うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ映画海外の旅PANASONICデジタルガジェット動画ありPCトラブル北海道音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ九州SONYソフト&アプリ小豆島神戸NIKON夜景SEIKOPC旅(複数)パソコンGirlsAward鉄道撮影道具アメリカ屋久島白谷雲水峡あまちゃんフィルムカメラウェブ浅田真央スマートフォン金比羅山パソコン周辺機器E-520iPod_touch4thロジクール終わらない断捨離の記録四国土讃線アユタヤRICHO-PENTAX讃岐うどんバックパック浅草LEICAFUJIFILM礼文島予讃線香港高松風鈴道後温泉動画WiMAXXJAPANキャメロン・ディアスポートタワー江ノ島大洗港横浜駅ノニ摩耶山CANONミニチュア風松山駅小樽グラム単位の軽量化大部港浜松窪川駅高知城瀬戸内海高知松山城南京町双子浦日生港観音寺駅予土線日生駅四万十川エンジェルロード戸田恵梨香東北メリケンパーク富士山藤木直人中古車屋フリー写真素材水着スポーツジム実験青森坪尻駅阿波池田駅高知駅はりまや橋琴平駅ジャガー阿部寛二俣川サッカーテレビ桂浜東北本線オルガ・キュリレンコレオナルド・ディカプリオ豊川悦司仲間由紀恵トム・ハンクスブライアン・セッツァーROSEROSEジョージ・クルーニーiPod_touch4thスマートフォン函館中井貴一伊予大洲駅いしかりライナー小樽運河はまなす保土ヶ谷バイパススーザン・ボイルRADWIMPS秋の乗り放題パスあぶくま駅兜駅GoProミャンマーCOSINA台湾塔のへつり駅会津田島駅南会津被災地阿武隈急行線会津鉄道男鹿高原駅大川ダム公園駅八重の桜東京ドーム水道橋駅川奈汐吹公園東伊豆スキンダイビング北海道&東日本パス福島駅平泉シュノーケリング東京スカイツリートレイルランニング水戸黄門水戸駅JR東日本パスはやぶさ新青森東北新幹線八ツ森駅しおサイダー三ノ宮駅稚内駅名寄駅二俣川駅熊ヶ根駅LS-10Milky_Bunny宗谷本線YMOハワイJRMAMMUTカラビナきゃりーぱみゅぱみゅ角島大橋東京駅

本日、私は旅をしてます。in 冬の北海道 2017

2017.02.28 (Tue) 共有

北海道&東日本パス 2017
≫ 拡大する

Camera:Panasonic LUMIX GM1 + Lens:LUMIX G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.

本日、私は旅をしてます。

東京駅から京成バスの東京シャトルで、成田空港に。

LCCのバニラエアで、冬の北海道、函館空港へ。

北海道&東日本パス(3/1より)を使った鉄道&歩き旅。

最大のミッションは3月4日のJR北海道ダイヤ改正で廃駅になる下記の10駅のうち未訪問の7駅を3月3日中までに上陸するというかなり困難な内容。

【3/4から廃止駅】10駅中3駅は訪問済み、今回7駅訪問予定
千歳線 :美々駅
函館本線:東山駅(済)、姫川駅(済)、桂川駅、北豊津駅、蕨岱駅
根室本線:島ノ下駅(済)、稲士別駅、上厚内駅
釧網本線:五十石駅

そしてそのミッション遂行過程及び3月4日以降~7日までに未訪問の廃止打診駅と先々廃止になりそうな駅、秘境駅などもできるだけ上陸する予定。

そして今回も旅の様子をうぇぶかにほん公式ツイッターでリアルタイムツイートしますので、暇な時にでも私の生存確認も兼ねて見てやってください。

うぇぶかにほん公式ツイッター


では、また
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(1) share

冬の北海道 鉄道&歩き旅の装備(荷物)

2017.02.27 (Mon) 共有

冬の北海道 鉄道&歩き旅の装備(荷物) 全部
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

また冬の北海道を旅することになったので、今後も活用できるように今回の私の『冬の北海道 鉄道&歩き旅の装備(荷物)』をメモしておく。これから行く人は、これはあくまでも私の場合なので、人によっては足りない物もあると思うので、参考程度に読んでもらえばと思う。

上の写真が着用している衣服等を除く、ほぼすべての持ち物。

北海道までは飛行機で行くので、とにかく機内持ち込みできる重量以内に収めなければならず、グラム単位で軽量化した結果なんだけれど、それでもけっこう多い・・・。

バックパックは、GRANITE GEAR VIRGA 2(グラナイトギア ヴァーガ2)54Lという540gの超軽量の物に、フレームとしてスリーピングマット99gを中に入れている。

↓このバックパックについての記事はこちら
【止まらないULへの衝動】 GRANITE GEAR VIRGA 2(グラナイトギア ヴァーガ2)を買った

バックパックの外側ポケット
・折り畳み傘
・バックパックのレインカバー
・手袋
・ネックウォーマー
・耳あて
・トレッキングステッキ

バックパック外側ポケットには、使用頻度が高い上記の物を入れた。

北海道の雪はサラサラなので折りたたみ傘を差すことはほとんどないが、撮影時に雪が降っていた時にカメラやレンズを守るのに必要になる。あともし大雨に遭遇した時を考えてあったほうが安心。

手袋、ネックウォーマーもしくはマフラー、耳あてもしくは耳までかぶるニット帽などは絶対必需品。

トレッキングステッキは、雪上で坂などを歩く時にあると便利。

↓私の使っているバックパックのレインカバーはこれ

イスカ(ISUKA) ウルトラライト パックカバー L ロイヤルブルー



冬の北海道 鉄道&歩き旅の装備(荷物) 衣類
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

バックパック内の衣類
・使い捨てパンツ(100円ショップ)
・使い捨て靴下(100円ショップ)
・速乾インナーTシャツ 2枚
・ヒートテックインナー長袖 1枚
・ヒートテックももひき 1枚
・フリース素材インナーパンツ(部屋着兼用) 1着
・ダウンジャケット 1着
・使用済み衣類入れポーチ(100円ショップ)

バックパック内の衣類は上記だけ。

パンツと靴下は100円ショップで買って使い捨てる。速乾インナーTシャツは着用しているのを含め計3枚を宿で洗濯しながら着回す。

ヒートテックインナー長袖は、天候が悪い日用の予備。ヒートテックももひきとフリース素材インナーパンツは天候によって着分ける。あと寝る時の部屋着にもなる。ダウンジャケットも天候が悪い日用の予備。

↓なお上の写真のスタッフバックはこれ

イスカ(ISUKA) ウルトラライト スタッフバッグ 5 グリーン



イスカ(ISUKA) ウルトラライト スタッフバッグ 5 イエロー


着用している衣服等
・速乾インナーTシャツ
・フリース
・レインジャケット
・ヒートテックももひき
・ウェザープロテクションパンツ
・ベルト
・使い捨て靴下(100円ショップ)
・使い捨てパンツ(100円ショップ)
・ウインターブーツ
・腕時計

冬の北海道の衣服については、以前の記事(冬の北海道鉄道旅の装備(服装など)と演習雪中の夜間予行演習)を参照してみて。

北海道と言えども日中に歩いていると暑くなってくるし、列車内や室内はめっちゃ暑いので、天気が悪い時だけ予備のヒートテックインナー長袖やダウンジャケット、フリース素材インナーパンツを使うことになる。


冬の北海道 鉄道&歩き旅の装備(荷物) 日用品と非常用
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

日用品入れ(左)
・コンタクトレンズ
・超小型ミラー
・ポケットティッシュ
・ウェットティッシュ
・薬、ばんそうこう
・歯ブラシ、歯ミガキ、マウスウォッシュ
・使い捨てカミソリ
・爪きり
・S字フック
・石鹸(洗濯用)
・香水
・お風呂用巾着袋
・ユンケル類状

日本国内の宿ならシャンプーや石鹸がないってことはまずないので持っていかない。なお民宿の場合は歯ブラシなどが無いことがあるので持ってた方が間違いない。

ユンケル類状というのはユンケルの粉バージョンで、旅中はこれを毎朝飲むと疲れづらいような気がするので毎回日数分持っていっている。

非常用品等入れ(中)
・メガネとケース
・コンビニ袋(ゴミ袋)
・トイレットペーパー芯なし
・カロリーメイト
・ヘッドライト
・マスク
・ホカロン
・サバイバルシート
・ゲイター(レインスパッツ)
・超小型吸水タオル
・予備のレンズ(パンケーキレンズ)

北海道はゴミ箱がめったに無いので、コンビニ袋をゴミ袋にして、宿で捨てるしかない。トイレットペーパーはトイレの無い秘境駅でどうしてもしたくなってしまった時に必要。

カロリーメイトは、何も食べ物が無くなって、腹が減ってふらふらになった時用。これに何度助けられたことか。

北海道でもし夜になったら、宿までの道中に真っ暗闇の区間があるかもしれない。そんな時にヘッドライトを持っていて良かったと心から思う。

マスク、ホカロン、サバイバルシートは、万が一吹雪などで列車が遅れて秘境駅に取り残されてしまった時など非常時の保温用で、第一段階マスク、第二弾段階ホカロン、第三段階サバイバルシートを想定。サバイバルシートを出すような事態は事前予測で避けているのでまず使うことはないが。

ゲイター(レインスパッツ)も通常は使わないが、撮影で深い雪の中を歩くような場面で必要。吸水タオルは温泉施設などで使うタオルの代わりに。

↓非常用品を入れてるポーチ

イスカ(ISUKA) ウェザーテックポーチ 3 ロイヤルブルー


上の写真の右のやつは、今回はじめて導入した吸水クロスをカットしたもの。濡れたカメラを拭くのにタオルだとだんだん意味がなくなってくるので買ってみた。


レック すいすいクロス 強力 吸水クロス



冬の北海道 鉄道&歩き旅の装備(荷物) デジタル機器
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

デジタル機器
・ミラーレス一眼カメラ メイン機(右)
・ミラーレス一眼カメラ サブ機(中)
・Windowsタブレットとマウス(左)

今回チョイスしたカメラとレンズは下記の2台。

メイン:OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
サブ:OM-D E-M5 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

早速、買ったばかりの高倍率ズーム12-100mmF4.0で、装備の軽量化を図った。

冬の北海道はとにかくカメラが濡れるので、メイン機は防塵防滴仕様でないと話にならない。オリンパスのOM-DとPROレンズシリーズの防滴は強力なので、過去の経験からも冬の北海道では最強のカメラだと思っている。

なおサブ機のレンズは防塵・防滴仕様ではないので、晴れた日にしか使えないと思う。今回のサブ機はあくまでもメインが壊れた時の予備。


OLYMPUS マイクロフォーサーズレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO



ISUKA(イスカ) ウェザーテックポーチ 2


充電機等入れ(下)
・モバイルバッテリー
・カメラ充電器と電源プラグ
・USB急速充電機
・USBコード(iPad mini、Winタブ、携帯電話、モバイルバッテリー)
・電源タップコード

意外とかさばるのが充電機などで、少しでも軽量化をしたいのでカメラのバッテリー充電機のコードを下のやつに変えたりしている。


ELECOM 電源プラグ ノートパソコンACアダプタ直結用 2pin-2pin 垂直 T-PCAD22V



冬の北海道 鉄道&歩き旅の装備(荷物) ウエストバック
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

ウエストバック
・非常用隠し現金
・タブレット簡易防水ケース
・ポケットティッシュ
・ウエットティッシュ
・レンズ拭きクロス
・サングラス
・カメラ予備バッテリー2個
・フリーパス(北海道&東日本パス)
・タイムスケジュール 印刷物
・JR北海道路線図 印刷物
・iPad mini(タブレット)
・携帯電話
・大きい財布
・小さい財布

大きい財布
・航空機のチケット(ウェブチェックイン)
・各種予約書(航空機、空港バスなど)
・カード(クレジットカード、キャシュカード)
・運転免許
・健康保険証
・非常用コンタクトレンズ
・メモ帳
・ボールペン
・現金(宿代など絶対必要分)
・SIMカードカバーを開くピン
・予備SDカード

小さい財布
・現金(メシ代、現地交通費など)
・自宅の鍵
・カード(パスモ、auWALLET、Tポイントなど)

貴重品はウエストバックに入れて肌身離さずが基本となる。もしデイバックなどに入れて乗り物に置き忘れてきたら最悪だ。

さて、今回の装備の重量だが、バックパックが約8kg、ウエストバックが約1.5kg、合計9.5kg。バニラエアの機内持ち込み制限が合計10kgまでなのでギリギリだった。やはり冬の装備はどうしても多くなってしまう。

以上で、旅立ちます。
では、また


鉄道で旅する北海道2013.冬号


関連アイテム
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

【止まらない衝動】M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO を購入

2017.02.24 (Fri) 共有

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
≫ 拡大する

Camera: OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ+ Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

「止まらない衝動」とは、抑えられない欲望、つまり衝動買いのことである。前回予告したとおり今年の初の止まらない衝動は、昨年11月に発売され生産が追いつかないほど売れまくっていると言われるオリンパスのPROシリーズの新しいレンズ。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO ダァー!

これは焦点距離24mm-200mm(35mm判換算)、F4.0通しのマイクロフォーサーズ用高倍率ズームレンズだ。

↓これです
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

このレンズの最大の特徴は、PROシリーズの高画質を高倍率ズームで実現してしまったことだろう。

高倍率ズームとは、簡単に言うと広角から望遠までの焦点距離を1本でカバーする便利ズームのこと。これまでの高倍率ズームはとても便利な反面、画質が若干低いというデメリットがあったのだが、この12-100mmF4PROはそのデメリットを最新技術で克服した究極の便利ズームとなっている。

つまり、標準ズームと望遠ズームが1本にまとまり、圧倒的な機動力を有する最強の旅レンズである。


M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROをOM-D E-M5 MarkⅡに装着
≫ 拡大する

Camera: OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ+ Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

私が旅レンズとしてメイン機で使っているのが、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROで、もうほとんどこれ1本で撮影していると言ってもいいほどで、とても信頼性が高いレンズである。そしてサブ機には望遠ズームのLUMIX G X VARIO 35-100mm / F2.8 / POWER O.I.S.を装着。


M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


↓新型

Panasonic LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8 II /POWER O.I.S


この2台持ちで旅先での撮影のほとんどの場面がカバーできるので、最高の組み合わせだと思っていた。

この新・悪魔のレンズが発売されるまでは・・・

エリアを移動しながら旅をすることが多い私の場合、必然的にすべての装備を持っての移動となり、それを少しでも楽にするべく、あらゆる装備をグラム単位で軽量化及び小型化することはひじょうに重要である。

そうこのレンズは、私の止まらない衝動止まらないULへの衝動を同時発動させたWの衝動である。

ちなみに「止まらないULへの衝動」とは、装備をグラム単位で少しでも軽量化したいという欲望により沸き起こる衝動買いの事である。

このレンズを買えば、2本が1本にまとめられて、軽量化と質量減を実現できる。しかも撮影でいちいちカメラを持ち変える手間がなくなる。

「これだよ、こんなの欲しかったんだよ!」

すでにM.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 IIという高倍率ズームで防塵防滴仕様のレンズはオリンパスから発売していたが、いまいち購入する気にならなかったのは、やはりレンズのグレードである。オリンパスのPROシリーズのレンズを一度使ってしまうと、画質はもちろん信頼度の面で、下位グレードのレンズをメインにする気にはならなかった。


M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6 II


そこでこのM.Z.D ED 12-100mm F4.0 IS PROの登場である。

PROシリーズの画質と信頼度を兼ね備えた高倍率ズーム。地点移動が多い私の旅にはまさに最適な1本だ。これ1本でおそらくほぼすべての撮影は完結できるだろう。そういう意味でこの12-100mmF4は新・悪魔のレンズと言っても過言じゃないだろう。


12-100mmF4.0と12-40mmF2.8と35-100mmF2.8の大きさ比較1 35-100mmF2.8の重さ
クリックで拡大します
Camera: OLYMPUS OM-D E-M1+ Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro


上の写真はM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROとM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO+LUMIX G X VARIO 35-100mm / F2.8 / POWER O.I.S.の見た目の質量と重量だ。

見ての通り、質量的はおよそ標準ズーム1本分減らすことができ、重量は2本の合計約750gに対して、12-100mmF4が約559gなので、約191gの軽量化が実現。


12-100mmF4.0の重さ 12-60mmF2.8-4.0の重さ
クリックで拡大します
Camera: OLYMPUS OM-D E-M1+ Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro


上の写真は左が12-100mmF4の重量約559gで、右がフォーサーズ用レンズZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWDにマイクロフォーサーズ用マウントアダプターMMF-3を装着した重量約616g。その差は約57g。


12-100mmF4.0と12-40mmF2.8と12-60mmF2.8-4.0の大きさ比較1 12-100mmF4.0と12-40mmF2.8と12-60mmF2.8-4.0の大きさ比較2
クリックで拡大します
Camera: OLYMPUS OM-D E-M1+ Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro


上の写真のレンズは左からM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO、ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD+MMF-3。焦点距離で考えるといかにこの12-100mmF4が小型軽量かがわかると思う。


M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
≫ 拡大する

Camera: OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ+ Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

このM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROのメリットは小型軽量による圧倒的な機動力だけではない。

なんとこのレンズにはオリンパスのレンズでありながらレンズ内手ぶれ補正を搭載しており、OMD E-M1、E-M1 MarkⅡ、E-M5 MarkⅡ、PEN-Fに装着時には、5軸シンクロ手ぶれ補正というレンズとカメラの両方の手ぶれ補正を使った超強力な手ぶれ補正となる。なお最新機種OM-D E-M1 MarkⅡでは世界最強6.5段分の補正効果なんだとか。

実際に使ってみて思ったのはこの手ぶれ補正はめちゃくちゃ凄いということである。昼間の野外なら、ラフに撮影してもほぼ手ブレ知らず。室内や夜間でもISO-AUTOでISO1600までをデフォルト設定にしておけば、あとは5軸シンクロ手ぶれ補正がなんとかしてくれる感じ。

取り直しができない旅先の撮影では、この信頼度がとても大切なのだ。

なお上の写真のISスイッチで、手ぶれ補正のON/OFFを瞬時に切り替えることができる。


M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROをOM-D E-M5 MarkⅡに装着
≫ 拡大する

Camera: OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ+ Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

その他の特徴は下記。

全域F4.0
高倍率ズームなのに開放F値が変わらない全域F4.0を実現。F2.8と比べて1段分暗いが、旅先では主にF5.6~F11で撮影するので特に問題なし。

レンズ先端から1.5cmの近接撮影
被写体に対して近くに寄れるというのはメリットはあってもデメリットはないので、いいと思う。

防塵・防滴
信頼度が高いオリンパスの防塵防滴仕様なので、雨が降っても安心。


M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
≫ 拡大する

Camera: OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ+ Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROなどに搭載されている「マニュアルフォーカスクラッチ機構」もついている。


M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROをOM-D E-M5 MarkⅡに装着
≫ 拡大する

Camera: OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ+ Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

旅レンズとしていいことずくめのこの12-100mmF4なんだけれど、あえてこのレンズのデメリットを上げるとしたらそれは外観かな。

さすがにインナーズーム方式ではないので、望遠端にしたらレンズの全長が伸びるので、見た目がかっこ悪い。これだと望遠レンズにしか見えないよね。というか望遠レンズでもあるんだけどね。

ただフルサイズ一眼レフなどの大きいレンズと比べたら、まだ小さいのでまあいいか。


M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROの純正レンズフード
≫ 拡大する

Camera: OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ+ Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

PROシリーズにはレンズフードは標準で付属している。

このレンズフードの素晴らしいところは、フード着脱のロック部分が不用意に外れにくい構造になったことだ。12-40mmF2.8のフードはここが外側に飛び出ているので、旅中のちょっとした拍子に外れた。


OLYMPUS ZUIKO PRF-ZD72 PRO
≫ 拡大する

Camera: OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ+ Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

このレンズにチョイスしたプロテクトフィルターは、もちろんオリンパス製の専用レンズ保護フィルター「ZUIKO PRF-ZD72 PRO」という最高級なお品。レンズ価格とのバランスを考えるとやはりこれがベストだと思う。


ZUIKO PRF-ZD72 PRO



M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROのテストショット(花みないな葉っぱ)
≫ 拡大する

Camera: OLYMPUS OM-D E-M1+ Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

作例1:花みたいな葉っぱ

100mm F4.0 1/320秒 ISO-200 にて撮影、OLYMPUS OM-D E-M1に装着、JPEG撮って出し、明るさとコントラストを若干調整。

望遠端100mmで撮影したんだけれど、換算200mmとは思えないほど近くに寄れるので、このような被写体の撮影にも活用できるのがいい。

ちなみに最短撮影距離は広角時15cm(ワーキングディスタンス1.5cm)、望遠時45cm(ワーキングディスタンス27cm)で、ワーキングディスタンスというのはレンズ先端からの距離。


M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROのテストショット(鎌倉・由比ガ浜)
≫ 拡大する

Camera: OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ+ Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

作例2:ヴィンテージで由比ガ浜

12mm F11 1/250秒 ISO-200 にて撮影、OLYMPUS OM-D E-M5 Markに装着、アートフィルターのヴィンテージで試写、JPEG撮って出し、明るさを若干調整。

広角時の画質は12-40mmF2.8PROと比べても素人目で違いがわからないほとで、とても良いと思う。これは夕方の鎌倉の海をヴィンテージで撮ったんだけど空の色がすごいね。

近日、このレンズで撮影した試し撮り写真もアップする予定。

お楽しみに!

では、また

関連アイテム
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(1) share

すでに今年も新しいレンズ、買った・・・

2017.02.13 (Mon) 共有

すでに今年も新しいレンズ、買った・・・
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

昨年2016年に買ったレンズを紹介しているレンズ沼の記録『止まらない衝動が止められない2016』シリーズ(第6話まで発表)はまだ完結してないのですが・・・

すでに今年も新しいレンズ、買った・・・

上の写真の凄いやつ。

そう、PROシリーズのあの新しいレンズ。

実際は去年の12月に注文していたが、生産が追いつかないらしく今年1月末頃に届いた。届いたのはいいが運悪く撮影に出かけるタイミングが持てず、つい最近まで箱に入ったまま置きっぱなしになっていた。

そしてやっと撮影に出かけられるので、ついに箱から出す時がきた!

ということで次回、この新しく買ったレンズの詳細をお伝え予定です。

お楽しみに!

↓こちらの記事もおすすめ
止まらない衝動が止められない2016 レンズ沼編
第1話 【止まらない衝動】 M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0を購入
第2話 【止まらない衝動】 M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8を購入
第3話 【止まらない衝動】 M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8 を購入
第4話 【止まらない衝動】 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6 を購入
第5話 【止まらない衝動】 M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8 を購入
第6話 【止まらない衝動】 LUMIX G 20mm / F1.7 II ASPH. を購入


では、また
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

もう聞かないCDを断捨離 2017

2017.02.10 (Fri) 共有

もう聞かないCDを断捨離 2017
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + Lens:M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

終わらない断捨離の記録

1年ほど前にいらないCDを50、60枚ほど断捨離したが、まだまだ大量にあるCDをさらに減らすべく精査してみたら、もう聞かないであろうCDが40枚ほど見つかった。

前回は買ったけどほとんど聞いてなかったCDをかたっぱしから処分したのだが、今回は当時はそこそこ聞いていたがその後まったく聞かなくなっているCDを処分することにした。それが上の写真のCDたち。

まあ実際今は、音楽はiTuneやWMPで取り込んでiPod touch、iPad miniやPCで聞いているので、CDそのもので聞く事はまったくない。だからいずれは全CDを断捨離する予定ではあるが、今年はとりあえず時間の都合でまずはこの40枚から。

せっかくブログ記事にするので、一部をご紹介しよう。


ジョニー大倉、森高千里、キャノンボール、頭脳警察
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + Lens:LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


ジョニー大倉、いつのまにか死んじゃった、元キャロル、これは「トラブル・メーカー」という1977年発売の3rdソロ・アルバム。ジャケットの写真に年代を感じるなー。77年ってまだ子供だったよ。CDの内容は、いいよ、いいんだけど、なんか、なんかなぁ・・・。


キャロル20 ゴールデン・ヒッツ / キャロル


森高千里、1997年発売の「PEACHBERRY」というアルバム。久しぶりに聞くと懐かしい気持ちになる。森高で聞いていたのは80年代まで(非実力派宣言とか)で90年代からの曲はほとんど思い入れがない。だから実際このアルバムもほとんど聞いた記憶がない。なんで持ってるんだろか?


非実力派宣言 / 森高千里


キャノンボール、と言えばカウンタックとジャッキー・チェンくらいしか思い出せないけど、1と2を映画館で見たんだよなー。ただこのCDは映画とはまったく関係ないメロコア系バンドのオムニバスアルバム。メロコアはいろいろ聞いたがどうやら苦手みたい。


[映画] キャノンボール デジタル・リマスター版 [DVD]


頭脳警察、1991年発売の「LIVE IN CAMP DRAKE」というライブアルバム。伝説のロックバンドらしいが、正直、年代が違いすぎてよく知らない。それとどうやら70年代のフォークっぽいの混じったロックは苦手らしい。


頭脳警察1(紙ジャケット仕様) / 頭脳警察



Mi-Ke、hide、P.I.L.、RAMONES
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + Lens:LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


Mi-Ke、1992年発売「朝まで踊ろう 悲しきテディ・ボーイ」というアルバム。内容がキャロル、クールス、矢沢永吉、舘ひろしのコピーだったから買ったんだっけ。本家は全部持ってるので、まあこれはもういいかな。


ザ★ベスト / キャロル


hide、1998年発売の「Ja,Zoo」という3rdアルバムで遺作。いいよ、すごくいいんだけど、あんまり聞いた記憶がないんだよこのアルバムは。個人的には1st「HIDE YOUR FACE」と2nd「PSYENCE」の方が最高すぎて、そっちばっか聞いてた。


HIDE YOUR FACE / hide


P.I.L.(パブリック・イメージ・リミテッド)、元SEX PISTOLSのジョン・ライドン(ジョニーロットン)のバンド、これは1987年発売の「Happy?」というアルバム。正直このCDは数回しか聞いてない。PILは「Flowers of Romance」という頭おかしい感じのジャケット写真(曲はもっと頭おかしい感じ)のアルバムを睡眠薬代わりによく聞いていた。それと比べるとこのCDはなんというか普通すぎてつまらない。このアルバムまでのP.I.Lは全部聞いたけど、結局ピストルズを超える衝撃はなかったな・・・。


Flowers Of Romance / P.I.L.


RAMONES(ラモーンズ)、「ANTHOLOGY」という2枚組のベスト・アルバム。どうやら全部同じ曲に聴こえる系のバンドは苦手らしい。全58曲も入ってて、聞き流すならいいけど、真面目に聞いてるとすぐ飽きる。Rock'n Roll RadioとChinese Rock以外は聞き分けられない。NYパンクではリチャード・ヘルが好き。


Blank Generation / Richard Hell and The Voidoids



中山美穂
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + Lens:LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.


中山美穂、25年ぶりくらいに聞いた。今聞くと歌あんまり上手くないね。まあその時代の人間なんで、懐かしいけど。しかし年月が経ちすぎて中山美穂と言ってもビー・バップ・ハイスクールしか思い浮かばない。


[映画] ビー・バップ・ハイスクール [DVD]


もう処分するCDの感想だからか、かなりネガティブになっちゃたな。

まあCDは処分するけどデータはPCにあるので、聞きたくなったらいつでも聞けるけどね。

ちなみに音楽はiPod touchかiPad miniからBluetooth オーディオレシーバーというのでオーディオ機器にワイヤレス転送して聞いている。

↓こんなの

エレコム LBT-AVWAR500

本機を接続すれば、自宅のオーディオをワイヤレス化。スマホで聞いている音楽を自宅のオーディオで楽しめます。高音質コーデックAAC対応。iPhoneやipadではAACにより、高音質を実現しました。

↓また少し近づいた!

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ

モノを最小限に減らすミニマリストという生き方。常識にとらわれない豊かな暮らし。

では、また

この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
スポンサード リンク
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation