うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ映画海外の旅PANASONICデジタルガジェット動画ありPCトラブル北海道音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ九州SONYソフト&アプリ小豆島神戸NIKON夜景SEIKOPC旅(複数)パソコンGirlsAward鉄道撮影道具アメリカ屋久島白谷雲水峡あまちゃんフィルムカメラウェブ浅田真央スマートフォン金比羅山パソコン周辺機器E-520iPod_touch4thロジクール終わらない断捨離の記録四国土讃線アユタヤRICHO-PENTAX讃岐うどんバックパック浅草LEICAFUJIFILM礼文島予讃線香港高松風鈴道後温泉動画WiMAXXJAPANキャメロン・ディアスポートタワー江ノ島大洗港横浜駅ノニ摩耶山CANONミニチュア風松山駅小樽グラム単位の軽量化大部港浜松窪川駅高知城瀬戸内海高知松山城南京町双子浦日生港観音寺駅予土線日生駅四万十川エンジェルロード戸田恵梨香東北メリケンパーク富士山藤木直人中古車屋フリー写真素材水着スポーツジム実験青森坪尻駅阿波池田駅高知駅はりまや橋琴平駅ジャガー阿部寛二俣川サッカーテレビ桂浜東北本線オルガ・キュリレンコレオナルド・ディカプリオ豊川悦司仲間由紀恵トム・ハンクスブライアン・セッツァーROSEROSEジョージ・クルーニーiPod_touch4thスマートフォン函館中井貴一伊予大洲駅いしかりライナー小樽運河はまなす保土ヶ谷バイパススーザン・ボイルRADWIMPS秋の乗り放題パスあぶくま駅兜駅GoProミャンマーCOSINA台湾塔のへつり駅会津田島駅南会津被災地阿武隈急行線会津鉄道男鹿高原駅大川ダム公園駅八重の桜東京ドーム水道橋駅川奈汐吹公園東伊豆スキンダイビング北海道&東日本パス福島駅平泉シュノーケリング東京スカイツリートレイルランニング水戸黄門水戸駅JR東日本パスはやぶさ新青森東北新幹線八ツ森駅しおサイダー三ノ宮駅稚内駅名寄駅二俣川駅熊ヶ根駅LS-10Milky_Bunny宗谷本線YMOハワイJRMAMMUTカラビナきゃりーぱみゅぱみゅ角島大橋東京駅

カテゴリ7(CAT7)のLANケーブルに変更してみた

2011.02.23 (Wed) 共有

CAT7LANケーブルの写真
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD


去年書いた[【フレッツ光ネクスト】ルーターの接続を変えたら爆速になった!]という記事で、ぞうさんさんという方にコメントいただいた内容で、

・光電話ルーターに繋いでるケーブルはギガビット対応ですか?
・PCのNICはギガビット対応ですか?

というのがありまして、ぞうさんさんの家では、上記要因を解消すると上下150Mbpsくらい出ているとの事を教えていたきました。

上下150Mbpsと・・・!な、なにぃいいいいいいいい!という事で、だいぶ前から気になっていたので、今回はその辺りを調べてみた。

まずパソコン側のネットワークインタフェースカード(Network Interface Card、略称:NIC、いわゆるLANカード)から調べてみた。私のPCは、マザーボード上にNICが組み込まれているオンボードタイプだった。ちなみにメインPCのマザーボードは、ASUSの「P5B Deluxe」という製品。マザーボードの箱に説明が書いてあるので、LANの項目を読むと、『Dual Gigabit LAN 1000M』と書いてある。つまりNICは、ギガビット対応であった。

次にLANケーブルのカテゴリ番号をケーブル表面の文字から探してみた。カテゴリとは、簡単に言うとLANケーブルの規格の事で、単純に数字が大きいほど最大伝送速度が多くなる。それで、使っていたLANケーブルのカテゴリ番号ですが、なぜか書いてなかった。別のPCにつないであるLANケーブルには、「CAT5+」と書いてある。「ん、カテゴリ5+ってなんだ!?」カテゴリ5eという規格はあったが、なぜかカテゴリ5+というのは調べてもなんだかよくわからなかった。

結局、LANケーブルの正確なカテゴリ番号は、わからなかったので、現在最速といわれる10ギガビット対応のカテゴリ7(CAT7)のLANケーブルをアマゾンで購入してみた。ちなみに10ギガビッドというのは・・・計算すると約10000メガビットという事になる。「1万メガビット!?」完全にオーバースペックだったが、まあ、未来永劫使うつもりでポチッ!


CAT7LANケーブルの写真
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD


ちなみに今回購入したLANケーブルは下記
SANWA SUPPLY カテゴリ7LANケーブル0.6m KB-T7-006WR(上の写真左)
SANWA SUPPLY カテゴリ7LANケーブル0.6m KB-T7-006NV(上の写真右)

パソコン2台分で、2300円くらい。2つの違いはケーブルの色。ブルーとワインレッドのケーブルに金メッキのプラグが高級感を演出していて、ああ、高級なLANケーブルを手に入れたという満足感を与えてくれる(笑)。しかもこのケーブルは、20㎝、40㎝、60㎝という短い長さでも売っているのがいい~、基本的にルーターとパソコンって隣り合っているので、長いケーブルだと余ってしまってじゃまなんですよねぇ~。

さて、CAT7のケーブルをつないでから、ネットを表示させてみた感想は・・・「ん、特に変わらないような・・・」うーん、残念ながら体感できるような違いは感じられなかった。そして、いつものスピードテストで計測してみる事に・・・

前回テストした時は・・・下記だった。

下り受信速度: 91Mbps(91.2Mbps,11.4MByte/s)
上り送信速度: 61Mbps(61.7Mbps,7.71MByte/s)

そして、再び期待に胸を膨らませ、再測定!

下り受信速度: 90Mbps(90.0Mbps,11.2MByte/s)
上り送信速度: 62Mbps(62.1Mbps,7.76MByte/s)


あれっ・・・変わらない・・・ガクーリorz

まあCAT7のLANケーブル自体はオーバースペックなのであまり期待していなかったが、結局のところ元々使っていたLANケーブル自体もおそらくCAT5以上だったという事なのだろう。

うーん、なんか悔しい・・・とても悔しい・・・ので、禁断のソフトに手を出してみた。速度を計測したスピードテストさんがおすすめしているRWin設定を変更するソフトだ。RWinとは、簡単に言うとサーバーから一度にまとめて送ってもらいたいデータの量らしい。WindowsXPのデフォルト(初期値)だと光ファイバーの回線速度に対応しきれないということらしい。

詳しくは[速度向上のポイント]で

まあ、この手のソフトでパソコンの設定を変更すると、パソコンの調子が悪くなる事が過去に多々あったので、あまり気がすすまなかったが、今回は悔しさにまかせて試してみた。もしこの記事を読んで試してみようという方は自己責任でお願いします。

さてRWin設定ツール「Dr.TCP」をダウンロード~インストール~起動し、設定方法通りに「光ファイバ(100Mbps)サービスでの地方別RWin推奨値131070」を入力して、WindowsXPを再起動した。

そして、再びスピードテストで測定・・・しかし、今回もほとんど変わらない・・・orz

「ん!」よく読むと「光ファイバ(100Mbps)サービスでの地方別RWin推奨値」となっている。フレッツ光ネクストハイスピードタイプは最大200Mbpsなので、理論上は、倍の数値が必要なのかもという事で、今度はフレッツ光ネクストハイスピードの推奨値とネット上で言われていた260176を入力して再起動し再計測・・・

結果は・・・

下り受信速度: 90Mbps(90.7Mbps,11.3MByte/s)
上り送信速度: 70Mbps(70.8Mbps,8.85MByte/s)

おおお、上り(アップロード速度)が、ちょっとだけ速度アップした。まあ、速度はパソコンの性能にも左右されるらしいので、上り最大100Mbpsに対してこれだけの速度が出ていれば上りはOKだ。しかし下りは結局のところ速度アップする事はできなかった。

今回の実験の結論としては、非常に悔しいですが私のパソコンとネット環境では、90Mbps前後が限界っぽい。しかし、今回、いろいろと調べてみるとたしかに環境によっては100Mbps超の速度を実現させている方が多数いるという事がわった。それとKDDIの「auひかり(ギガ得プラン)」とかは、最大1Gbps(1000Mbps)というNTTの5倍もの超高速回線を提供しているという事もわかった。KDDIって光ファイバーの回線業者もやっていたんだと思ったら、東京電力とパワードコムの光ファイバー通信事業を譲り受けて、東京電力が持つ光ファイバー網を利用するようになったらしい。

しかし、なんだよNTT・・・。天下のNTTが、auより遅いってどうゆう事なんだか・・・早くなんとかしてほしいもんだ。

余談ですが、テレビでやたらと意味不明なCMを流していたソフトバンクの「光の道」ですが、なんとソフトバンクは光ファイバーの回線業者ではなかったんですね・・・あれだけ光の道なる持論を展開しているからてっきり光ファイバー回線業者だと思っていましたが・・・。
スポンサード リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 share
コメント(2)

pc初心者さん (2011-10-21) edit

勉強になりました。

ABCさん (2012-02-13) edit

ご参考までに。
PCのCPUがcore2duoの2GHz以上のスペックとメモリも最低2Gあれば光回線の能力を体験できるかもです。
私もシングルcoreの古いPCでは100Mどころか全然速度が出ず諦めてたのですがPCを買い換えたら上下100M以上余裕に出るようになりました。
ひと言でいいので、気軽にコメントしていってください!
あなたのそのひと言がこのブログ運営の原動力なのです。よろしくお願いします。

関連記事:ウェブとパソコン
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation