うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
E-3一人旅Z.D.ED12-60mmF2.8-4.0SWDLUMIX_G20mmF1.7ASPH.E-P3htcEVO3D(ISW12HT)映画DMC-GF1タイドラマ旅(複数)E-M1横浜Z.D.ED50mmF2.0Macro音楽鉄道M.Z.D.ED12-40mmF2.8PRO動画バンコクスマートフォン夜景北海道IE8Z.D.ED50-200mmF2.8-3.5SWDInternet_ExplorerDSC-HX100VCP+Z.D.ED40-150mmF4.0-5.6DIGITAL_HARINEZUMI2富士山Z.D.ED9-18mmF4.0-5.6iPod_touch4thみなとみらいパソコン小豆島神戸PC秋の乗り放題パスウェブパタヤパソコン周辺機器東京スカイツリー宮崎あおいあまちゃん横浜ベイブリッジGirlsAward松山ケンイチM.Z.D.ED12mmF2.0E-M5江口洋介横浜駅白谷雲水峡アユタヤ浅草屋久島浅田真央横浜ランドマークタワー上戸彩Ai_Nikkor50mmf1.4GM1小樽大さん橋礼文島青森ロジクールM.Z.D.14-42mmF3.5-5.6ⅡR函館山下公園イベントコンパニオンE-520M.Z.D.14-42mmF3.5-5.6二俣川駅LS-10WiMAX大洗港四国渋谷土讃線戸田恵梨香松原商店街松田翔太江ノ島トラブル温泉上地雄輔金比羅山阿部寛Nikkor24mmf2.8Ai高松岡津町摩耶山風鈴ワット・アルンノニ藤木直人菅野美穂ポートタワー木村拓哉道後温泉東北本線JRiPad_miniXJAPANATOK西岸駅バックパック登別温泉角島大橋iPhoneAmazon稚内東京駅大部港予讃線シュノーケリング藤原竜也au石原さとみ綾瀬はるか讃岐うどんラン島仲間由紀恵八重の桜DVD妻夫木聡長崎益田駅LEICA_minilux枕崎駅熊本駅中井貴一瑛太松山駅ミニチュア風鹿児島本線佐藤浩市金沢駅キャメロン・ディアスレオナルド・ディカプリオ豊川悦司予土線四万十川窪川駅松山城瀬戸内海双子浦ジョージ・クルーニー汐吹公園エンジェルロード観音寺駅高知城高知五能線平泉オルガ・キュリレンコ阿波池田駅坪尻駅高知駅北海道&東日本パス川奈桂浜はりまや橋スキンダイビング日生港日生駅トレイルランニング蒼井ゆう平塚駅久大本線日の出ソニータイマー金沢八景JR東日本パスはやぶさ新青森iPod_touch4thスマートフォンIKEA夜明駅水戸黄門南京町有吉弘行阿蘇山浜松東伊豆指宿枕崎線秋田水戸駅深津絵里はまなす保土ヶ谷バイパス東北新幹線テレビサムスンXperia秋葉原AdobeiPadAir0.8秒と衝撃。あぶくま駅実験JR磐越西線塔のへつり駅会津若松駅中古車屋兜駅E-M1Z.D.ED50mmF2.0MacroBOSEスポーツジム旭川水着美瑛FC2ブログ共有テンプレートフリー写真素材札幌洞爺湖E-M10ボルボM.Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6EZGoProIE10会津田島駅大川ダム公園駅BLANKEY_JET_CITYスーザン・ボイルRADWIMPS松嶋菜々子上野樹里長谷川博己二俣川サッカーROSEROSEトム・ハンクスジャガーブライアン・セッツァーリゾートしらかみ香里奈観月ありさ東北被災地南会津会津鉄道男鹿高原駅メリケンパーク阿武隈急行線ワット・サケットワット・ポーフワランポーン駅WOLリモートデスクトップ琴平駅谷川岳薩摩高城駅肥後二見駅西大山駅指宿駅水道橋駅三ノ宮駅山陰本線OM-1PEN_FPEN_FT初代PENE-PL5OM-3東京ドーム長野電鉄屋代線香港ミャンマー羽田空港ヘルニアAterm_BL900HWロト7宗谷本線名寄駅三角地帯THE_MAD_CAPSULE_MARKETSDVD-Rパスポート稚内駅博多駅エヴァンゲリオン白馬駅業平橋駅Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6町田駅穴水駅のと鉄道大糸線糸魚川駅宗谷岬黒味岳納沙布岬苫小牧緑園都市駅和倉温泉駅大黒パーキング戸塚駅特牛駅唐津駅EOS-1DX立山黒部アルペンルートREGZA_Phone_T-01C熊ヶ根駅飛鳥Ⅱ海本牧魚津駅Milky_BunnyiOS伊予大洲駅横浜港CRASSしおサイダーBabylon伊万里駅Facebook佐世保駅たびら平戸口駅大村線酒田駅きらきらうえつ山形鳥取砂丘軍艦島南阿蘇鉄道長崎本線羽黒山横浜赤レンガ倉庫女鹿駅角館南部鉄道秋田内陸線土合駅福島駅阿蘇駅赤水駅めがね橋碓氷峠八ツ森駅出雲市駅小幌駅七尾線彦根駅カラビナMAMMUTウィルス米原駅小樽運河いしかりライナーYMOふじ丸初詣きゃりーぱみゅぱみゅ大橋のぞみスパイウェアFM戸塚嘉瀬駅ストーブ列車津軽鉄道東室蘭駅北舟岡駅豊岡駅十和田観光電鉄線上北町駅田儀駅七尾駅宇都宮駅福島郡山駅驫木駅

[Home or Top] ホームとトップページの衝撃の事実

2011.02.28 (Mon) 共有

that's a fact home or top page


最近、驚くべき事実に遭遇した。

それは、ユーザビリティーをチェックするために試験公開中の「うぇぶかにほん」をある人に見てもらっている時におきた。

「これ、どうやってトップに戻るんですか?」

「え!?なんで?戻れない???」

「いや、トップに戻るボタンが見あたらなくて・・・」

「いや普通にタイトルで戻れるけど・・・」

「タイトルってどれですか?」

「へ!?・・・あ、タイトルってサイト名の事、左上のWebka.Jpってやつをクリックすれば・・・」

「あ、ほんどだ!戻れた」

彼はこれまで、仕事で何年もパソコンを触ってきた人である。にもかかわらず、ウェブサイトのサイト名の部分が、世界共通で「最初のページに戻るリンク」となっているという事を知らなかったというのだ。これが、普通の人のウェブサイトの認識なのか・・・私は衝撃を受けた。

「というかホーム(Home)ってボタンがあるんだけど・・・」

「え?ホームってなんなんですか?」

「え!?ホームが何だか知らないの?」

「家の事ですよね?」

「いや、まさか・・・(笑)。ホームというのは、トップページの事、つまりホームとトップページは同じ意味なんだよ」

「へーそうなんですか?今までホームってよく見かけたけど、よくわからなかったから押した事がなかったです」

「どうやってトップに戻ってたの?」

「トップページってあれば、それをクリックしていましたけど、ないときはあきらめてました」

なんと彼は、「トップページ」という表記がトップに戻る唯一の方法で、それ以外の方法を知らなかったというのだ。すでにユーザビリティーのチェック以前の問題となっていたが、これは紛れもない事実だった。

過去にはインターネットに慣れていない一般の人を意識してトップページという表記を使うサイトを作った事もあった。ただ、これだけネットが浸透した今、ホームとトップの違いというか、それが同じ意味だという事がわからない人は、まさかもういないだろうと勝手に思い込んでいて、最近では深く考えず、無意識に「トップページ」より「ホーム」を使う事が多かったのだ。

「ホーム」の方が短くてすっきりしておしゃれな感じがするし、海外では「ホーム」こそがまさに最初のページを指すので、なんとなくインターナショナルな感じがするというのが主な理由だった。

しかし今回、再確認した事実は、「ホーム」か「トップ」かは、ネットに慣れてない人が対象の場合、非常に悩みどころなんだということだった。

一つ目の原因として、日本では、ウェブサイト=ホームページと呼ぶことが多い。だからホームと言うとサイトを連想して、最初のページとは連想されにくい。

そんな日本の状況に合わせて「トップページ」という表記をするウェブサイトが多いのが二つ目の原因だろう。

ちなみにホームページという呼び方を、ウェブサイトもしくはウェブページの意味で使うのは、日本・ドイツ・韓国などの一部の国に限られる現象らしく、アメリカなど英語圏ではホームページと呼ぶと、ブラウザを起動した時やホームボタンを押した時に表示されるスタートページの事か、ウェブサイトの最初のページの事を指す。だから英語圏でホームページと言ってもまったく意味が通じないという。

ネットに慣れた人なら「ホーム」だろうが「Home」だろうが「トップページ」だろうが「TOPページ」だろうが、すべて同じ意味だとわかるし、ページの先頭を指す「ページトップ」と「トップページ」の違いもわかる・・・

ただ悩みどころなのは、実際に彼のようなインターネットに慣れていない人も多数いるということだ。たしかに会話の中では、「トップ」と呼んでしまうことも多いので、ここは万人に受け入れられるサイトを目指すという意味では「トップページ」という表記で統一するのが一番いいのかもしれない。

しかし私は、今後も「ホーム」でいこうと思った。

その理由は単純だった。「home=本拠地」「top=一番上」という意味からなのか、トップというと最初のページよりも、「ページトップ=そのページの先頭」という連想の方が私の中ではどうしても強い。それにやっぱ英語で書いたとき「Top」より「home」の方が国際的でおしゃれな感じがする。

まあ、つまりそれは気分の問題だった。ユーザビリティーより個人的な感覚を優先したのだ。長々と書いたが、結局は、それくらいどうでもいい話ということだった。

では、また
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

カテゴリ7(CAT7)のLANケーブルに変更してみた

2011.02.23 (Wed) 共有

CAT7LANケーブルの写真
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD


去年書いた[【フレッツ光ネクスト】ルーターの接続を変えたら爆速になった!]という記事で、ぞうさんさんという方にコメントいただいた内容で、

・光電話ルーターに繋いでるケーブルはギガビット対応ですか?
・PCのNICはギガビット対応ですか?

というのがありまして、ぞうさんさんの家では、上記要因を解消すると上下150Mbpsくらい出ているとの事を教えていたきました。

上下150Mbpsと・・・!な、なにぃいいいいいいいい!という事で、だいぶ前から気になっていたので、今回はその辺りを調べてみた。

まずパソコン側のネットワークインタフェースカード(Network Interface Card、略称:NIC、いわゆるLANカード)から調べてみた。私のPCは、マザーボード上にNICが組み込まれているオンボードタイプだった。ちなみにメインPCのマザーボードは、ASUSの「P5B Deluxe」という製品。マザーボードの箱に説明が書いてあるので、LANの項目を読むと、『Dual Gigabit LAN 1000M』と書いてある。つまりNICは、ギガビット対応であった。

次にLANケーブルのカテゴリ番号をケーブル表面の文字から探してみた。カテゴリとは、簡単に言うとLANケーブルの規格の事で、単純に数字が大きいほど最大伝送速度が多くなる。それで、使っていたLANケーブルのカテゴリ番号ですが、なぜか書いてなかった。別のPCにつないであるLANケーブルには、「CAT5+」と書いてある。「ん、カテゴリ5+ってなんだ!?」カテゴリ5eという規格はあったが、なぜかカテゴリ5+というのは調べてもなんだかよくわからなかった。

結局、LANケーブルの正確なカテゴリ番号は、わからなかったので、現在最速といわれる10ギガビット対応のカテゴリ7(CAT7)のLANケーブルをアマゾンで購入してみた。ちなみに10ギガビッドというのは・・・計算すると約10000メガビットという事になる。「1万メガビット!?」完全にオーバースペックだったが、まあ、未来永劫使うつもりでポチッ!


CAT7LANケーブルの写真
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD


ちなみに今回購入したLANケーブルは下記
SANWA SUPPLY カテゴリ7LANケーブル0.6m KB-T7-006WR(上の写真左)
SANWA SUPPLY カテゴリ7LANケーブル0.6m KB-T7-006NV(上の写真右)

パソコン2台分で、2300円くらい。2つの違いはケーブルの色。ブルーとワインレッドのケーブルに金メッキのプラグが高級感を演出していて、ああ、高級なLANケーブルを手に入れたという満足感を与えてくれる(笑)。しかもこのケーブルは、20㎝、40㎝、60㎝という短い長さでも売っているのがいい~、基本的にルーターとパソコンって隣り合っているので、長いケーブルだと余ってしまってじゃまなんですよねぇ~。

さて、CAT7のケーブルをつないでから、ネットを表示させてみた感想は・・・「ん、特に変わらないような・・・」うーん、残念ながら体感できるような違いは感じられなかった。そして、いつものスピードテストで計測してみる事に・・・

前回テストした時は・・・下記だった。

下り受信速度: 91Mbps(91.2Mbps,11.4MByte/s)
上り送信速度: 61Mbps(61.7Mbps,7.71MByte/s)

そして、再び期待に胸を膨らませ、再測定!

下り受信速度: 90Mbps(90.0Mbps,11.2MByte/s)
上り送信速度: 62Mbps(62.1Mbps,7.76MByte/s)


あれっ・・・変わらない・・・ガクーリorz

まあCAT7のLANケーブル自体はオーバースペックなのであまり期待していなかったが、結局のところ元々使っていたLANケーブル自体もおそらくCAT5以上だったという事なのだろう。

うーん、なんか悔しい・・・とても悔しい・・・ので、禁断のソフトに手を出してみた。速度を計測したスピードテストさんがおすすめしているRWin設定を変更するソフトだ。RWinとは、簡単に言うとサーバーから一度にまとめて送ってもらいたいデータの量らしい。WindowsXPのデフォルト(初期値)だと光ファイバーの回線速度に対応しきれないということらしい。

詳しくは[速度向上のポイント]で

まあ、この手のソフトでパソコンの設定を変更すると、パソコンの調子が悪くなる事が過去に多々あったので、あまり気がすすまなかったが、今回は悔しさにまかせて試してみた。もしこの記事を読んで試してみようという方は自己責任でお願いします。

さてRWin設定ツール「Dr.TCP」をダウンロード~インストール~起動し、設定方法通りに「光ファイバ(100Mbps)サービスでの地方別RWin推奨値131070」を入力して、WindowsXPを再起動した。

そして、再びスピードテストで測定・・・しかし、今回もほとんど変わらない・・・orz

「ん!」よく読むと「光ファイバ(100Mbps)サービスでの地方別RWin推奨値」となっている。フレッツ光ネクストハイスピードタイプは最大200Mbpsなので、理論上は、倍の数値が必要なのかもという事で、今度はフレッツ光ネクストハイスピードの推奨値とネット上で言われていた260176を入力して再起動し再計測・・・

結果は・・・

下り受信速度: 90Mbps(90.7Mbps,11.3MByte/s)
上り送信速度: 70Mbps(70.8Mbps,8.85MByte/s)

おおお、上り(アップロード速度)が、ちょっとだけ速度アップした。まあ、速度はパソコンの性能にも左右されるらしいので、上り最大100Mbpsに対してこれだけの速度が出ていれば上りはOKだ。しかし下りは結局のところ速度アップする事はできなかった。

今回の実験の結論としては、非常に悔しいですが私のパソコンとネット環境では、90Mbps前後が限界っぽい。しかし、今回、いろいろと調べてみるとたしかに環境によっては100Mbps超の速度を実現させている方が多数いるという事がわった。それとKDDIの「auひかり(ギガ得プラン)」とかは、最大1Gbps(1000Mbps)というNTTの5倍もの超高速回線を提供しているという事もわかった。KDDIって光ファイバーの回線業者もやっていたんだと思ったら、東京電力とパワードコムの光ファイバー通信事業を譲り受けて、東京電力が持つ光ファイバー網を利用するようになったらしい。

しかし、なんだよNTT・・・。天下のNTTが、auより遅いってどうゆう事なんだか・・・早くなんとかしてほしいもんだ。

余談ですが、テレビでやたらと意味不明なCMを流していたソフトバンクの「光の道」ですが、なんとソフトバンクは光ファイバーの回線業者ではなかったんですね・・・あれだけ光の道なる持論を展開しているからてっきり光ファイバー回線業者だと思っていましたが・・・。
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(2) share

「うぇぶかにほん」というサイトを作りました

2011.02.17 (Thu) 共有


何回かこのブログを見ていただいている方は、ブログのデザインが変わって一番上になんか別の名称が入ってる・・・と気づかれたと思いますが、本日よりこのブログは、駅と旅のガイド「うぇぶかにほん(Webka.jp)」のコンテンツの一部になりました。

「うぇぶかにほん」とは何かと言うと、私と運営パートナー なかはら との出会いにより生まれた新しいウェブサイトでして、これまでインターネット上でありそうでなかった駅と旅に特化したガイドブックのようなサイトになります。

ここ2か月間くらい、このサイトを一般公開すべく、ひたすらトライアル アンド エラーを繰り返してきました。さすがに他の仕事をしながら、このサイトも作るのは超ハードでした。ここ1か月くらいは、犬の散歩以外の外出はほぼしてなくて、睡眠時間も激減・・・。なんとかシステムと全体の形が整ったので、とりあえずβ版(試験版のこと)って事でやっとこさ公開する事ができたのでした。と言ってもまだ試験的な公開ですので、準備中のページだらけですが・・・。それに、いろいろと不具合があるかもしれません・・・。

どうして、この「うぇぶかにほん」を作っているかと言うと、まあ、簡単に言ってしまえば、「鉄道旅の魅力にハマってしまった」というのが正直なところです(笑)。「青春18きっぷ」や「北海道&東日本パス」のJRとくとく切符で日本を列車で旅して、その楽しさにハマってしまったのです。と同時にインターネット上で、「うぇぶかにほん」のような駅に特化した情報源がとても少ないという事に気がつきました。

どうやら鉄道による移動そのものを楽しむという旅のスタイル、いわゆる「乗り鉄(ないしは「旅鉄」)という旅のジャンルは、あまり世間一般的には人気が低いようなのです。であるならばなおさら鉄道旅行の魅力をもっと多くの人に伝えたいと思うようになり、それと同時に私自身も「乗り鉄」という生き方を極めてみたいと思うようになりました。とは言っても実際日本中を旅行している暇もなければ金もないという事で、ならば、おもいきってそれを仕事にしてしまえー!
と・・・・・・・・。

そのような想いのカタチがこの「うぇぶかにほん」なのです。

ただ、鉄道と旅と言っても実際に「うぇぶかにほん」では、ごく身近な普通の駅も小さな旅の舞台という形でクローズアップしていきますので、旅に限られずに駅周辺の地域情報を調べる上でとっても便利なサイトになる予定です。

このブログは、いままで通り、私の超個人的なブログとして更新していきますが、今後「うぇぶかにほん」の活動もちょくちょく紹介していきますので、よろしくお願いします。

現在、東急東横線の妙蓮寺駅~白楽駅~東白楽駅周辺の情報をアップ中です。
 ≫≫うぇぶかにほん(Webka.jp)
 ≫≫うぇぶかにほん公式ツイッター
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

無料OS「Ubuntu」をインストール

2011.02.04 (Fri) 共有

Ubuntu
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材不可)


昨日の記事(恐怖の「unknown hard error」)の続きです。

WindowsXPのリカバリーディスクを捨ててしまったというPCに無料のOSを入れる事にしました。今回、選んだOSは使いやすいと評判のLinuxベースのOS「Ubuntu」、ウブンツと読むようです。DELLやシャープのPCに標準搭載されたという実績が決め手になりました。まずは、Ubuntu日本語サイトで「Ubuntuデスクトップ版日本語Rimixイメージ」をダウンロードします。

 ≫≫Ubuntuの入手
 ≫≫日本語 Remix CDのダウンロード
 ≫≫ubuntu-ja-10.10-desktop-i386.iso(CDイメージ)

次にダウンロードした拡張子が「iso」のファイルをCD-R(W)に書き込みます。

 ≫≫ISOイメージをCD-R(W)に書き込むには

これで、「Ubuntu」のインストールディスクが完成しました。

次に、ノートパソコンのBIOSの設定を CD-ROM ドライブから優先的に起動するように設定しました。BIOSの画面を開くには、電源ボタンを押してすぐに出てくる画面で素早く「F2」キーをクリック(DELLのパソコンの場合、パソコンによってボタンが変わる場合があります)します。BIOS画面は基本的に「矢印キー」「Enterボタン」「スペースバー」で操作します。

コンピュータは、Boot Sequence(ブート シーケンス)で指定したデバイスからの起動を試みますので、矢印キーで「Boot Sequence」を選択してEnterを押し、デバイスリストから、「CD Drive」以外をスペースバーで無効にしていき「CD Drive」を1番に変更する。

これで準備OKです。

ディスクドライブに 「Ubuntu」のインストールディスクを挿入して起動~!「ガーガーガガガガガガガ」とディスクドライブが勢いのいい音を鳴らして読み込みはじめました。しばらく待つと上の写真のような画面になって、日本語を選択して、「Ubunntuをインストール」というボタンをクリック!そして、いくつかの選択画面と入力の後、いよいよインストールがはじまりました。今回は、「ディスク全体を削除してから使用する」というメニューを選んだので、けっこう時間がかかりましたが、無事インストールが完了!

さて、無料OS「Ubuntu」ですが、まだちょっと触っただけですが、とても無料とは思えないほどの完成度の高さですねー、いやーこれは素晴らしいです。しかも画面のデザインも非常にシンプルかつ洗練されています。しかも基本的なアプリケーションは一通り入っていて、とりあえずWindowsで出来る事はほとんど出来そうです。しかも起動もシャットダウンもけっこう速いですねー、うーんネットとメールがメインの使い方ならこのUbuntuで必要十分かもです。

なかなか、良い無料OSを発見したかもです。中古で安いOS無しのノートパソコン買ってきて、Ubuntuをインストールするってのも有りかもですね。
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

恐怖の「unknown hard error」

2011.02.02 (Wed) 共有

玄人志向 2.5型HDDケース IDE/SATA接続 USB2.0対応 ブラック GW2.5AV-PSU
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材不可)


うちの母親が使っているノートパソコンがおかしいので見てくれと言われて、見てみるとブルーの背景に白文字で「Unknown Hard Error」の画面が・・・これはもしや・・・WindowsXPが逝っちゃった?

何度、起動し直してもやはり「unknown hard error」と・・・やっぱ、ダメだ、完全にOSが破損している!しょうがないので、アマゾンで2.5インチハードディスク用のHDDケースを購入し、とりあえずデータの救出とWindowsXPの修復を試みる事に。ちなみに今回購入したHDDケースは、「玄人志向 2.5型HDDケース IDE/SATA接続 USB2.0対応 ブラック GW2.5AV-PSU」という製品(上の写真)で、1,479円でした。ノートパソコンのハードディスクのインターフェースはIDEでしたがこの製品は、SATAと両方対応なので、後々も何かに使えそうです。

それで、ノートパソコンからハードディスクを取り出し、HDDケースに挿入して、私のPCにUSBで繋いでみました。すると・・・やったーハードディスク内のデータにアクセス出来た!まずはデータのバックアップを取ってすべて救出成功!

次に、ダメ元で、chkdskコマンドでエラーの修復を試みてみました。
詳しくは下記サイトに載っていました。

 ≫≫unknown hard errorの対応、復帰方法。(Windows XP編)

チェックが終了し、いくつかの箇所が修復されたようなメッセージが・・・これはもしや・・・

ハードディスクをノートパソコンへ戻して、起動ボタンを・・・しかし無情にもまた「unknown hard error」が・・・まあ、もうデータを救出してあるので、WindowsXPを再インストールすればいいかと・・・

しかし、ここで重大な問題が発生!!!

なんと、PCにとって命とも言えるWindowsXPのリカバリーディスクを捨ててしまったというのです!

そんな、バカな・・・

さて、どうしたもんか・・・こうなったらフリーのOS入れるしかないか・・・どうせインターネットしかしないんだし、しかも同じサイトをひたすら見ているだけだし・・・という事で、次回は、フリーのOSをインストールしてみます。
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/乗り鉄/降り鉄/駅鉄/撮り鉄/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
スポンサード リンク
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation