うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
E-3一人旅Z.D.ED12-60mmF2.8-4.0SWDLUMIX_G20mmF1.7ASPH.E-P3htcEVO3D(ISW12HT)映画DMC-GF1タイドラマ旅(複数)E-M1横浜Z.D.ED50mmF2.0Macro音楽鉄道M.Z.D.ED12-40mmF2.8PRO動画バンコクスマートフォン夜景北海道IE8Z.D.ED50-200mmF2.8-3.5SWDInternet_ExplorerDSC-HX100VCP+Z.D.ED40-150mmF4.0-5.6DIGITAL_HARINEZUMI2富士山Z.D.ED9-18mmF4.0-5.6iPod_touch4thみなとみらいパソコン小豆島神戸PC秋の乗り放題パスウェブパタヤパソコン周辺機器東京スカイツリー宮崎あおいあまちゃん横浜ベイブリッジGirlsAward松山ケンイチM.Z.D.ED12mmF2.0E-M5江口洋介横浜駅白谷雲水峡アユタヤ浅草屋久島浅田真央横浜ランドマークタワー上戸彩Ai_Nikkor50mmf1.4GM1小樽大さん橋礼文島青森ロジクールM.Z.D.14-42mmF3.5-5.6ⅡR函館山下公園イベントコンパニオンE-520M.Z.D.14-42mmF3.5-5.6二俣川駅LS-10WiMAX大洗港四国渋谷土讃線戸田恵梨香松原商店街松田翔太江ノ島トラブル温泉上地雄輔金比羅山阿部寛Nikkor24mmf2.8Ai高松岡津町摩耶山風鈴ワット・アルンノニ藤木直人菅野美穂ポートタワー木村拓哉道後温泉東北本線JRiPad_miniXJAPANATOK西岸駅バックパック登別温泉角島大橋iPhoneAmazon稚内東京駅大部港予讃線シュノーケリング藤原竜也au石原さとみ綾瀬はるか讃岐うどんラン島仲間由紀恵八重の桜DVD妻夫木聡長崎益田駅LEICA_minilux枕崎駅熊本駅中井貴一瑛太松山駅ミニチュア風鹿児島本線佐藤浩市金沢駅キャメロン・ディアスレオナルド・ディカプリオ豊川悦司予土線四万十川窪川駅松山城瀬戸内海双子浦ジョージ・クルーニー汐吹公園エンジェルロード観音寺駅高知城高知五能線平泉オルガ・キュリレンコ阿波池田駅坪尻駅高知駅北海道&東日本パス川奈桂浜はりまや橋スキンダイビング日生港日生駅トレイルランニング蒼井ゆう平塚駅久大本線日の出ソニータイマー金沢八景JR東日本パスはやぶさ新青森iPod_touch4thスマートフォンIKEA夜明駅水戸黄門南京町有吉弘行阿蘇山浜松東伊豆指宿枕崎線秋田水戸駅深津絵里はまなす保土ヶ谷バイパス東北新幹線テレビサムスンXperia秋葉原AdobeiPadAir0.8秒と衝撃。あぶくま駅実験JR磐越西線塔のへつり駅会津若松駅中古車屋兜駅E-M1Z.D.ED50mmF2.0MacroBOSEスポーツジム旭川水着美瑛FC2ブログ共有テンプレートフリー写真素材札幌洞爺湖E-M10ボルボM.Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6EZGoProIE10会津田島駅大川ダム公園駅BLANKEY_JET_CITYスーザン・ボイルRADWIMPS松嶋菜々子上野樹里長谷川博己二俣川サッカーROSEROSEトム・ハンクスジャガーブライアン・セッツァーリゾートしらかみ香里奈観月ありさ東北被災地南会津会津鉄道男鹿高原駅メリケンパーク阿武隈急行線ワット・サケットワット・ポーフワランポーン駅WOLリモートデスクトップ琴平駅谷川岳薩摩高城駅肥後二見駅西大山駅指宿駅水道橋駅三ノ宮駅山陰本線OM-1PEN_FPEN_FT初代PENE-PL5OM-3東京ドーム長野電鉄屋代線香港ミャンマー羽田空港ヘルニアAterm_BL900HWロト7宗谷本線名寄駅三角地帯THE_MAD_CAPSULE_MARKETSDVD-Rパスポート稚内駅博多駅エヴァンゲリオン白馬駅業平橋駅Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6町田駅穴水駅のと鉄道大糸線糸魚川駅宗谷岬黒味岳納沙布岬苫小牧緑園都市駅和倉温泉駅大黒パーキング戸塚駅特牛駅唐津駅EOS-1DX立山黒部アルペンルートREGZA_Phone_T-01C熊ヶ根駅飛鳥Ⅱ海本牧魚津駅Milky_BunnyiOS伊予大洲駅横浜港CRASSしおサイダーBabylon伊万里駅Facebook佐世保駅たびら平戸口駅大村線酒田駅きらきらうえつ山形鳥取砂丘軍艦島南阿蘇鉄道長崎本線羽黒山横浜赤レンガ倉庫女鹿駅角館南部鉄道秋田内陸線土合駅福島駅阿蘇駅赤水駅めがね橋碓氷峠八ツ森駅出雲市駅小幌駅七尾線彦根駅カラビナMAMMUTウィルス米原駅小樽運河いしかりライナーYMOふじ丸初詣きゃりーぱみゅぱみゅ大橋のぞみスパイウェアFM戸塚嘉瀬駅ストーブ列車津軽鉄道東室蘭駅北舟岡駅豊岡駅十和田観光電鉄線上北町駅田儀駅七尾駅宇都宮駅福島郡山駅驫木駅

ある日突然、WOL(Wake-on-LAN)とRDT(リモートデスクトップ接続)ができなくなった原因と解決方法

2017.04.26 (Wed) 共有

裏PC
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + Lens:M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

この記事は、ある日突然、WOL(Wake-on-LAN)とRDT(リモートデスクトップ接続)ができなくなった原因と解決方法を忘れないための個人的な備忘録である。WOLやリモートデスクトップに興味がない人には、意味不明な内容なので、あしからず。

一応、説明しておくと、WOLというのはWake-on-LAN(ウェイク・オン・ラン)の略で、他の端末からネットワーク経由でパソコンの電源をオンにする機能のことである。ちなみに使っているソフトは「RemoteBoot WOL」というiOS用アプリで、iPad mini 2から行っている。

RemoteBoot WOL

次にRDTというのはRemote Desktop(リモートデスクトップ)の略で、やはり他の端末からネットワーク経由で対象のパソコンを遠隔操作する機能のことである。Windows同士なら標準(接続される側はProなどビジネス向けエディションが必要)で利用可能だ。

なおWOLとリモートデスクトップの設定については以前に書いた下の記事を参考にしてほしい。
≫≫WOL(Wake-on-Lan)とリモートデスクトップの設定

私の場合、主に旅先など外出中、緊急の作業が必要になった時に、iPad mini やWindowsタブレットなどの端末から、WOLアプリを使って自宅のパソコンを起動し、リモートデスクトップ接続のアプリを使っていた。

ところがだ!

ある日突然、WOL(Wake-on-LAN)とRDT(リモートデスクトップ接続)ができなくなってしまった。

それに気がついたのは、今年の2月末から行っていた北海道の旅の途中だった。何度、試してみても失敗というかパソコンが起動すらできないのでどうにもできなかった。

そして帰宅後、調べてみたら、どうやらWOLもWindowsのリモートデスクトップ接続もiOS用のRDTアプリもすべてができなくなっていた。それ以前にWOLとリモートデスクトップを使ったのは、もう去年の話で、いつだったかも覚えていなかったので、一体いつからこの不具合が発生していたかもわからなかった。

それに関する設定を変更した記憶もなく、その時は原因がわからず途方にくれていたが、この数日前にWOLの設定を一から見直してみることに。そしてPCと格闘すること数時間、なんとかWOL(Wake-on-LAN)とRDT(リモートデスクトップ接続)ができなくなった原因と解決方法を見つけることができた。その不具合の原因は、予想外の結果だったので、同じ過ちを繰り返さない為にここに記しておくことに。

気づきポイント1
コントロールパネル>システム>デバイスマネージャー>ネットワークアダプター>Intel Gigabit Network Connection>電源の管理を確認している時にふとあることに気づいた。

「そういえばこのPCはネットワークアダプターが2つあるんだった」

ということに。

気づきポイント2
すぐさまコントロールパネル>ネットワークと共有センターで接続を確認。

「やはりイーサネット2になっている」

この時、このパソコンが使用していたネットワークアダプターは2番目のものだった(※画像は1に変更後のもの)。

そして思い出した。今年に入って、一度、パソコンの配置換えを行ったことを。

すぐにパソコン背面を確認し、2つあるLANケーブル差込口の一つ(画像の2)につながるLANケーブルをもう片方の差込口(画像の1)に変更した。

LANケーブル差込口を確認
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

そしてすぐにパソコンをスリープ状態にして、WOLを試してみた。

すると・・・

「ブゥォオン、ブォオオオオオーーー」

「やった!ウェイク・オン・ラン直ったぞー」

そう、つまり原因は、配置替えの時にLANケーブルの差込口を無意識で変更してしまったことによるものだったのだ。だから解決策は、LANケーブルを元の差込口に戻せばいいだけだった。

最初は例によってマイクロソフトがWindowsアップデートで勝手に設定をリセットしたんじゃないかとかを疑ったが、解決してみれば、自分の単純なミスが原因だったとは予想外の結末だった(笑)。

しかし問題はまだ終わりではなかった。次にWindowsタブレットからリモートデスクトップ接続を試してみたが、こちらはなぜか失敗になった。

リモートデスクトップ接続はWindowsの標準の機能で、設定も単純だし、できなくなる理由が考えられず、さらに数時間ほど格闘、というか途方にくれていた。

やがて、ふとあることに気がついた。

「ん、コンピューターにグローバルIPアドレス???いやコンピューター名だろここ・・・」

そして原因が判明!

リモートデスクトップ接続のダイアログボックス

原因は、リモートデスクトップ接続のダイアログボックスに記憶されていた設定項目「コンピューター(C):」にグローバルIPアドレスが表示されていて、正しくはコンピューター名を入力だったのだ。

なぜ誤った内容が記憶されていたかと言うと、旅の途中のWOLとリモートデスクトップができなくなった時にいろいろ試しているうちにグローバルIPアドレスを入力してしまったらしい。WOLはグローバルIPアドレスを設定して行うので、リモートデスクトップ接続に表示されていても何の疑いもなくそれでOKだと思い込んでいた。

目の前の言葉を正しく読めば、「コンピューター」すなわちWindowsでは「コンピューター名」の事で、グローバルIPアドレスだけでは複数ある中からそのパソコンを特定できないではないか。

つまり思い込みによる単純ミスだった。

その後、時間をおいて、何度かチェックしてみたが、いずれも問題なくできるようになった。

よかった、よかった。

LANケーブル差込口にマスキングテープ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

なお、今後同じミスが起こらないようLANケーブルの差込口2は、マスキングテープで封印した。

ところで、今回の作業の過程で、WOLとリモートデスクトップの両方を一つで完結できる「TeamViewer」という優れもののアプリを発見したので、その使い方などを近日お伝え予定、お楽しみに。

では、また
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

サバイ と ヌアイ

2016.09.09 (Fri) 共有

キーボードのモノクローム
≫ 拡大する

Camera:Panasonic LUMIX GM1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6

写真は愛用のFUJITSU Libertouch(リベルタッチ)というキーボードとロジクールG5マウス。最近はノイジーなフィルム写真風にハマってます。

今頃私は、サバイな旅をしているはずだった。

そう毎年恒例、鉄道で行く夏のおっさん一人旅である。

しかし私は今、ひたすらにらPCとにらめっこをしている。

とてもヌアイな状態である。

ちなみにヌアイとはこんな感じ→เหนื่อย

なぜかと言うと、管理しているサーバーがぶっ壊れたからだ。いや、正確にはサーバーのコントロールパネルのデータベースと管理サイトの約3割のデータベースがぶっ壊れたからだ。かなりの量のサイトとデータを管理しているので、これは大事である。

不幸中の幸いは、大量データを有するサイトのデータベースがすべて生存していたこと。しかしなぜかWordPressのデータベースは全滅した。

生き残ったデータをSSHで救出、バックアップが無い消失データはネット上からかき集め、コントロールパネル復旧を断念し、新サーバーを立ち上げ、慣れない新しい管理画面やコントロールパネルの操作に戸惑い、サーバー会社のサポートに助けを求め、かすかな記憶とわずかな記録を頼りに元の設定を再現、一つづつ慎重にサイトを移転し、動作をチェック、消失した大量のデータを手作業で入力、PHPやPEARなどのバージョン違いによる罠と戦い、ひたすらトライアル・アンド・エラーの繰り返しの日々。

そして10日が経過した・・・

まだ終らない・・・

ヌアイ・・・


富士通コンポーネント Libertouch

操作性の高いキー感触を実現したソフトで自然なキーストロークでストレスがないキーボード。

こ、これは・・・↓

サバイ サバイ/真木洋介

日本のフリオ・イグレシアスと評価される、真木洋介によるシングル。大空恵作詞/西村幸輔作曲による「サバイ サバイ」、C/Wには「あゝ愛」を収録。
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

AmazonでKindle雑誌99円均一セールをやってたので4冊を大人買い

2016.05.01 (Sun) 共有

Kindle雑誌
≫ 拡大する

Camera: OLYMPUS OM-D E-M1+ Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

昔は週1~3冊は買っていた『雑誌』だが、ここ数年は年に1~3冊くらいしか買わなくなった。私が雑誌を買わなくなった理由を考えてみたが、うーん、もう飽きたまたは面白くないからだと思う。雑誌に限らず最近はマンガも本もテレビもほとんど見ない。ゲームもしない。CDもDVD買わない。その理由もやはり同じでもう飽きたまたは面白くないからだと思う。

昔の雑誌やテレビは、ほとんどの人がまだ未体験の物や事が題材だったので、皆がこぞって飛びついた。なぜならとても面白かったから。雑誌やテレビがブームを創っていたと言っても過言じゃなかった。それほど雑誌やテレビが扱う内容は刺激的だったのだ。

ゲームもそう、昔はとても面白かった。例えばパックマン、当時何時間やっても飽きなかったあのゲームも、今やると5分で飽きる。まったく面白くない。なぜあの当時は面白く感じていたのかが不思議である。たぶんもっと面白いゲームを一通り体験してしまったからなんだと思う。

つまり、ほとんどの人が刺激的な物事を一通り体感してしまった現在という時代。多くの人が未体験な題材を探すのは非常に困難だと思う。

それでも雑誌やテレビは作らなければならない。だからなのか最近の雑誌やテレビは、他と同じような内容だったり、毎回ワンパターンな内容だったりに陥りがちな気がする。最初は面白くても、同じような内容やワンパターンな内容を何回も見てたら飽きてくる。飽きてしまったら、もうその雑誌やテレビは積極的に見たいとは思わない。

それにメディアが創りだしたブームに流されるのは、なんかかっこ悪いという風潮もあると思う。誰かに先導されて何かをするというのは、個性と自由が溢れているネット時代には合わないのだ。

よく「ネットやスマホのせいで雑誌が売れなくなった」って言われるけれど、それは半分当たっていて、半分は間違いだと思う。

なぜならネットと雑誌には圧倒的な違いがあるからだ。それは情報の鮮度である。テレビのニュースも新しい情報に関しては、ネットのスピードには到底及ばない。さらに言えば、まだネットニュースにもなっていないような情報がSNS上には速報で流れていることも多々。

ネットやスマホ、SNSが発達していなかった時代には、テレビが最速で、それを細かく分析するのが新聞や雑誌であった。今は、SNSで流れて、ネットでニュースになって、数時間後にやっとテレビのニュースになる。そのテレビのニュースを見た一般人や専門家が今度は、SNSやブログ、2ちゃんねるなどでいろいろな分析や見解を垂れ流し議論がなされる。その内容はSNSで一気に拡散され一般人の目にも入る。だから雑誌が取材して編集して記事にして発売する頃には、ネットのどこかにある情報とかぶって、ネットの受け売り状態(実際は違うと思うけど)となる。

つまりある意味ネットのせいかもしれないが、それはネットと雑誌が根本的にまったく違うものだからである。

例えるなら雑誌というのはレコードで、テレビがCD、ネットはiPodなどの音楽プレーヤーやダウンロード配信だと思う。かつては当たり前だったレコードで音楽を聞くという行為は、今では一部のマニアだけの物になってしまった。今でも売っているが、ほとんどの人はレコードを買うことはない。

なぜか、テクノロジーが進歩したからである。だだそれだけの話。テクノロジーの進歩の中で、過去の物は、残念ながら消えてしまう運命にあるのだ。一世を風靡した物が新しい物に置き換えられるのは悲しいことだけれど、それは仕方がないことなんだと思う。

と言っても、正直、ネットの情報は雑誌ほど内容が濃いものはほとんどないし、あってもあちこちのサイトに分散していて、それを的確に探して読むには相当なネット検索力が必要になる。そう考えると手軽にそこそこ濃い内容の情報を入手する手段として雑誌が最適なのは間違いない。だからその情報が本当に必要な人にとっては雑誌は今でも最適なんだと思う。

ただそのようなそこそこ濃い内容も、すでに体験済みという人にはもうあまり必要がないだろうし、ちょっとした情報だけが必要という人にはネットがあればほとんどが入手できるので、雑誌を購入するに至る人が激減したということなんだろう。

それを打破するには、まだ誰も扱った事がないような内容を探して出し続ければいいのだ。週刊文春が売れているのは、単純明快、まだネットにもないような情報を独自の取材力でスクープし続けるからである。NHKの番組に面白いものが多いのは、圧倒的な制作費で妥協なく取材をしクオリティの高いものを出し続けているからである。

まあ広告収入が減り続ける各業界で、そのような取材を続けるのは厳しいのが現実なんだろうけど...。

と、ついついタイトルの『AmazonでKindle雑誌99円均一セールをやってたので4冊を大人買い』とはあまり関係がない個人の見解をだらだら述べてしまった。

では、本題です。

雑誌や本をほとんど買わなくなった私ですが、AmazonのKindle雑誌99円均一セールの時には、電子書籍の雑誌を買うことはある。

それはなぜか、安いから(笑)。

99円なら、暇つぶしの為にストックしておいてもいいかなと思うから。旅の途中、例えば飛行機や列車など長時間の暇を潰すのに電子書籍は最適だ。

なぜなら、重くないから。

電子書籍なら何冊買ってもiPad miniの重さ以上にはならない。難点としては見づらいこと。ただ本当に必要な本や雑誌は、ちゃんと紙のを買うので、あくまでも暇つぶし用だからまあ別にいいかなと。あと転売できないというのもあるけれど、雑誌の定価より安い99円ならまあ別にいいかなと。

ということで本日は4冊を大人買い、396円なり♪

購入したのは下記の雑誌です。

   

デジタルカメラマガジンとデジキャパ!、男の隠れ家の他にもCAPA、デジモノステーション、DOS/V POWER REPORT 、山と溪谷、OZ TRIP、OZmagazine、Newton、Hanako、ル・ボラン、CREA Traveller、オレンジページ、週刊東洋経済、おとなの週末セレクト、ELLE Japon、他いろいろが99円で販売中。

Kindle雑誌99円均一セール

なおKindle雑誌99円均一セールは、期間限定で今回は2016年5月8日(日) 23時59分(日本時間) までになっている。

Kindle本は、iPadやAndroidタブレットに専用のKindleアプリをダウンロードすれば見られるし、もちろんPCでも見られるよ。それと端末にダウンロードしておくのでオフラインでも見られるよ。

では、また
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

車のバッテリーもネットで安く買って、廃バッテリーはネットで無料引取りな時代

2016.01.17 (Sun) 共有

ネットで買った車のバッテリー
≫ 拡大する

Camera:Panasonic LUMIX GM1 + Lens:LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

Amazon、ヤフオク、Yahoo!ショッピング、楽天、ヨドバシ・ドット・コム、マップカメラ、価格コムなどあらゆるネットショプや情報サイトを活用し、必要な物はほとんどネットから買っている私なのですが、今回はこんな物までネットで完結してしまうという体験をしたので書いておこうと思う。

それは自動車のバッテリー!

昨年の夏に車のバッテリーが上がってしまい、それから年末まで交換せずに放置していた我がマイカー。しかし、さすがにこれ以上エンジンを動かさなないと他も故障しかねないということで、バッテリーを買おうとネットで価格を調べる。

必要なバッテリーのサイズは「40B19L」というやつなので、Amazonで検索してみたら送料無料で2千円台であった。他も調べてみたが、送料を含めるとこれくらいがネットの最安ということで注文。

≫≫ 40B19LをAmazonで検索する

そして届いたのが上の写真のバッテリー。よく分からない怪しいメーカー製とかではなく、正真正銘、国内メーカー、しかも日立製だった(笑)。HITACHI Tuflong SUPERっていうのかな?まあバッテリーは消耗品なので変なメーカーじゃなければとりあえずオッケー。

しかしカー用品店で4~5千円くらいはすると思っていたバッテリーが3千円以内で買えてしまうとは、さすがネット時代。

これだけならその差額はたった1、2千円程度だけれど、あらゆる物をネットで買う人と実店舗で買う人の例えば1年間の買物額の差額って、たぶんかなり大きと思う。

しかしバッテリーをネットで買う場合、店舗に比べて2つの懸念がある。


古いバッテリー
≫ 拡大する

Camera:Panasonic LUMIX GM1 + Lens:LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

一つ目の懸念は、バッテリー交換を自分でしなければならないって事。

バッテリー交換をやった事がない人には、敷居が高く感じるかもしれないが、実はとても簡単。

必要な工具は、車載工具に入っている10mmスパナ1本だけ。

外し方を上の写真で説明すると。

1. まず車のキーを抜く
2. マイナス端子を外す(左)
3. プラス端子を外す(右の赤いカバー)
4. 取り付け金具を外す(真ん中上下2箇所)
5. バッテリーを交換する
6. 取り付け金具をつける
7. プラス端子をつける
8. マイナス端子をつける


新しいバッテリーに交換
≫ 拡大する

Camera:Panasonic LUMIX GM1 + Lens:LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

たったこれだけで完了ー!

慣れてなくても15分もかからないと思うよ。

まあそもそもバッテリーが完全に上がった車の場合は、ブースターケーブルで別の車のバッテリーをつないでもエンジンが掛からない訳だから、バッテリーを買ってきて自分で交換するしかない。


廃バッテリーを箱に入れて
≫ 拡大する

Camera:Panasonic LUMIX GM1 + Lens:LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH.

そして二つ目の懸念は、廃バッテリーの処分をどうするか?という事。

とうぜん購入していないカー用品店に持ち込めば処分費用が必要になるだろう。じゃー購入したAmazonで引き取ってくれるかと言えば、それはやってなかった。

そこで再びネット検索を駆使して調べてみたら、ありましたよ、無料で廃バッテリーを引き取ってくれるところが!

「いらなくなった自動車バッテリー、当店が完全無料でお引き取りいたします!」

めちゃくちゃ怪しいキャッチコピーだったが、ダメ元で頼んでみたら、本当に無料で佐川急便が引取に来て持っていった(喜)!

↓このショップです

「イーネ」 送料、処分費0円! 完全無料!自動車・産業用バッテリー引き取りサービス!【処分費、送料無料!】

楽天市場の価格は1円となっているが、実際は請求されないので0円。送料も一切かからず完全に無料だったから驚きである。

とても便利な時代になったもんだなぁー!

という事で、自動車の新品バッテリーをネットで安く買って、廃バッテリーをネットで無料で引き取ってもらう方法を、実際に体験してみたのだった。

では、また
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

もったいない本舗にいらない本・CD・DVDを送ってみた結果、査定額、口コミ

2016.01.05 (Tue) 共有

いらない本・CD・DVDの山
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

年末の大掃除で、いらなくなった本や雑誌、CD、DVDなど、大量に処分することにしたんだけれど、かなりの重量だったので捨てるのも大変だし、なんかもったいないってことで、少しでも換金できないかと考えた。

手っ取り早くブックオフまで持っていく手もあるが、とても無理な重さだったので、ネットで調べた結果、とりあえず送料無料で引き取って査定買取してくれるところを適当に調べたら検索の上位に「もったいない本舗」という業者がヒットしたので、そこに送ることにした。

サイトによると送料無料の宅配買取サービスとのこと。売りたいものをダンボールに詰めて、もったいない本舗のサイトにて集荷依頼をすると配送業者が着払い伝票を用意して引取に来てくれるとのこと。


いらない本・CD・DVDをダンボールに詰めたところ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

さっそくダンボールに詰めてみたら上の写真のように2個になった。そしてそれを数メートル移動しただけでもその激重さに腰が砕けそうになる。

「これ持ってブックオフ行ったら確実に腰やられる!」

たった数百円の買取利益の為に腰がやられては本末転倒である。そう考えるともったいない本舗のサービスは、とても楽ちんで素晴らしいと思った。

さて今回、もったいない本舗に送りつけた本・CD・DVDの数はざっと数えて・・・

約170点

内訳はCDが50~60枚くらいで、DVDは4~6本くらい、あとはすべて本・マンガ・雑誌って感じ(詳しくは覚えてません)。

もともと定価で購入している訳だから、使った額は少なくとも25万円以上はいってると思われるお品、果たしていくらになるのか!?

佐川急便のお兄さんがダンボール2個を引き取って、数日後、査定結果のメールがきた。

もったいない本舗の買取価格は・・・

本 490円
CD 227円
DVD 8円

--------------------------
合計 725円

「安っ!25万円以上使った物も中古になると725円とは・・・」

本と雑誌に関しては、正直、自分でもゴミだと思う物も大量に含まれていたので、まあ納得できる範囲ではあったが、CD50枚以上で227円とDVD4本以上で8円は、ちょっとねぇ・・・。まあ実際は引き取り送料と振込手数料も考慮しての査定なんだろうけど。

一応、もったいない本舗の名誉の為に言っておくが、今回、まとめて送った物は、すべてAmazonマーケットプレイスで中古の価値を調べて1円から数十円で売られている物のみで、実際に価値がある物は一つも含めずすべて外した。つまり業者的にはまったくお宝が無いゴミだらけのダンボールを送りつけられた状況と言えるだろう(笑)。

だからAmazonマーケットプレイスの販売価格で単純に計算すれば、1点1円として合計170円~という価値しかない。もちろんAmazonマーケットプレイスやヤフオクでコツコツ売れば、一つの利益は1円ではなく10~50円くらいにはなるだろう。しかし梱包や配送手配の手間を考えたらはっきり言って合わないので、だったら捨てた方がましなモノばかりだったのだ。

それにもったいない本舗はどうやらアマゾンに転売しているらしく、そこの最安値が買取価格の基準になると思われるので、実店舗やヤフオクで転売している業者より買取価格が安くなりがちなのかもしれない(憶測です)。

とは言え、たった725円とは、なんか悲しい・・・。

ふとミャンマーの旅での街の様子を思い出した。ヤンゴンの街の露店では、日本では明らかにゴミとして処分されるであろう錆びついた中古の工具や何かの部品が所狭しと並べられ売られている光景だ。ミャンマーではとにかくモノが少ないからか、どんなモノでもそれなりの価値があるのだろう。

それに比べ日本は、どんどん新しいモノを大量生産し大量消費しているからだろうか?それとももう日本人は大量にモノを持ちすぎて、もう欲しいモノが無くなってしまったからだろうか?それともネットによる価格破壊や価格競争の影響だろうか?

専門家じゃないので、そこらへんの事情はわからんけど、ここ数年で、中古品の価値が著しく低下しているなーって思う。まあ買う方にはありがたいんだけれどね。

そんなこんなで、ゴミ、いや大量のモノをもったいない本舗に買い取ってもらった。

ちなみにネットで改めてもったいない本舗の口コミ体験レポートとかを見ると、やはり他社より金額が・・・ってレポートもあるね。買取王子、古本買取バブー、メディア買取ネット、eあきんど、BUY王っていう業者の方が2倍くらい高いらしい。

2倍だと、それでも1450円か・・・(笑)。

でも↓少しだけ近づいた!

「何もない部屋」で暮らしたい


では、また
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/乗り鉄/降り鉄/駅鉄/撮り鉄/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
スポンサード リンク
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation