うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ映画海外の旅PANASONICデジタルガジェット動画ありPCトラブル北海道音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ九州SONYソフト&アプリ小豆島神戸NIKON夜景SEIKOPC旅(複数)パソコンGirlsAward鉄道撮影道具アメリカ屋久島白谷雲水峡あまちゃんフィルムカメラウェブ浅田真央スマートフォン金比羅山パソコン周辺機器E-520iPod_touch4thロジクール終わらない断捨離の記録四国土讃線アユタヤRICHO-PENTAX讃岐うどんバックパック浅草LEICAFUJIFILM礼文島予讃線香港高松風鈴道後温泉動画WiMAXXJAPANキャメロン・ディアスポートタワー江ノ島大洗港横浜駅ノニ摩耶山CANONミニチュア風松山駅小樽グラム単位の軽量化大部港浜松窪川駅高知城瀬戸内海高知松山城南京町双子浦日生港観音寺駅予土線日生駅四万十川エンジェルロード戸田恵梨香東北メリケンパーク富士山藤木直人中古車屋フリー写真素材水着スポーツジム実験青森坪尻駅阿波池田駅高知駅はりまや橋琴平駅ジャガー阿部寛二俣川サッカーテレビ桂浜東北本線オルガ・キュリレンコレオナルド・ディカプリオ豊川悦司仲間由紀恵トム・ハンクスブライアン・セッツァーROSEROSEジョージ・クルーニーiPod_touch4thスマートフォン函館中井貴一伊予大洲駅いしかりライナー小樽運河はまなす保土ヶ谷バイパススーザン・ボイルRADWIMPS秋の乗り放題パスあぶくま駅兜駅GoProミャンマーCOSINA台湾塔のへつり駅会津田島駅南会津被災地阿武隈急行線会津鉄道男鹿高原駅大川ダム公園駅八重の桜東京ドーム水道橋駅川奈汐吹公園東伊豆スキンダイビング北海道&東日本パス福島駅平泉シュノーケリング東京スカイツリートレイルランニング水戸黄門水戸駅JR東日本パスはやぶさ新青森東北新幹線八ツ森駅しおサイダー三ノ宮駅稚内駅名寄駅二俣川駅熊ヶ根駅LS-10Milky_Bunny宗谷本線YMOハワイJRMAMMUTカラビナきゃりーぱみゅぱみゅ角島大橋東京駅

【MWSMP】CPUはXeon E3-1275V2に決定!

2013.03.31 (Sun) 共有

Xeon E3-1275V2
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

【MWSMP】軍用ワークステーション製造計画 (最初の記事はこちら)
Vol.2 CPUの選び方

自作PCを作る場合、まず最初に決めなければならないのが、CPUもしくはマザーボードである。なぜならCPUとマザーボードは、パソコンのスペックを構成する上で一番重要なパーツだからである。

またこの2つのパーツは、CPUソケット(もしくはCPUスロット)というパーツ同士を合体する場所の規格が決まっていて、同じ規格同士のパーツでないと装着ができない。なので、CPUを決めれば自ずと装着可能なマザーボードも絞られてくるし、マザーボードを先に決めれば自ずと装着可能なCPUが絞られてゆくのである。

だから、より正確に言うと、まず最初に決めるのは、どの規格のCPUソケットにするかということである。CPUソケットは、インテルとAMDの2つのメーカーに分かれていて、さらにCPUの世代(技術の入れ替わり)ごとに種類が分かれている。

まー選び方としては、予算と照らし合わせながら、最新の世代か一つ前世代くらいのCPUに採用されている規格を選ぶことになるだろう。インテルとAMDのどちらを選ぶかは個人の自由だけれど、日本はインテルのシェアが圧倒的に多いので、後々故障等でヤフオクで中古を探す時の事まで考えるならインテルが間違いないと思う。

現在インテルのCPUを調べてみると、ハイエンドがIntel Core i7、メインストリームはIntel Core i5、Intel Core i3、サーバー/WS向けはIntel Xeon E7・E5・E3と言った構成。さらに下位には、Intel Pentium、Intel Celeronってのもあるけど、これはネットやメールに限定した用途の人向け。

一見、なんだよちょっと前から変わってないじゃんかよーて思うかもしれないが、実は、この「Intel Core i7」とかのネーミングはあくまでもシリーズ名であって、第一世代、第二世代、第三世代って感じで、どんどん変わっていて、さらに同じ世代でもコア数やCPUクロックなどにより差別化された数種類の製品に分かれている。だからIntel Core i7と言っても世代や性能によりCPUソケットが複数あるのだ。

IntelのCPUとCPUソケットの関係
第一世代
Nehalem
第二世代
Sandy Bridge
第三世代
Ivy Bridge
Core i7LGA1366
LGA1156
LGA2011
LGA1155
LGA1155
Core i5LGA1156LGA1155LGA1155
Core i3LGA1156LGA1155LGA1155
Xeon E5LGA1366LGA1356
LGA2011
未発売
Xeon E3LGA1366
LGA1156
LGA1155LGA1155


まー上の表でもわかる通り、LGA1155かLGA2011が現在の主流のようだ。まーとにかく安くそこそこ早くって人は、あえて一世風靡したCore 2 DuoやCore 2 ExtremeにLGA775マザーボードを組み合わせて中古で探すってのもありなんだけど、それだと現在のメイン機と同じになってしまう(笑)。

それに今回は、コンセプトが軍用ワークステーション(あくまでもイメージです)なのだから、やはり最先端にしとこうと。


Xeon E3-1275V2
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro


結論を先に言うと今回選んだCPUは、LGA1155の「Intel Xeon E3-1275V2」というやつ。

理由は単純明快、最新のIvy Bridge(第三世代)でMac Proと同じ4コア8スレッドなハイエンドCPUをリストアップしてヤフオクで割安なバルク品(トレイ品)を探していたら、たまたまこれが安く落札できたから。

別にCore i7でもXeon E3でもどっちでもよかった。ただ、ヤフオクのバルク品相場を見渡した感じだとCore i7の方が人気があるからなのか、ちょっと高めのような気がする。

ちなみにCore i7とXeon E3は、たぶんだけれどスペックを比較する限りほとんど同じ物じゃないかな?まーあえて違いを表すとしたら、Coore i7は、【性能>耐久性】で、Xeonは【性能<耐久性】っていう感じなのかな?

購入候補としてリストアップしたCPU
Xeon E3-1275 V2 3.5GHz 相場33671円 (最新の相場) ←買ったのはこれ
Xeon E3-1270 V2 3.5GHz 相場36992円 (現在の相場)
Xeon E3-1265L V2 2.5GHz 相場28538円 (現在の相場)
Xeon E3-1245 V2 3.4GHz 相場27725円 (現在の相場)
Xeon E3-1240 V2 3.4GHz 相場24753円 (現在の相場)
Xeon E3-1230 V2 3.3GHz 相場24764円 (現在の相場)
Core i7 3770K 3.5GHz 相場30698円 (現在の相場)
Core i7 3770  3.4GHz 相場27742円 (現在の相場)
Core i7 3770S 3.1GHz 相場28561円 (現在の相場)
Core i7 3770T 2.5GHz 相場30800円※バルク品の相場

※すべて4コア/8スレッド、ソケットはLGA1155
※Xeon E3の末尾5のモデルはIntel HD Graphics P4000かHD Graphics 2500というGPU内蔵
※Core i7には、Intel HD Graphics 4000というGPU内蔵
※相場は2013/4月現在でBOX品のもの


このCPUの相場は製品のグレードはもちろんだが、ドル円レートや人気度によっても変わってくる。上のリストだと3770Tと1265Lv2というのがCPUクロックが低い割には相場が高いと感じるが、それはなぜかと言うとこの2つは低消費電力モデルで大人気だかららしい。あとXeonのGPU内蔵モデル1275V2よりGPUなしの1270V2の方が高いのは、逆に人気がなくて品薄だからなのかな・・・・???まーここら辺の相場はどれも似たり寄ったりだし、実際言っちゃうと性能もたぶん体感できるほどの違いはないと思う。

ほんとはCore i5でも十分過ぎるくらい速いって聞いていたし、別に3Dゲームはしないので、かなりオーバースペックなのはわかっている。それでもこのクラスのCPUを試してみたい明確な理由が一つだけあった。

それは動画編集!

はっきり言ってハイエンドクラスでも6年前のPCでは、現在主流のハイビジョンムービーは重くて遅くて辛過ぎる!じゃー現代のハイエンドクラスのPCを組んだらどーなんだってのを試してみたくなった。

それに今のPCのCPU(Core 2 Quad Q9650 4コア3.0MHz)は、中古で安かったので最近買ったんだけれど、発売当時は1個6万円位の高価なCPUだった。

それ考えれば、それより高性能なCPUがこんな価格で変える現代、たった6年でこの変わり様(笑)。

もう笑うしかないほど凄まじい速度でテクノロジーが進化し続けているこの時代!

PC-8801の時代から見れば、スーパーコンピューターなパソコンが普通に買えてしまうこの素晴らしい時代を生きている者として、みすみす買わずに過ごすわけにはいかないのである。と思うことに今決めた。

まーほんとのハイエンドは、Xeon E3-1290V2 3.7GHzってやつでなんと1個10万円位、その下のXeon E3-1280V2 3.6GHzは7万円位(現在の相場)。

笑→ Intel CPU Xeon E3-1280V2 3.60GHz

さらに言うとほんとのほんとのハイエンドは6コアとか8コアのXeon E7系/E5系シリーズやCore i7 Extreme Editionで、下は4万円から上は30万円台まであって、しかもそれを2個とか使って最大16コア/32スレッドとか!一体、このパワーを活かしきれるソフトが普通のお値段で存在するのだろうか・・・。

↓Mac Pro12コア24スレッドを超える16コア/32スレッドPCのパーツ組み合わせ
Xeon E5-2687W BOX ×2
ASUS マザーボード Z9PE-D8 WS
※適当ーに選んでます

ちなみに今回私が入手した「Xeon E3-1275V2」は、送料込み23911円なり!BOXに付いているCPUファンはどーせ使わないのでバルク品で十分。

これ↓
Intel CPU Xeon E3-1275V2 3.50GHz

いやーいいパーツを手に入れた(喜)!しかし、この安易なCPU選びが、今後マザボ選びを非常に困難にする事を、この時の私はまだ知らない。


づづく

≫≫ づづきを読む
スポンサード リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 share
コメント(0)
ひと言でいいので、気軽にコメントしていってください!
あなたのそのひと言がこのブログ運営の原動力なのです。よろしくお願いします。

関連記事:ウェブとパソコン
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation