うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ映画海外の旅PANASONICデジタルガジェット動画ありPCトラブル北海道音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ九州SONYソフト&アプリ小豆島神戸NIKON夜景SEIKOPC旅(複数)パソコンGirlsAward鉄道撮影道具アメリカ屋久島白谷雲水峡あまちゃんフィルムカメラウェブ浅田真央スマートフォン金比羅山パソコン周辺機器E-520iPod_touch4thロジクール終わらない断捨離の記録四国土讃線アユタヤRICHO-PENTAX讃岐うどんバックパック浅草LEICAFUJIFILM礼文島予讃線香港高松風鈴道後温泉動画WiMAXXJAPANキャメロン・ディアスポートタワー江ノ島大洗港横浜駅ノニ摩耶山CANONミニチュア風松山駅小樽グラム単位の軽量化大部港浜松窪川駅高知城瀬戸内海高知松山城南京町双子浦日生港観音寺駅予土線日生駅四万十川エンジェルロード戸田恵梨香東北メリケンパーク富士山藤木直人中古車屋フリー写真素材水着スポーツジム実験青森坪尻駅阿波池田駅高知駅はりまや橋琴平駅ジャガー阿部寛二俣川サッカーテレビ桂浜東北本線オルガ・キュリレンコレオナルド・ディカプリオ豊川悦司仲間由紀恵トム・ハンクスブライアン・セッツァーROSEROSEジョージ・クルーニーiPod_touch4thスマートフォン函館中井貴一伊予大洲駅いしかりライナー小樽運河はまなす保土ヶ谷バイパススーザン・ボイルRADWIMPS秋の乗り放題パスあぶくま駅兜駅GoProミャンマーCOSINA台湾塔のへつり駅会津田島駅南会津被災地阿武隈急行線会津鉄道男鹿高原駅大川ダム公園駅八重の桜東京ドーム水道橋駅川奈汐吹公園東伊豆スキンダイビング北海道&東日本パス福島駅平泉シュノーケリング東京スカイツリートレイルランニング水戸黄門水戸駅JR東日本パスはやぶさ新青森東北新幹線八ツ森駅しおサイダー三ノ宮駅稚内駅名寄駅二俣川駅熊ヶ根駅LS-10Milky_Bunny宗谷本線YMOハワイJRMAMMUTカラビナきゃりーぱみゅぱみゅ角島大橋東京駅

【E-P3試し撮り】絞り優先(A)モードの試し撮り写真

2012.11.23 (Fri) 共有

E-P3 絞り優先(A)モードの試し撮り写真1 犬の顔
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:LUMIX G 20mm F1.7 ASPH. (SS1/60 F1.7 ISO200)


OLYMPUS PEN E-P3購入レビュー Vol.6 絞り優先(A)モードの試し撮り写真

<これまでの記事>
【止まらない衝動】 OLYMPUS PEN E-P3 購入
【E-P3試し撮り】ラフモノクロームが激渋!
【E-P3試し撮り】クロスプロセスで遊ぶ
【E-P3アイテム】液晶保護フィルムを買ってみた
【E-P3レビュー】意外に大きくないE-P3 PEN


※すべてPhotoshop Elementsで、若干調整しています。

オリンパス・ペン第三世代 E-P3を私が通常メインで使っている絞り優先(A)モードで試し撮り。とはいっても今回もかなり適当な写真なんだけど・・・。

上の写真は、このブログではおなじみミッキーちゃんをパナの20mmF1.7という単焦点レンズで撮ったもの。マイクロフォーサーズで背景ボケの写真を撮るならこの一本っていう明るいレンズ。

マイクロフォーサーズの単焦点のラインナップはけっこう充実していて、12mm F2.0、25mm F1.4、45mm F1.8、75mm F1.8の4本は、そのうち手に入れたい。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

しっかし、さすがPEN第三世代なだけはある(初代と二代目は知らないけど)、写りはまったく問題ないクオリティ。


E-P3 絞り優先(A)モードの試し撮り写真2 ミニチュアダックス
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:LUMIX G 20mm F1.7 ASPH. (SS1/100 F1.7 ISO200)


上の写真もパナの20mmF1.7。とってもいいレンズだと思う。

マイクロフォーサーズ機の場合、35mm判換算だと焦点距離は約2倍になるので、このレンズは35mmフルサイズの40mmと同じ。フルサイズの35mm・40mm・50mmという焦点距離のレンズは、いわゆる標準と呼ばれるレンズで、とにかく使いやすい一本。マイクロフォーサーズの場合は、17.5mm・20mm・25mmというレンズが標準に相当する。

ちなみにソニーNEXとかキヤノンEOS MなどAPS-C機のミレーレス一眼の場合、35mm判換算だと終点距離は約1.5倍で計算するんだとか。

そういえば、今度、オリンパスからM.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8というハイグレードレンズが発売になるらしいけど、これがまた魅惑的なレンズなので止まらない衝動が発動しそうで困る。まあ、20mmF1.7とほとんど変わらないんで、まったく必要性はないんだけれど。

M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8

単焦点レンズでF2.0以下の明るいレンズは、やけに魅惑的に見えて試してみたくなるねー。例えばコシナのフォクトレンダーブランドから出ているマイクロフォーサーズ用のレンズで、NOKTON 17.5mm F0.95とかNOKTON 25mm F0.95なんていう驚異的な開放F値のマニュアルレンズ、これも欲しいー。中古とかで安かったらたぶん買っちゃうかも。

NOKTON 17.5mm F0.95
NOKTON 25mm F0.95

マイクロフォーサーズ機の場合、そういった意味では、魅惑的なレンズの種類が豊富で困る(笑)。


E-P3 絞り優先(A)モードの試し撮り写真3 夜のお散歩
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6ⅡR (SS1/6 F3.6 ISO1600)


上の写真は、暗い夜道であえて手持ちISO1600で撮影してみたやつ。うーん正直、ISO1600だとノイズがひどくて常用するのはきびしいと思った。ただISO800までならなんとか常用で使えるレベル。

メインのE-3の場合、手ぶれ補正が1段分強力だからなのか、ISO400でもけっこう手持ち撮影できるんだけれど、E-P3の場合は、ちょっと厳しいので素直にISO800を使う方が間違いないかも。望遠ズームよりも明るい単焦点レンズならもうちょっとISO稼げるかも。


E-P3 絞り優先(A)モードの試し撮り写真4 夜撮影
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6ⅡR (SS1/1.3 F3.5 ISO200)


こちらは、少し明るい夜道をカメラを固定してISO200で撮影したもの。ノイズもそれほど目立たずとてもいい感じ。


E-P3 絞り優先(A)モードの試し撮り写真5 カウンタック
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6ⅡR (SS1/60 F11 ISO200)


こちらは、フラッシュを使った物撮り写真。パナのGF1ではできなかったオリンパスの外付けフラッシュによるRCモード(ワイヤレスフラシュ)で撮影。やっぱRCモードが使えると色々と光の向きが調整できるのでとっても便利だ。


E-P3 絞り優先(A)モードの試し撮り写真6 朝撮影
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6ⅡR (SS1/4000 F3.5 ISO200)


こちらは日の出前の空を露出補正で少し暗めにしてシャッタースピードを上げて撮影した写真。Photoshopで少し暗部を上げてみたが、ノイズはあまり感じない。

まだE-P3で、まともに撮影していないんだけれど、これまでのサブ機だったLUMIX GF1と比較すると、やはりボディー内手ぶれ補正の恩恵を、かなり感じることができた。これだけでも購入して正解だったと言える。あと前にも書いたけど、起動からシャッターが切れるまでのレスポンスやAFの速度も最高である。アートフィルターはけっこう遊べそうだし、まだ使ってないけど動画も撮れる。

正直、こんだけ撮れれば素人の私には十分だと思ったよ。

それと操作系は、もっとコンデジに近くて使いづらいのかと思っていたけど、かなり突っ込んだカスタマイズができて、ほとんどE-3と同じような操作にすることができた。具体的には、E-3の背面のダイヤルとE-P3の背面のサブダイヤルを同じ機能に、E-3の全面のダイヤルとE-P3の背面のメインダイヤルを同じ機能に、AELボタンをFn1に設定、AF⇔M切り替えをFn2に設定、OKボタンでスーパーコンパネを表示するように設定など。オリンパスの一眼レフに共通するスーパーコンパネが初期設定では表示されないので使いづらいなーと思っていたけど、設定を変更したら表示できた。

結論、PENは、かなり素晴らしく素敵なカメラであった!これはマジです(笑)。

ということで全6回に渡って記事にしてきたE-P3購入レビュー記は一旦終わるけど、たぶん今後もPENの写真と記事が多くなるような気がする。

YouTubeで「PEN E-P1 CM」を検索で初代PENのCMが見れた。初代と言ってもデジタルになったPENのやつで、本当の初代は、50年以上前の1959年に発売さている。当時オリンパス・ペンと言えばハーフサイズカメラの代名詞だったんだとか。伝統あるシリーズのカメラだったんだねPEN。

まー私が生まれるより前の話なので、正直、ぜんぜん知らなかったけどね。

PENをもっと知る↓
OLYMPUS PEN の本いろいろ

PENをもっと楽しむ↓
OLYMPUS PEN

では、また

関連外部リンク
スポンサード リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 share
コメント(1)

山口孝志穂さん (2012-11-23) edit

おもしろい!
ひと言でいいので、気軽にコメントしていってください!
あなたのそのひと言がこのブログ運営の原動力なのです。よろしくお願いします。

関連記事:カメラと写真
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation