うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
E-3一人旅Z.D.ED12-60mmF2.8-4.0SWDLUMIX_G20mmF1.7ASPH.E-P3htcEVO3D(ISW12HT)映画DMC-GF1タイドラマ旅(複数)E-M1横浜Z.D.ED50mmF2.0Macro音楽鉄道M.Z.D.ED12-40mmF2.8PRO動画バンコクスマートフォン夜景北海道IE8Z.D.ED50-200mmF2.8-3.5SWDInternet_ExplorerDSC-HX100VCP+Z.D.ED40-150mmF4.0-5.6DIGITAL_HARINEZUMI2富士山Z.D.ED9-18mmF4.0-5.6iPod_touch4thみなとみらいパソコン小豆島神戸PC秋の乗り放題パスウェブパタヤパソコン周辺機器東京スカイツリー宮崎あおいあまちゃん横浜ベイブリッジGirlsAward松山ケンイチM.Z.D.ED12mmF2.0E-M5江口洋介横浜駅白谷雲水峡アユタヤ浅草屋久島浅田真央横浜ランドマークタワー上戸彩Ai_Nikkor50mmf1.4GM1小樽大さん橋礼文島青森ロジクールM.Z.D.14-42mmF3.5-5.6ⅡR函館山下公園イベントコンパニオンE-520M.Z.D.14-42mmF3.5-5.6二俣川駅LS-10WiMAX大洗港四国渋谷土讃線戸田恵梨香松原商店街松田翔太江ノ島トラブル温泉上地雄輔金比羅山阿部寛Nikkor24mmf2.8Ai高松岡津町摩耶山風鈴ワット・アルンノニ藤木直人菅野美穂ポートタワー木村拓哉道後温泉東北本線JRiPad_miniXJAPANATOK西岸駅バックパック登別温泉角島大橋iPhoneAmazon稚内東京駅大部港予讃線シュノーケリング藤原竜也au石原さとみ綾瀬はるか讃岐うどんラン島仲間由紀恵八重の桜DVD妻夫木聡長崎益田駅LEICA_minilux枕崎駅熊本駅中井貴一瑛太松山駅ミニチュア風鹿児島本線佐藤浩市金沢駅キャメロン・ディアスレオナルド・ディカプリオ豊川悦司予土線四万十川窪川駅松山城瀬戸内海双子浦ジョージ・クルーニー汐吹公園エンジェルロード観音寺駅高知城高知五能線平泉オルガ・キュリレンコ阿波池田駅坪尻駅高知駅北海道&東日本パス川奈桂浜はりまや橋スキンダイビング日生港日生駅トレイルランニング蒼井ゆう平塚駅久大本線日の出ソニータイマー金沢八景JR東日本パスはやぶさ新青森iPod_touch4thスマートフォンIKEA夜明駅水戸黄門南京町有吉弘行阿蘇山浜松東伊豆指宿枕崎線秋田水戸駅深津絵里はまなす保土ヶ谷バイパス東北新幹線テレビサムスンXperia秋葉原AdobeiPadAir0.8秒と衝撃。あぶくま駅実験JR磐越西線塔のへつり駅会津若松駅中古車屋兜駅E-M1Z.D.ED50mmF2.0MacroBOSEスポーツジム旭川水着美瑛FC2ブログ共有テンプレートフリー写真素材札幌洞爺湖E-M10ボルボM.Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6EZGoProIE10会津田島駅大川ダム公園駅BLANKEY_JET_CITYスーザン・ボイルRADWIMPS松嶋菜々子上野樹里長谷川博己二俣川サッカーROSEROSEトム・ハンクスジャガーブライアン・セッツァーリゾートしらかみ香里奈観月ありさ東北被災地南会津会津鉄道男鹿高原駅メリケンパーク阿武隈急行線ワット・サケットワット・ポーフワランポーン駅WOLリモートデスクトップ琴平駅谷川岳薩摩高城駅肥後二見駅西大山駅指宿駅水道橋駅三ノ宮駅山陰本線OM-1PEN_FPEN_FT初代PENE-PL5OM-3東京ドーム長野電鉄屋代線香港ミャンマー羽田空港ヘルニアAterm_BL900HWロト7宗谷本線名寄駅三角地帯THE_MAD_CAPSULE_MARKETSDVD-Rパスポート稚内駅博多駅エヴァンゲリオン白馬駅業平橋駅Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6町田駅穴水駅のと鉄道大糸線糸魚川駅宗谷岬黒味岳納沙布岬苫小牧緑園都市駅和倉温泉駅大黒パーキング戸塚駅特牛駅唐津駅EOS-1DX立山黒部アルペンルートREGZA_Phone_T-01C熊ヶ根駅飛鳥Ⅱ海本牧魚津駅Milky_BunnyiOS伊予大洲駅横浜港CRASSしおサイダーBabylon伊万里駅Facebook佐世保駅たびら平戸口駅大村線酒田駅きらきらうえつ山形鳥取砂丘軍艦島南阿蘇鉄道長崎本線羽黒山横浜赤レンガ倉庫女鹿駅角館南部鉄道秋田内陸線土合駅福島駅阿蘇駅赤水駅めがね橋碓氷峠八ツ森駅出雲市駅小幌駅七尾線彦根駅カラビナMAMMUTウィルス米原駅小樽運河いしかりライナーYMOふじ丸初詣きゃりーぱみゅぱみゅ大橋のぞみスパイウェアFM戸塚嘉瀬駅ストーブ列車津軽鉄道東室蘭駅北舟岡駅豊岡駅十和田観光電鉄線上北町駅田儀駅七尾駅宇都宮駅福島郡山駅驫木駅

【MWSMP】配線のつなぎ方

2013.04.12 (Fri) 共有

自作PCの配線
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

【MWSMP】軍用ワークステーション製造計画 (最初の記事はこちら)
Vol.9 配線のつなぎ方

前回の記事(グラボはNVIDIA Geforce GTX650Ti)の続き、今回は一気に配線をつないじゃうよー。

配線の接続で注意するのは、電源ユニットは必ずコンセントから外しておくことと、体の静電気も除去してから行うってことくらいかな。

これまでの記事で、PCケースに装着してあるのは下記。今回はこれらのパーツをつないでゆく。すべての配線が完了したら、とりあえず自作PCは完成する。ちなみに上の写真は配線完了後の写真。

<PCケース装着済みパーツ>
電源ユニット
マザーボード(CPU、CPUクーラー、メモリは装着済み)
ファンコントローラー(5.25インチベイ上から1段目)
DVDマルチドライブ(5.25インチベイ上から2段目)
カードリーダー(5.25インチベイ上から6段目)
SSD(3.5インチベイ上)
HDD(3.5インチベイ下)
230mmファンフロント吸気
230mmファンサイド吸気
230mmファン天井排気
140mmファンリア排気

まずはマザーボードのPCI Express 拡張スロットにプライマリディスプレイ(メインディスプレイ)用のグラフィックボード(GeForrce GTX650Ti)とセカンダリディスプレイ(サブディスプレイ)用のグラフィックボード(GeForrce 7900GT)を装着する。

このマザーボードの拡張スロットは上から下記(詳細写真
1) PCI Express 3.0×16 [青](×16/-、または×8/×8動作)
0) 空
2) PCI Express 3.0×16 [黒](最大×8動作)
3) PCI Express 2.0×1 [白]
4) PCI Express 2.0×16 [白](最大×4動作)
5) PCI [水色]
6) PCI Express 2.0×16 [白](最大×4動作)
※左の数字はスロットNo.
※2段目の0のところはスロットカバーのみ存在
※[]はスロットの色


とりえず、GeForce GTX650TiをNo.1スロットに挿して、GeForrce 7900GTをNo.4スロットに挿してみた(後でNo.2に変更するかも)。まあ1枚挿しの場合は、No.1に挿せばオッケー!

このPCI Expressとか言うのは、簡単に説明するとグラボやサウンドカード、LANカード、地デジチューナーカードなどの拡張カードとマザボをつなげる装置(バスインターフェイス、拡張スロット)のことで、呼び方が色々あるのは、規格の違いである。現代のマザボに主に搭載されているのは、「PCI」「PCI Express(PCIe)」という規格。マザボの仕様を見るとなんかゴチャゴチャ書いてあるが、大きく分けると「PCI」「PCI Express」の2種類で、今主流のPCI ExpressはPCIよりもデータ転送速度を大きく向上させた後継規格になる。なおPCI ExpressとPCIはスロット形状が違うので物理的に互換性がなくお互いに挿し込むことはできない。

それで、PCI Expressには、下記の転送速度の規格の違いがある。
PCI Express 1.1 第一世代
PCI Express 2.0 第二世代、多く普及している規格、1.1の約2倍の転送速度
PCI Express 3.0 第三世代、現在の最速規格、2.0の約2倍の転送速度
PCI Express 4.0 まだ制定進行中の規格、3.0の約2倍

これは上位互換なので、PCI Express 3.0のスロットに2.0や1.1のカードを差して使うことが可能。また下位互換でもあるので、1.1のスロットに2.0や3.0のカードを差して使用することも可能。ただし。その場合は、速い転送速度が可能なグラボを遅い転送速度の装置につなぐので当然その分のボトルネック(詰まり、渋滞)が発生して、グラボの能力を100%引き出せない。なので、最新の3.0対応グラボならやっぱ3.0搭載マザボの3.0スロットで使うことで、最高の動作スピードを得られる。

なお最速のPCI Express 3.0を現段階で活用にするには、対応したCPUと対応したマザーボードと対応したグラフィックボードの3点の組み合わせが必須。

さらに、PCI Expressには、主に下記のスロット形状の違いがある。
PCI Express×1(ピーシーアイ エクスプレス かけるいち)[PCIEX1]
PCI Express×4(ピーシーアイ エクスプレス かけるよん)[PCIEX4]
PCI Express×8(ピーシーアイ エクスプレス かけるはち)[PCIEX8]
PCI Express×12(ピーシーアイ エクスプレス かけるじゅうに)[PCIEX12]
PCI Express×16(ピーシーアイ エクスプレス かけるじゅうろく)[PCIEX16]
※()は読み方だけど、特に決まってなくて、他にいろいろな読み方が存在する、[]は別の表記のされ方

×1が一番短くて、×1<×4<×8<×12<×16といった感じに×数値が多いほどスロット形状は長くなる。このPCI Expressのスロット形状は上位互換になっていて、たとえば×16には、×1、×4、×8、×12など×16よりも×数値の小さいカードはすべて接続可能。逆に×1には、それよりも長い×4はもちろん×16まですべて物理的に接続ができない。

それとマザボの仕様に「×16/-、または×8/×8動作」とか書いてあるのは、例えばNo.1のスロットを1つだけ使う場合は、動作モードは×16で動作するけど、2つ使った場合はそれぞれが×8で動作するよっていう意味なんだって。理論上は×8動作より×16動作の方が速いってことらしいんだけれど、それはあくまでも実質の話で、3Dグラフィックゲームでベンチマークをした結果などの数値が若干違うくらいで、体感的にはまったくわからないってことなので、気にしなくてもいいと思う。

ちなみにグラフィックボードはほとんどがPCI Express×16なので、例えば2枚挿して4モニターにしたいなら最低でもPCI Express×16が2スロット以上あるマザボが必要。2モニター(デュアルディスプレイ)の場合は、2モニター対応グラボを1枚挿せればオッケー!


自作PCの配線、グラフィックボード
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

話を戻すが、グラボはPCI Express×16に挿すだけで使えるので、後は外部電源が必要なグラボなら上の写真のように電源ユニットからそれぞれのグラボに電源コード(PCI-E 6ピン)でつなぐだけ。


自作PCの配線、マザボ電源
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

次にマザーボード自体に電源ユニットから2種類の電源コードをつなぐ。一つは、一番長い形状の「24ピンATX電源コネクター(右側中央)」。もう一つは、上の写真のCPUに電力を送る「8ピンEPS12V電源コネクター(上側中央)」

はい、マザボとグラボの電源はこれで完了ー!かかった時間はわずか1分。


自作PCの配線
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

次にマザーボードにそれぞれのパーツを接続してゆく。まずは、PCケースの前面上部にあるフロントパネル関連から、このケースの場合、背面(逆サイド)上部からバラバラバラって感じで何種類ものケーブルが出ている。その中からパワー(電源ボタン)、リセット(リセットボタン)、電源ランプ、HDDアクセスランプ、ビープ音スピーカーのケーブルを選んで、マザーボード付属の上の写真のようなやつに挿してまとめる。そんでもってそれをマザボの右下角にあるシステムパネルコネクター(20-8ピン)っというのにブスッと挿す。


自作PCの配線、オーディオ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

フロントパネルから出てるオーディオ(ヘッドフォンジャック、マイクジャック)のケーブルは、上の写真のマザボ左側中央にあるオーディオコネクター(10-1ピンAAFP)ってのにズボっとぶっ挿す。

さらにフロントパネルから出ているIEEE1394aのケーブルは、マザボ下側左側のIEEE1394aポートコネクター(10-1ピンIE1394_2)ってとこにプスって挿す。


自作PCの配線、SATA
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

次にフロントパネルから出ているe-SATAのケーブルと5.25インチベイのDVDマルチドライブのケーブルをマザボ右側中央(上の写真)にあるSATA3Gb/sコネクター[ブルー]にヌルって挿し込む。

その上に2つ付いているホワイトの方は、SATA6Gb/sコネクターで、ブルーのコネクターのSATA2.0よりも2倍も高速だという。今回購入したSSDもHDDもSATA3.0(もしくはSATA 6GB/s)規格対応なので、ここに挿し込んだ。しかし、SATA3.0が2つしかなかったのがとても残念、せめて4つは付いていて欲しかった。なおSATAもSATA2.0も互換性があるので、転送速度はその規格までになるが接続は可能。


自作PCの配線、SSD、HDDD
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

SSDとHDDのコネクターは上の写真の感じ。なおSATA3.0は専用ケーブルでつながないと速度が出ないので間違えないように注意しよう。

次にSSDとHDDに、電源ユニットからSATA電源ケーブルで電源を接続する。

写真は撮り忘れたけど、5.25インチベイにあるファンコントローラーとDVDマルチドライブ、カードリーダーにも電源ユニットから4ピンペリフェラルケーブルで電源を接続する。

さてここまでの作業が終わって、かなり深刻かつ重大な問題に気がついた!

USB2.0ピンヘッダを挿したい機器が下記の4コに対してポートが1つしかないのだ!

・フロントパネルUSB2.0×2
・フロントパネルUSB2.0×2
・カードリーダー
・USB2.0増設モジュール(マザボ付属品)

いや厳密には「USB2.0 Aタイプ」といういわゆるパソコンの外部に付いているのと同じ通常のUSB2.0ポートが2コとUSB3.0用コネクターが別に付いている。だからこのマザボには、下記のUSBコネクターが付いていることになる。

・内部USB2.0 ピンヘッダ(10-1ピン) ×1
・内部USB2.0 Aタイプメス ×2
・内部USB3.0コネクター(20-1ピン) ×1

しかし今回必要なのは、内部USB2.0 ピンヘッダが4コなのである。Aタイプから変換できるアダプターみたいなのを探してみたが、みつからなかった。

「じぇじぇじぇじぇじぇーオーマーガー!」

せめてもう一つだけでもあればなんとかなるのに!!!

このジレンマ、この苦しみ、アスースなぜだー!


センチュリー・ポートを増やしタイ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

苦肉の策として、上の写真の「センチュリー ポートを増やしタイ USB2.0 x5 PCI接続カード CIF-U2P5」という外部ポートx3、ピンヘッダx1を増やしてくれる増設カードを購入、1436円なり。

これです↓
センチュリー ポートを増やしタイ USB2.0 x5 PCI接続カード CIF-U2P5


センチュリー・ポートを増やしタイ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

これをPCIスロットに挿せば、外部にUSB2.0が3コ追加できるので、USB2.0増設モジュールを付けるのと同じことになって、さらに内部にピンヘッダが1つ追加されるので、直面した問題を3つまでクリアーできると考えた。

ということで、フロントパネルUSB2.0×2とカードリーダーの2つのピンヘッダをマザボに接続し、1つ余ったフロントパネルUSB2.0×2は、使わないということでケースの裏側に閉じ込めて、フロントパネルのコネクターには黒のビニールテープで目隠しをして元から無かったことにした。

想定外の出費になったが、フロントパネルのUSB2.0を全部殺しちゃうと後で絶対に不便だからね。


自作PCの配線、裏側
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

最後にCPUクーラー・ファンをマザボに、そして他の各ファンの電源コードをすべてファンコントローラーに接続したら完了ー!

まあ本当はまだファンコンの温度センサーを設置してゆく作業が残っているんだけど、めんどくさそうなのでそのうちすることに。

ケースの裏配線は上の写真の感じ。


自作PCの配線、CPUの裏側
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

ここまでの作業で、このPCケースについてとっても残念なことは、上の写真のように本来、PCケースからマザボを外さなくてもCPUファンが交換できるという穴の位置がLGA1155のマザボと合ってないということであった。おそらく以前のLGA775に対応した穴なのかな?


自作PCの配線の箇所
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

まあ、けっこーアバウトに説明したけれど、まとめると上の写真のような接続に。

<接続の基本>
電源ユニット ←(接続)→ マザーボード
電源ユニット ←(接続)→ 各パーツ(グラボ、DVD、ファンコン、カードリーダー、SSD、HDD)
マザーボード ←(接続)→ 各パーツ(グラボ、DVD、ファンコン、カードリーダー、SSD、HDD)
マザーボード ←(接続)→ PCケースのフロントパネル
マザーボード ←(接続)→ 各ファンの電源(今回はCPUクーラーファン以外はファンコンに接続)

基本的に他のマザーボードでも応用可能だけれど細かくは多少違いがあるだろうし、実際にはマザーボードのユーザーズマニュアルに詳しく書いてあるので、それを見ながら作業すれば、誰でも簡単にできる。慣れてない人でも1時間もあれば接続は完了すると思うよ。

さて、次回はいよいよ通電~BIOSの設定~慣らし運転~OSインストール(Windows8)って感じでお伝え予定。
では、また

≫≫ づづきを読む
スポンサード リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 share
コメント(0)
ひと言でいいので、気軽にコメントしていってください!
あなたのそのひと言がこのブログ運営の原動力なのです。よろしくお願いします。

関連記事:ウェブとパソコン
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/乗り鉄/降り鉄/駅鉄/撮り鉄/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation