うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ海外の旅映画デジタルガジェットPANASONIC動画ありPCトラブル北海道音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ神戸ソフト&アプリSONY九州小豆島NIKON夜景SEIKO旅(複数)PCパソコンGirlsAward鉄道フィルムカメラウェブあまちゃんスマートフォン撮影道具浅田真央アメリカ白谷雲水峡屋久島四国iPod_touch4thパソコン周辺機器E-520ロジクール台湾土讃線RICHO-PENTAX金比羅山終わらない断捨離の記録アユタヤ讃岐うどんXJAPAN浅草バックパック香港道後温泉予讃線高松WiMAX江ノ島風鈴横浜駅ノニ大洗港動画グラム単位の軽量化CANONLEICA礼文島FUJIFILMキャメロン・ディアス摩耶山松山駅ミニチュア風大部港小樽ポートタワー窪川駅高知城日生港双子浦観音寺駅瀬戸内海南京町予土線松山城四万十川高知浜松エンジェルロード日生駅富士山東北メリケンパーク戸田恵梨香藤木直人中古車屋フリー写真素材水着スポーツジム実験阿部寛坪尻駅阿波池田駅高知駅はりまや橋琴平駅ジャガー二俣川サッカーテレビ桂浜東北本線レオナルド・ディカプリオ豊川悦司ジョージ・クルーニーオルガ・キュリレンコ仲間由紀恵ROSEROSEトム・ハンクスiPod_touch4thスマートフォンはまなす中井貴一伊予大洲駅東京ドーム函館いしかりライナー保土ヶ谷バイパス小樽運河ブライアン・セッツァースーザン・ボイルあぶくま駅兜駅塔のへつり駅秋の乗り放題パスGoProCOSINAミャンマー会津田島駅大川ダム公園駅被災地阿武隈急行線RADWIMPS南会津会津鉄道八重の桜男鹿高原駅水道橋駅LS-10汐吹公園東伊豆シュノーケリング川奈スキンダイビング平泉北海道&東日本パス東京スカイツリー新青森水戸黄門水戸駅東京駅トレイルランニングJR東日本パス東北新幹線はやぶさ福島駅八ツ森駅稚内駅名寄駅宗谷本線三ノ宮駅二俣川駅Milky_Bunny熊ヶ根駅YMOきゃりーぱみゅぱみゅJRしおサイダーハワイMAMMUT角島大橋カラビナ青森

映画「天然コケッコー」、初恋のドキドキ感と田舎のゆったり感

2008.12.30 (Tue) 共有
「天然コケッコー」という夏帆・岡田将生・出演の映画を見ました。

最近、田舎チックな景色にハマっているのと、

映画の評価が良かったのでなんとなくレンタルしてみたのですが、

結論としては、思ってた以上にとても良い映画でした。

主演の夏帆って子の作品は見たことなかったのですが、想像していた以上に上手かったです。

純朴でほのぼのした雰囲気と方言のしゃべり方が、とても良く、また新鮮でした。

映像的にも、田舎の景色や音、そしてゆっくりとした感じが、とても癒されます。

田舎で育った中学2年生の主人公の女の子と、東京から転向して来た男の子が中心に展開する、

いわゆる初恋・青春ラブストーリーです。

誰もが一度は経験する、懐かしい初恋の甘酸っぱいドキドキ感を思い出させてくれます。

この映画の素晴らしいところは、役者さんが全員、演技っぽくないんですよ!

だから、セリフがちょっと聞きとりずらいんですが、でもね、すごく自然体でホントいい!

ああ、こうゆう映画もありなんだ!

映画って奥が深いなっと感じる作品でした。

天然コケッコー
天然コケッコー [DVD]
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

長者町の夜景

2008.12.23 (Tue) 共有


写真は横浜市中区の長者町辺りの夜景です。

このエリアは、なぜか横浜で一番、行くことが多い場所です。

もう、ずーと昔から、この辺りで遊んでいるので、すごく落ち着くエリアです。

なじみが無い人には、めっちゃ怖い感じの街に感じるかもしれません。

でも、この辺りはホント安くて美味しい店とかも沢山あって、

お洒落な街じゃないけど、とにかく、横浜の裏の顔が楽しめる場所なんです。

そう、観光ガイドには載っていない裏横浜ですよ~

この辺りの正確な町名と地図(Googleマップより)
日ノ出町・長者町・福富町・若葉町・伊勢崎町・曙町
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(1) share

ドラマ「イノセント・ラヴ」最終回(第10話)、ハーピーエンドで良かった!

2008.12.22 (Mon) 共有


さっき、ドラマ「イノセント・ラヴ」最終回を見ました。

今クール、欠かさず見たドラマでした(笑)。

いやー、とにかくメチャクチャな展開のドラマでしたが、面白かった!

しかも、ラストは、誰もが望んだハーピーエンド、良かったぁ~!

やっぱ、ラブストーリーはハッピーエンドが感動しますよね。

ラスト佳音(堀北真希)の台詞、
「愛には過去も未来もない・・・好きだというこの胸いっぱいの気持ち、この今を一瞬一瞬繋げてゆくこと」
「私は今も祈っています。あなたが、そして私たちが幸せでありますように。」

人間だから、やはり自分の幸せを願いたい気持ちは心に強くあると思う、

でも、佳音は、その気持ちを抑えて、最後まで愛する人の幸せを願い、行動した・・・

まさにイノセント・ラブ(純潔な愛)!

こうやって、最終回を迎えてみると、このドラマは聖書の4つの愛を元に作られているのがわかります。

佳音、殉也はアガペー ・・・無償の愛、見返りを求めない愛、与える愛
昴はフィリア ・・・友情、自分を与えることで他人を生かす愛
美月、聖花はエロース ・・・・肉体的な愛、自己愛、見返りを求める愛、価値あるものを求める愛、奪う愛
お兄ちゃんはストルゲー ・・家族愛、尊敬を含む愛

人間の本質はエロース、美月、聖花の感情は普通の人間の感情です。

佳音、殉也は、やはり本質的には自己愛が心の中にある、でも、それを抑えているのがわかる。

アガペーは神の愛、キリスト教では、本来、人間には不可能とされる愛の形らしい。

だから、見ている人はだれもが感動し、佳音、殉也の幸せを願ったんでしょうね。
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

映画「バンテージ・ポイント」

2008.12.21 (Sun) 共有

「バンテージポイント」と言う映画のDVDを見ました。

凄まじいスピードのど迫力映像、カーチェイスも速すぎて何が何だかわかりません(笑)。

8人の視点で、何度もシーンが巻き戻されて展開するのですが、

映像の整合性が、ビシっと一致していて次々と事件の全容が明らかになっていくのが快感です。

こうゆう映画は、やはり日本では無理、

アメリカならではの映像技術でガンガン押すタイプのアクション映画です。

ジェットコースタームービーってやつで、途中から一瞬も目を離せなくなります。

そして、最後のシーンはぐっと息をのみ、

思わず、「うぉおおおおおああああああああ」って叫んでしまいました(笑)!

ストーリーに深い意味は無いので、見終わった後に何も頭に残りません(笑)!

まあこの映画はジェットコースターに乗った後のような感じを楽しむための映画なのでしょう。

だからこれでいいんでしょうね。

私個人的には、このカメラワーク・映像技術で、内容深い映画とかだったらもっと最高なんですが・・・。

バンテージ・ポイント コレクターズ・エディション [DVD]
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(2) share

鉄道一筆書きの旅

2008.12.21 (Sun) 共有




NONFIX 「その先の日本を見に。 ~少女と鉄道~」 堀北真希 [DVD]
その先の私を見に。~少女と鉄道 九州篇~堀北真希 [DVD]

列車の旅のDVDを2本見ました。

堀北真希が列車で一筆書きの旅をするドキュメンタリーです。

最近「イノセント・ラヴ(堀北真希・主演)」と言うドラマにハマっているのと、

今年の夏に北海道・東北に列車で旅をしたので、思わずレンタルしてしまいました(笑)。

でもね、この作品、すごくいい!

一筆書きの旅とは、スタート駅からゴール駅をぐるりと一本の線でつなぐ旅です。

左は東北一筆書きの旅、右は九州一筆書きの旅をしています。

お膳立てとかされてない一人旅です。

一見、堀北ファンとか、鉄道ファン向けのマニア作品に見えますが、まったく違ってました。

旅の行く先々で、見たもの、感じたものを彼女の語りを織り交ぜながら進行します。

彼女の感覚が、普通で、素朴で、飾らなくて、真面目でとても好印象だし、

それに、まさに一人旅で感じる感覚なんですよこれ。

テレビとかだとハイテンションなバラエティタッチの旅モノが多いでしょ、これは真逆です。

とても、ゆっくりしていて、旅好きにはたまらない作品です。

東北の旅では、私が夏に行った場所とかもけっこう出てきます(笑)。

九州の旅では、加世田市平和祈念館という場所で特攻隊の話に涙するシーンが感動的です。

列車の一人旅をしてみたい人には、ぜひ見てもらいたい作品です。

これ見たら、あなたも、たぶん、旅に出たくなりますよ、きっと(笑)!
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
スポンサード リンク
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation