うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
E-3一人旅Z.D.ED12-60mmF2.8-4.0SWDLUMIX_G20mmF1.7ASPH.E-P3htcEVO3D(ISW12HT)映画DMC-GF1タイドラマ旅(複数)E-M1横浜Z.D.ED50mmF2.0Macro音楽鉄道M.Z.D.ED12-40mmF2.8PRO動画バンコクスマートフォン夜景北海道IE8Z.D.ED50-200mmF2.8-3.5SWDInternet_ExplorerDSC-HX100VCP+Z.D.ED40-150mmF4.0-5.6DIGITAL_HARINEZUMI2富士山Z.D.ED9-18mmF4.0-5.6iPod_touch4thみなとみらいパソコン小豆島神戸PC秋の乗り放題パスウェブパタヤパソコン周辺機器東京スカイツリー宮崎あおいあまちゃん横浜ベイブリッジGirlsAward松山ケンイチM.Z.D.ED12mmF2.0E-M5江口洋介横浜駅白谷雲水峡アユタヤ浅草屋久島浅田真央横浜ランドマークタワー上戸彩Ai_Nikkor50mmf1.4GM1小樽大さん橋礼文島青森ロジクールM.Z.D.14-42mmF3.5-5.6ⅡR函館山下公園イベントコンパニオンE-520M.Z.D.14-42mmF3.5-5.6二俣川駅LS-10WiMAX大洗港四国渋谷土讃線戸田恵梨香松原商店街松田翔太江ノ島トラブル温泉上地雄輔金比羅山阿部寛Nikkor24mmf2.8Ai高松岡津町摩耶山風鈴ワット・アルンノニ藤木直人菅野美穂ポートタワー木村拓哉道後温泉東北本線JRiPad_miniXJAPANATOK西岸駅バックパック登別温泉角島大橋iPhoneAmazon稚内東京駅大部港予讃線シュノーケリング藤原竜也au石原さとみ綾瀬はるか讃岐うどんラン島仲間由紀恵八重の桜DVD妻夫木聡長崎益田駅LEICA_minilux枕崎駅熊本駅中井貴一瑛太松山駅ミニチュア風鹿児島本線佐藤浩市金沢駅キャメロン・ディアスレオナルド・ディカプリオ豊川悦司予土線四万十川窪川駅松山城瀬戸内海双子浦ジョージ・クルーニー汐吹公園エンジェルロード観音寺駅高知城高知五能線平泉オルガ・キュリレンコ阿波池田駅坪尻駅高知駅北海道&東日本パス川奈桂浜はりまや橋スキンダイビング日生港日生駅トレイルランニング蒼井ゆう平塚駅久大本線日の出ソニータイマー金沢八景JR東日本パスはやぶさ新青森iPod_touch4thスマートフォンIKEA夜明駅水戸黄門南京町有吉弘行阿蘇山浜松東伊豆指宿枕崎線秋田水戸駅深津絵里はまなす保土ヶ谷バイパス東北新幹線テレビサムスンXperia秋葉原AdobeiPadAir0.8秒と衝撃。あぶくま駅実験JR磐越西線塔のへつり駅会津若松駅中古車屋兜駅E-M1Z.D.ED50mmF2.0MacroBOSEスポーツジム旭川水着美瑛FC2ブログ共有テンプレートフリー写真素材札幌洞爺湖E-M10ボルボM.Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6EZGoProIE10会津田島駅大川ダム公園駅BLANKEY_JET_CITYスーザン・ボイルRADWIMPS松嶋菜々子上野樹里長谷川博己二俣川サッカーROSEROSEトム・ハンクスジャガーブライアン・セッツァーリゾートしらかみ香里奈観月ありさ東北被災地南会津会津鉄道男鹿高原駅メリケンパーク阿武隈急行線ワット・サケットワット・ポーフワランポーン駅WOLリモートデスクトップ琴平駅谷川岳薩摩高城駅肥後二見駅西大山駅指宿駅水道橋駅三ノ宮駅山陰本線OM-1PEN_FPEN_FT初代PENE-PL5OM-3東京ドーム長野電鉄屋代線香港ミャンマー羽田空港ヘルニアAterm_BL900HWロト7宗谷本線名寄駅三角地帯THE_MAD_CAPSULE_MARKETSDVD-Rパスポート稚内駅博多駅エヴァンゲリオン白馬駅業平橋駅Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6町田駅穴水駅のと鉄道大糸線糸魚川駅宗谷岬黒味岳納沙布岬苫小牧緑園都市駅和倉温泉駅大黒パーキング戸塚駅特牛駅唐津駅EOS-1DX立山黒部アルペンルートREGZA_Phone_T-01C熊ヶ根駅飛鳥Ⅱ海本牧魚津駅Milky_BunnyiOS伊予大洲駅横浜港CRASSしおサイダーBabylon伊万里駅Facebook佐世保駅たびら平戸口駅大村線酒田駅きらきらうえつ山形鳥取砂丘軍艦島南阿蘇鉄道長崎本線羽黒山横浜赤レンガ倉庫女鹿駅角館南部鉄道秋田内陸線土合駅福島駅阿蘇駅赤水駅めがね橋碓氷峠八ツ森駅出雲市駅小幌駅七尾線彦根駅カラビナMAMMUTウィルス米原駅小樽運河いしかりライナーYMOふじ丸初詣きゃりーぱみゅぱみゅ大橋のぞみスパイウェアFM戸塚嘉瀬駅ストーブ列車津軽鉄道東室蘭駅北舟岡駅豊岡駅十和田観光電鉄線上北町駅田儀駅七尾駅宇都宮駅福島郡山駅驫木駅

【MWSMP】グラボはNVIDIA Geforce GTX650Ti

2013.04.11 (Thu) 共有

ASUSTek社製 NVIDIA Geforce GTX650Ti GPU搭載ビデオカード GTX650TI-DC2O-1GD5
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

【MWSMP】軍用ワークステーション製造計画 (最初の記事はこちら)
Vol.8 グラボはNVIDIA Geforce GTX650Ti

前回の記事(マザーボードにCPUとCPUクーラーを取り付け)の続き、グラフィックボード!

グラフィックボード(もしくはビデオカード、グラフィックカード、ビデオボード)というのは、簡単に言うとモニター画面に絵や文字をきれいに表示するためのパーツのことで、略称はグラボ(VGAとも呼ばれる)。グラボはGPU(グラフィックス プロセッシング ユニット)と呼ばれる画像処理専用チップとVRAMと呼ばれるビデオ用メモリが搭載され、パソコンの映像入出力の機能を拡張カード方式で独立させたパーツである。拡張カードなので、将来のテクノロジーの進歩に対応しやすい。

このグラフィックボードを使うとDVDの鑑賞から3Dゲームまでとても滑らかで美しい表示が実現する。またマルチディスプレイ環境を構築する場合もグラボが必要。もしグラボがないパソコンにグラボを装着しない状態だと粗い昔のファミコンみたいな表示になる。

もし売っているパソコンの表示が、グラフィックボード(通常はシリーズ名で表示されることが多い)ではなく、オンボードグラフィックとなっている場合は、マザーボードに必要最低限のグラフィック機能が最初から搭載されているということ。ただしこのオンボードグラフィックは、3Dゲームや3DCAD、3DCG、動画編集などにはまったく向かず、主にネットやメールの閲覧がメインの人向けパソコンになる。

あと最近の傾向は、CPU自体にGPUが内蔵していることが多いらしいけど、最新のCPUに内蔵のGPUは5・6年前のハイエンドクラス並の性能らしくて、軽めの3Dゲームならけっこうできちゃうらしい。

今回、チョイスしたCPU「Xone E3-1275V2」にも「Intel HD Graphics P4000」というGPUが内蔵されていているので、1モニター構成で3Dゲームや3DCAD、3DCG、動画編集などはたまにしかやらないって人なら、グラフィックボードを買わなくても問題ないかも。私の場合は、マルチモニター環境(4モニター)の構築をしているので、どっちにしろグラボは必須だが・・・。しかも2枚も!あと、写真編集と動画編集もかなりやるしね。


ASUSTek社製 NVIDIA Geforce GTX650Ti GPU搭載ビデオカード GTX650TI-DC2O-1GD5
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

それで今回、選んだグラボは、「ASUS GTX650TI-DC2O-1GD5」というNVIDIA Geforce GTX650Ti GPU搭載のグラボ、16578円なり。NVIDIAというメーカーの製品群のミドルレンジ(中間)に位置するモデル。

これです↓
ASUSTek社製 NVIDIA Geforce GTX650Ti GPU搭載ビデオカード GTX650TI-DC2O-1GD5 (オーバークロックモデル)
ビデオメモリ : 1GB DDR5
コアクロック : 954MHz
メモリクロック : 5400MHz (1350MHz GDDR5)
メモリーインターフェイス : 128 bit

≫≫詳細なスペックはこちら

4モニターにするには、2枚必要なんだけれど、とりあえず1枚だけ購入。というのもこのGTX650Tiの上位モデル「GTX650Ti BOOST」っていうのが最近発表されて、本当はそっちが欲しいかったんだけれど、まだASUSから発売してないんだよねー、他のメーカーからはすでにちらほら発売しはじめているのに。相場は現在で2万円前後って感じかな。

なのでもう一枚は、とりあえず余っているGeForce7900GT(昔のグラボ)でしのいで、発売を待とうかと。いや別にメーカーがどれでも装着可能なんだけれど、マザボとグラボって同じボード類だし、やっぱ気分的に同じASUSで統一したいじゃん。

≫≫ すでに発売している GTX650Ti BOOST 製品

<主なグラボメーカー>
ASUS :台湾 ≫≫ウェブサイト
GIGABYTE :台湾 ≫≫ウェブサイト
MSI :台湾 ≫≫ウェブサイト
ELSA JAPAN :日本 ≫≫ウェブサイト
玄人志向 :日本 ≫≫ウェブサイト
ZOTAC :香港 ≫≫ウェブサイト
SAPPHIRE :香港 ≫≫ウェブサイト


ASUSTek社製 NVIDIA Geforce GTX650Ti GPU搭載ビデオカード GTX650TI-DC2O-1GD5
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD


選択の基準は、まずDVI×2コ搭載されているNVIDIA GPU搭載のASUSU製って感じで探していったら、この辺りが性能と価格のバランスが良かったから。

実際は、「DIV×2」じゃなくても「(HDMI×1)+(DVI-D×1)」や「(DisplayPort×1)+(DVI-D×1)」ならデュアルモニターは可能なんだけれど、モニタが2台ともDVIの場合は「DVI→HDMI変換アダプタ」や「DVI→DisplayPort変換アダプタ」が必要。モニター台数が多いと変換アダプター代とケーブル代も計算して選ぶ必要がある。もちろんモニターがHDMIやDisplayPortに対応してれば問題ないが。

こんなやつ↓
ELECOM HDMIアダプタ AD-DTH
SANWA SUPPLY DisplayPort-DVI変換アダプタ 0.2m AD-DPDV02
逆パターン↓
ELECOM HDMIアダプタ AD-HTD

話変わるけど、グラボ2枚とか3枚をつないで1枚として認識させて性能を上げるSLI、3-way SLI(RADIONの場合はCrossFire、CrossFireX)という技術もあって、高負荷な3Dグラフィックゲームをする以外では、完全にオーバースペックでしかもお金かかりまくる凄まじい世界もある。

というのも通常、SLIをする場合は、さらなる性能アップを目指すわけなので、ハイエンドクラスの中でも上位クラスのGTX680やGTX690(デュアルGPU搭載)など超高額なグラボを使うことになるからだ。例えばGTX690のグラボは、現在1枚10万円くらいするんだけれど、これをQuad SLI(4GPU)にすると2枚必要なので、20万円かかるというわけだ。

ただ注意しなければならないのは、SLIとかCrossFireは、マザーボード側の対応も必要になるのでやりたい人は慎重なマザボ選びが必要になる。今回私が選んだ「ASUS P8C WS」ではSLIには対応しておらず、CrossFireのみ対応していた。

ちなみにグラボ3枚をSLIにしてもPCは1枚として認識するので、モニタは基本的にデュアルモニターまでしか構築できない。逆にグラボ3枚をSLIにしなければ、2モニタ×3枚で6モニター環境まで構築できる。なお最近グラボの中には3枚のディスプレイを1枚として認識させて「(3枚で1枚のモニタ)+(1枚モニタ)」みたいな擬似4モニター環境?は構築できるらしいが、ちょっと詳しくは知りません。

現在、GPUを発売しているメーカーは、主にNVIDIA(エヌビディア)とAMDの2社で、NVIDIAはGeForceシリーズ(現行モデルはGeForce 600シリーズ)、AMDはATI RADEONシリーズ(現行モデルはRADEON HD 7000シリーズ)のカードを発売している。どちらのメーカーもそれぞれ同じような価格帯に同じような性能のラインナップとなっているので、どっちを選ぶかは悩みどころ。

≫≫nVIDIAのウェブサイト ≫≫AMDのウェブサイト

製品ランクの見方は、GeForceの場合、GTXと付いているのがハイエンドクラスで、GTと付いているのがパフォーマンスクラスといったランク分け。さらにGTX 6xxという数字の6の次の数字が性能のランクを表していて、たとえば、GTX650よりもGTX660、それよりもGTX670のように数値が大きい方が性能が上。

ヤフオクで一世代前のGeForce 500シリーズを選ぼうかとも思ったが、500シリーズと600シリーズだとワット当たり性能が2倍くらい違うってどこかの記事を読んで、それなら600シリーズで選ぼうと。

じゃーその性能って何が違うのって話だけど、具体的な話は正直、並べて比べたことがないので、よくわからない。スペック的な話で言えば、上位モデルほど、処理速度が速くなるということなんだろう。

処理速度を表した主なスペックがコアクロック、メモリクロック、ビデオメモリ、メモリーインターフェイスの数値で、それがすべてではないらしいけど、基本は数値が大きいほど性能が高いとされる。

<nVIDIA 性能が高い順>
GeForce GTX Titan 相場15~25万円
GeForce GTX 690  相場10万円
GeForce GTX 680  相場5万円
GeForce GTX 670  相場3.5万~5万円
GeForce GTX 660 Ti 相場 3万円
GeForce GTX 660  相場2~3万円
GeForce GTX 650 Ti BOOST 相場2万円
GeForce GTX 650 Ti 相場1.5万円 ←今回はこれを選んだ
GeForce GTX 650  相場1万円
GeForce GT 640 相場0.8万~1万円
GeForce GT 630 相場0.7万円
GeForce GT 620 相場0.6万円
GeForce GT 610 相場0.5万円
※相場は2013/04現在のおよその価格です

ちなみに昔ハイエンドだったGeForce7900GT(コアクロック450MHz/メモリクロック1320MHz)は、現行ランクで比較すると一番下のGeForce GT 610(コアクロック810MHz/メモリクロック1800MHz)よりもコアクロックとメモリクロックが少ないわけで、まーぶっちゃけ3DゲームをやらないならGTシリーズのデュアルモニター環境が作れるGT640辺りでも十分なのかもって考えて、正直悩んだ。

これです↓安い!
ASUSTeK グラフィックカード NVIDIA GeForce GT640チップセット GT640-2GD3 【PCI-Express 3.0】
コアクロック:901MHz
メモリクロック:1,782MHz
メモリバス:128bit
ビデオメモリ:DDR3 2GB

≫≫ 詳細なスペックはこちら

それでもどうして3ランク上のしかも2倍の値段のASUS GTX650TI-DC2O-1GD5を選んだのかというと、冷却性能と静音性を重視したかったから。

軍用ワークステーション(あくまでもイメージです)を目指す以上、とにかく発熱を抑えつつ、それでも極力ファンの回転数が上がらない静音な動作と考えると、やはり大型クーラーでデュアルファン構成のこの製品がベストなんじゃないかと。2枚のでかいファンなら冷却性能に余裕があるだろうし、いざという時にも頼りになりそう。

とにかくGeForce7900GTで経験済みなのは、グラボは発熱がすごいということ。少しでも高負荷な作業をしていると、クーラー・ファンが突然「ビイイイイイイイイイイイイイイン!!!」って唸りだすのだ。初めて聞いた時は、パソコンがおかしくなってしまったかと思うほどの轟音である。


ASUSTek社製 NVIDIA Geforce GTX650Ti GPU搭載ビデオカード GTX650TI-DC2O-1GD5
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

それで実際、製品を見て思ったのは、

「なにこれ、長っ!」

フルタワーのPCケースなので余裕で入るけど、これミドルタワーだとケースによっては入らないんじゃないかと思った。しかも右のファンなんか半分以上、基盤よりはみ出ているし(笑)。もうちょっと左にずらして基盤にまんべんなく風が当たるようにしたいなーって思った。

あと1枚で2スロット占有なので2枚差したら、4スロットが埋まってしまうのも、なんか悲しい。

ちなみに予算に余裕があれば、もう3ランク上のGTX660Tiがお薦めかも。

ASUSTek社製 NVIDIA GeForce GTX660TI GPU搭載ビデオカード(オーバークロックモデル) GTX660 TI-DC2T-2GD5
コアベースクロック : 1,059MHz
コアブーストクロック : 1,137MHz
メモリクロック : 1,502MHz(6,008MHz)
メモリインターフェース : 192bit
ビデオメモリ : GDDR5 2GB

≫≫詳細なスペックはこちら

さて、また後で、配線のつなぎ方をアップしますよー!

≫≫ づづきを読む
スポンサード リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 share
コメント(0)
ひと言でいいので、気軽にコメントしていってください!
あなたのそのひと言がこのブログ運営の原動力なのです。よろしくお願いします。

関連記事:ウェブとパソコン
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/乗り鉄/降り鉄/駅鉄/撮り鉄/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation