うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ海外の旅映画デジタルガジェットPANASONIC動画ありPCトラブル北海道音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ神戸ソフト&アプリSONY九州小豆島NIKON夜景SEIKO旅(複数)PCパソコンGirlsAward鉄道フィルムカメラウェブあまちゃんスマートフォン撮影道具浅田真央アメリカ白谷雲水峡屋久島四国iPod_touch4thパソコン周辺機器E-520ロジクール台湾土讃線RICHO-PENTAX金比羅山終わらない断捨離の記録アユタヤ讃岐うどんXJAPAN浅草バックパック香港道後温泉予讃線高松WiMAX江ノ島風鈴横浜駅ノニ大洗港動画グラム単位の軽量化CANONLEICA礼文島FUJIFILMキャメロン・ディアス摩耶山松山駅ミニチュア風大部港小樽ポートタワー窪川駅高知城日生港双子浦観音寺駅瀬戸内海南京町予土線松山城四万十川高知浜松エンジェルロード日生駅富士山東北メリケンパーク戸田恵梨香藤木直人中古車屋フリー写真素材水着スポーツジム実験阿部寛坪尻駅阿波池田駅高知駅はりまや橋琴平駅ジャガー二俣川サッカーテレビ桂浜東北本線レオナルド・ディカプリオ豊川悦司ジョージ・クルーニーオルガ・キュリレンコ仲間由紀恵ROSEROSEトム・ハンクスiPod_touch4thスマートフォンはまなす中井貴一伊予大洲駅東京ドーム函館いしかりライナー保土ヶ谷バイパス小樽運河ブライアン・セッツァースーザン・ボイルあぶくま駅兜駅塔のへつり駅秋の乗り放題パスGoProCOSINAミャンマー会津田島駅大川ダム公園駅被災地阿武隈急行線RADWIMPS南会津会津鉄道八重の桜男鹿高原駅水道橋駅LS-10汐吹公園東伊豆シュノーケリング川奈スキンダイビング平泉北海道&東日本パス東京スカイツリー新青森水戸黄門水戸駅東京駅トレイルランニングJR東日本パス東北新幹線はやぶさ福島駅八ツ森駅稚内駅名寄駅宗谷本線三ノ宮駅二俣川駅Milky_Bunny熊ヶ根駅YMOきゃりーぱみゅぱみゅJRしおサイダーハワイMAMMUT角島大橋カラビナ青森

横浜ベイブリッジと大桟橋埠頭

2010.07.28 (Wed) 共有

横浜ベイブリッジ
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件

横浜ベイブリッジ
DMC-GF1+パンケーキレンズ(LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.)、F8.0 1/400 ISO100

今回は、横浜港大さん橋国際客船ターミナル(大桟橋埠頭)で撮影した写真です。

カメラはパナソニックLUMIX DMC-GF1、このカメラ最高です!

正直、私のような素人には、これだけ綺麗に撮れれば十分です。

※画像をクリックすると拡大


大さん橋の入口
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件

大さん橋の入口
DMC-GF1+パンケーキレンズ(LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.)、F5.6 1/1250 ISO100

最近やっとGF1に付属していたRAW現像ソフト「SILKYPIX Developer Studio 3.0 SE」の使い方が分かってきたので、今回は細かく調整してみました。なにげにこのSILKYPIX凄いですね。普通撮ってそのままだとちょっと眠たい感じの写真になるのですが、ちょこっといじったら目の覚めるようような鮮やかな写真にする事ができました。いやRAW現像ソフトももっと使いこなしてみたいと思いましたね。


大さん橋の屋上ウッドデッキの中間地点辺り
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件

大さん橋の屋上ウッドデッキの中間地点辺り
DMC-GF1+パンケーキレンズ(LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.)、F8.0 1/800 ISO100

写真で見るとそんなに感じませんが、この大桟橋はかなり広いです。横浜港と言えば大桟橋というほど横浜港の象徴的な場所ではありますが、昔の横浜の人はたぶんあまり行かない場所です。大桟橋屋上のフリースペースは通称「くじらのせなか」と言うらしいです。というかこの新しい大桟橋ってたぶん10年くらい前くらいからこうなっていたと思うのですが、前はこんなんじゃなかったけど、どんな感じだったっけ?いやホント昔はほどんど行くことの無い場所だったので、完全に記憶が無いです。


大さん橋の屋上広場辺りからウッドデッキと空を見上げる
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材:不可)


大さん橋の屋上広場辺りからウッドデッキと空を見上げる
DMC-GF1+パンケーキレンズ(LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.)、F8.0 1/500 ISO100

しかしこの屋上のデザイン、めっちゃ凝っていて、被写体としては最高ですね!


大さん橋の屋外イベント広場の脇
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件

大さん橋の屋外イベント広場の脇
DMC-GF1+パンケーキレンズ(LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.)、F8.0 1/320 ISO100

360度、横浜港の大パノラマ超気持ちいい!

左には赤レンガ倉庫とみなとみらい、右にはベイブリッジと大黒ふ頭や山下埠頭、前には風力発電のプロペラが見え、後ろには山下公園とマリンタワー・・・

なにげにここの景色は横浜でトップクラスの良さじゃないかと思った。


山下公園、氷川丸、マリンタワーを望む
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件

山下公園、氷川丸、マリンタワーを望む
DMC-GF1+パンケーキレンズ(LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.)、F8.0 1/500 ISO100

今の横浜観光は、みなとみらいに行くパターンが多いと思いますが、昔は横浜と言えば山下公園と山下公園通りでした。本来の横浜らしい雰囲気が今でも体験できる場所です。


大さん橋屋上デッキ
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件

大さん橋屋上デッキは「くじらの背中」と呼ばれているらしい
DMC-GF1+パンケーキレンズ(LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.)、F8.0 1/800 ISO100

こんなに眺めの綺麗な観光スポットの割には、観光客は少ない・・・というか人もあまり居ない・・・なにげに穴場かも、今度、夜景も撮りにいこうと思いましたね~


大桟橋の先端近くから横浜ベイブリッジを望む
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件

大桟橋の先端近くから横浜ベイブリッジを望む
DMC-GF1+パンケーキレンズ(LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.)、F8.0 1/800 ISO100

しかも、この日は天気がホント良かった、かなり暑かったですけどね。スカッとした快晴時のベイブリッジを前から撮りたくて、空見て「今日だ」と思い立って、この大桟橋に向かった訳です。


大桟橋の2階ロビーに展示してあった帆船の模型
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件

大桟橋の2階ロビーに展示してあった帆船の模型
DMC-GF1+パンケーキレンズ(LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.)、F5.6 1/80 ISO100

屋上は「くじらのせなか」ですが2階の室内は「くじらのおなか」と呼ばれるらしいです。たしかに鯨のお腹のように柱が無いガラーンとした空間になってました。

ではまた。

関連外部リンク
横浜港大さん橋国際客船ターミナル
http://www.osanbashi.com/
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(1) share

犬は暑いと散歩に行きたがらない

2010.07.25 (Sun) 共有

ミニチュアダックス
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件
Camera:Panasonic LUMIX GF1 + Lens:LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.

上の写真はGF1とパンケーキレンズの組み合わせで撮影

ここ連日の猛暑によりうちのミッキーはすっかりクーラーの下でダラダラしています。

夕方、日が落ちてから散歩に行こうと言っても、玄関を出た瞬間から表の暑さを敏感に感じたのか散歩に行きたがらなくなります。

無理矢理、引っ張って行かせようとしますが、家から遠くへは行こうとしません。

夏が来る前はあれほど好きだった散歩も、夏は大嫌いになってしまうのです。

ミニチュアダックスフンドはドイツなど比較的涼しいエリアの出身だから暑さに弱いと言いますが・・・

だからか夕方でもちょっと走ると口を開けてハァハァしています。

犬は人間と違って汗をかいて体温を調整出来ない上に、毛皮をまとっている訳ですから、人間が涼しいと感じる夕方でもまだ暑いのかもしれませんね。
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

LUMIX DMC-GF1 望遠ズームレンズ試し撮り写真

2010.07.22 (Thu) 共有

横浜中華街の路地
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件

横浜中華街の路地

以前の記事(GF1にフォーサーズマウントアダプター「MMF-2」を装着)で、紹介したオリンパスの望遠ズームレンズ「ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6」をマウントアダプターでDMC-GF1に装着した組み合わせの試し撮り写真です。

画像をクリックで1024×768の大きなサイズで見れますので、ぜひ拡大してご覧下さい。


小川の石の上でたたずむカモ
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件

小川の石の上でたたずむカモ


上を見上げる雀
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件

上を見上げる雀


昼間の月
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件

昼間の月


横浜みなとみらい日本丸メモリアルパークの銅像
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件

横浜みなとみらい日本丸メモリアルパークの銅像


よこはまコスモワールドのキッズカーニバルゾーンから見た海と船
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件

よこはまコスモワールドのキッズカーニバルゾーンから見た海と船


横浜港内クルーズ船「ゆめはま」
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件

横浜港内クルーズ船「ゆめはま」


シーバスのMM21・ぷかり桟橋乗り場の近くから見た海と船
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件

シーバスのMM21・ぷかり桟橋乗り場の近くから見た海と船

いかがでしょうか?GF1とオリンパスの望遠レンズの組み合わせ、かなり綺麗な写真が撮れます。ただ今回はほどんど手持ち撮影でしたので、けっこうブレて失敗した写真がありました。やはり望遠の場合は手ブレ補正が欲しいと思いました。

また、今度は横浜ベイブリッジの写真を紹介しますね。
では、また。
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

店員の態度の悪い回転寿司屋

2010.07.21 (Wed) 共有
昨日、横浜駅に行くことがあったので帰りに夕食にと回転寿司に行きました。

店名はもう忘れましたが、横浜駅にある古くさい店構えの回転寿司屋さんです。

おっさん一人でも入りやすい回転寿司はお試しでよく利用します。

基本的に店員の態度が「良い」回転寿司屋さんはけっこう少ないとは思いますが、態度が「悪い」回転寿司屋さんはもちろん飲食店全般的にも最近は皆無ではないかという印象で、気分が悪くなるというのはほどんど無かったのですが、このお店の店員の接客態度は最悪と言ってもいいくらい失礼でした。

入店してまず店員に座る席を指定されました。しかも奥が空いているのにわざわざ一つだけ空いていた客と客に挟まれた狭苦しい席に座らされたのです。このような自分の印象として悪い席や入口近くの末席などに半強制的に座らされるとまるで自分が一見だから適当に扱われているのかと思いいい気分がしません。まあ店が混んでいればしょうがないですが、その時は丁度半分くらい席が埋まっているといった感じでした。

私の経験上、このような店員は客の気持ちや立場を全く考えずに仕事をしているようなケースが多いと思いますし、その店の上司がそのような教育が出来ない、客の気持ちがわからない人の可能性が高いと思われます。

よくいう言葉で言えば、「目配り、気配り、心配り」を教育されていないという事です。

これではお店も不幸ですが、そこで働く店員さんも不幸です。

まあ、席の件では、実際はそれほど気分は悪くなっていなかったのですが(笑)、その後の周りの客に対する職人さんの接客を見聞きして、いやな予感がしました。

なんというか態度が上から目線でえらそうなのです。

そして、なんと、私が頼んだスシがなかなか来ない・・・自分が頼んだスシより後に頼んだ他の客のスシが出てきた時、これは忘れてると思って、しょうがないのでもう一度同じ物を頼みました。

すると、オーダーを受けて返事をした職人が、はっと思い出したように、「ああ注文受けてましたね。すみませんねぇ~」と笑いながら軽く謝ってきました。

私はこれまでの仕事柄、人間心理学をかなり学びましたが、笑いながら謝罪するという行為は、相手の事を軽く見ているという事でして、本来接客において絶対にしてはいけない謝罪の方法です。

客のオーダーを忘れるという事自体、客からしてみれば最悪の気持ちになりつつある状態なのに、まるで火に油を注ぐような接客態度になります。

まあ、回転寿司屋でオーダーを忘れるという事はよくある事ですが、その場合、普通は「申し訳ございません。すぐにお出しします」「どうもすみません。すぐにお作りします」というような返事が来ます。

その時は、たぶん顔に出ていたとは思いますが、まあ、謝ってるんだしと気持ちを押さえて、ビールをグビっと・・・まあ、ネタは普通です。良くも悪くも無いという感じでした。

本来は礼儀正しくて愛想がいい職人さんだと、普通のネタも旨いと感じるもんだが、周りの客を見渡しても、私と同じでなんかそれほど旨そうに食っていない・・・そりゃそーだろーなー職人の態度がとにかく悪い訳なんだから・・・

まあ昔からの職人気質の店はそんな所もけっこうありますが、基本的に私は嫌いなタイプの店です。

しかも最悪なのは回転寿司という看板だったのに、スシがまったく回っていない(笑)!

つまり、どんなに嫌な気分でも態度の悪い店員に毎回注文しないと食べれないというこの理不尽さ!

いつもだったら10皿くらいはイケるのに、その店では、6皿くらいでもういいやって感じになりました。

極めつけは、お会計のレジを打っていたたぶん店長と思われる人の態度、超やる気無い雰囲気で、お金受け取っても笑顔はもちろん挨拶も無し・・・まるでもう二度と来ないでくれと言われているような態度・・・意味わかりません。

総合的に良くない回転寿司屋さんでしたので、もう二度と行くことは無いと思います。


ちなみに私がよく行く回転寿司屋さんでオススメなのは日ノ出町駅(伊勢佐木長者町駅も最寄り)にある「助六寿司」です。伊勢佐木町の寿司と言えばここと言うほどの老舗です。

店名:助六寿司
場所:横浜市中区長者町七丁目のかに道楽の向かい側

回転寿司としてはネタはハッキリ言ってかなり良くてとても旨い、しかも安い、チェーン店みたいにネタは大きくないですが、その分、質で勝負という感じの店です。

私はかれこれ20年近く通っています。

そして、なんとこの店、深夜でも営業しているのです。
深夜にちょこっと美味しい物を食べたい時などわざわざ車で食べにいく事もあります。

いつ行っても寿司の味もかにの味噌汁の味も同じなのも最高です。
この店は絶対に裏切らないです。

こじんまりした店ですが、とても入りやすくて、職人さんも愛想良くて気軽に注文できる雰囲気です。
できればランチとかディナータイムだとサービス皿があってめっちゃお得なので、その時間を狙って行ってもらうとさらに満足度は高くなります。

一度食べれば、しばらくすると、必ずまた行きたくなる、そんな忘れられない味です。

近くに住んでいたらたぶん週1~3回位は確実に行ってしまうと思います。

横浜の隠れた名店です。
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(2) share

夏の夕焼け空

2010.07.20 (Tue) 共有

夕焼け空
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件


写真は今日の夕焼け空です。

夕焼け空を見るとなんでかホッとします。

今まさに自分はこの綺麗な景色の下で今日も生きているぅ~って思って幸せな気持ちになるのです。

しかし、いつも写真を見て思うのは、この綺麗な夕焼け空を実物大でお見せ出来ない歯がゆさです。

写真やテレビの映像の限界を感じます(笑)。

よく旅行いかなくてもテレビで世界中の景色が見れるじゃんという人がいますが、

実際、目の前で見る景色や音は、当たり前ですがリアルです。

いや、まったく別物です。


夕焼け空
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件


夕焼け空と街灯りのコラボが特に好きです。

なんか自分もこの今という世界に現在進行形で関わっているというあたりまえの事を思い出させてくれます。

そしてみんな多かれ少なかれ関わりながら生きているんだ、一人で生きているんじゃないんだ、と壮大な気分に浸るのです。

人間に生まれてきて良かった!


二俣川
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件


おっさんの妄想でした。

で、今回の3枚は、GF1とM.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6の組み合わせで撮影しました。

ちなみに撮影した場所は二俣川駅です。
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
スポンサード リンク
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation