うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ海外の旅映画デジタルガジェットPANASONIC動画ありPCトラブル北海道音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ神戸ソフト&アプリSONY九州小豆島NIKON夜景SEIKO旅(複数)PCパソコンGirlsAward鉄道フィルムカメラウェブあまちゃんスマートフォン撮影道具浅田真央アメリカ白谷雲水峡屋久島四国iPod_touch4thパソコン周辺機器E-520ロジクール台湾土讃線RICHO-PENTAX金比羅山終わらない断捨離の記録アユタヤ讃岐うどんXJAPAN浅草バックパック香港道後温泉予讃線高松WiMAX江ノ島風鈴横浜駅ノニ大洗港動画グラム単位の軽量化CANONLEICA礼文島FUJIFILMキャメロン・ディアス摩耶山松山駅ミニチュア風大部港小樽ポートタワー窪川駅高知城日生港双子浦観音寺駅瀬戸内海南京町予土線松山城四万十川高知浜松エンジェルロード日生駅富士山東北メリケンパーク戸田恵梨香藤木直人中古車屋フリー写真素材水着スポーツジム実験阿部寛坪尻駅阿波池田駅高知駅はりまや橋琴平駅ジャガー二俣川サッカーテレビ桂浜東北本線レオナルド・ディカプリオ豊川悦司ジョージ・クルーニーオルガ・キュリレンコ仲間由紀恵ROSEROSEトム・ハンクスiPod_touch4thスマートフォンはまなす中井貴一伊予大洲駅東京ドーム函館いしかりライナー保土ヶ谷バイパス小樽運河ブライアン・セッツァースーザン・ボイルあぶくま駅兜駅塔のへつり駅秋の乗り放題パスGoProCOSINAミャンマー会津田島駅大川ダム公園駅被災地阿武隈急行線RADWIMPS南会津会津鉄道八重の桜男鹿高原駅水道橋駅LS-10汐吹公園東伊豆シュノーケリング川奈スキンダイビング平泉北海道&東日本パス東京スカイツリー新青森水戸黄門水戸駅東京駅トレイルランニングJR東日本パス東北新幹線はやぶさ福島駅八ツ森駅稚内駅名寄駅宗谷本線三ノ宮駅二俣川駅Milky_Bunny熊ヶ根駅YMOきゃりーぱみゅぱみゅJRしおサイダーハワイMAMMUT角島大橋カラビナ青森

Seiko Skyliner Calendar (セイコー スカイライナー カレンダー)

2017.09.08 (Fri) 共有

セイコー スカイライナー カレンダー 62系 手巻き腕時計
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真は、いわゆるアンティークウォッチもしくはヴィンテージウォッチとされるとても古い腕時計。セイコーが私が生まれるよりも前の1960年代に発売したらしい手巻きの機械式腕時計だ。

SEIKO SKYLINER (セイコー スカイライナー)というシリーズの『Seiko Skyliner Calendar(セイコー スカイライナー カレンダー)』というモデルらしい。ムーブメントはCal.6222Aという21石で手巻きの機械らしい。

「らしい」という言い方になってしまうのは、この手のアンティーク腕時計はもちろんだが、腕時計全般について特に詳しい訳ではないので・・・。

基本的にデザインの好みで衝動的にモノを選ぶ傾向にあるので、中身についてはまあ後から調べることになる。というかそれほどこだわってない。

このセイコーのアンティークな腕時計に惹かれたのも、現代のセイコーに必ずあるあの「SEIKO」ロゴではなく、筆記体で「Seiko Skyliner」と書かれていたのが、なんか新鮮だったから。それにゴールド色のケースの腕時計なのにシンプルで品があるのもいいと思った。


SEIKO SKYLINER CALENDAR Antique watch
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

「へー筆記体ロゴのセイコーの時計もあるんだねー」

しかもこの主張しないシンプルで控えめな筆記体ロゴがまたいい。言われなければこれがセイコーの腕時計だとは誰も気づかないだろう。

文字盤は銀色で、文字は黒、針やバーインデックスは金色。「Seiko Skyliner」のロゴの下に「Calendar」と書かれていて、6時側には、「WATERPROOF」「DIASHOCK 21 JEWELS」「JAPAN 6222-8000S AD」と書かれている。

ちなみに裏ぶたには、中央にタツノオトシゴの刻印があって、それを囲むように「SEIKO」「WATER PROOF」「SGP」「6222-8000」と記載されている。SGPなのでケース素材は、金メッキということになる。

スカイライナー カレンダーというモデル名だが、カレンダー早送り機構は無いので日付合わせはかなり面倒だ。この腕時計のカレンダーの合わせ方は、21時と24時を往復させることで日付を早送りすることができる。


セイコー スカイライナー カレンダー DIASHOCK 21 JEWELS
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

風防の素材はガラスではなくたぶんプラスチック製。形状はドーム型で、斜めから見るとカーブの部分にゆがみによる光の反射が生じるのが、なんというか、とてもクラシカルな雰囲気でいい。

50年以上も前の機械式腕時計なのに、ゼンマイを巻けば普通に稼働するし、日差も数日くらいならまったく気にならないレベルで、現状は修理やOHの必要をまったく感じられないほど程度が良い個体。

ケースの幅はりゅうずを含めて実測で約40mmくらい、厚さは約10mmくらい。重さは社外の本革ベルトを含めて45gくらい。メカ的なことなどの詳細なスペックは一切不明。

なお写真がノスタルジックなフィルム写真のような雰囲気なのは、ヴィンテージウォッチなので、オリンパスのアートフィルター「ヴィンテージ」で撮影したものをベースに加工したから。レンズは、宝の持ち腐れになっているM.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROで、望遠端でもけっこう寄れて、写りもいいので、トリミング前提になるけど物撮りにも使える。


Seiko Skyliner Calendar 6222-8000S
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

こちらが、このセイコースカイライナーの実際の色合いがわかる写真。

ところで、せっかく手に入れたグッドコンディションのセイコー スカイライナー カレンダーだが、実際のところまったく使っていない。というか使い所がなかった。

どうしてかと言うと、何度か着けて出かけてみたんだけれど、どうもファッションと合ってないような気がして。私が普段に着ている服は、365日ほぼアウトドアブランドかスポーツブランドのラフなアウトドアウェアばかり。

金ケースだからか?本革ベルトだからか?アンティーク腕時計だからか?なぜだがわからないんだけれど、とにかくアウトドアスタイルには似合ってないような気がして・・・。

たぶんスーツやシャツなどフォーマルなスタイルなら似合うはずなんだけれど、スーツはもうここ10年ほど着ていない。よって使う場面がない...。

悲しい・・・

ところで最新のセイコーの機械式(自動巻き)腕時計にもクラッシックな雰囲気のがいろいろあるんだねー。

↓これなんかスカイライナーそっくりだよ
SEIKO PRESAGE SARY076
SARY076 ※クリックで詳細

SEIKO PRESAGE SARY076

ちなみに「スカイライナー」を検索すると「成田に行くなら成田エクスプレスVS京成スカイライナーのどっち?」とか出てくるけど、東京駅八重洲口から乗れる東京シャトルかTHEアクセス成田という成田空港直通の高速バスの方が、安くて、早くて、快適だと思うよ。

では、また

関連アイテム
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

SEIKO 5 SPORT SNZG17にZULUDIVERのNATOストラップを装着

2017.08.12 (Sat) 共有

SEIKO 5 SPORT SNZG17 + ZULUDIVER NATO STRAP ZULU Type
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

最近、腕時計ネタが続くこのブログですが、まだしばらく続きそう(笑)。ただ腕時計って光沢があるのでブツ撮りの被写体としてはけっこう難易度が高くて、なかなか上手く撮れないから、いい練習になるんだよね。

写真は、私の初代・旅腕時計 SEIKO 5 SPORT SNZG17ZULUDIVERという英国ブランドのNATOストラップを装着したもの。なおZULUDIVERの読み方は不明。普通に読めば「ズールダイバー」なのかな?


SEIKO 5 SPORTS SNZG17JC


最近の記事「SUMO (SBDC031)にモレラートのNATOストラップとDバックルを装着して旅腕時計の最終形態へ進化」で、私の二代目・旅腕時計 SEIKO PROSPEX SBDC031 SUMO用のNATOストラップにMORELLATO社 Armyを購入したんだけれど、その時に第二候補として検討していたのがこのZULUDIVER社のNATOストラップだった。

最終的には柔らかさが決め手でMORELLATO Armyにしたが、ZULUDIVERの方はその対極とも言えるバリスティックナイロンという軍事用に開発されたハードな生地を使ったヘビーデューティーな仕様で、それはそれでひじょうに魅力的であった。


SEIKO 5 SPORT SNZG17 + ZULUDIVER NATO STRAP ZULU Type
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

なので、軍用ナイロンのNATOストラップならやっぱミリタリーウォッチだろってことで、ミリタリーテイストなデザインのSEIKO 5 SPORT SNZG17用として購入。

カラーは市街戦の都市迷彩をイメージして、グレーを選んだ。

パッケージに「Watch Gecko」と入っていたので調べたら、どうやらWatchGeckoはZULUDIVERブランドのイギリスにある代理店らしい。

正確な商品名はよくわからないが、パッケージのバーコードのシールには「ZULUDIVER ZULU PVD 22mm」と記載されている。アマゾンの商品名は、「ZULUタイプ」となっている。

これです↓

ZULUDIVER バリスティックナイロン ZULUタイプ
ミリタリー ウォッチ ストラップ PVD加工 ステンレス製 ブラックバックル
時計ベルト 無地 グレー 22mm (新モデル ヘビーデューティー)



ZULUDIVER NATO STRAP ZULU Type 22mm
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

ステレス製のブラックのバックル(金具)は、イオンプレート(IP)コーティングPVD加工というのがされているらしい、よくわらんけど。ただ見た目や触った感触は、丈夫そうな雰囲気の塗装で、とっても本物感があってなかなかいい感じ。

ベルトの素材であるバリスティックナイロンは、耐久性や耐水性の高い軍事用というだけあって、とても硬質でしっかりした作りで丈夫そうだ。

旅や日常でのサブ的な使い方ならおそらく5~10年くらいは余裕で使えそうな感じがするほど。耐久性を考えるとかなりコスパ高いかも。なおベルトの厚さは約1.5mm。


SEIKO 5 SPORT SNZG17 + ZULUDIVER NATO STRAP ZULU Type
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

黒いミリタリーウォッチとこのNATOストラップのブラックバックルとのマッチングはバッチリって感じ。


SEIKO 5 SPORT SNZG17 + ZULUDIVER NATO STRAP ZULU Type
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

最初に見た時は、「ベルトぶ厚いし、金具大きいなー」って思ったけれど、実際に装着したら、これはこれでヘビーデューティーな雰囲気がアップしていい感じ。


SEIKO 5 SPORT SNZG17 + ZULUDIVER NATO STRAP ZULU Type
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

このグレーのカラー、一瞬、カーキっぽいって思ったけど、実際のカーキ色のナイロンベルトと並べてみるとやっぱグレーだね。

ちなみにカーキーのやつはダイソーの100円のNATOベルトで、比べると生地の厚さと硬さがぜんぜん違う。ZULUDIVERのはカチンカチンで、ダイソーのはフニャフニャって感じ。


SEIKO 5 SPORT SNZG17 + ZULUDIVER NATO STRAP ZULU Type
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

腕に装着してみた。

「ハードな感じが増して、かっこいいねー」

ミリタリーウォッチには、やっぱNATOベルトが合うと改めて思った。

肝心の着け心地は、やはりちょっと硬い感じはするが、表面は意外に滑らかなので思っていたほどのゴワゴワ感はない。ただ素材が硬くて厚いからだと思うけどフィット感はけっこう低いかな。その代わり手首が守られている感じはするけどね。

もしフィット感を重視するならこれよりも柔らかめのNATOストラップにした方がいいかも。


SEIKO 5 SPORT SNZG17 + ZULUDIVER NATO STRAP ZULU Type
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

2000円台前半くらいで安かったのでダメ元で買ってみたけど、この価格でこの品質なら文句はないと思う。

ちなみに写真のディスプレイ用のスタンドは、アマゾンで安かったので買ってみた(笑)。

これです↓

【ノーブランド品】ウォッチ ディスプレイスタンド 5個セット


↓ジェームズ・ボンドのカラーもある

ZULUDIVER バリスティックナイロン ZULU タイプ
ミリタリー ウォッチ ストラップ
時計バンド PVD加工ステンレス ブラックバックル
時計ベルト Classic Bond ブラック/グレー ストライプ 22mm


↓これはベルトの厚さ約1.1mmの別の商品

ZULUDIVER NATO G10
ナイロン製 ミリタリー 時計替えベルト ストラップ
PVDブラックバックル 22mm ブラック


腕時計のイメチェンにNATOストラップ、汗をかく夏は丸洗いできるので、特におすすめですよー。

では、また

関連アイテム
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

SUMO (SBDC031)に装着したプッシュ式観音開きDバックルをプッシュ無しタイプに変更した理由

2017.07.30 (Sun) 共有

MORELLATO(モレラート) Dバックル 比較
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

少し前のこの記事「SUMO (SBDC031)にモレラートのNATOストラップとDバックルを装着して旅腕時計の最終形態へ進化」で書いた通り、私の新しい旅の相棒で最強の旅時計、セイコー機械式ダイバーズウォッチ「SEIKO PROSPEX SBDC031 SUMO(スモー)」は、MORELLATO(モレラート)の最高級NATOストラップ&Dバックルに換装され最終形態「スモー "旅ダイバー" ホタ スペシャル」になった...はずだった・・・。

と言うのも完成したSUMOを実際に使ってみたら、思いがけない深刻な問題に直面したのだ。

それはNATOストラップをグレードアップさせ、なおかつ便利にする為に追加したプッシュ式観音開きDバックルMORELLATO(モレラート)のDEPLOJANTE/PB2(ディプロヤンテ/PB2)の構造的な問題だった。


MORELLATO(モレラート) Dバックル
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

上の写真のようにプッシュする為の突起部分(プッシュボタン)がベルト幅より外側に出っ張る為、手首を動かすと皮膚に食い込み気味にあたって、とても違和感があり、また痛いことがあるのだ。

ただ購入者レビューとかを読むと問題いが無い人が多いので、おそらくだが手首の形や太さによって変わるのかもしれないし、もしかしたら敏感さや慣れの問題もあるかもしれない。


MORELLATO(モレラート) Dバックル 比較
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

「でも気になり出したら止まらない・・・」

ということで、違和感がとにかく気になってしょうがないので、プッシュ無しタイプのDバックルを追加購入した。

それが写真左側の物で、MORELLATO(モレラート) 観音開きDバックル BRIDGE(ブリッジ) というモデル名のDバックル。見ての通り、プッシュする突起物が無い。

これです↓

MORELLATO[モレラート] 観音開きDバックル
BRIDGE(ブリッジ) シルバー 20mm


やはり素材はステンレススチール製で、バックルの幅が16mm、18mm、20mmの3種類がラインナップされている。

詳細は↓




MORELLATO(モレラート) Dバックル 比較
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

裏側から見ると2つのDバックルの構造の違いがよくわかる。プッシュ式の方はプッシュする突起物があるからなのか、なぜか手首が当たる内側の部分も出っ張った形になっている。もしかしたらこの凸凹も違和感の原因なのかもしれない。

それに比べプッシュ無しの方は、余計な突起が一切なく、手首に対して滑らかな形状だ。

それで、実際にプッシュ無しのBRIDGE(ブリッジ) の着け心地はどうかと言うと、あの違和感がまったく消え去り、痛みもなく、問題はすべて解消されたのだった!

「まさか便利なはずのプッシュ式にこんな欠点があったとは・・・」

プッシュ式だと1ステップで外せて確かに便利だが、では外すのに2ステップかかるスナップ式が不便なのかと言われれば、腕時計を外すのは1日の終わりの1回だけの作業なので、はっきり言って思っていた以上にまったく問題なかったよ(笑)。

まさにシンプル・イズ・ベスト!

もしDバックルの選択で絶対に失敗したくなければ、プッシュ式は避けて、スナップ式にした方が間違い無いと思う。


MORELLATO(モレラート) Dバックル
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

そんな訳で、私のSUMOは、Dバックルを更新して今度こそ最終形態(たぶん)へ進化を遂げた。

スモー "旅ダイバー" ホタ スペシャル Ver.1.1 完成!
SUMO TABI DIVER HOTA SPECIAL Ver.1.1

ところでDバックルもアマゾンで検索するとけっこう安くて評価も高いのがいっぱい売っているけど、モレラートと比べてクオリティはどこまで違うんだろうかね。

AmazonでDバックルを検索する

では、また

関連アイテム
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

SUMO (SBDC031)にモレラートのNATOストラップとDバックルを装着して旅腕時計の最終形態へ進化

2017.07.13 (Thu) 共有

SUMO (SBDC031)にモレラートのNATOストラップとDバックルを装着
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

※この記事は、過去記事「何度も旅をしてわかった!(私の)旅に必要な腕時計はこれだった」と「最強の旅腕時計、セイコー ダイバーズ ウォッチ 機械式(自動巻き) 研究」と「【止まらない衝動】 SEIKO ダイバーズウォッチ PROSPEX SBDC031 SUMO(スモー) 購入&レビュー」の続きみたいなものです。

写真は私の新しい旅の相棒として購入した最強の旅腕時計、セイコー機械式ダイバーズウォッチ「SEIKO PROSPEX SBDC031 SUMO(スモー)」カスタマイズの最終形態(たぶん)へ進化した姿である。

旅ダイバー(丘ダイバー)にとって活動のステージは、海底ではなく陸地である。水中と違って重力のある陸上では、やはり装備の軽量化は重要だ。ステンレスの純正ベルトは旅時計には重すぎる。

軽量化だけならウレタン製かシリコン製のベルトに交換という選択肢も考えたが、それだとまさに普通のダイバーズウォッチになってしまう。やはりここは旅ダイバー(丘ダイバー)ならではのカスタマイズで極めたい。

軽量化と旅の過酷な環境を連想させるヘビーデューティーな外観を同時に実現できるのは、やはりミリタリーウォッチ(軍用時計)にも使われているナイロン製のベルト、NATOストラップ(NATOバンド)しかない!

ということで、高品質なNATOストラップ(NATOバンド)とプッシュ式観音開きDバックルというのを購入したので詳細をお伝えする。


モレラート NATOストラップ Army(アーミー) 一式
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

今回、私が選んだNATOストラップは、モレラート(MORELLATO)というメーカーの「Army(アーミー) Black(019)」というやつ。

モレラート(MORELLATO)は、1930年創業のイタリアの時計ベルトのブランドで、ヨーロッパでトップシェアを誇るらしい。ただなぜかついつい「モラレート」と言い間違えてしまう。「モラレートではなくモレラート、漏れ漏れモレラート」と何度も脳内補正を試みるも直せないので、できれば社名を「モラレート」に変更してもらいたい。

これです↓

MORELLATO[モレラート] ナイロン時計バンド
ARMY 20mm ブラック 交換用工具付き


このMORELLATO アーミーは、マット仕上げの金具が装着された、しなやかな着け心地の高品質なNATOストラップだ。カラーはブラック、ブラウン、グレー(5連ストライプ)、グリーン(3連ストライプ)の全4色。ラグ幅(ベルト取付部分の幅)は、18mm、20mm、22mmの3種類。

詳細は↓



SUMO (SBDC031) ダイソーVSモレラート Army(アーミー) NATOストラップ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

SUMOに一時的なつなぎとして装着したダイソーNATOストラップの50倍のお値段のMORELLATO アーミーだが、実物を並べて比べてみた時に正直、やっちゃったかなと思った。

「やば、あんまり変わらないような(汗)・・・」

ぱっと見だけの比較だと当然のことながらほぼ同じ形状のバンドなので、50倍の価格差ほどの違いを感じられなかったからだ。ただよく考えたらダイソーのが異常に安すぎるだけで、他のNATOストラップの平均相場は1000~2500円くらいなので、その差は2~5倍だ。

とは言え、平均相場の2倍以上もする最高級なNATOストラップをなぜ買ったのか?それはこれまでの旅の腕時計セイコー5スポーツSNZG17用に購入したナイロン製バンドが同じモレラートの製品で、実際に4年間使ってみて、とても着け心地が良かったからだった。

SNZG17に着けていたのは、MORELLATO AQUASPORT2 (アクアスポーツ・ツー)という長さの調整が無段階で行えるベルクロのベルト。縫製は丁寧、ナイロンの表面処理はなめらかで、装着感がとにかく良かった。だから同ブランドでより高価なこの製品ならまず間違いないだろうと踏んだのだ。


[モレラート]MORELLATO 時計バンド
AQUASPORT2 20mm ブラック ナイロン


それと本格的なミリタリースペックのNATOバンドは、ガチガチで固めのナイロンだと聞いていたので、この腕時計にはできるだけ柔らかなモノを着けたかったというのもある。


SUMO (SBDC031) ダイソーVSモレラート Army(アーミー) NATOストラップ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

絶対に負けられない戦いがあるんです!

100円 VS 5000円 いざ対決!

MORELLATOアーミーを実際に手にして触ってみたら、第一印象で抱いた不安は一瞬で吹き飛んだ。ナイロン表面のなめらかさがやはり100円の物とは明らかに違ったからだ。

その違いは、例えるなら、赤ちゃんの肌とおっさんの肌くらいの差かな。上の写真で見てわかる通り、表面の織り方の処理の違いもあるだろうけど、それだけではない素材そのものの違いを実際に触れば感じられると思う。

細かなことを言うと、素材のしなやかさや質感、光沢感、重厚さ、縫製や穴あけパンチの処理のディテール、耐久性など価格相応のクオリティを感じる(と思いたい)。


SUMO (SBDC031) ダイソーVSモレラート Army(アーミー) NATOストラップ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

尾錠(びじょう)など金属部分の処理は、5000円の方はマット仕上げ(艶消し)になっていて、明らかに上質な感じ。またモレラートの頭文字「M」のロゴがさり気なく刻まれている。2本のベルト留めの位置と間隔がだいぶ違うけど、特に意味はなさそうだが、実際の理由は不明。

縫製の処理のディテールも拡大して見たら分かるレベルだけど細やかだ。

まあこうやって各部のディテールを比べていけば、ハイクオリティなのは間違いない訳で、この価格差なのも納得できる(と思いたい)。


SUMO (SBDC031) モレラート Army(アーミー) NATOストラップ装着
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

SBDC031 SUMO に MORELLATO Army 装着!

「やっぱ合うわー黒、いいねー!」

007仕様のカラーはカジュアルな雰囲気だったけど、この艷やかなブラックのNATOストラップとダイバーズウォッチとの組み合わせは、まさに海軍って感じ(笑)。さすがアーミーというネーミングなだけある。

なおMORELLATOアーミーのグリーンは、熱帯雨林の森林戦(ジャングル戦)を連想させる迷彩っぽい黒とカーキの3連ストライプのカラーで、配色やストライプの間隔がめずらしいパターンだったので、他と差別化したい場合にいいかも。実際にグリーンとブラックでかなり迷った。

↓グリーンとブラックの3連ストライプ

MORELLATO[モレラート] ナイロン時計バンド
ARMY 20mm グリーン 交換用工具付き



SUMO (SBDC031) モレラート Army(アーミー) NATOストラップ装着
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

写真だとわかりにくいと思うけど、実物はこの製品ならではの光沢感が絶妙で、とても高級感がある。


SUMO (SBDC031) モレラート Army(アーミー) NATOストラップ装着
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

写真では余ったベルトをベルト留めに折りこんでいるが、手首に装着した時はここまで余らないので、折りこむことはできないと思う。


モレラート プッシュ式観音開きDバックル DEPLOJANTE/PB(ディプロヤンテ/PB)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

さて今回は、この高級なNATOストラップをさらにグレードアップさせ、なおかつ便利にするプッシュ式観音開きDバックルという優れモノを追加で購入した。商品は、同じMORELLATO(モレラート)のDEPLOJANTE/PB2(ディプロヤンテ/PB2)というモデル名のDバックル。

これです↓

[モレラート]MORELLATO DEPLOJANTE/PB2
ディプロヤンテPB2 Dバックル 20mm シルバー


素材はステンレススチール製で、バックルの幅が16mm、18mm、20mmの3種類がラインナップされている。

詳細は↓



モレラート プッシュ式観音開きDバックル DEPLOJANTE/PB(ディプロヤンテ/PB)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

ベルトの尾錠(びじょう)を外してそこにDバックルの片側を装着する。

本来は革のベルトに付ける物だからか、このNATOベルトへの装着にはかなり苦労した。NATOベルトの生地がぶ厚いので、バネ棒をかなり強い力で押し込まないと穴にはまらなかった。まあはまってからは逆にジャストフィッティングで、無理やりはめた感はまったくない。


SEIKO SUMO (SBDC031) + MORELLATO Army(アーミー) + Dバックル DEPLOJANTE/PB
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

ベルトの尾錠(びじょう)側に片側を付けられたら、今度は反対側の差し込み棒を手首に合う穴へ差し込めば完成。なお差し込み棒がある部分は指で上にぱかっと開いてからストラップを通す構造。

このDバックルの最大メリットとしては、なんと言っても腕時計の脱着がワンタッチで簡単かつスピーディーに行えるようになることだ。それにベルトがループ状になるので脱着時の落下防止にもなる。あとベルトへの負担が減って、寿命が伸びるらしい。

正直、値段が割高な気もするが、時計とベルトの高級感が若干アップできて、なによりも脱着が簡単になるというのは旅の腕時計にとってめちゃくちゃ必要な機能だ(と自分に言い聞かせて...)。


SEIKO SUMO (SBDC031) + MORELLATO Army(アーミー) + Dバックル DEPLOJANTE/PB
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

こちらはDバックルを付けたNATOストラップを真横から見たところ。

確かにステンレスの輝きで高級感はアップするが、それって腕から外している状態で見た時だけなんだけどね。装着したら見えなくなるし(笑)。


SEIKO PROSPEX SBDC031 SUMO NATO STRAP MOD
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

そんな訳で私の新しい旅の相棒で最強の旅腕時計、セイコー機械式ダイバーズウォッチ「SEIKO PROSPEX SBDC031 SUMO(スモー)」は、MORELLATO(モレラート)の最高級NATOストラップ&Dバックルに換装され最終形態(たぶん)へ進化を遂げた。

スモー "旅ダイバー" ホタ スペシャル 完成!
SUMO TABI DIVER HOTA SPECIAL

コードネーム: 旅するお相撲さん

腕時計にあまり興味がない人にはまったく理解不能な内容だったと思うし、そもそも腕時計なんてぶっちゃけチープカシオでも十分だと思うし、携帯やスマホがあるからいらないと言われてしまえば、その通りだとも思う。

でもね・・・

それは時計を単に時間を確認するだけの道具と捉えるか、大事な旅の相棒(パートナー)と捉えるか、だと思うんだよね。あえて精度の低い機械式を選ぶのも、きちんとメンテすれば10年、いや20年でも動いてくれるから。

「分かる奴だけ、分かればいい」 by 花巻珠子

そう、これは完全なる自己満足の世界のお話である。

以上、何度も旅をしてわかった!(私の)旅に必要な腕時計はこれだったから始まり、最強の旅腕時計、セイコー ダイバーズ ウォッチ 機械式(自動巻き) 研究~【止まらない衝動】 SEIKO ダイバーズウォッチ PROSPEX SBDC031 SUMO(スモー) 購入&レビュー~この記事へと続いた全4話は、
これにて、おしまい。

なおアマゾンで検索すれば安いのから高いのまでいろんなNATOストラップが売っているので、交換も簡単だし、用途やシチュエーションに合わせて何本か揃えてみるのもいいかもね!

≫≫ AmazonでNATOストラップを検索する

では、また

追記:プッシュ式観音開きDバックルに思いがけない深刻な問題がありました!詳しくは↓
≫SUMO (SBDC031)に装着したプッシュ式観音開きDバックルをプッシュ無しタイプに変更した理由

関連アイテム
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

【止まらない衝動】 SEIKO ダイバーズウォッチ PROSPEX SBDC031 SUMO(スモー) 購入&レビュー

2017.07.07 (Fri) 共有

SEIKO PROSPEX SBDC031 SUMO 箱
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

※この記事は、過去記事「何度も旅をしてわかった!(私の)旅に必要な腕時計はこれだった」と「最強の旅腕時計、セイコー ダイバーズ ウォッチ 機械式(自動巻き) 研究」の続きみたいなものです。

最強の旅腕時計を手に入れて本物の旅ダイバーになるべく発動した止まらない衝動!

止まらない衝動 新シリーズ 腕時計編

※止まらない衝動とは、このブログでは止められない物欲、つまり衝動買いの事です・・・

これまで何度も旅をしてきた経験を元に「(私の)旅に必要な腕時計」を再考察し、そしてついに発見した最強の旅時計、セイコーの機械式ダイバーズウォッチの壮大な研究を経てたどり着いた一つの答え。

私が選んだ最強の旅腕時計は・・・

SEIKO PROSPEX SBDC031 SUMO ダァーーー!

これです↓ブラックの方を買った
SBDC031.jpg
SBDC031


通称「SUMO」、「スモー」または「スモウ」と呼ばれるモデルだ。なぜスモーなのかは不明だが、お相撲さんが由来なのは間違いないと思われる。なおリクルートの不動産サイトの「スーモ(SUUMO)」とついつい呼び間違えてしまう。「スーモ」じゃなくて「スモー」と何度も念じて脳内補正を試みているがなかなか直せない。

国内で販売されているSUMOの標準バージョンのカラバリは、ブラック(SBDC031)とネイビー(SBDC033)の2色のみ、2015年10月発売。

これがネイビー(紺)↓SBDC033
SBDC033.jpg
SBDC033


SUMOの限定モデルとしては、SBDC049 PADIコラボレーション、SPB031グリーンSUMO、SPB029ホワイトSUMO、SBDC017イエローSUMOというのがあるんだけれど、すでに入手困難かつプレミア価格になっている。

SUMOの初期モデルは2007年4月発売のSBDC001 SBDC003 SBDC005の3機種で、主な違いは文字盤の表記とルミブライトの強化らしい。

これが初期モデル↓SBDC001
SBDC001

今回、購入したこのSBDC031は、国内でも販売されているプロスペックス ダイバースキューバ(DIVER SCUBA) シリーズの自動巻き(機械式)ダイバーズの中では、最も安いモデルだが、必要な本格機能はすべて備えており、上位及び下位モデルと比べて総合的にコストパフォーマンスが高いと判断。

必要な本格機能とは具体的には下記。

・逆回転防止ベゼル
・200m空気潜水用防水
・ねじロック式りゅうず
・スクリューバック(裏ぶた)
・視認性に優れる太い針やインデックス
・ルミブライト(蓄光機能)
・耐磁性能

これらの本格機能は、セイコーのダイバーズウォッチなら価格に関係なく備えているので、上位及び下位モデルとの違いは下記になる。

・キャリバーとその機能
・ケース素材やケースコーティング
・風防ガラス材質やコーティング
・サイズ
・重さ
・デザイン

キャリバーと言うのは、ムーブメントの形式番号の事。ではムーブメントというのは、時計の動力機構部分その物を指す言葉。自動車で例えるとムーブメント=エンジン、ではキャリバー=エンジン型式ということになる。なお「Cal.」はキャリバーの略。

まず国内のプロスペックス ダイバースキューバ シリーズの上位モデルとの比較だが、クロノグラフ以外の機械式ダイバーズの現行モデルはすべてキャリバー6R15なので、メカ的な機能の違いは無い。よって価格の違いの主な理由は、ケース素材や風防材質によるものだとわかった。

例えば通称「ショーグン(SHOGUN)」と呼ばれる上位モデルのSBDC029は、ステンレスよりも軽いチタン素材をケースやベルトに使っていて、SUMOよりも約69gも軽い。

SUMO サイズ縦52.6mm×横45mm×厚さ13.3mm 重さ 183g
SHOGUN サイズ縦51mm×横43.5mm×厚さ13.3mm 重さ 114g

ショーグン↓SBDC029
SBDC029.jpg
SBDC029


装備をグラム単位で軽量化したい私にとって69gもの軽さはひじょうに魅力的だった。しかし69g軽くする為には、購入額が約2倍になってしまう。重さとデザイン以外ほとんど変わらない腕時計に数万円単位の倍額はさすがにコスパが悪い。結論として重さの問題は、軽量化で解決できると判断した。具体的にはベルトをNATOベルトなどナイロンの物に変更する。

次に下位モデルの海外専用モデルとの比較だが、最後まで悩んだのが、通称「ボーイ(BOY)」と通称「復刻サード(3RD) タートル(TURTLE)」と呼ばれるシリーズ。これらは価格がとてもリーズナブルで、旅の腕時計として重要な要素「安さ」と「適度なチープさ」も備えている。またケースやベルト、風防の素材はSUMOと同じ。

最終的にSUMOにした理由はキャリバーとその機能の違いだった。

SUMOは6R15、復刻サードは4R36、ボーイは7S26を搭載していた。各キャリバーの比較は下記。

Cal.7S26 (BOY)
手巻き・ハック(秒針停止)機能:無し
カレンダー:日付・曜日
パワーリザーブ:40時間

Cal.4R36 (3RD)
手巻き・ハック(秒針停止)機能:あり
カレンダー:日付・曜日
パワーリザーブ:41時間

Cal.6R15 (SUMO)
手巻き・ハック(秒針停止)機能:あり
カレンダー:日付
パワーリザーブ:50時間

この3つのキャリバーを比べると6R15が私の用途には一番適しているという結論である。なぜかと言うと7S26と4R36の違いは、主に手巻き&ハックの有無だけだが、6R15だけカレンダー表示が「曜日なし日付のみ」なので、旅にしか使わない私にとって時刻合わせの時の手間が一つ減る(曜日合わせが無い)というメリットが価格差よりも大きかったということ。そもそも腕時計で曜日なんか見ないし。それと手巻き・ハック(秒針停止)機能がついていて、パワーリザーブが長持ちなのも決め手。

なおセイコーのメカニカルムーブメントは、どのキャリバーでも評価や耐久性は高いので、それは心配していない。

ちなみに前回の記事で「旅に最適な機械式ダイバーズはこれだ」でリストアップした通称「モンスター (MONSTER)」と通称「ベビーツナ (BABY TUNA)」は、おっさんが初めてのダイバーズウォッチに選ぶには、デザイン的にちょっと派手過ぎるかなと思って却下した。

最後まで迷ったのは復刻サードの仏壇カラーSRP775K1とネイビーボーイSKX009KD。

↓復刻サード仏壇 SRP775K1
SRP775.jpg
SRP775


↓ネイビーボーイSKX009KD
SKX009KD.jpg
SKX009KD



SEIKO PROSPEX SBDC031 SUMO 開封
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

ということで・・・

SEIKO PROSPEX SBDC031 SUMO 開封!!

「おおーーー、実物、写真で見るよりいいじゃん(歓)!」

実物を見ないでネットで購入したので、正直、かなり心配だったが、実物は写真に比べて当たり前だが立体感や光沢感があって、とてもいい感じだ。

しかもこの価格で買った腕時計とは思えないほど高級感がある。

なんの飾りげもない平面な「SEIKO」ロゴのお陰で旅腕時計に必要な要素「適度なチープさ」をなんとか維持してはいるが、もしこのロゴが「ROLEX」か「OMEGA」だったとしたら、たぶんそれ相応に見えてしまう、そんな感じのクオリティ。

いやーコスパ高すぎでしょセイコーダイバーズ。


SEIKO PROSPEX SBDC031 SUMO
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

スモウと呼ばれてるだけに、かなり大きく太くぶ厚い腕時計を想像していたが、いやいや全然、普通の大きさであった。

このくらいの大きさなら、今流行りのGPSソーラー系クロノグラフや電波ソーラー上位モデルとかと変わらないと思う。例えばセイコーASTRON(アストロン)とかカシオOCEANUS(オシアナス)&EDIFICE(エディフィス)とか。

SBDC031(SUMO)の
サイズ 縦52.6mm x 横45mm x 厚さ13.3mm

ASTRON EXECTIVE LINE SBXB123
サイズ 縦51.4mm x 横46.1mm x 厚さ14.3mm
SBXB123g
SBXB123


CASIO OCEANUS OCW-G1100T-1AJF
サイズ 縦51.1mm x 横46.1mm x 厚さ15mm
OCW-G1100T
OCW-G1100T-1AJF


CASIO EDIFICE EQB-501D-1AJF
サイズ 縦52mm x 横48.1mm x 厚さ14.1mm
EQB-501D-1AJF
EQB-501D-1AJF


ほら、最近の大きい腕時計と実際に比べてみれば、SUMOの方が少し小さい。とは言え一般的なケース幅40mm前後の腕時計と比べれば、確かに大きいのは間違いないけど。

なのでどうしても小さいダイバーズウォッチを希望するならば、選択肢はケース幅42mmのBOYシリーズ(SKX007ブラックボーイなど)かモンスターシリーズ(SRP307ブラックモンスターなど)になる。


SEIKO PROSPEX SBDC031 SUMO
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

アマゾンとかの真正面からの写真だとよくわからなかったが、実物の回転ベゼルはサイド部分がケースのサイドラインに半分くらいまでめり込んだ感じのデザインになっていて、ダイバーズウォッチであることの主張が控えめな感じなんだけれど、これはこれですっきりとした印象で、いいと思った。

BOYシリーズや復刻サードの場合、ケースの上に回転ベゼルがポンと乗っかったような形状で、ダイバーズウォッチであることに誇りを持っている感じのデザインだ。

「俺はダイバーズウォッチだー!」ってね。

ボーイシリーズ↓
ボーイシリーズのサイド部分
復刻サード↓
復刻サードのサイド部分


ダイバーズウォッチの代名詞、ロレックス サブマリーナも同じポン乗せ形状。しかしやっぱロレックスのセラミックベゼルは高級感があるね。

ROLEX SUBMARINER↓青サブ
ロレックス サブマリーナ

モンスターシリーズは、SUMOと逆パターンで、上下部分が半分めり込んでいてサイド部分がむき出し形状。

オレンジモンスター↓
MONSTERシリーズのサイド部分

まあ些細な違いなんだけれど、実物を手にして実際に眺めてみないとなかなか気づけないもんだよ。


SEIKO PROSPEX SBDC031 SUMO 装着
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

SBDC031、初・装着・・・

「お、重いねやっぱ・・・」

183gは、思っていた通りの重量感で、とても「軽い」とは言えない重さだった。まあよく言えば「存在感がある着け心地」、悪く言えば「存在感が有りすぎる」って感じかな。

本当にダイビング用途なら問題ないんだろうけれど、今回の用途はあくまでも丘ダイバーの旅用の腕時計なので、ここまで存在感がある重さだと旅への集中力に影響しそうだ。

旅時計は、着けていることを忘れるくらいの重さで、何かにぶつけたりこすったりしても気づかないくらいの物がいいと思う。

具体的には100g以下の重さが理想だろう。


SEIKO PROSPEX SBDC031 SUMO 007 NATOベルト by ダイソー
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

ということでステンレススチール製純正ベルトは新品のまま外して、ナイロン製NATOストラップ(NATOベルト)に交換して軽量化を図ることにした。

NATOストラップとは、NATO軍の腕時計に使われているNATO G10という製品と同じ形の引き通し式のナイロンストラップのこと。

とりあえず近所のダイソーで100円のNATOストラップを買ってきた。これはあくまでもこの時計に合う高品質なNATOストラップを購入するまでの一時的なつなぎ。


SEIKO PROSPEX SBDC031 SUMO ベルトを取り外し
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

腕時計のベルトは、バネ棒外し用の工具を使えば誰でも簡単に外すことができる。

こんなやつ↓

明工舎製作所 MKS バネ棒用工具 46000



SEIKO PROSPEX SBDC031 SUMO 防水試験(防水検査)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

新品の腕時計だけど、念の為、防水試験をしてみた。

メーカーや腕時計店で行う本来の防水検査は、水を用いない空気加圧歪測定法による防水試験器を使うんだけれど、そんなものを持っている訳がないので、水没加圧なし測定法によるコップに水試験器で行った。

スモーを水深100ミリメートルの深海へ・・・

約60秒間・・・

沈めて・・・


SEIKO PROSPEX SBDC031 SUMO 防水試験~完了
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

水深100ミリメートルの深海から・・・

「SUMO、無事、帰還しました!」

ダイバーズウォッチだから当たり前か。


SEIKO PROSPEX SBDC031 SUMO ケースのみ重量計測 95g
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

SBDC031 SUMOのケースのみ重量を計測してみたら95gだった。

NATOバンドが約10gくらいなので、合わせると105gくらいになるので、マイナス78gの軽量化を実現。旅の腕時計としての理想の重量(100g以下)はちょっとオーバーしているが、まあよしとしよう。


SEIKO PROSPEX SBDC031 SUMO 風防保護フィルム
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

このSUMOのラグ幅(ベルト取付部分の幅)は20mmなので、ダイソーNATOベルトはぴったりサイズだった。

さらに今回は、アマゾンで発見した「ClearView(クリアビュー) ○保護フィルム 高硬度9H クリアタイプ 29mm」という風防保護フィルムを買ってみた。これはナイフでも傷が付きにくい強化ガラス同等の高硬度9Hフィルムを風防(ガラス面)に貼れるよう丸型にしたもの。実際の風防のサイズより1mm程度小さいサイズが推奨らしい。

これです↓

○保護フィルム キズに強い 高硬度9Hクリアタイプ
1枚 時計用 φ 29mm


旅の途中で風防を傷つけるのは確実なので、まあお守りみたいなもんだね。


SEIKO PROSPEX SBDC031 SUMO 風防保護フィルム装着完了
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

いやーこの保護フィルムを貼るのはけっこー大変だったよ。風防サイズより1mm小さいから、中心にきっちり貼り付けるのにだいぶ苦労した。何度も貼り直してやっと中心に決まったと思ったら、今度は縁のところにホコリが入ってしまって、それをセロハンテープを使って地道に除去していく。

綺麗に貼るのがとにかく難しいので、不器用な人や慣れていない人は最初から2枚入りを買って、1枚を練習用にした方がいいかもしれない。

上の写真はまだ縁のホコリを除去する前段階の状態。この後、ホコリ除去及び最終的な位置合わせに成功して、かなりきれいに貼ることができた。

なおこの写真で見るとフィルムの存在をかなり感じるように見えるが、実際に腕に着けて見る分にはまったく気にならないし、よーく目に近づけてみないとわからない。


SEIKO PROSPEX SBDC031 SUMO + 007 NATOベルト by ダイソー
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

そんなこんなで、とりあえず・・・

スモー SBDC031 "スペクター" 完成!

実はこの特徴的な5本のストライプを描くブラックとグレーのNATOストラップは、映画 「007 スペクター」で、ジェームズ・ボンドが実際に着用していた「オメガ シーマスター 300 "スペクター" 限定モデル」と同じカラーリングで、「ジェームズ・ボンド NATO ストラップ」と呼ばれる定番カラーなのだ。

これが本物↓
omega-seamaster-300-specter-model.jpg
OMEGA Seamaster 300 Omega Master Co-Axial 41 mm
"スペクター" 限定モデル


スモー SBDC031
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro


本物(オメガ)はSUMOの20倍ほどのお値段だが、たった100円でカスタマイズするだけで・・・

「ほとんど見た目、同じだよ(喜)!」

いや、ちょっと言い過ぎた。

オメガの方は、なんというかセクシーな色気や遊び心を感じる。

しかし、セイコーの方にはオメガにはないプロの道具としての機能美を感じる。なんというか「ダイバーよ実際に海で使ってみてくれ」って言わんばかりのシンプルで無駄のない機能的なデザイン。

まさに質実剛健といった感じ。

いやーほんと買って良かったと心から思える衝動買いだった。


SEIKO PROSPEX SBDC031 SUMO ルミブライト 確認試験
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

最後にミブライト(蓄光機能)の性能を確認してみた。

「こ、これが深海のSUMOの姿・・・美しい・・・」

暗がりの中でSUMOは、ありえないほどの光を放った。その姿はまるで深海にいるような錯覚に陥るほどの美しい輝きだった。ダイバーズウォッチ本来の機能美というのかな、なんというか「こいつとなら深海でも信じられる」って感じがしたんだ。※現実は生粋の丘ダイバーです

以上、そんな訳で最強の旅腕時計を手に入れて本物の旅ダイバーになった!

次回は、SUMOにベストマッチなNATOストラップを購入したので、その詳細をお伝え予定、お楽しみに!

また、つづく

世界に誇るセイコーダイバーズウオッチのすべて

セイコーダイバーズウオッチ進化論


関連アイテム
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
スポンサード リンク
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation