うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ海外の旅映画デジタルガジェットPANASONIC動画ありPCトラブル北海道音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ神戸ソフト&アプリSONY九州小豆島NIKON夜景SEIKO旅(複数)PCパソコンGirlsAward鉄道フィルムカメラウェブあまちゃんスマートフォン撮影道具浅田真央アメリカ白谷雲水峡屋久島四国iPod_touch4thパソコン周辺機器E-520ロジクール台湾土讃線RICHO-PENTAX金比羅山終わらない断捨離の記録アユタヤ讃岐うどんXJAPAN浅草バックパック香港道後温泉予讃線高松WiMAX江ノ島風鈴横浜駅ノニ大洗港動画グラム単位の軽量化CANONLEICA礼文島FUJIFILMキャメロン・ディアス摩耶山松山駅ミニチュア風大部港小樽ポートタワー窪川駅高知城日生港双子浦観音寺駅瀬戸内海南京町予土線松山城四万十川高知浜松エンジェルロード日生駅富士山東北メリケンパーク戸田恵梨香藤木直人中古車屋フリー写真素材水着スポーツジム実験阿部寛坪尻駅阿波池田駅高知駅はりまや橋琴平駅ジャガー二俣川サッカーテレビ桂浜東北本線レオナルド・ディカプリオ豊川悦司ジョージ・クルーニーオルガ・キュリレンコ仲間由紀恵ROSEROSEトム・ハンクスiPod_touch4thスマートフォンはまなす中井貴一伊予大洲駅東京ドーム函館いしかりライナー保土ヶ谷バイパス小樽運河ブライアン・セッツァースーザン・ボイルあぶくま駅兜駅塔のへつり駅秋の乗り放題パスGoProCOSINAミャンマー会津田島駅大川ダム公園駅被災地阿武隈急行線RADWIMPS南会津会津鉄道八重の桜男鹿高原駅水道橋駅LS-10汐吹公園東伊豆シュノーケリング川奈スキンダイビング平泉北海道&東日本パス東京スカイツリー新青森水戸黄門水戸駅東京駅トレイルランニングJR東日本パス東北新幹線はやぶさ福島駅八ツ森駅稚内駅名寄駅宗谷本線三ノ宮駅二俣川駅Milky_Bunny熊ヶ根駅YMOきゃりーぱみゅぱみゅJRしおサイダーハワイMAMMUT角島大橋カラビナ青森

LUMIX DMC-GF1を欲求に負けて買ってしまったレビュー

2010.05.26 (Wed) 共有

Panasonic LUMIX DMC-GF1
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材不可)


先週、なんとPanasonicのマイクロ一眼「LUMIX DMC-GF1」を衝動的に買ってしまった・・・

※画像はクリックで拡大します!
Panasonic LUMIX DMC-GF1の箱 Panasonic LUMIX DMC-GF1と付属品

これはいわゆるオリンパスとパナソニックが採用しているフォーサーズ規格レンズよりもさらに小さいとされるマイクロフォーサーズ規格レンズが装着できるマイクロフォーサーズシステムの一眼カメラです。

Panasonic LUMIX DMC-GF1 レンズなし Panasonic LUMIX DMC-GF1

現在、オリンパスのフォーサーズシステムの一眼レフ(E-520)を所有しているので、ちょくちょくオリンパスとパナソニックのサイトはチェックしてたのですが、「OLYMPUS PEN E-P1」が発売された時に無性に所有したい衝動にかられたのですが、なんせ価格がべらぼうに高かったので気持ちを抑え込み我慢したのですが、今度は「OLYMPUS PEN E-P2」やら「OLYMPUS PEN Lite E-PL1」やら今回買った「Panasonic LUMIX DMC-GF1」やらマイクロフォーサーズ一眼が次々に発売されて、気になって、気になってしょうがなくて、買わないのにヨドバシカメラに何度も実物を見に行ってしまっていたという経緯がありまして、そして今度はソニーも世界最小・最軽量の小型一眼「NEX-5」「NEX-3」というのが発売アナウンスされて私の物欲はすでに頂点に達していました。

というのも、現在のデカイ一眼とレンズの組み合わせだと、観光地以外の街中やレストランなどのお店の中などではカバンから出すことすらためらってしまって、本当は撮影したいと思った物がけっこう出来ずじまいになるケースが多々ありまして、もっとコンデジくらい気軽な感じで、なおかつ綺麗に取れるカメラが欲しいと思い始めていた今日この頃だったからです。

購入時は押さえられない欲求に負けてほぼ勢いだけで買っているので衝動買い的ではありましたが、実際は、不満~関心~欲求~検索~比較~行動~比較~購入というまさに消費行動のプロセスの見本のようなのんびりとした時間経過を過ごした上での購入だったので、計画的衝動買いという感じでしょうか?というのも最初のマイクロ一眼OLYMPUS PEN E-P1が発売した2009年7月頃からちょくちょくと情報をチェックし続けていた訳ですから(笑)。

まあ私の友人などは、私のような比較検討する時間を楽しむという事をまったくしないという人も多いのですが、私に言わせればほどんど比較せずに適当にパッと購入できるその決断力に感心するばかりです。私には絶対に無理な行動プロセスです。ちなみに私が何かを買うときに重要視するのは価格以上の内容です。つまりコストパフォーマンスです。どんなに安くても良くない物は買いません。どんなに良くても高い物は当たり前です。さらに一番怖いのは、この世の中には高いのに良くない物が、実は一番多く存在するという事実です。私はこれまで長い年数をセールスの世界で過ごしてきました。そこで、その恐ろしい現実を幾度となく目の当たりにしてきたのです。そして実は多くのシェアを独占するような有名な会社で一般的に信頼されている会社の商品ほど、実際にはそういった高くて良くない商品だったりするのです。だからでしょうか、とにかく、パッと物を買うことが出来ない性分になってしまったのです(笑)。

Panasonic LUMIX DMC-GF1 Panasonic LUMIX DMC-GF1

さて、なぜ数ある小型一眼の中で、このパナのGF-1を選んだかと言われれば、実際に触って動かした時の感触がとにかく良かったからです。OLYMPUS PENは価格が高いという事もありましたが、操作系がちょっと分かりづらかったというのもあります。価格がGF1と同じくらいのOLYMPUS PEN Liteはデザイン的にちょっとあり得ないって言うか高級感がまるで無いのが私的には検討の余地は無かったのと、やはり操作がコンデジのようにしてあって、私にはかなり分かりづらいというのがありました。そう、DMC-GF1の操作はかなり分かりやすくて、背面のダイヤルの位置とかも良く、今使っている一眼と非常に近い操作だったのです。

Panasonic LUMIX DMC-GF1 Panasonic LUMIX DMC-GF1

たぶんオリンパスのPENは、コンデジユーザーからの移行を狙って操作系が作られていているのでしょうか?だからコンデジに慣れたユーザーは使いやすいのかもしれません。同じオリンパスの一眼を使っている私が分かりづらい訳ですから、たぶんそうゆう事なのだと思われます。
逆にGF1の方は、一眼レフにより近い高性能なハイエンドコンデジを目指して開発されてきた「LUMIX DMC-LX3」を元に操作系を改良しているのだと思われます。しかもこのLUMIX DMC-LX3はドイツのライカ社との共同開発された高級コンパクトカメラで、OEMモデルとして「ライカD-LUX 4」という製品も販売されています。だからか、とにかく操作系が洗練されています。一眼に慣れたユーザーは圧倒的にGF1の方が使いやすいはずです。さらにデザインは、ライカD-LUX 4によく似ていてかなりかっこいいです。だから他にシェルホワイト、ブレードシルバー、フェアリーピンク、アーバンレッドなどのカラーバリエーションの中でも私が買ったエスプリブラック以外の色はまず考えられませんでした。まあデザイン的には、OLYMPUS PENのクラシカルな雰囲気に惹かれてはいたのですが、実物を手に取って比較した時、PENの主張するデザインよりも、GF1の高級コンデジぽい控えめな雰囲気の方がけっこうしっくりときたというのと、PENがGF1と比較するとけっこう大きく感じてしまったといのもあります。頭で描いていたイメージが実際に触った時に逆転したのでした。これでは、もう、GF1への欲求が抑えられなくなりますよ(笑)。

Panasonic LUMIX DMC-GF1 Panasonic LUMIX DMC-GF1

さらに言えば、GF1で試し撮りした時のオートフォーカス(AF)が驚くほど速かったというのも決め手になりました。液晶モニターでピントを合わせるから遅いのかな?って思っていたのですが、想像以上にオートフォーカスが高速だったので、付属パンケーキレンズ「LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.」というF値1.7の超明るいレンズと組み合わせれば室内の撮影や犬の撮影にも威力を発揮できると思いました。液晶モニターも想像以上に高画質で見やすかったです。



マイナス点となった部分は、ボディ内手ぶれ補正が無いというのと、ハイビジョンムビー撮影のマイクがモノラルでしかもステレオマイクのオプションも無いという点です。普段から手ブレ補正はほとんど使って無いので、まあ、無くてもあまり困らないのですが、ムービーのマイクがモノラルって言うのはけっこう悩みどころですね・・・。たぶんこのGF1の後継機はステレオマイクになる可能性が高いというのも悔しい点ですが、まあムービーは映像だけが綺麗に取れればいいやと自分に言い聞かせつつ、プラス点であるデザインの好みと操作性、AF速度、そして価格、さらに驚異的に明るく評価が高いパナソニックのパンケーキレンズという事で、結論を出したしだいでありました。

購入後、実際に使ってみてまず感じたのは、このパンケーキレンズは、すごく良いという事です。やはり思った通り、F1.7という明るいレンズの恩恵なのか、どんなに暗い部屋で撮影してもほとんどブレずに撮れます。E-520だと室内ではミッキー(うちの犬)がちょっとでも動いたらけっこうブレる事が多いのですが、このGF1とこのパンケーキレンズはけっこう綺麗に良く撮れます。今まではパナソニックっていうと一眼レフのイメージがあまり無くて意外に盲点だったのですが、パナソニックのフォーサーズ規格のLEICA(ライカ)認定のライカDレンズシリーズは、レンズの評価がとても高いのです。たぶんそのライカの製造技術を生かしてマイクロフォーサーズ規格のレンズをルミックスGシリーズとして開発しているのでは無いかと・・・あくまでも想像ですが・・・。まあ、同じマイクロフォーサーズ規格のオリンパスのM.ZUIKO DIGITALレンズももちろんGF1に装着できます。またフォーサーズアダプターというマウントアダプターを使えば、フォーサーズ規格のライカDレンズシリーズやZUIKO DIGITAL(ズイコーデジタル)レンズも装着が可能になります。ただその場合、ハイスピードイメージャーAF(コントラストAF)対応のレンズでないとオートフォカスが効かなくなってマニュアルフォーカス(MF)のみとなるとの事ですので注意が必要です。

Panasonic LUMIX DMC-GF1とZuiko Digital ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.とZuiko Digital 14-42mm 3.5-5.6

そして上の左の写真(Zuiko Digital ED 12-60mm F2.8-4.0 SWDのでかいイレンズと比較)のようにレンズもカメラも小さい(コンデジよりは一回り大きく重いです)ので、街中で撮影していてもほとんどプレッシャーがかからないのはとても良いです。デカイ一眼だと「おお?何の撮影かな?」って感じでけっこうチラチラ見られて苦しいですが、このカメラだと「あ、カメラ撮ってる」って感じで、デカイ一眼レフのような見られ方が無いように感じるのでかなり楽です。ただこのパンケーキレンズ、マイクロフォーサーズなのに上の右の写真のようにフォーサーズレンズでも小型・軽量のZuiko Digital 14-42mm 3.5-5.6と比べると外径があまり変わらないのは、一体どうゆう事なんでしょうか?フォーサーズ規格自体、元々レンズを小さく設計できる仕組みなので、この外径は限界って事なんでしょうか?よくわからないですが・・・。たぶんこのマイクロフォーサーズの小ささの恩恵を一番受ける事が出来るのが望遠レンズでしょうね。

ハギワラシスコム SDHCカード Class10 SDHCメモリカード

ところで、今回、保存用に買ったSDカード(DMC-GF1はSDカード別売り)は「ハギワラシスコムSDHCカードClass10 8GB」という製品です。今のところ相性などの問題は無く記録できています。Classの数値はSDスピードクラスを表していてClass10,Class6,Class4の順に最低保証データ転送速度が速くなります。本当は「SanDisk SDHCカード Class10 32GB」が欲しかったのだが、はたして32GBが必要なのかよくわからなかったので、とりあえず今回は安い8GBにしてみました。いままで一眼で4GBのコンパクトフラッシュを使っていて、ちょっと足りないかなって感じでしたので、たぶん8GBで足りるんじゃないかと思ったからです。32GBとか言って一昔前のノートパソコンのハードディスクくらいの容量ですよね(笑)。電化製品の進化は凄いです。

という事でDMC-GF1のファーストインプレッションでした。さて次回は、実際に撮影した写真や動画もアップしていく予定ですので、お楽しみに。

記事関連商品
Panasonic デジタル一眼カメラ GF1 レンズキット
Panasonic LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. H-H020
ハギワラシスコム SDHCカード Class10 SDHCメモリカード8GB HPC-SDH8G10C
SanDisk SDHCカード Class10 32GB SDSDX3-032G-J31A

GF1関連書籍


追記:写真記事アップしました!
LUMIX DMC-GF1 パンケーキレンズ試し撮り写真
スポンサード リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 share
コメント(0)
ひと言でいいので、気軽にコメントしていってください!
あなたのそのひと言がこのブログ運営の原動力なのです。よろしくお願いします。

関連記事:カメラと写真
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation