うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ映画海外の旅PANASONICデジタルガジェット動画ありPCトラブル北海道音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ九州SONYソフト&アプリ小豆島神戸NIKON夜景SEIKOPC旅(複数)パソコンGirlsAward鉄道撮影道具アメリカ屋久島白谷雲水峡あまちゃんフィルムカメラウェブ浅田真央スマートフォン金比羅山パソコン周辺機器E-520iPod_touch4thロジクール終わらない断捨離の記録四国土讃線アユタヤRICHO-PENTAX讃岐うどんバックパック浅草LEICAFUJIFILM礼文島予讃線香港高松風鈴道後温泉動画WiMAXXJAPANキャメロン・ディアスポートタワー江ノ島大洗港横浜駅ノニ摩耶山CANONミニチュア風松山駅小樽グラム単位の軽量化大部港浜松窪川駅高知城瀬戸内海高知松山城南京町双子浦日生港観音寺駅予土線日生駅四万十川エンジェルロード戸田恵梨香東北メリケンパーク富士山藤木直人中古車屋フリー写真素材水着スポーツジム実験青森坪尻駅阿波池田駅高知駅はりまや橋琴平駅ジャガー阿部寛二俣川サッカーテレビ桂浜東北本線オルガ・キュリレンコレオナルド・ディカプリオ豊川悦司仲間由紀恵トム・ハンクスブライアン・セッツァーROSEROSEジョージ・クルーニーiPod_touch4thスマートフォン函館中井貴一伊予大洲駅いしかりライナー小樽運河はまなす保土ヶ谷バイパススーザン・ボイルRADWIMPS秋の乗り放題パスあぶくま駅兜駅GoProミャンマーCOSINA台湾塔のへつり駅会津田島駅南会津被災地阿武隈急行線会津鉄道男鹿高原駅大川ダム公園駅八重の桜東京ドーム水道橋駅川奈汐吹公園東伊豆スキンダイビング北海道&東日本パス福島駅平泉シュノーケリング東京スカイツリートレイルランニング水戸黄門水戸駅JR東日本パスはやぶさ新青森東北新幹線八ツ森駅しおサイダー三ノ宮駅稚内駅名寄駅二俣川駅熊ヶ根駅LS-10Milky_Bunny宗谷本線YMOハワイJRMAMMUTカラビナきゃりーぱみゅぱみゅ角島大橋東京駅

旅情

2017.04.15 (Sat) 共有

尺別
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
尺別
March 2017
撮影地:北海道釧路市音別町尺別原野東の尺別踏切(根室本線)


旅情(りょじょう)という言葉には、「旅情を感じる」、「旅情を誘う」、「旅情を覚える」、「旅情をそそる」、「旅情をかきたてる」などいろいろな使われ方があると思うが、では旅情の意味はなんだろうと考えてみたが、明確には知らなかったので、改めてネット国語辞書で調べてみた。

それによると旅情とは、”旅先で感じるしみじみとした思い”のことらしい。

確かに実際、旅先でしみじみと感情がわき起こることがある。

たとえば夜行列車や普通列車または船、路線バスでゆっくりと旅をしている時、列車に長時間揺られ遠くまで来た時、遠くの知らない町を歩いて旅をしてる時、旅先で心惹かれる情景に出会った時など。

「やっぱ旅は楽しいなー」

「駅弁、最高!」

「列車で飲むビール、最高!」

「今、旅してる・・・」

「思えば遠くへ来たもんだ」

「最高だな」

「懐かしいなー」

「なんかいいなー」

「なんか寂しいな・・・」

「日本人でよかった!」

「生きててよかった!」

「地球に生まれてよかったー!」

とかね。

心の底から、ふつふつとわき起こる感情。心の声。

ただ新幹線や特急などの高速鉄道または飛行機での移動だとあまり旅情を感じられないように思う。高速で移動する乗り物だと車窓の風景をゆっくり楽しむこともできないし、時間距離も短いので、とにかく余裕がない。だから、なかなかそのような感情は起こらない。

それと誰もが訪れるメジャーな観光地に行く場合でも、観光ツアーの観光バスで行くのと、自分で調べた公共交通機関を使って行くのとでは、やはり後者の方が旅情を感じるように思う。

さらにいえば、二人以上で行く旅ではあまり旅情を感じないが、一人旅だと感じやすい。それはたぶん一人の方が、いろいろと考える時間があるし、時間を長く感じるからだろう。

なるほど旅情を感じるには、そこに至るプロセスやかかる時間、感じる時間が重要なんだ!

上の写真は、この時の旅で旅情を感じた場所の一つである。鈍行列車の旅に出て4日目の早朝、暗がりの中、走行する大型トラックの冷たい風圧に耐えながら国道を歩いて辿り着いた。

その時、その場所に居たから感じられる空気の色、匂い、味、感触、音、そして生で見る光景は、ガイドブックには載ってない、ただの線路だけれど、

「ああ、旅っていいな」

ってしみじみと感じた。

今の便利な時代はテレビやネットで世界中のあらゆるところを疑似体験することもできる。とてもきれいな映像を見て、それだけで世界を見たような気になってしまいがちだけど、でもそれは同時にとても貴重な体験を失っているということを心に留めなければならない。

旅情、それは、わざわざ時間をかけてそこに行って生で見た者だけが得られる格別な感動なのだ。(※個人の勝手な解釈です)

では、また


「青春18きっぷ」ポスター紀行

「青春18きっぷ」はJRが年3回(春、夏、冬)発売しているお得な切符で,1982年(昭和57年)に初めて発売されました。その後大ヒットし、汽車旅ファンの必需品となって今日に至ります。発売時に全国のJR駅で掲げられるポスターは、つねに注目を集め、マニア垂涎の的となっており、とりわけ1990年(平成2年)からは、旅先の旅情を静かに湛えた写真とデザイン、旅の本質に迫るコピー表現が相まって、多くのファンを着々と獲得しています。今回、その1990年以降のポスター74点を集め、一冊にまとめました。25年間このポスターを手掛け続ける著者が、制作にまつわる背景やエピソードを初めて解説した、ファン待望の写真集です。鉄道ファンのみならず、これから旅に出たいと思っている人にはユニークなガイドブックとして、かつて青春18きっぷで旅した人には思い出のアルバムとして、老若男女問わず、幅広い読者に満足していただける1冊です。


鈍行列車のアジア旅

「ディーゼルエンジンの重油の臭いを乗せた南の風が吹き込んでくる。車窓から見る青空は南国の色に染まり、車内に流れる空気からは果物の匂いがする。濃密なアジアの自然と人が混じりあう鈍行列車は、なにか呼吸をする生き物のようだった」――ローカル線の各駅停車には旅の楽しさが詰まっている。タイ、マレーシア、ベトナム、中国、台湾、韓国、フィリピンを巡るアジア鈍行列車紀行。写真も豊富に掲載。文庫オリジナル作品。
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
スポンサード リンク
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation