うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ海外の旅映画デジタルガジェットPANASONIC動画ありPCトラブル北海道音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ神戸ソフト&アプリSONY九州小豆島NIKON夜景SEIKO旅(複数)PCパソコンGirlsAward鉄道フィルムカメラウェブあまちゃんスマートフォン撮影道具浅田真央アメリカ白谷雲水峡屋久島四国iPod_touch4thパソコン周辺機器E-520ロジクール台湾土讃線RICHO-PENTAX金比羅山終わらない断捨離の記録アユタヤ讃岐うどんXJAPAN浅草バックパック香港道後温泉予讃線高松WiMAX江ノ島風鈴横浜駅ノニ大洗港動画グラム単位の軽量化CANONLEICA礼文島FUJIFILMキャメロン・ディアス摩耶山松山駅ミニチュア風大部港小樽ポートタワー窪川駅高知城日生港双子浦観音寺駅瀬戸内海南京町予土線松山城四万十川高知浜松エンジェルロード日生駅富士山東北メリケンパーク戸田恵梨香藤木直人中古車屋フリー写真素材水着スポーツジム実験阿部寛坪尻駅阿波池田駅高知駅はりまや橋琴平駅ジャガー二俣川サッカーテレビ桂浜東北本線レオナルド・ディカプリオ豊川悦司ジョージ・クルーニーオルガ・キュリレンコ仲間由紀恵ROSEROSEトム・ハンクスiPod_touch4thスマートフォンはまなす中井貴一伊予大洲駅東京ドーム函館いしかりライナー保土ヶ谷バイパス小樽運河ブライアン・セッツァースーザン・ボイルあぶくま駅兜駅塔のへつり駅秋の乗り放題パスGoProCOSINAミャンマー会津田島駅大川ダム公園駅被災地阿武隈急行線RADWIMPS南会津会津鉄道八重の桜男鹿高原駅水道橋駅LS-10汐吹公園東伊豆シュノーケリング川奈スキンダイビング平泉北海道&東日本パス東京スカイツリー新青森水戸黄門水戸駅東京駅トレイルランニングJR東日本パス東北新幹線はやぶさ福島駅八ツ森駅稚内駅名寄駅宗谷本線三ノ宮駅二俣川駅Milky_Bunny熊ヶ根駅YMOきゃりーぱみゅぱみゅJRしおサイダーハワイMAMMUT角島大橋カラビナ青森

大野山トレッキング 1

2010.12.10 (Fri) 共有

JR御殿場線 山北駅
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件
Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD



上の写真はJR御殿場線の山北駅(場所はこちら

今週水曜日、神奈川県足柄上郡山北町にある大野山という山にトレッキングに行きました。

今回は、一人旅ではなく中原というウォーキング好きのおっさんと二人です。

おっさんと言っても、アラサーなので、私よりずいぶん若いです(笑)。

朝の8時半に山北駅で待ち合わせ、9時頃出発~

天気は快晴!

今回向かう大野山の山頂は富士山が綺麗に見えるという事でテンションが上がります。


JR御殿場線
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件
Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD



まずは、山北駅前の商店街を抜け、県道76号(国道246号の旧道)を進みます。

写真は、先ほど乗って来たJR御殿場線の線路の上の橋から

このJR御殿場線というのは、JR東海道線が出来る前は、こちらが東海道本線だったらしいです。


県道76号(国道246号の旧道)と国道246号
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件
Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD



写真の、県道76号(国道246号の旧道)と国道246号が隣り合わせになる所からちょっと進んだ樋口橋という交差点の横断歩道を渡ります。


壁面に咲くかわいらしい花
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件
Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD



写真は壁面に咲くかわいらしい花(名前は分かりません)。


246と76号のトンネル
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件
Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD



横断歩道を渡るとすぐに246と76号のトンネルが2つ見えてきました。

このトンネル(76号の方)を抜けたところを右に曲がると大野山へ向かう入口でした。


大野山ハイキングコース入口
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件
Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD



上の写真はトンネルを抜けたらすぐの右に曲がる道(場所はここ)、大野山ハイキングコース入口という看板がある。


大野山入口
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件
Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD



さきほどの大野山ハイキングコース入口からそこそこ歩いたところで、「大野山入口右へ」という看板(場所はここ)があった。

山道コースなら右の道だったのだが、こっちは下りで通ろうと思ったので、行きは山頂手前で大野山乳牛育成牧場を通る直進(左)のコースに進んだ。


大野山ハイキングコース
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件
Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD



先ほどの所から少し進むと分かれ道(場所はここ)があったが、左矢印で大野山牧場と書いてあったので左へ進んだ。


大野山ハイキングコース
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件
Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD



舗装路と言ってもクルマ一台がやっと通れるくらいの道幅だった。

しかし、紅葉がちょうどいい感じで、とてもテンションが上がります。


延命水
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件
Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD



途中何カ所も湧水がジャバジャバと流れる場所があり、また「延命水」なる湧き水もあり、私は飲みませんでしたが、中原は旨そうにゴクゴクと飲んでいました。

今回は、トレッキングと言っても見ての通り山頂までは、基本的に舗装された道がほとんどなので、山歩きは実際のところ山頂から下山するルートの一部だけでした。なので、けっこう舐めてましたが、ここから山頂までの道のりは、予想外にハードでした。

そして、山頂で見た景色は・・・な、なんと・・・絶景!?

この続きはまた近日中にアップします。

お楽しみに!

次の記事へ
スポンサード リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 share
コメント(0)
ひと言でいいので、気軽にコメントしていってください!
あなたのそのひと言がこのブログ運営の原動力なのです。よろしくお願いします。

関連記事:旅と旅写真
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation