うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
E-3一人旅Z.D.ED12-60mmF2.8-4.0SWDLUMIX_G20mmF1.7ASPH.E-P3htcEVO3D(ISW12HT)映画DMC-GF1タイドラマ旅(複数)E-M1横浜Z.D.ED50mmF2.0Macro音楽鉄道M.Z.D.ED12-40mmF2.8PRO動画バンコクスマートフォン夜景北海道IE8Z.D.ED50-200mmF2.8-3.5SWDInternet_ExplorerDSC-HX100VCP+Z.D.ED40-150mmF4.0-5.6DIGITAL_HARINEZUMI2富士山Z.D.ED9-18mmF4.0-5.6iPod_touch4thみなとみらいパソコン小豆島神戸PC秋の乗り放題パスウェブパタヤパソコン周辺機器東京スカイツリー宮崎あおいあまちゃん横浜ベイブリッジGirlsAward松山ケンイチM.Z.D.ED12mmF2.0E-M5江口洋介横浜駅白谷雲水峡アユタヤ浅草屋久島浅田真央横浜ランドマークタワー上戸彩Ai_Nikkor50mmf1.4GM1小樽大さん橋礼文島青森ロジクールM.Z.D.14-42mmF3.5-5.6ⅡR函館山下公園イベントコンパニオンE-520M.Z.D.14-42mmF3.5-5.6二俣川駅LS-10WiMAX大洗港四国渋谷土讃線戸田恵梨香松原商店街松田翔太江ノ島トラブル温泉上地雄輔金比羅山阿部寛Nikkor24mmf2.8Ai高松岡津町摩耶山風鈴ワット・アルンノニ藤木直人菅野美穂ポートタワー木村拓哉道後温泉東北本線JRiPad_miniXJAPANATOK西岸駅バックパック登別温泉角島大橋iPhoneAmazon稚内東京駅大部港予讃線シュノーケリング藤原竜也au石原さとみ綾瀬はるか讃岐うどんラン島仲間由紀恵八重の桜DVD妻夫木聡長崎益田駅LEICA_minilux枕崎駅熊本駅中井貴一瑛太松山駅ミニチュア風鹿児島本線佐藤浩市金沢駅キャメロン・ディアスレオナルド・ディカプリオ豊川悦司予土線四万十川窪川駅松山城瀬戸内海双子浦ジョージ・クルーニー汐吹公園エンジェルロード観音寺駅高知城高知五能線平泉オルガ・キュリレンコ阿波池田駅坪尻駅高知駅北海道&東日本パス川奈桂浜はりまや橋スキンダイビング日生港日生駅トレイルランニング蒼井ゆう平塚駅久大本線日の出ソニータイマー金沢八景JR東日本パスはやぶさ新青森iPod_touch4thスマートフォンIKEA夜明駅水戸黄門南京町有吉弘行阿蘇山浜松東伊豆指宿枕崎線秋田水戸駅深津絵里はまなす保土ヶ谷バイパス東北新幹線テレビサムスンXperia秋葉原AdobeiPadAir0.8秒と衝撃。あぶくま駅実験JR磐越西線塔のへつり駅会津若松駅中古車屋兜駅E-M1Z.D.ED50mmF2.0MacroBOSEスポーツジム旭川水着美瑛FC2ブログ共有テンプレートフリー写真素材札幌洞爺湖E-M10ボルボM.Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6EZGoProIE10会津田島駅大川ダム公園駅BLANKEY_JET_CITYスーザン・ボイルRADWIMPS松嶋菜々子上野樹里長谷川博己二俣川サッカーROSEROSEトム・ハンクスジャガーブライアン・セッツァーリゾートしらかみ香里奈観月ありさ東北被災地南会津会津鉄道男鹿高原駅メリケンパーク阿武隈急行線ワット・サケットワット・ポーフワランポーン駅WOLリモートデスクトップ琴平駅谷川岳薩摩高城駅肥後二見駅西大山駅指宿駅水道橋駅三ノ宮駅山陰本線OM-1PEN_FPEN_FT初代PENE-PL5OM-3東京ドーム長野電鉄屋代線香港ミャンマー羽田空港ヘルニアAterm_BL900HWロト7宗谷本線名寄駅三角地帯THE_MAD_CAPSULE_MARKETSDVD-Rパスポート稚内駅博多駅エヴァンゲリオン白馬駅業平橋駅Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6町田駅穴水駅のと鉄道大糸線糸魚川駅宗谷岬黒味岳納沙布岬苫小牧緑園都市駅和倉温泉駅大黒パーキング戸塚駅特牛駅唐津駅EOS-1DX立山黒部アルペンルートREGZA_Phone_T-01C熊ヶ根駅飛鳥Ⅱ海本牧魚津駅Milky_BunnyiOS伊予大洲駅横浜港CRASSしおサイダーBabylon伊万里駅Facebook佐世保駅たびら平戸口駅大村線酒田駅きらきらうえつ山形鳥取砂丘軍艦島南阿蘇鉄道長崎本線羽黒山横浜赤レンガ倉庫女鹿駅角館南部鉄道秋田内陸線土合駅福島駅阿蘇駅赤水駅めがね橋碓氷峠八ツ森駅出雲市駅小幌駅七尾線彦根駅カラビナMAMMUTウィルス米原駅小樽運河いしかりライナーYMOふじ丸初詣きゃりーぱみゅぱみゅ大橋のぞみスパイウェアFM戸塚嘉瀬駅ストーブ列車津軽鉄道東室蘭駅北舟岡駅豊岡駅十和田観光電鉄線上北町駅田儀駅七尾駅宇都宮駅福島郡山駅驫木駅

ベストカメラ2013の1位がOM-D E-M1だった(嬉)!

2013.11.22 (Fri) 共有

日本カメラ12 ベストカメラ2013
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

本屋で立ち読みをしていたら『日本カメラ12月号』というカメラ雑誌の見出し“ベストカメラ2013”が気になり手にとってみる。

それは日本カメラ執筆陣10人が、ベスト10のカメラをそれぞれ選び採点した合計点の多いカメラのランキングのようだった。

2013年発売の主なカメラ
オリンパス:OM-D E-M1、PEN E-P5、PEN E-PL6、STYLUS 1、STYLUS XZ10
ソニー:α7R、α7、α58、Cyber-shot RX10、Cyber-shot QX100
パナソニック:LUMIX GX7、LUMIX GM1、LUMIX G6、LUMIX GF6
ニコン:Df、D610、D7100、D5300、1 AW1
ライカ:M、Xバリオ
富士フィルム:X-E2、X-M1、X-A1
ペンタックス:K-3、K-50、Q7
リコー:GR
キヤノン:EOS 70D、EOS Kiss X7
シグマ:DP3 MerriⅡ
※抜け・間違い、あるかもしれません


で、今年のベスト・カメラは・・・


日本カメラ12 ベストカメラ2013
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

「じぇじぇじぇ!?まさかのOM-D E-M1が1位!」

そうなんです、我が新メイン機「OLYMPUS OMD E-M1」が1位に選ばれていたのである。これは正直、素直に超ー嬉しい!思わずその雑誌を購入してしまった(笑)。

上位に選出した審査員のコメントによると、「ボディデザイン、機能、画質面でもすべて満点」とか「仕事カメラとして高度の仕上がりを評価」「もうE-M5には戻れません・・・」「使って楽しいカメラ」「ミラーレス機の完成形」「見やすくなったEVF」などなど、べた褒め状態(喜)!


日本カメラ12 ベストカメラ2013
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

ちなみに私が選んだ理由は、伝統と信頼の防塵・防滴性能、超強力な5軸手ぶれ補正、成熟した操作性、大幅に改善した高感度性能。そして決定打は前にも書いたけれど、空気感まで写し込んでいたリアリティ溢れる印刷写真の画質を見た時かな。

私の主な使い方(歩き旅)の場合、フルサイズ機の得意ないわゆる背景ボケの写真は、ほとんど必要としない。むしろ隅々までカリっとシャープに写った写真が理想。なぜなら背景ボケの美しい芸術的な写真表現をじっくり追求している時間も才能、技術もないからだ。

旅先の写真は、ほとんどが手持ちでの一発勝負。シャッターが多く切れる場面でも4~5枚くらい。もちろん三脚なんて使う余裕もない。自然とライブ中継のように目の前の景色をあるがままの姿で捉えた記録写真を撮り続ける感じになる。

なので当然、F値も上げていくんだけれど、あまり上げ過ぎるとシャッタースピードが遅くなって失敗率が上がってしまう。ただ、実は4/3機の場合はセンサーサイズが小さいことのメリットとして「被写界深度が深い(パンフォーカス)傾向」なので、F値をあまり上げなくても、それなりに写ってくれる。裏を返せば「背景ボケが苦手」というデメリットでもあるんだけれどね。

つまり旅先の撮影の場合、E-M1は「被写界深度の深さ(F値をあまり上げずに済む=シャッタースピードをかせげる)+強力な手ぶれ補正+高感度性能」の組み合わせで、“失敗知らずの最強パンフォーカス風一眼”と言っても過言ではないと思う。パンフォーカス“風”と言ったのは、もちろんAF(オートフォーカス)を使用するからとAFが爆速なのでほとんど一瞬で撮影できるという意味。

まあ、今回のランキングはプロの人の評価だし、もちろんプロが撮ればより素晴らしい写真ができるのは間違いないと思うけれど、たぶん私と同じ素人でもそれなりの写真ができてしまう恐ろしい武器、それが実際にE-M1を数週間使った私の感想。

※と、連日、E-M1を絶賛する私は、けしてオリンパスの回し者ではありません。


日本カメラ12 ベストレンズ2013
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

さらにベスト・レンズ2013にも・・・

キットで買ったM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROが1位に!

やったー、カメラ・レンズ、まさかのダブル受賞!ちなみにこの記事の写真もその組み合わせで撮影してみた(笑)。

この組み合わせの作例は:OM-D E-M1 試し撮りその1、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

ちなみにカメラ・レンズの集計結果は下記。

ベスト・カメラ2013
順位機種名点数相場とレビュー
1位オリンパス OM-D E-M179点E-M1
2位ニコン Df58点Df
3位パナソニック LUMIX GX746点GX7
4位ライカ M40点
5位ソニー α7 / パナソニック LUMIX GM135点α7/GM1
7位ソニー α7R / ペンタックス K-334点α7R/K-3
9位富士フィルム X-E233点X-E2
以下省略

ベスト・レンズ2013
順位レンズ名点数相場とレビュー
1位オリンパス M.Z.D. ED 12-40mm F2.8 PRO30点MZD12-40
2位ニコン AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G28点N58
3位シグマ 18-35mm F1.8 DC HSM22点18-35mm
4位カールツァイス Apo Sonnar T*2/135(ZF.2/ZE)8点AS135
5位富士フィルム FUJINON XF23mm F1.4R7点XF23
以下省略

↓この雑誌です

日本カメラ12月号


では、また

関連アイテム
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(2) share

LEICA minilux + AGFA PHOTO VISTA 100

2013.11.19 (Tue) 共有

LEICA minilux + AGFA PHOTO VISTA 100
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

前回の記事(腐ってもライカ? (LEICA minilux))の続きのような記事~!

下からすべてLEICA minilux(ライカ・ミニルックス)とAGFA PHOTO VISTA 100というカラーネガフィルムで撮影した写真。

AGFA PHOTO(アグファフォト)とは、Wikipediaによるとヨーロッパのアグフア(現在のアグフア・ゲバルト、すでに写真事業は売却撤退)の正統な継承者であるアグファフォト・ホールディングがライセンスを所有する写真事業のブランドなんだと。フィルムの箱の記載には、たぶんライセンスがAgfaPhoto Holding GmbH(アグファフォト・ホールディング有限会社)で製造元がLupus Imaging & Media(ループス・イメージング&メディア)になっている。

まーアグファのカメラもフィルムのこともよくわからないんだけれど、日本だとデジタルハリネズミなどトイカメラで有名なパワーショベル(PowerShovel)が正規代理店だったので買ってみた。

つまりこのフィルム、たぶんだけれどトイカメラ向けなのかも。実際、出来た写真の色味もトイカメラ風だし。

※例によって写真のタイトルは適当です。


呪われた空
≫ 拡大する

Camera:LEICA minilux + Film:AGFA PHOTO VISTA 100

呪われた空

カ、カラスの大群!?


ロード・フォトグラフ
≫ 拡大する

Camera:LEICA minilux + Film:AGFA PHOTO VISTA 100

ロード・フォトグラフ


ドライブでお疲れ犬
≫ 拡大する

Camera:LEICA minilux + Film:AGFA PHOTO VISTA 100

ドライブでお疲れ犬


無題1
≫ 拡大する

Camera:LEICA minilux + Film:AGFA PHOTO VISTA 100

無題1

なぜかこの写真だけ縦長に・・・なぜだ!?


無題2
≫ 拡大する

Camera:LEICA minilux + Film:AGFA PHOTO VISTA 100

無題2

自分の感想・・・
やっぱフィルムカメラもいいわぁー!

全体的にブルーが印象的でけっこう好き!

しかし、デジカメが恐ろしく進化した現代でも、フィルムカメラで撮った写真を見るとなんとなしか、ほっこりした気持ちになるのは、やっぱアナログ世代だからだからかな(笑)?

デジタルと違って、あまり構図とか考えずにアバウトに撮ってもなぜか雰囲気がある写真になるのも面白いね。ライカのレンズの力なのかな?

では、また

関連アイテム
関連外部リンク
アグファフォト・ホールディング - Wikipedea
http://ja.wikipedia.org/wiki/...

PowerShovel
http://www.powershovel.co.jp/

Agfa Photoブランド・フィルム関連(PowerShovel)
http://www.superheadz.com/agfa/index.html
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

腐ってもライカ? (LEICA minilux)

2013.11.17 (Sun) 共有

LEICA minilux
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

OLYMPUS OM-D E-M1 試し撮りその4

もうだいぶ前なんだけれど、ヤフオクで遊びで買ってしまった『LEICA minilux(ライカ ミニルックス)』というカメラをOM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO(35mm判換算24-80mm)の組み合わせで撮影してみた。


M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO


ひそかにあのライカを所有してたりして・・・

そう、ライカと言えば世界で最も有名なあのドイツの高級カメラメーカーのLEICA!

一般庶民にはとても手が出せないお値段のあのLEICA!

といっても実はこれ、ライカの古いコンパクトカメラなんだよね(笑)。しかもデジタルではなく35mmフィルムカメラ。だから最新のデジタルレンジファインダーカメラのLEICA M型とかみたいに何十万円もしない。当然もう新品は売ってないが、発売当時は8~10万円ほどで売っていたらしい。

腐ってもライカってよく言うから、使ってみたくなって止まらない衝動が発動。


LEICA minilux
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

まー正直、ライカの歴史とか性能とか偉大さとかレンズなんたらとか、とにかくライカについてまったくわからないんだけれど、フォーサーズ~マイクロフォーサーズのレンズでパナソニック製のライカレンズ(いわゆるパナライカ)がラインナップされていて、やたら評価が高いので、実際、気になる存在ではある。

このカメラ、LEICA SUMMARIT(ズマリット)40mm F2.4という高性能な単焦点レンズが搭載とのこと。

同じ機種で、Leica Minilux Zoom(ライカ ミニルックス ズーム)っていうVARIO-ELMAR 35-70mm F3.5-6.5というレンズを搭載したモデルもあるらしい。


LEICA minilux
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

見ての通り、コンパクトカメラと言ってもフィルム時代の物なので、かなり分厚くて大きいボディである。コンパクトカメラなので、シャッターを押すだけかと思いきや、F値の変更やマニュアル操作も可能。


LEICA minilux
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

ファインダーは今見ると恐ろしく小さくてびっくりする。


LEICA minilux
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

買ったはいいけれど、正直、使い方がいまいちわからなくて、まだフィルム1本しか撮影していない。たぶん宝の持ち腐れ。本当に腐ったライカになる予感・・・。

それで最近やっとその試し撮り写真を現像したばかり。

ということで、次の記事でヘタクソが撮ったライカの写真をアップするつもり!

では、また 続き

↓ライカMマウントレンズをM4/3機に!

COSINA VoightLander マイクロフォーサーズアダプター VMマウント用


関連アイテム
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

OM-D E-M1 + Z.D. 50mm F2.0 Macro で撮影

2013.11.15 (Fri) 共有

OLYMPUS OM-D E-M1+MMF-3+ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

OLYMPUS OM-D E-M1 試し撮りその3

とても邪悪な感じの赤色の小さな菊の花が咲いていたのでOLYMPUS OM-D E-M1+MMF-3+ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro(35mm判換算100mm)の組み合わせ(上の写真)で撮影してみた。その他含めて下からすべて同じ組み合わせ。


ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro


邪悪な赤い菊
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

邪悪な赤い菊


邪悪な赤い菊 つぼみ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

邪悪な赤い菊 つぼみ


邪悪な赤い菊 開花
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

邪悪な赤い菊 開花


白とルビー色の菊 開花
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

白とルビー色の菊 開花


JINS PC
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

おまけ 楽天優勝セールで買ったJINS PC

※例によって実際の花の名前はわかりません。

前回まではほとんど手持ちだったんだけれど、今回は三脚を使用してじっくり撮影してみた。ブログシステムの都合上、かなり縮小しているのでからわかりずらいけれど、E-M1の画質は、E-3に比べると驚くほどシャープで繊細、同じレンズとは思えないほど。

しかもマクロ撮影でけっこう便利だったのがタッチAFシャッター。これは背面の液晶モニターをタッチするとタッチした場所にすぐさまピントが合ってシャッターが切れる機能である。マクロ撮影の場合、シャッターを押した時の微小な揺れでもブレることがある。タッチシャッターを使えば、カメラをまったく揺らさずにシャッターを切ることができるのだ。

いや~テクノロジーの進歩は凄まじいなぁーホント!

では、また

関連アイテム
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

おっさん一人旅2013秋 2日目5 潮岬灯台

2013.11.11 (Mon) 共有

本州最南端・潮岬
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

おっさん一人旅2013秋 JR「秋の乗り放題パス」の旅
2日目5 潮岬灯台
≫≫最初の記事はこちら

本州最南端・潮岬から隣のバス停近くにあるらしい潮岬灯台方面に向かう途中、上の写真の看板の先に灯台らしき建物が見えた。

「うわぁ~けっこう遠いんだけれど・・・」

この時点で帰りのバスの時刻まで約10分くらいしかなかった。


潮岬灯台を望む
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

上の写真は、少し近づいたところ。どー考えても10分で観光するのは不可能だと思ったけれど、とにかく走って向かう。


潮岬灯台バス停の時刻表
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

車道に出て、潮岬灯台バス停に到着した時点で、すでに10時44分くらい。バスの到着時刻は、10時50分だったので、残りわずか6分ほど・・・。

「やばい、とりあえずダッシュで写真だけ撮ってくるか!」

全力ダッシュで灯台方面へ向かう。


潮岬灯台入り口
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

灯台まではバス停から走って2分ほどかかった。

すぐさま、入口で入場料(たしか200円くらい)を払いつつ、たずねてみた。

「ここって灯台を見るだけですよね?」

「灯台の中の資料館と階段を登って展望台へ行くことができますよ」

なんと、灯台があるだけかと思いきや、中にも入れるらしい・・・。


潮岬灯台
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

「ま、まずいな・・・灯台の中を見ていたら確実にバスに間に合わなくなる」

灯台の写真を撮りつつ、頭をフル回転させて灯台に登るかどうかを数秒で判断した。

結論・・・とにかく上りながら考えよう!

全力ダッシュで灯台内の階段を上ったのだけれど、ラストだけなぜか脚立のような急角度で狭い階段になっていて、多少手間取った。


潮岬灯台の展望台から見た景色
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

潮岬灯台からの眺めは、地球の丸さを感じられる開放感あふれる景色でひじょうに気持ち良かった!また、岩場に打ち寄せる波しぶきとエメラルドグリーンの海水とのコントラストが美しかった。

しかし、ゆっくり景色を堪能している暇はなく、わずか30秒ほどで再び階段を下ることに。

下りはじめてすぐ、先ほどの脚立のような急角度の狭い階段で軽いハプニングが!?

「いててて・・・腰が、つるーー!?」

片手に持ったカメラを気遣って、無理な体勢をとってしまい、一瞬、身動きが取れなくなり、腰がつりそうになって、1分ほど時間をロスしてしまった。

後で気付いたんだけれど、この時点ですでに10時50分になっていた・・・。

全力で階段を下り、猛ダッシュでバス停にたどり着いたが、すでにバスの姿はどこにも見えない。「もしかしたら遅れているのかも」と前向きに考え、10分ほど待ってみたが、当然バスは来るはずもなかった。

「間に合わなかったぁ・・・か・・・次のバス、1時間後だよ・・・」

呆然と立ち尽くすとは、まさにこんな時の気持ちなのだろう。

この時のツイート↓潮岬に居るといいつつも実際は、途方にくれていた・・・。
うぇぶかにほん公式ツイッターうぇぶかにほん公式ツイッター @webkajp
ほた:今、こんな所にいます。
潮岬
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT) / posted at 10月5日 10:56


串本町の海岸
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.

Googleマップで串本駅まで歩いて戻るルートと所要時間を検索すると、約1時間ほどだった。バスを待っても到着時間はほとんど同じだろうけれど、せっかくなので町を散策がてら歩いて戻ることに。

上の写真は、途中、道路から見えた海岸の景色。


潮岬西入口交差点
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.

上の写真は、潮岬西入口交差点。行きのバスと同じルートだとこの交差点を右に曲がって国道42号を通るのだが、Googleマップナビだと徒歩の場合は直進となっていたので従うことに。


串本町の住宅地
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.

串本町の住宅地を進む。


串本駅
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.

12時05分頃、無事、串本駅へ到着。かかった時間は約55分くらい。5分後くらいにバスも到着していたが・・・。

上の写真の看板に「トルコ友好の町」って書いてあるけれど、この串本町は、超親日国であるトルコの人々が、親日になった理由の元となった「エルトゥールル号遭難事件」が起こった場所である。できれば紀伊大島にあるトルコ記念館も寄りたかったんだけれど、時間が無理っぽかったので断念した。

づつく

関連外部リンク
潮岬灯台の場所
http://goo.gl/maps/b57DA
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/乗り鉄/降り鉄/駅鉄/撮り鉄/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサード リンク
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation