのやり取りができるようになると便利だと思うんだけれどなー。いちいちネットワークを経由するんじゃ同じマシン上にあるメリットが少ないよね。

ついでに旧メイン機(XP pro)のリモートデスクトップでの操作を試してみた。

結論を言うと、おそらく同じネットワーク上にあるのと、別のマシンで動かすからだと思うんだけれど、こっちの方がHyper-VのXPよりも、さらにサクサクと動いた。旧メイン機を直接操作しているのとほとんど遜色ないレベル。

さらにリモート先のスピーカーから音を出すことも可能。もちろんリモート先のパソコンが同じ場所にあるから聞くことができるんだけれど。

同じ場所にあるので、USBデバイスも直接操作すれば問題ない。これだったら外出先からは、ネットワーク経由で、同じ場所では、直接操作って感じでHyper-Vよりも使い勝手はイイかも。

ただし、一つデメリットを言うならば、Win8のマシンはもちろん、リモート操作先の旧メイン機も起動させておく必要があるということ。つまり2台分の電気代が常時かかってしまうのである。

まーでも、一番の不安だったOSの速度は、Hyper-Vもリモートデスクトップも自分の予想を大幅に上回る結果だったので良しとしようか。Hyper-VとリモートデスクトップはWin8上に共存させて、ケースバイケースで使い分けながら活用するのがいいかもね。

というわけで、無事、OSのインストールも完了して、我が軍用ワークステーションも完成に近づいてきた。次回は、軍用ワークステーションのさらなる強化パーツ紹介と究極のエアーフローを実現させるケーブルマネージメント、そして・・・
ついに軍用ワークステーション製造の本当の野望が明らかになる!
お楽しみに!

≫≫ づづきを読む

関連外部リンク
スポンサード リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 share
コメント(0)
ひと言でいいので、気軽にコメントしていってください!
あなたのそのひと言がこのブログ運営の原動力なのです。よろしくお願いします。

関連記事:ウェブとパソコン
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/乗り鉄/降り鉄/駅鉄/撮り鉄/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation