うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ映画海外の旅PANASONICデジタルガジェット動画ありPCトラブル北海道音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ九州SONYソフト&アプリ小豆島神戸NIKON夜景SEIKOPC旅(複数)パソコンGirlsAward鉄道撮影道具アメリカ屋久島白谷雲水峡あまちゃんフィルムカメラウェブ浅田真央スマートフォン金比羅山パソコン周辺機器E-520iPod_touch4thロジクール終わらない断捨離の記録四国土讃線アユタヤRICHO-PENTAX讃岐うどんバックパック浅草LEICAFUJIFILM礼文島予讃線香港高松風鈴道後温泉動画WiMAXXJAPANキャメロン・ディアスポートタワー江ノ島大洗港横浜駅ノニ摩耶山CANONミニチュア風松山駅小樽グラム単位の軽量化大部港浜松窪川駅高知城瀬戸内海高知松山城南京町双子浦日生港観音寺駅予土線日生駅四万十川エンジェルロード戸田恵梨香東北メリケンパーク富士山藤木直人中古車屋フリー写真素材水着スポーツジム実験青森坪尻駅阿波池田駅高知駅はりまや橋琴平駅ジャガー阿部寛二俣川サッカーテレビ桂浜東北本線オルガ・キュリレンコレオナルド・ディカプリオ豊川悦司仲間由紀恵トム・ハンクスブライアン・セッツァーROSEROSEジョージ・クルーニーiPod_touch4thスマートフォン函館中井貴一伊予大洲駅いしかりライナー小樽運河はまなす保土ヶ谷バイパススーザン・ボイルRADWIMPS秋の乗り放題パスあぶくま駅兜駅GoProミャンマーCOSINA台湾塔のへつり駅会津田島駅南会津被災地阿武隈急行線会津鉄道男鹿高原駅大川ダム公園駅八重の桜東京ドーム水道橋駅川奈汐吹公園東伊豆スキンダイビング北海道&東日本パス福島駅平泉シュノーケリング東京スカイツリートレイルランニング水戸黄門水戸駅JR東日本パスはやぶさ新青森東北新幹線八ツ森駅しおサイダー三ノ宮駅稚内駅名寄駅二俣川駅熊ヶ根駅LS-10Milky_Bunny宗谷本線YMOハワイJRMAMMUTカラビナきゃりーぱみゅぱみゅ角島大橋東京駅

OLYMPUS EC-14 & EX-25 マクロ撮影の実験

2012.12.03 (Mon) 共有

OLYMPUSのレンズなど
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.

前回の記事「【止まらない衝動】OLYMPUS EC-14 & EX-25 購入」でお伝えした通り、1.4× TELE CONVERTER EC-14EXTENSION TUBE EX-25を使ったマクロ撮影の実験をしてみた。

使ったレンズは、今回の実験を行う為の衝動の元となったマクロレンズ「ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro(35mm判換算100mm)」。それとついでに私の常用レンズである「ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD」の望遠側の60mm(35mm判換算120mm)でも実験してみた。標準ズームとマクロの実力差をこの目で実際に確かめてみたかったからである。

実験方法
それぞれのレンズに「EC-14装着」と「Ex-25装着」と「レンズのみ」の計6パターンでギリギリまで寄れる位置で撮影した結果を比較。被写体は、下記の白い菊?のような花。ちょっと白飛びしちゃっているけど今回はあくまでも実験なので気にしないでほしい。

OLYMPUSのレンズなど
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

ちなみに上の写真は12mm(35mm判換算24mm)の広角側で撮影したもの。ギリギリまで寄っても広角だと全体が写ってしまう。これがマクロレンズだと、はたしてどうなるだろうか?

※画像はクリックで拡大できます、(カッコ)は35mm判換算値、倍率の大きい順

50mm F2.0 Macro + EX-2550mm F2.0 Macro + EX-25
50mm Macro(100mm) + EX-25
エクステンションチューブを装着すると・・・おおーけっこう寄れるぞ!これぞまさに私の求めるマクロ撮影だ!

50mm F2.0 Macro + EC-1450mm F2.0 Macro + EC-14
50mm Macro(100mm) + EC-14 = 70mm(140mm)
テレコンバーターを装着の場合は、当然、寄れる距離はレンズのみと同じだけれど、焦点距離20mm(35mm判換算で40mm)分が望遠マクロ状態となった。

50mmF2マクロのみ50mmF2マクロのみ
50mm Macro(100mm)のみ
上の写真のように50mm F2.0 Macroのみだと思っていた以上に寄れないのだ。

60mm + EX-2560mm + EX-25
12-60mm(120mm) + EX-25
上の写真の通り、標準ズームでもエクステンションチューブを装着すると50mm F2.0 Macroのみと同等のマクロ撮影が可能。しっかしレンズが花に接触しているが。

60mm + EC-1460mm + EC-14
12-60mm(120mm) + EC-14 = 85mm(170mm)
テレコンバーターで焦点距離を85mm(35mm判換算170mm)にしてもなぜか50mm F2.0 Macro+テレコンの方が大きく写せるね。しかもこっちの方がレンズが被写体に近い・・・うーん不思議だ。

60mmのみ60mmのみ
12-60mm(120mm)のみ
レンズはけっこう被写体に寄っているし、焦点距離も大きいのになぜか50mm F2.0 Macroの方が、大きく写るね。不思議だ???

今回の実験でわかったこと
・エクステンションチューブEX-25を装着するとレンズからの距離が縮まる
・テレコンバーターEC-14を装着してもレンズからの距離は変わらない
・+EX-25 > +EC-14 > レンズのみ ということ
・マクロレンズ > 標準ズーム ということ

まあ実験する前から分かっていた結果をあえて体験しただけとなってしまった感じだけど、うーんやっぱ実際に試してみないと納得できない性格なんだよね。あと最短撮影距離ってレンズからの距離は関係ないらしい。カメラのボディ内のセンサーからの距離なんだって。よく見るとボディにセンサー位置のマークがついていた。

今回の実験で想定外の成果としては、標準ズームレンズでもエクステンションチューブEX-25を装着すればとりあえず50mm F2.0 Macroに近いマクロ撮影が可能になることが分かったこと。ただ問題は、被写体に接触するので、花とか柔らかい物に限定されるが・・・。だからチョウとか生き物は無理かも。

ちなみに12-60mm F2.8-4.0 SWDにEX-25を装着すると12mm側ではまったくピントが合わなかった。また60mm側でも被写体に接近した所でしかピントが合わないので、完全に接写マクロ専用レンズとなってしまう。これは、50mm F2.0 Macroでも同じ。通常は景色も撮影できる50mmF2.0マクロが接写マクロ専用レンズになってしまう。さらに言えばEX-25を装着するとピントが合う位置でフードが被写体にぶつかるので、フードの装着はできない。


OLYMPUS E-3とレンズなど
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.

結論
私の求める『よりマクロらしいマクロ写真』を撮るならマクロレンズ+エクステンションチューブは、ひじょうに有効であった。またテレコンバーターもマクロレンズに装着すると望遠マクロ撮影が可能となりレンズのみよりもより高倍率になる。標準ズーム+エクステンションチューブで、一応マクロレンズの代用は可能。しかし標準ズーム+テレコンバーターでは、思っていたほど高倍率にならない。やはりテレコンバーターは、望遠レンズに装着するのが王道なのだろうか。

今回の実験で使った製品
OLYMPUS テレコンバーター EC-14
OLYMPUS エクステンションチューブ EX-25
OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD

次回、【止まらない衝動】シリーズ 望遠レンズ編の予定、お楽しみに!
では、また
スポンサード リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 share
コメント(1)

匿名さん (2017-09-06) edit

 偶々、ネットでエクステンションチューブ、EX-25を見つけました。フィルム一眼カメラ、ペンタックスSPで使っていた、レンズが入って居ない3枚組の接写リングを、LUMIXのデジカメ一眼 DMC-L10、G1でも、M42マウントを取り付けて使っています。LUMIXレンズにも使える接写リングが有ったら良いのにと考えていました。同じ様な使い方ができるのかな、とネットで調べましたら、ピースフルパラダイスライフで使い方を見つけました。
 このページは、写真を使い、体系的に分かり易くまとめて有り助かりますネー。
 感謝! 感謝!
ひと言でいいので、気軽にコメントしていってください!
あなたのそのひと言がこのブログ運営の原動力なのです。よろしくお願いします。

関連記事:カメラと写真
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation