うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ海外の旅映画デジタルガジェットPANASONIC動画ありPCトラブル北海道音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ神戸ソフト&アプリSONY九州小豆島NIKON夜景SEIKO旅(複数)PCパソコンGirlsAward鉄道フィルムカメラウェブあまちゃんスマートフォン撮影道具浅田真央アメリカ白谷雲水峡屋久島四国iPod_touch4thパソコン周辺機器E-520ロジクール台湾土讃線RICHO-PENTAX金比羅山終わらない断捨離の記録アユタヤ讃岐うどんXJAPAN浅草バックパック香港道後温泉予讃線高松WiMAX江ノ島風鈴横浜駅ノニ大洗港動画グラム単位の軽量化CANONLEICA礼文島FUJIFILMキャメロン・ディアス摩耶山松山駅ミニチュア風大部港小樽ポートタワー窪川駅高知城日生港双子浦観音寺駅瀬戸内海南京町予土線松山城四万十川高知浜松エンジェルロード日生駅富士山東北メリケンパーク戸田恵梨香藤木直人中古車屋フリー写真素材水着スポーツジム実験阿部寛坪尻駅阿波池田駅高知駅はりまや橋琴平駅ジャガー二俣川サッカーテレビ桂浜東北本線レオナルド・ディカプリオ豊川悦司ジョージ・クルーニーオルガ・キュリレンコ仲間由紀恵ROSEROSEトム・ハンクスiPod_touch4thスマートフォンはまなす中井貴一伊予大洲駅東京ドーム函館いしかりライナー保土ヶ谷バイパス小樽運河ブライアン・セッツァースーザン・ボイルあぶくま駅兜駅塔のへつり駅秋の乗り放題パスGoProCOSINAミャンマー会津田島駅大川ダム公園駅被災地阿武隈急行線RADWIMPS南会津会津鉄道八重の桜男鹿高原駅水道橋駅LS-10汐吹公園東伊豆シュノーケリング川奈スキンダイビング平泉北海道&東日本パス東京スカイツリー新青森水戸黄門水戸駅東京駅トレイルランニングJR東日本パス東北新幹線はやぶさ福島駅八ツ森駅稚内駅名寄駅宗谷本線三ノ宮駅二俣川駅Milky_Bunny熊ヶ根駅YMOきゃりーぱみゅぱみゅJRしおサイダーハワイMAMMUT角島大橋カラビナ青森

【ネタバレなし】映画『この世界の片隅に』を観た感想

2016.12.15 (Thu) 共有

【ネタバレなし】映画『この世界の片隅に』を観た感想
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

最近、アニメ映画 『この世界の片隅に』を観た。

先に結論を言うと(私が見た)すべての映画史上、最高傑作レベルの作品だった。

原作は未読、YouTubeの予告映像で存在を知った。予告編だけで涙が溢れ、「悲しくって悲しくて、とてもやりきれない」というコトリンゴが歌うフレーズが頭から離れなくなった。

さらにNHKでやたら絶賛していたり、あまちゃん by 能年玲奈【改】のん主演復帰作ということで、我慢できなくなった。


のん、呉へ。 2泊3日の旅


動画↓この世界の片隅に 予告編


やば、予告編だけで涙が・・・

↓この世界の片隅に 公式サイト
http://konosekai.jp/

↓この世界の片隅に 公式Twitter
https://twitter.com/konosekai_movie

↓この世界の片隅に 公式Facebook
https://www.facebook.com/konosekai.movie/


ということで、子供や若者が居ない平日午前を狙って川崎駅西口ラゾーナ川崎にある映画館109シネマズ川崎へ。客層は平日午前なだけに大人ばっか、しかも高齢者の比率が高かった。ちなみに横浜市内は横浜線鴨居駅最寄りのTOHOシネマズららぽーと横浜で上映している。


<映画「この世界の片隅に」の内容>

戦時下の広島・呉に生きる絵を書くのが上手な主人公「すず」とその家族のお話。

ネタバレになるので詳細は言えないけど、簡単に説明するなら「非日常の中の日常、幸せを求めて健気に生きる人々の普通の暮らしの輝き、どんなに窮地に陥ったとしても本当はとてつもなく絶望的な心境だとしても、また笑顔でいられればかならず希望はある」という感じかな。

あの時代の否定でも肯定でもなく、あくまでリアルな現実という感じ。

↓この世界の片隅に 原作マンガ

この世界の片隅に 上 / こうの 史代



<映画「この世界の片隅に」を観た感想>

「リアリティが半端ない」

ただのアニメ作品とはまるで別物だった。過去に観たあらゆる実写作品よりもリアルな2次元。特に登場する人々の人間味がリアル。あと音(効果音)もやばい。あと景色のリアリティというかノスタルジィ。これぞまさにVR(バーチャルリアリティ、仮想現実)、主人公が生きた世界を幻想的に疑似体験、いや実際にタイムリープする感じかな。

「クオリティが高すぎてやばい」

脚本、演出、キャラ、表情、感情表現、セリフ、描写、構図、カメラワーク、音響、声優、キャスティング、演技、音楽、他、すべてが高クオリティかつ完璧。これを作り上げたスタッフの方々の並々ならぬ思い入れが伝わってきた。

「とにかく涙が止まらない」

特に後半から終戦~戦後~ラストのセリフ~エンドロール~客電点灯までの間、涙と鼻水が為す術なく流れ続けることになる。なぜ涙が溢れるのか?うまく言葉にできないけど、いろいろな感情をガシガシ揺さぶられる感じ。単に悲惨なシーンが悲しいのではなく、むしろその逆、という感じ。

「のんの演技が神がかっている」

予告編の棒読み調のセリフを聞いた時は正直やばいかと思ったけれど、実際に映画を観ればこの役を能年玲奈改のん以外が演じることは不可能かと。この人の凄いところは演技が上手いとか下手とかではなく、もうそういった次元を超越しているというか、演技というより憑依って感じ。

以上、さらに多くを語るにはこの作品はとてつもなく深く、私の浅い脳では1回の視聴では正直無理だった(笑)。かなりのシーンを理解しきれてないと思う。

もう一回、見に行ってみようかな!

なおもし行かれる場合は、ハンカチORティッシュは忘れずに!

↓オープニング曲「 悲しくてやりきれない 」 コトリンゴ



劇場アニメ「この世界の片隅に」オリジナルサウンドトラック

こうの史代原作、『マイマイ新子と千年の魔法』『アリーテ姫』の片渕須直監督・脚本による2016年11月公開の劇場アニメ『この世界の片隅に』のオリジナルサウンドトラック。不朽の名曲「悲しくてやりきれない」の他にヴォーカル曲と劇中曲を多数収録。 (C)RS


この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック

クラウドファンディングで話題沸騰のアニメ『この世界の片隅に』は、どのように作られたのか?その裏側を徹底解説した公式ムック!片渕須直監督、のん(すずさん役)をはじめとしたスタッフ&キャストインタビュー。映画化への道のり/ビジュアルストーリー/設定・原画・背景画ほか。


「この世界の片隅に」公式アートブック

秘蔵原稿・アニメ素材を豊富に収録。原作・こうの史代、監督・片渕須直自身による作品解説。

では、また
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(2) share

花子とアン 最終回と全体の感想

2014.09.27 (Sat) 共有

花子とアン

今日は、吉高由里子主演の朝ドラ(NHK連続ドラマ小説)『花子とアン』の最終回だったので。

■「花子とアン」最終回の感想
最終回、花子のスピーチも良かったし(ちょっと長かったけど)、感動で涙が。ただ登場人物達が、やけに年寄りになってしまっているのが??(笑)、蓮子さんなんか80歳のお婆さんみたいだったし、昔の人だからなのかな?明日から「ごきげんよう、さようなら」のナレーションが聞けないと思うとやっぱ寂しいな~。

■「花子とアン」全体の感想
あの「あまちゃん」後の作品だったので、正直、あまり期待せずに観たのだけれど、第一話の空襲のシーンのクオリティとリアリティが凄すぎて一気に作品の世界へ引き込まれた。やっぱNHKのドラマは凄いよ。あとオープニングの美しい景色の映像は、毎朝癒やされた。北海道の景色かな?って思ってたが、実際は赤毛のアンの舞台になったカナダのプリンスエドワード島ってところなんだって。カナダってあまり興味なかったけど、ここにはいつか行ってみたいな。

ドラマの内容は、吉高由里子演じる「赤毛のアン」翻訳者の村岡花子さんの人生を描いたもので、感想を一言で言うと「とても良いドラマ」。脚本、演出、登場人物、キャスティング、俳優の演技、セットや衣装などのクオリティなど、すべてにおいてとても丁寧に作り込まれた素晴らしい作品。

特に主役の吉高由里子が素晴らしかった。失礼ながら、あんなに演技が上手い役者さんだとは思ってなかった。とても感情表現が上手で、なおかつ演技っぽくない自然な演技。セリフを読むのが上手い人が演技力があると思いがちだけれど、舌足らずや滑舌が悪くても、感情や表情が自然で役柄になりきっていれば、むしろそれはリアルだ。そのようなお芝居をする役者の前では、セリフを読むのがやたら上手い役者の演技は逆に不自然に見える。

またキャスティングも良かった。やっぱメインキャストを俳優が本業の人で固めるのは正解。朝ドラは比較的そういった傾向だけれどね。ただ知名度が低い人が多くなるので、一見すると地味な印象になるが、やっぱ俳優が本業の人は、役をきっちり作り込んで魅力的なキャラにする能力があると思う。

あと脚本は、劇中のセリフの「ありふれた日常を切り取った作品に洗練された平凡を感じる」って感じでとても良く考えられたもの。ほどほどのテンポと分かりやすい展開、上品かつ王道的な内容、そして古き良き時代の日本の雰囲気や美しい日本語がとても丁寧に描かれていて、「あまちゃん」「梅ちゃん先生」を上回る平均視聴率だったのもうなずける。ただあまちゃんのように何度も見たくなるような中毒性はないけどね。ちなみに脚本家は中園ミホって人で、代表作は「やまとなでしこ」「ハケンの品格」など。

■「花子とアン」好きな名台詞、名言
このドラマにはほぼ毎日、素敵な言葉が散りばめられている。その中でも特に心に残る台詞は下記かな。

ブラックバーン校長 「今から何十年後かに、あなた方がこの学校生活を思い出して、あの時代が一番幸せだった、楽しかったと心の底から感じるのなら、私はこの学校の教育が失敗だったといわなければなりません。人生は進歩です。若い時代は準備のときであり、最上のものは過去にあるのではなく、未来にあります。旅路の最後まで希望と理想を持ち続け進んでいくものでありますように」

朝一 「ふんだんけど、一生懸命やるしかねえじゃん。一生懸命やって勝つことの次にいいことは、一生懸命やって負けることだ

花子 「心に思ってることを伝えないのは、思ってないことと、おんなじことだよ

お爺やん 「はな、見っけた夢は、夢中になって追っかけろし

花子(赤毛のアンの台詞から)「曲がり角をまがった先に、何があるのかは、わからないの。でも、きっといちばんよいものにちがいないと思うの

ナレーション(美輪明宏)ごきげんよう、さようなら


花子とアン メモリアルブック


来週から「マッサン」だー!
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

あまちゃん最終回の感想

2013.09.29 (Sun) 共有

あまちゃんメモリアルブック
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

ついにNHKの朝ドラこと連続テレビ小説『あまちゃん』が最終回を終えてしまった。今月前半にわざわざ岩手県の北三陸地方まで、あまちゃんロケ地巡り(通称:あま旅)に行ってしまったほど、このドラマにははまり続けた。

私が好きな旅のスタイルは、やっぱり鉄道旅、特にローカル線ののんびりした雰囲気がとても好きだ。ローカル線の小さな無人駅で途中下車し、田舎の小さな知らない町を歩くのが最高なのだ。

そんな私があまちゃん第一話でいきなり三鉄(ドラマでは北鉄)のローカル列車が田園風景の中を走行するシーンや北リアス海岸の美しい空と海の空撮を見せられたら食いつかないはずがない。

さらに第一話で懐かしの聖子ちゃんカットの女子(若春子役の有村架純)とキョンキョン(天野春子役の小泉今日子)の登場で一気に1980年代のあの頃にタイムスリップ。本物の方言全開の字幕なしじゃ絶対何言ってるかわからないセリフの衝撃。都心ではまず見れない漁港の癒される景色。北の海女(夏ばっぱ役の宮本信子)のかっけー登場シーン。

郷愁と懐古で始まるこの物語は、まさに私のツボだった。

まあ実際の物語は、笑わずにはいられない小ネタ満載のコメディ・ドラマで、とにかく登場人物がすべて底抜けに明るいのが最高である。

物語は、地味で暗くて向上心も協調性も存在感も個性も華もないパッとしない主人公・天野アキ(能年玲奈)が、海に飛び込んで自分の殻を破っていくんだけれど、マイペースなので、ちょっとずつしか成長していかない朝ドラらしくないやけにリアルな設定。まあアキの裏表のない笑顔や天真爛漫さは、周りの人を変えてゆく不思議なパワーがあるんだけれどね。

ミステリアスな女子高生として登場したユイちゃん(橋本愛)は、アキや身の回りの出来事との関わりの中で変化してゆく過程もなんかリアル。途中、ちょっとやり過ぎだろってくらいかわいそうな展開だったけど。

その他、登場人物すべてが、とにかく最高!一人も嫌いなキャラが居ないドラマ。登場人物も役者も関係者もロケ地の人も視聴者も、誰一人不幸にならない、みんなハッピーになれるドラマ。世界ではじめて東日本大震災の前・当日・後を描いたのに、一人も登場人物が亡くならなかったのも良かった。とにかく日本史上最高のコメディ・ドラマだったと思う(断言)。

ちなみに上の写真は、楽天ブックであまロス対策用に買った「あまちゃんメモリアルブック」。まだもったいなくてパラパラとめくっただけなんだけれど、これあまちゃんファンなら絶対に買った方がいいと思うよ。本は薄めで価格も高いんだけれど、内容はこれでもかってくらい詰め込まれている感じだった(まだ読んでないけど)。

語りだしたら終わらなくなるので、説明はこの辺りにして、本題の最終回の感想でがす。といってもすでにツイッターとかで語り尽くされていると思うし、もしかしたら被ると思うけど、あくまでも私の超個人的な解釈であり感想です。

最終回は、すでに見たような場面から始まる。そう第一話のシーンだ。始まりと同じ形にして結ぶ最終回が、物語の始まりを思い起こし、この半年間の名場面が走馬灯のように脳内を駆け巡った。そして吹奏楽部によるオープニング曲の演奏、なぜか甲子園の応援シーンが思い浮かぶ。

袖ヶ浜で海開きをしているアキに北鉄の車窓からユイが手をふるシーン。実際に小袖海岸(袖ヶ浜のロケ地)まで行って自転車で走ったのでわかるけど、実際の三陸鉄道北リアス線と小袖海岸は12キロほど離れているので、現実にはあり得ないシーンだなと心のなかで思う。

観光協会のジオラマ完全復興に歓喜し!

中学生とミズタクが発見した恐竜の骨 → 焼きうどん > 恐竜の骨(箸置き) > 琥珀 → 新聞の一面がミズタク → 勉さん「めっちゃ悔しい!」に爆笑。

ヒビキ一郎、めっちゃいいやつ(笑)。

そして潮騒のメモリーズ完全復活!実は、潮騒のメモリーズのあの衣装、個人的には、なんかこっ恥ずかしくて見てられない・・・。

甲斐さん\(^o^)/、九州新幹線CMのオマージュ?、ベーリング海上(^_^;)

畑野駅(田野畑駅)でのアキとユイの会話から続くラストシーンが素敵過ぎる!

ユイ「どうかした?」
アキ「ミサンガ、今日こそは切れると思ったのに・・・しょうがねぇか、いっぺえ間違えたもんなー」
ユイ「私も、今までで一番やばかった」
アキ「まだまだ完成しなくていいべ」
ユイ「うん、明日も、あさっても、あるもんね」
アキ「明日も、あさっても、来年もある。今はここまでだけど・・・来年はこっから先まで行けるんだ!」

そう、明日は必ずやってくる。まだ未完成でも少しずつ完成に近づけばいいさ、と心のなかでつぶやく完全に父親目線なおっさん。

ちなみに現実の三陸鉄道北リアス線も同じ田野畑駅-小本駅間が現在不通で、来年2014年4月に営業再開予定である。

トンネルの方を覗きこむアキ
ユイ「行ってみよっか?」
アキ「じぇじぇ!?」
ユイ「行こう アキちゃん!」

潮騒のメモリーが流れる

「来てよその火を飛び越えて」には「来てよその日(3.11)を飛び越えて」という裏メッセージが込められていたという驚き。最初から最後まで完璧なまでの整合性。

線路を歩きはじめる二人。スタンド・バイ・ミーのオマージュ?

アキユイ→キョンキョン→薬師丸ひろ子の潮騒のメドレー。このバージョンで紅白確定でしょ(願望)!

ユイが絶望した暗いトンネル。

でも二人なら歩いてゆける。

なぜか私の脳内ではジョン・レノン版のStand by Me(意味:君にそばにいて欲しい)も流れていた。前を向いて進むんだ(なぜか自分に言い聞かせる)。

笑いながら出口(未来)に向かって走りだす二人。

トンネルを抜け、(希望の)光に包まれる。

このラストは、While there is life there is hope.(生きているかぎり希望がある)というメッセージが込められていると勝手に解釈した。ミサンガがまだ切れなかったのは、もっと最高の願い(幸せ)が未来には、まだまだ待っているんだよ、ということなんだろう。

そして、オープニングが始まる。これから最終回が始まるのか!?と思いきや、すでに13分経過していたのでやはりエンディングだろうか!?あああ、やっぱエンドロールだったーーー!!!でも最高!

しかし今までアキが一人で走っていた防波堤は、アキとユイ二人が走るシーンに変わっていた。

「嫌ぁあああー、やっぱ最終回嫌ぁだああああああ!」

なぜかおっさんの目から涙が溢れて止まらない!!

しかし、ハリウッド映画を彷彿とさせる今まだかつて見たことがない真上からの空撮がカッコイイ!

「みんなも一緒に走れーーー」ってよびかけられてるような爽やかなラスト。

二人は手をつなぎ、春子の落書き「海死ね、ウニ死ね」を踏みつけて大ジャンプ!

二人の表情、なんか怖い!?、ごめん、何度見てもそう感じる。

二人で海に飛び込むのかと思いきや・・・

「おしまい」文字入りのラストショットが、なんからしくて好き。

大団円がとっても素敵な最終回。この半年間、とっても楽しい時間を、本当にありがとうと言いたい。最後のイノッチの受けも見たかった!

そんな感じの「あまちゃん」最終回の感想。

ちなみに私の人生を変えるほど衝撃的だったセリフは、花巻さんの「わがる奴だけわがればいい」と「ジェームス・ブラウンかよ!」である。ほとんどの人が意味わからないギャグを延々流して、言い放つそのセリフに痺れた!最終週、花巻さんのセリフがなかったのが残念!

では、また

↓この記事もお薦め
おっさん一人車旅 北へ行くのね編(あまちゃんロケ地も行っています)
あまちゃんロケ地で有名な三陸鉄道北リアス線

↓あまちゃん縁の品プレゼント企画
おっさん一人車旅 おみやげプレゼント 小袖海岸海女グッズ


関連アイテム
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

堀北真希NHK朝ドラ「梅ちゃん先生」の視聴率

2012.04.09 (Mon) 共有

ドラマ「カーネーション」の次のNHKの朝ドラ「梅ちゃん先生」。昭和20年、終戦直後の焼け野原と化した東京・蒲田が舞台の物語。堀北真希が演じるヒロイン・下村梅子が地域医療に生きようとするひたむきで、にぎやかな日々を描いていく。

ドラマに込められたキーワード:復興、庶民の底力、家族、地域の絆、昭和など

私も毎朝、楽しく観ている。堀北真希が演じる梅ちゃんの純粋で前向きで頑張り屋さんな姿を観ていると不思議と元気がでてくるから。終戦とかが絡むと重く暗い感じの作品も多いけど、朝だからこのくらい軽い方が見やすいし、逆境の中でも明るくたくましく生きる人々の姿にパワーをもらえる。

というか面白すぎだろ梅ちゃん!

だって、今日だって、渋くて食べれないどんぐり料理を味見もせずに家族に食べさせるんだから!

ちょっと気になったのが、堀北真希の首、あんな細かったっけ?CGかと思ったくらい細くなっているのだ(笑)。もし役作りで、終戦直後の日本人の体型を作ったのだったら、なかなかの役者魂である。実際の演技に関しては、映画「ALWAYS三丁目の夕日」の六ちゃんで定評のある昭和の少女役なので、もちろん堀北真希にとってハマリ役と言っても過言ではなく安心して観ていられる。

それとあの焼け野原となった蒲田のオープンセットもかなりすごい。最初に観たとき「おお、ハリウッド映画みたい」ってホント思ったくらい感動した。昭和生まれだからか、昭和という時代のあらゆる物に惹かれる傾向があるので、このドラマは私にとってまさにストライクゾーンなのである。

昭和という時代、今の日本の平和と繁栄の礎として重要な歴史が詰め込まれたあの時代、なぜか学校の歴史の授業ではすっ飛ばされてきたあの時代。そこには、今の日本人が忘れてはいけない大切な事がたくさんあると思うから。だから、ぜひ、このドラマは多くの人に観てもらいたいと思った。って完全にNHKの回し者のようになっているんだけれど(笑)。

それで梅ちゃん先生の視聴率を調べてみた。

    関東   関西
1話  18.5  16.7
2話  18.1  18.7
3話  20.0  19.6
4話  18.8  20.3
5話  20.0  17.9
6話  20.5  16.7

おお、初回18.5%で、すでに最高視聴率20.5%とは!なかなかの好発進ではないだろうか。

梅ちゃん、毎朝が楽しみで仕方ない!

↓梅ちゃん先生をもっと楽しむには?
梅ちゃん先生 いろいろ
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

NHK朝ドラ「カーネーション」最終週で涙、だだ漏れ

2012.04.04 (Wed) 共有

毎朝、観ていたNHK朝ドラマ『カーネーション』の最終週におっさん一人旅-2012春に行っていたので、今週になってやっと録画で最終回まで見終えることができた。

で、カーネーション最終週の感想ですが・・・

感動で、涙、だだ漏れで止まりません!

いやーホントにこのドラマは、いいドラマだったなぁ~(しみじみ)

このドラマには、人生における大切なメッセージがいろいろと込められていて、すごく共感できたし、なんと言っても主役の尾野真千子をはじめ役者さんの演技がみんな、ホント素晴らしかったので、すごく感情移入できた。

主役の糸子が夏木マリに変わった時は、正直ちょっとテンション落ちたけれど、実際、夏木マリもベテランだけに演技は上手かったね。最終週には、尾野真千子の顔を思い出せなくなるほどの存在感だったのが逆にちょっと悲しかった(笑)。

ちなみに
最終回の視聴率は、23.3%(関東地区)
平均視聴率は、19.1%(関東地区)

セットとかはそれほどリアルで豪華ではなかったけれど、脚本・演出・役者さんの演技がとても素晴らしかったから、チープな感じのセットは、ちっとも気にならなかった。いやゴメン、ちょっと小原洋裁店の前の岸和田の商店街のセットは、チープだなぁーって思っていた(笑)。

それと主役の知名度がドラマにおいてまったく重要じゃないってことが、このドラマの視聴率で証明されたと思う。だって、尾野真千子ってこのドラマ観るまで知らなかったから。ジャニーズの誰だとか、今売り出し中の誰だとか、有名プロダクションの誰だとか、そんな知名度だけの役者は、今の時代はもう重要じゃないんだと思う。

重要なのは、まず脚本と演出、そんでもって良い脚本と演出あっての役者さんの演技であって、役者の知名度に頼りっきりのひどい脚本や演出、さらに知名度だけで演技はヘタクソな役者みたいなそんな子供向けのドラマには、飽きてしまったんだと。

何でもそうですが、何も経験しいていない子供な状態の人には、目の前の物がすごく素敵に見えるかもしれない。ただ、もっと良い物を経験してしまった人には、粗が気になってしょうがなくなる。経験値が上がって目が肥えてしまったんだね。もう日本人は、ドラマとか映画とか好きなだけ観てきたから。

まー制作する側は、今の時代、大変でしょうがないとは思いますが。

次の朝ドラの堀北真希主演「梅ちゃん先生」もさっき3話までみた。まだこれからだけれど、けっこー面白いと思う。堀北真希のハマり役じゃないかな、この時代の少女の役は(笑)。
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
スポンサード リンク
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation