うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
E-3一人旅Z.D.ED12-60mmF2.8-4.0SWDLUMIX_G20mmF1.7ASPH.E-P3htcEVO3D(ISW12HT)映画DMC-GF1タイドラマ旅(複数)E-M1横浜Z.D.ED50mmF2.0Macro音楽鉄道M.Z.D.ED12-40mmF2.8PRO動画バンコクスマートフォン夜景北海道IE8Z.D.ED50-200mmF2.8-3.5SWDInternet_ExplorerDSC-HX100VCP+Z.D.ED40-150mmF4.0-5.6DIGITAL_HARINEZUMI2富士山Z.D.ED9-18mmF4.0-5.6iPod_touch4thみなとみらいパソコン小豆島神戸PC秋の乗り放題パスウェブパタヤパソコン周辺機器東京スカイツリー宮崎あおいあまちゃん横浜ベイブリッジGirlsAward松山ケンイチM.Z.D.ED12mmF2.0E-M5江口洋介横浜駅白谷雲水峡アユタヤ浅草屋久島浅田真央横浜ランドマークタワー上戸彩Ai_Nikkor50mmf1.4GM1小樽大さん橋礼文島青森ロジクールM.Z.D.14-42mmF3.5-5.6ⅡR函館山下公園イベントコンパニオンE-520M.Z.D.14-42mmF3.5-5.6二俣川駅LS-10WiMAX大洗港四国渋谷土讃線戸田恵梨香松原商店街松田翔太江ノ島トラブル温泉上地雄輔金比羅山阿部寛Nikkor24mmf2.8Ai高松岡津町摩耶山風鈴ワット・アルンノニ藤木直人菅野美穂ポートタワー木村拓哉道後温泉東北本線JRiPad_miniXJAPANATOK西岸駅バックパック登別温泉角島大橋iPhoneAmazon稚内東京駅大部港予讃線シュノーケリング藤原竜也au石原さとみ綾瀬はるか讃岐うどんラン島仲間由紀恵八重の桜DVD妻夫木聡長崎益田駅LEICA_minilux枕崎駅熊本駅中井貴一瑛太松山駅ミニチュア風鹿児島本線佐藤浩市金沢駅キャメロン・ディアスレオナルド・ディカプリオ豊川悦司予土線四万十川窪川駅松山城瀬戸内海双子浦ジョージ・クルーニー汐吹公園エンジェルロード観音寺駅高知城高知五能線平泉オルガ・キュリレンコ阿波池田駅坪尻駅高知駅北海道&東日本パス川奈桂浜はりまや橋スキンダイビング日生港日生駅トレイルランニング蒼井ゆう平塚駅久大本線日の出ソニータイマー金沢八景JR東日本パスはやぶさ新青森iPod_touch4thスマートフォンIKEA夜明駅水戸黄門南京町有吉弘行阿蘇山浜松東伊豆指宿枕崎線秋田水戸駅深津絵里はまなす保土ヶ谷バイパス東北新幹線テレビサムスンXperia秋葉原AdobeiPadAir0.8秒と衝撃。あぶくま駅実験JR磐越西線塔のへつり駅会津若松駅中古車屋兜駅E-M1Z.D.ED50mmF2.0MacroBOSEスポーツジム旭川水着美瑛FC2ブログ共有テンプレートフリー写真素材札幌洞爺湖E-M10ボルボM.Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6EZGoProIE10会津田島駅大川ダム公園駅BLANKEY_JET_CITYスーザン・ボイルRADWIMPS松嶋菜々子上野樹里長谷川博己二俣川サッカーROSEROSEトム・ハンクスジャガーブライアン・セッツァーリゾートしらかみ香里奈観月ありさ東北被災地南会津会津鉄道男鹿高原駅メリケンパーク阿武隈急行線ワット・サケットワット・ポーフワランポーン駅WOLリモートデスクトップ琴平駅谷川岳薩摩高城駅肥後二見駅西大山駅指宿駅水道橋駅三ノ宮駅山陰本線OM-1PEN_FPEN_FT初代PENE-PL5OM-3東京ドーム長野電鉄屋代線香港ミャンマー羽田空港ヘルニアAterm_BL900HWロト7宗谷本線名寄駅三角地帯THE_MAD_CAPSULE_MARKETSDVD-Rパスポート稚内駅博多駅エヴァンゲリオン白馬駅業平橋駅Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6町田駅穴水駅のと鉄道大糸線糸魚川駅宗谷岬黒味岳納沙布岬苫小牧緑園都市駅和倉温泉駅大黒パーキング戸塚駅特牛駅唐津駅EOS-1DX立山黒部アルペンルートREGZA_Phone_T-01C熊ヶ根駅飛鳥Ⅱ海本牧魚津駅Milky_BunnyiOS伊予大洲駅横浜港CRASSしおサイダーBabylon伊万里駅Facebook佐世保駅たびら平戸口駅大村線酒田駅きらきらうえつ山形鳥取砂丘軍艦島南阿蘇鉄道長崎本線羽黒山横浜赤レンガ倉庫女鹿駅角館南部鉄道秋田内陸線土合駅福島駅阿蘇駅赤水駅めがね橋碓氷峠八ツ森駅出雲市駅小幌駅七尾線彦根駅カラビナMAMMUTウィルス米原駅小樽運河いしかりライナーYMOふじ丸初詣きゃりーぱみゅぱみゅ大橋のぞみスパイウェアFM戸塚嘉瀬駅ストーブ列車津軽鉄道東室蘭駅北舟岡駅豊岡駅十和田観光電鉄線上北町駅田儀駅七尾駅宇都宮駅福島郡山駅驫木駅

とりあえずCP+2013は、こんな感じ

2013.01.31 (Thu) 共有


本日2013/1/31(木)から2/3(日)まで横浜は、みなとみらい駅にあるパシフィコ横浜で開催されているカメラと写真映像の情報発信イベントCP+2013(シーピープラス2013)に行ってきた。

写真やカメラが好きな人で、行くことができる場所に住んでいる人は、最新のカメラを触りまくれるので、けっこう楽しめると思う。

詳細↓3分で終わる入場事前登録をしておけば入場無料
CP+2013
CP+2013 公式サイト


ということでとりあえず遠方で行けない人の為に、このイベントがどんな感じか写真をアップしてみる。



OLYMPUS(オリンパス) ブーズはこんな感じ。新しいコンデジのSTYLUS XZ-2、XZ-10、TG-2 Tough押しの展示だった。



TAMRON(タムロン)ブースはこんな感じ。



Panasonic LUMIX(パナソニック・ルミックス)ブースはこんな感じ。発売されたばかりのLUMIX GH3押しの展示だった。



これが、LUMIX GH3。



Nikon(ニコン)ブースはこんな感じ。たしかD600、D800が中心だったような。



お約束、イベントコンパニオンさん、たしかニコン(Nikon)。



Canon(キヤノン)のイベントコンパニオンさん。キャノンは、EOS 6DとEOS Mがメインの展示。



SONY(ソニー)のイベントコンパニオンさん。ソニーはα99とかNEX-7とかすでに発売されているモデルが中心の展示。



PENTAX(ペンタックス)のイベントコンパニオンさん・・・ではなく綾波レイ。ぶら下げているカメラは、もちろんエヴァンゲリオン仕様の「PENTAX Q10 エヴァンゲリオンモデル」。PENTAXはこのQ10押しの展示。

今回も時間がなくてあまり撮れなかったけど、まだあるので、また後で公開します。
では、また

うぇぶかにほんの特集記事でCP+2013の写真を大量にアップ!
≫≫ CP+(シーピープラス)2013潜入レポ
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

ハイパー超次元的存在です。

2013.01.29 (Tue) 共有

BGM
YMO(YELLOW MAGIC ORCHESTRA)
Link to Amazon.co.jp

どーでもいい話なんだけれど、YMO(Yellow Magic Orchestra)の「BGM」っていうアルバムに入っている「U・T/ユーティー」っていう曲の間奏の部分のMCというか三人のやり取りで、何十年も誤って耳コピしていたことに今日、気がついた。

細野晴臣「U・Tという言葉ごぞんじ?」

高橋幸宏「え­ーYTなら知っていますがUTというのは初めて聞きました」

細野晴臣「そう­ですか。じゃ坂本さん、UTというのはどういう意味・・・?」

この次の坂本龍一の部分、ここをずーと

「ハイパー超次元的存在です」

だと思い込んで聞いていたんだけれど、今日、BGMでYMOのこの曲が流れていた時に、ふと本当の歌詞はなんなんだろうと思ってネットで調べてみた。

するとどーやら実際は、

「はい、それ­は超地球的存在です」

もしくは「はい、あー、超地球的存在です」「はい、そいつは超地球的存在です」って言っているんだって。ユーティー (U・T)っていうのは、Ultra-Terrestrialの略で、「超地球的存在」という意味なんだとか。

超地球的存在???

・・・結局、意味わからんけれど、なんかスッキリした(笑)

Youtubeで「Yellow Magic Orchestra U・T BGM」で検索すれば聞けるかも!

なんか好きなんだよねこの曲。

では、また

関連外部リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(2) share

飛鳥Ⅱ

2013.01.25 (Fri) 共有

飛鳥Ⅱ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD


写真は、横浜港で撮影した巨大な外航クルーズ客船『飛鳥II(あすかツー)』。日本籍では、最大の客船なんだとか。

最初の4枚までは、本牧ふ頭の横浜港シンボルタワーから望遠レンズで撮影。去年、衝動買いした望遠の練習もかねて正月に撮ってきたもの。

レンズについては:【止まらない衝動】ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD 購入


飛鳥Ⅱ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD


実際、このようなゴージャスな客船とはまったく縁のない人生を送っているので、あんまり興味はなかったんだけれど、他の船と比べて飛び抜けて美しい船だったよ。


飛鳥Ⅱ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD


しかも周りに居た船と比べて、かなりのばかでかさ!なんと全長241mもある。六本木ヒルズ森タワーが238mなので、大体あのくらいの長さってことである。ちなみに戦艦大和は263m、宇宙戦艦ヤマトが265.8m、ランドマークタワーは296.33mである。


飛鳥Ⅱ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD


ベイブリッジの下を通過する飛鳥2。


飛鳥Ⅱ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD


こちらは、大さん橋に入港した飛鳥II。横の大型トラックと比べてもその巨大さがわかると思う。


飛鳥Ⅱ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD


「飛鳥Ⅱ ASUKAⅡ 横浜 YOKOHAMA」って書いてある。横浜港が母港なんだろうか。


飛鳥Ⅱ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0


マンションのようなバックシャン。


飛鳥Ⅱ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0


一度は、乗ってみたいなー。


飛鳥Ⅱ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0


大さん橋に接岸した状態だと、ホント、マンションのよう。


飛鳥Ⅱ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD


船の巨大さの割に脱出用ボートの数が少ないように感じたけど、気のせいかな?


飛鳥Ⅱ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD


前回の記事「M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 試し撮りパート2」にも飛鳥Ⅱの写真が少しあります。

今度、もう1隻寄港していた「ふじ丸」っていう船の写真もアップ予定。お楽しみに!
では、また
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 試し撮りパート2

2013.01.06 (Sun) 共有

外航クルーズ客船 飛鳥Ⅱ バックシャン(死語)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 / Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

外航クルーズ客船 飛鳥Ⅱ バックシャン(死語)

前回の記事(M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 試し撮りパート1)の続き、港ヨコハマらしい観光地を巡る12mmF2.0の試し撮り写真小旅行~。本牧埠頭から山下公園エリアへ移動してきたよ。

上の写真は、超巨大な豪華客船 飛鳥Ⅱなんだけれど、前回の横浜港シンボルタワーと大桟橋周辺からE-3+50-200mm(望遠レンズ)でも撮影してあるので、また今度まとめて公開する予定。

今回の写真もほとんどF8~F16、絞り優先AE(A)モード、ISO200で撮影。


山下公園でカモメと戯れる人々
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 / Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

山下公園でカモメと戯れる人々

この写真は、ちょっと無駄なスペースが多かったので、左と上をざっくりトリミングしてある。というのも飛んでる鳥を「スナップショットフォーカス機構」を使ってパンフォーカス状態にして適当にシャッター切りまくったうちの一枚だから(笑)。それと日陰でかなり暗かったので現像時にだいぶ暗部を明るくしている関係で多少ノイズが目立つ。


永遠の氷川丸
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 / Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

永遠の氷川丸


ホテルニューグランド
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 / Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

ホテルニューグランド


ホテルニューグランド ニューグランドタワー
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 / Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

ホテルニューグランド ニューグランドタワー


YOKOHAMA WORLD TIME
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 / Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

YOKOHAMA WORLD TIME


HAMA CAFE
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 / Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

HAMA CAFE


赤レンガ倉庫とみなとみらい地区
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 / Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

赤レンガ倉庫とみなとみらい地区


ウォール・シャドウ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 / Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

ウォール・シャドウ


タクシー行列
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 / Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

タクシー行列


外航クルーズ客船 飛鳥Ⅱ トイメンシャン(死語)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 / Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

外航クルーズ客船 飛鳥Ⅱ トイメンシャン(死語)


ソニービル(Sony Building)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 / Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

ソニービル(Sony Building)


Jack Cafe
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 / Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

Jack Cafe


おまけ:ミッキー(ミニチュアダックス)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 / Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

おまけ:ミッキー(ミニチュアダックス)

この写真は、F2.0で撮影。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 評価総括
M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 装着の記事で最初にも書いたんだけれど、
このレンズはやはり・・・
旅先で大活躍まちがいなし!
ホントすばらしいレンズだと思ったよ。

明るい野外では、F8~16で、今回のレビュー写真のような隅々までカリとシャープな風景写真が撮れて、しかもほとんど失敗知らず。また、今回は試し忘れたけれど、おそらく暗めの室内でのお食事写真などは、F2が武器になると思われる。

はっきり言って必要十分だけれど、もし最新のセンサー(Sony製)が搭載されているOM-D E-M5やPEN E-PL5と組み合わせたらどうなるんだろうと想像したらドキドキしてきた(笑)。(※PEN E-P3には、Panasonic製センサーが搭載されている)

やばい、やばすぎる、欲しいぃいいい!止まらない衝動が・・・ヤ・バ・イ!

撮影地
パート1:大黒PA、横浜成田山、横浜港シンボルタワー、本牧ふ頭D突堤
パート2:山下公園、ニューグランドタワー横、大さん橋、大さん橋周辺

飛鳥2やいろんな船の写真を、近日公開予定、お楽しみに!

関連アイテム
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 試し撮りパート1

2013.01.05 (Sat) 共有

大黒パーキングエリア
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

大黒パーキングエリア

前回の記事(M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 装着)でお伝えした通り今回は、お借りした12mmF2.0の試し撮り写真~。

広角寄りのワイドな単焦点レンズは、やっぱ旅写真でしょってことで旅の雰囲気を写すべく車で数時間の小旅行をしてきたよ(地元横浜だけど)。

天気が良かったってのもあるけど、F2.0からの明るい大口径レンズとPENの強力なボディ内手振れ補正で、手持ちでもほとんど失敗はなかった。普通、他機種の単焦点レンズの場合、まず手ぶれ補正が付いていないんだよね。

すべてのレンズで手ぶれ補正が効くというのは、オリンパス機の最大のメリットだと思う。例えば、左手に荷物を持っているような時でも、PENなら片手撮りもできちゃう。ボディ内手ぶれ補正がないパナGF1だと片手だとほとんどブレちゃう。それと一眼レフのE-3だと重くて片手だと構図を維持できない(笑)。

今回はE-3と望遠レンズも持ち歩いたので、かなりの重装備だったけど、もしPENだけだったらどんなに楽かと思ったら、旅にはミラーレス一眼がベストかもなぁーって本気で思ったよ。今年に発売されると噂されるE-5の後継機(E-7?)が、期待ハズレだったら、メイン機をマイクロフォーサーズに移行しようかな(笑)。だってこのハイグレードレンズクラスに関しては、E-3+竹レンズと比べても同等以上の写りだし、はっきり言ってウェブ用途なら必要十分の性能かと。

このレンズはF2.0からだけれど、今回は、風景写真なので、ほとんどF8~F16を使用。すべて絞り優先AE(A)モード、ISO200で撮影。


成田山 横浜別院 延命院からの眺め
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

成田山 横浜別院 延命院からの眺め


横浜港シンボルタワーバス停
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

横浜港シンボルタワーバス停


横浜港シンボルタワー
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

横浜港シンボルタワー


横浜港シンボルタワー展望ラウンジ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

横浜港シンボルタワー展望ラウンジ


横浜港(横浜港シンボルタワー展望室より)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

横浜港(横浜港シンボルタワー展望室より)

シンボルタワーでは、望遠で船の写真も撮ったのでそのうちアップする予定。


本牧埠頭の景色
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

本牧埠頭の景色


もひとつ本牧埠頭の景色
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

もひとつ本牧埠頭の景色


歩道橋と影
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

歩道橋と影

港ヨコハマらしい観光地を巡るM.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 試し撮り小旅行は、パート2に続きます。

お楽しみに!

関連アイテム
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/乗り鉄/降り鉄/駅鉄/撮り鉄/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサード リンク
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation