うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
E-3一人旅Z.D.ED12-60mmF2.8-4.0SWDLUMIX_G20mmF1.7ASPH.E-P3htcEVO3D(ISW12HT)映画DMC-GF1タイドラマ旅(複数)E-M1横浜Z.D.ED50mmF2.0Macro音楽鉄道M.Z.D.ED12-40mmF2.8PRO動画バンコクスマートフォン夜景北海道IE8Z.D.ED50-200mmF2.8-3.5SWDInternet_ExplorerDSC-HX100VCP+Z.D.ED40-150mmF4.0-5.6DIGITAL_HARINEZUMI2富士山Z.D.ED9-18mmF4.0-5.6iPod_touch4thみなとみらいパソコン小豆島神戸PC秋の乗り放題パスウェブパタヤパソコン周辺機器東京スカイツリー宮崎あおいあまちゃん横浜ベイブリッジGirlsAward松山ケンイチM.Z.D.ED12mmF2.0E-M5江口洋介横浜駅白谷雲水峡アユタヤ浅草屋久島浅田真央横浜ランドマークタワー上戸彩Ai_Nikkor50mmf1.4GM1小樽大さん橋礼文島青森ロジクールM.Z.D.14-42mmF3.5-5.6ⅡR函館山下公園イベントコンパニオンE-520M.Z.D.14-42mmF3.5-5.6二俣川駅LS-10WiMAX大洗港四国渋谷土讃線戸田恵梨香松原商店街松田翔太江ノ島トラブル温泉上地雄輔金比羅山阿部寛Nikkor24mmf2.8Ai高松岡津町摩耶山風鈴ワット・アルンノニ藤木直人菅野美穂ポートタワー木村拓哉道後温泉東北本線JRiPad_miniXJAPANATOK西岸駅バックパック登別温泉角島大橋iPhoneAmazon稚内東京駅大部港予讃線シュノーケリング藤原竜也au石原さとみ綾瀬はるか讃岐うどんラン島仲間由紀恵八重の桜DVD妻夫木聡長崎益田駅LEICA_minilux枕崎駅熊本駅中井貴一瑛太松山駅ミニチュア風鹿児島本線佐藤浩市金沢駅キャメロン・ディアスレオナルド・ディカプリオ豊川悦司予土線四万十川窪川駅松山城瀬戸内海双子浦ジョージ・クルーニー汐吹公園エンジェルロード観音寺駅高知城高知五能線平泉オルガ・キュリレンコ阿波池田駅坪尻駅高知駅北海道&東日本パス川奈桂浜はりまや橋スキンダイビング日生港日生駅トレイルランニング蒼井ゆう平塚駅久大本線日の出ソニータイマー金沢八景JR東日本パスはやぶさ新青森iPod_touch4thスマートフォンIKEA夜明駅水戸黄門南京町有吉弘行阿蘇山浜松東伊豆指宿枕崎線秋田水戸駅深津絵里はまなす保土ヶ谷バイパス東北新幹線テレビサムスンXperia秋葉原AdobeiPadAir0.8秒と衝撃。あぶくま駅実験JR磐越西線塔のへつり駅会津若松駅中古車屋兜駅E-M1Z.D.ED50mmF2.0MacroBOSEスポーツジム旭川水着美瑛FC2ブログ共有テンプレートフリー写真素材札幌洞爺湖E-M10ボルボM.Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6EZGoProIE10会津田島駅大川ダム公園駅BLANKEY_JET_CITYスーザン・ボイルRADWIMPS松嶋菜々子上野樹里長谷川博己二俣川サッカーROSEROSEトム・ハンクスジャガーブライアン・セッツァーリゾートしらかみ香里奈観月ありさ東北被災地南会津会津鉄道男鹿高原駅メリケンパーク阿武隈急行線ワット・サケットワット・ポーフワランポーン駅WOLリモートデスクトップ琴平駅谷川岳薩摩高城駅肥後二見駅西大山駅指宿駅水道橋駅三ノ宮駅山陰本線OM-1PEN_FPEN_FT初代PENE-PL5OM-3東京ドーム長野電鉄屋代線香港ミャンマー羽田空港ヘルニアAterm_BL900HWロト7宗谷本線名寄駅三角地帯THE_MAD_CAPSULE_MARKETSDVD-Rパスポート稚内駅博多駅エヴァンゲリオン白馬駅業平橋駅Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6町田駅穴水駅のと鉄道大糸線糸魚川駅宗谷岬黒味岳納沙布岬苫小牧緑園都市駅和倉温泉駅大黒パーキング戸塚駅特牛駅唐津駅EOS-1DX立山黒部アルペンルートREGZA_Phone_T-01C熊ヶ根駅飛鳥Ⅱ海本牧魚津駅Milky_BunnyiOS伊予大洲駅横浜港CRASSしおサイダーBabylon伊万里駅Facebook佐世保駅たびら平戸口駅大村線酒田駅きらきらうえつ山形鳥取砂丘軍艦島南阿蘇鉄道長崎本線羽黒山横浜赤レンガ倉庫女鹿駅角館南部鉄道秋田内陸線土合駅福島駅阿蘇駅赤水駅めがね橋碓氷峠八ツ森駅出雲市駅小幌駅七尾線彦根駅カラビナMAMMUTウィルス米原駅小樽運河いしかりライナーYMOふじ丸初詣きゃりーぱみゅぱみゅ大橋のぞみスパイウェアFM戸塚嘉瀬駅ストーブ列車津軽鉄道東室蘭駅北舟岡駅豊岡駅十和田観光電鉄線上北町駅田儀駅七尾駅宇都宮駅福島郡山駅驫木駅

おっさん一人旅2013秋 2日目2 本州最南端の駅、串本駅(くしもとえき)に上陸

2013.10.18 (Fri) 共有

本州最南端の駅、串本駅と紀勢本線の電車
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

おっさん一人旅2013秋 JR「秋の乗り放題パス」の旅
2日目2 本州最南端の駅、串本駅(くしもとえき)に上陸
≫≫最初の記事はこちら

10/5 9:25頃、和歌山駅から約3時間19分で、ついにこの旅における初日の最重要訪問駅に上陸した。

それは、本州最南端の駅、串本駅(くしもとえき)!

「やったー本州、最東西南北端の駅訪問コンプリートだぁー!」

と感動しているおっさんが一人。


串本駅「本州最南端の駅」の看板
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

そうです、紀勢本線が走る紀伊半島は、本州で一番南に位置するので、その最南端には、本州最南端の駅が存在するのである。この到達により私は、東の岩手船越駅(いわてふなこしえき)、西の梅ケ峠駅(うめがとうえき)、北の下北駅(しもきたえき)と合わせて本州の東西南北すべて上陸という偉業(自分的には・・・)を成し遂げたのである。

これまでのおっさんの到達実績(本日現在)
※上位重複項目省略、★印は到達上陸、▲は通過のみ、Xは未達

<日本全体(沖縄除く)>
X:日本最東端の駅 東根室駅 (北海道、JR根室本線)
★:日本最西端の駅 たびら平戸口駅 (長崎県、松浦鉄道西九州線)
★:日本最南端の駅 西大山駅 (鹿児島県、JR指宿枕崎線)
★:日本最北端の駅 稚内駅 (北海道、JR宗谷本線)

<日本全体(沖縄含む)>
X:日本最西端の駅 那覇空港駅 (沖縄モノレール線)
X:日本最南端の駅 赤嶺駅 (沖縄モノレール線)

<日本全体(JRのみ)>
★:JR日本最西端の駅 佐世保駅 (長崎県、JR佐世保線、松浦鉄道西九州線)

<北海道>
X:北海道最西端の駅 上ノ国駅 (JR江差線)
▲:北海道最南端の駅 吉岡海底駅 (JR海峡線)

<本州>
★:本州最東端の駅 岩手船越駅 (岩手県、JR山田線)
★:本州最西端の駅 梅ケ峠駅 (山口県、JR山陰本線)
★:本州最南端の駅 串本駅 (和歌山県、JR紀勢本線)
★:本州最北端の駅 下北駅 (青森県、JR大湊線)

<四国>
X:四国最東端の駅 見能林駅 (徳島県、JR牟岐線)
▲:四国最西端の駅 八幡浜駅 (愛媛県、JR予讃線)
X:四国最南端の駅 宿毛駅 (高知県、土佐くろしお鉄道宿毛線)
★:四国最北端の駅 高松駅 (香川県、JR予讃線、JR高徳線)

<九州>
X:九州最東端の駅 浅海井駅 (大分県、JR日豊本線)
★:九州最北端の駅 関門海峡めかり駅 (福岡県、平成筑豊鉄道門司港レトロ観光線)

<番外>
X:日本最東端有人の駅 根室駅 (北海道、JR根室線)
★:JR日本最南端の終着駅 枕崎駅 (鹿児島県、JR指宿枕崎線)
★:本州最北端の終着駅 大湊駅 (青森県、JR大湊線)

しかし、こうやってあらためて調べてみると、乗り鉄、駅鉄としては、まだまだ未熟だなー(笑)。あなたは、どれだけの最東西南北端の駅に上陸したことがあるだろうか?って、普通の人にはまったくどーでもいい達成である。


串本駅のホームと電車
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

ということで興奮しながら、誰もいなくなったホームで撮影を続けるおっさん。


串本駅に停車していた特急くろしお(381系)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

上の写真は串本駅に停車していた特急くろしお(381系)。


串本駅を出発した特急くろしお(381系)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

串本駅を出発しいた特急くろしおのバックシャン。


串本駅のホーム
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

串本駅のホームはこんな感じ。


串本駅の駅名標
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

串本駅の駅名標。改札の上には「ようこそ 本州最南端 串本へ」の文字が!


串本駅の待合所
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

串本駅の待合所はこんな感じ。

コインロッカーがあったので、バックパックを入れて身軽にした。


串本駅の駅前の景色
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

こちらは駅前の景色。「トルコ友好の町」「本州最南端温泉の町」の看板やモニュメントや石碑などが見える。

「やっぱ、やる気あるよねぇ~」

最南端を示す数々の証がテンションを上げてくれる。以前行った本州最西端の駅である梅ケ峠駅の時には、そのような物が何一つなくてテンション下がりまくったっけ。

うぇぶかにほん公式ツイッターうぇぶかにほん公式ツイッター @webkajp
ほた:今、ついに本州最南端の駅に居ます。
串本駅
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT) / posted at 10月5日 09:35


串本駅の駅舎
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

これが本州最南端の駅の駅舎。


串本駅の全景
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

こちらは、串本駅の全景。


串本駅の本州最南端の墓?
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

本州最南端の串本駅の墓?


串本町観光協会
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

駅に隣接する串本町観光協会。駅のそばに串本温泉という温泉地があるようだが、今回は時間の都合で立ち寄れなかったのが残念である。


串本駅のトイレ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

こちらは本州最南端の駅のトイレ。


本州最南端のおみやげ屋さん
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

本州最南端のおみやげ屋さんと駅の駐輪場、串本駅バス停。


串本町観光マップ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

串本町観光マップによるとこの町には、ラムサール条約(国際的に重要な湿地に関する条約らしい)登録の町ってことで、ダイビングやスノーケリングが楽しめる串本沿岸海域というのが有名らしい。他に観光ポイントとして橋杭岩(はしぐいいわ)、潮岬(しおのみさき)、潮岬灯台、潮岬観光タワー、望楼の芝生(ぼうろうのしばふ)、馬坂園地(うまさかえんち)、無量寺、串本海中公園、トルコ記念館、海金剛(うみこんごう)、金山展望台、樫野埼灯台、くしもと大橋、風吹山、重畳山(かさねやま)、荒船海岸などがあるようだ。

ということで、串本駅を数分だけ堪能し、次に急いで徒歩圏内の観光地へ向かった。

つづく →次へ

関連外部リンク
串本町観光協会公式ホームページ
http://www.kankou-kushimoto.jp/
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

おっさん一人旅2013秋 2日目1 紀勢本線の車窓から(紀伊半島左側)

2013.10.12 (Sat) 共有

和歌山駅の駅前
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

おっさん一人旅2013秋 JR「秋の乗り放題パス」の旅
2日目1 紀勢本線の車窓から(紀伊半島左側)
≫≫最初の記事はこちら

10月5日(土)、朝5時に起床。ビジネスホテルの大浴場で眠気を覚まし、列車の発車時刻10分前の5:56頃に和歌山駅へ到着した。天気は若干だけ雨が降っているって感じの曇り空。上の写真は和歌山駅の駅前の景色。


和歌山線ラッピング車「万葉の四季」
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

和歌山駅7番ホームに停車していた上の電車は、JR和歌山線「万葉の四季」というラッピングカーだと思われる。


紀勢本線(きのくに線)の電車(113系2両編成の2000番台)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

こちらが今回乗車した6:06発の紀勢本線紀伊田辺行きの電車(113系2両編成の2000番台)。なおこの紀勢本線は、新宮駅 - 和歌山駅間に『きのくに線』という愛称が付いている。

タラッタッタターターターラーラーターラァ~♪

あの音楽が脳内再生されたところで、そうです、いよいよ人生初の和歌山県の旅。今回は、紀勢本線(きのくに線)の紀伊半島左側の車窓の景色をお届け。


紀勢本線(きのくに線)の車窓の景色(冷水浦駅辺り)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

紀勢本線の初めの海は、上の写真のような工場の景色で始まった。たぶん冷水浦駅(しみずうらえき)辺りの車窓の景色。

うぇぶかにほん公式ツイッターうぇぶかにほん公式ツイッター @webkajp
ほた:人生初和歌山県の旅は、紀勢本線で、最南端を目指します!
紀勢本線の車窓の景色(下津駅)?
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT) / posted at 10月5日 06:29


うぇぶかにほん公式ツイッターうぇぶかにほん公式ツイッター @webkajp
ほた:今回は秋の乗り放題パスを利用しています。3日間JR全国乗れて7,500円なり。
秋の乗り放題パス?
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT) / posted at 10月5日 06:33


うぇぶかにほん公式ツイッターうぇぶかにほん公式ツイッター @webkajp
ほた:和歌山県に全国唯一の飛び地の村が存在するという事を今、知りました!
posted at 10月5日 07:07

スマホの地図で現在地を確認していたら、和歌山県に北山村という飛び地のエリアがあることを発見、おもわずツイート!


紀勢本線(きのくに線)の車窓の景色(南部駅の手前の辺り)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

上の写真は、南部駅(みなべ)の手前の辺りの海。

地図を見ればわかるけれど、和歌山-紀伊田辺間は、たまにしか海が見えない。


紀勢本線(きのくに線)の車窓の景色(南部駅)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

こちらは、南部駅。学生どもがごっそり降りていった(笑)。

うぇぶかにほん公式ツイッターうぇぶかにほん公式ツイッター @webkajp
ほた:今、紀伊田辺駅で、乗り換え発車待ち。
紀伊田辺駅にて?
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT) / posted at 10月5日 07:54

7:51頃、紀伊田辺駅(きいたなべえき)に到着。ここまでは約1時間45分ほど。ここで次の電車に乗り換える。


紀勢本線新宮行き(105系新宮鉄道100周年ヘッドマーク付)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

次の列車は、7:55発の紀勢本線新宮行き(105系新宮鉄道100周年ヘッドマーク付)。

うぇぶかにほん公式ツイッターうぇぶかにほん公式ツイッター @webkajp
ほた:腹減りました(´・ω・`)
posted at 10月5日 08:44


紀勢本線(きのくに線)の車窓の景色(周参見駅)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

こちらは周参見駅(すさみえき)で、この時点で時刻は8:40頃。

各駅停車なので、当然のことながらここまですべての駅に停車している。


紀勢本線(きのくに線)の車窓の景色(見老津駅の手前辺りの海)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

こちらは、見老津駅(みろずえき)の手前辺りの海。


紀勢本線(きのくに線)の車窓の景色(見老津駅の手前辺りの海)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

けっこうエメラルドグリーンな海が素敵過ぎる。まあ、よーく考えたら本州最南端の半島なんだからかなり南なんだよなー。関東で言えば伊豆七島と同じくらいかな?


紀勢本線(きのくに線)の車窓の景色(見老津駅)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

ホームから海が見える見老津駅(みろずえき)。なかなか良さげな感じの駅だったので、機会があれば降りてみたいと思った。


紀勢本線(きのくに線)の車窓の景色(見老津駅-江住駅間の辺り)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

こちらは、見老津駅~江住駅の辺りの景色。


紀勢本線(きのくに線)の車窓の景色(見老津駅-江住駅間の辺り)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

こちらも、同じく見老津駅~江住駅の辺り。


紀勢本線(きのくに線)の車窓の景色
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

こちらも、たぶん見老津駅~江住駅の辺り。


紀勢本線(きのくに線)の車窓の景色(田子駅-田並駅間の辺り)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

こちらは、田子駅-田並駅間の辺りの景色。

「タコ駅?うわーなんてカッケー(?)駅名なんだ!超降りてぇーー」って思った。

そして、いよいよ初日の最重要訪問駅が近づいてきた!

つづく 次へ

関連外部リンク
旅行ガイド【近畿】
http://travel.rakuten.co.jp/kinki/
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

おっさん一人旅2013秋 1日目 JR「秋の乗り放題パス」の旅

2013.10.10 (Thu) 共有

秋の乗り放題パス
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

おっさん一人旅2013秋 JR「秋の乗り放題パス」の旅
1日目 兵庫県から、まずは和歌山駅まで移動

今月はじめに用事で兵庫県まで行くことがあった。本来は10月4日の夜から新幹線で横浜に戻る予定だったが、せっかく関西まで来てまっすぐ帰るのも、なんかもったいなく感じ、そう言えばJR『秋の乗り放題パス』っていつからだっけと思い調べてみたら、ちょうど翌日10月5日から使用可能なことを確認。

「だったらまだ未上陸なあのエリアにいつ行くの~?今でしょ!!!」

未上陸なあのエリア、それは和歌山県!

これまでの人生でなぜか和歌山県に上陸する機会が一度もなく、行く理由もあまりなかった。しかし今は違う、和歌山県への上陸達成はもちろんだが、さらに乗り鉄としては、どうしても外せない重要な駅があるから、どっちにしろいつかは行かなければならないのである

ってことで、その日は行けるところまで行って、翌日からJR秋の乗り放題パスで3日間の寄り道旅を決行することに。

今回は時間的な都合でTwitterでのみリアルタイム実況ツイートを行ったので、ツイッターをチェックしてくれている人は、すでにご存知かもしれないが、これはその時の『おっさん一人旅2013秋』の記録である。


秋の乗り放題パスの説明
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

ご存知ない人の為にJR秋の乗り放題パスを簡単に説明すると「青春18きっぷ」の秋バージョンって感じ。10月14日の「鉄道の日」に合わせてJRグループ全体で発売している。具体的には下記のような内容。

・連続する3日間使用可能(購入時に使用日を指定)
・JR全線の快速と普通列車の普通車自由席、BRT(バス高速輸送システム)、JR西日本宮島フェリーが自由に乗り降りできる
・つまり特急・急行・グリーン車などは利用不可(利用する場合は通常運賃が必要)
・1枚で1名のみ利用可能(複数名利用不可)
・値段は、おとな7,500円、こども3,750円

その他、特例区間とかグリーン車や指定席に乗れるケースとかライナー列車とか第三セクターで利用できる路線とその方法など細かいルールもあるので、もしこの切符を利用される人は、JRのサイトでよーく確認してみて。

今年2013年の発売期間は9月20日(金)~10月18日(金)、利用期間は10月5日(土)~10月20日(日)のうち連続する3日間。

うぇぶかにほん公式ツイッターうぇぶかにほん公式ツイッター@webkajp
ほた:今、用事で宝殿駅という所にいます。
宝殿駅
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT) / posted at 10月4日 16:16

まずは用事で行った所の最寄りの宝殿駅(ほうでんえき)という兵庫県高砂市にある駅で、和歌山駅までの切符と翌日から使える秋の乗り放題パスを購入。さらに、楽天トラベルで和歌山のビジネスホテルを予約。

そして夜7時頃の電車で、まずは隣の加古川駅(かこがわえき)まで移動し「JR東海道本線[新快速]京都方面野洲行き」に乗り換えた。

うぇぶかにほん公式ツイッターうぇぶかにほん公式ツイッター@webkajp
ほた:今、加古川駅にいます。せっかく関西に居るので横浜への帰路は、寄り道旅でもしながら帰ろうと思います。
加古川駅の駅名標
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT) / posted at 10月4日 19:20

この加古川駅というのは、私にとって故郷のような場所である。横浜育ちではあるが、出生地は、この加古川駅がある兵庫県加古川市なのだ。母親の実家が加古川市で、里帰り出産して生まれた子供ってことである。だから子供の頃、田舎に帰ることは、この加古川へ行くことであった。

昔のめっちゃレトロな駅舎もホームの位置も変わってしまって、思い出とはまったく違う駅になってしまったのが、とても残念である。


大阪駅
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.

加古川駅から新快速で約56分ほどで大阪駅に到着。

うぇぶかにほん公式ツイッターうぇぶかにほん公式ツイッター@webkajp
ほた:今、大阪駅に居ます!
大阪駅
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT) / posted at 10月4日 20:18

大阪駅で「JR大阪環状線」に乗り換えて3駅先の西九条駅(にしくじょうえき)で降りた。

うぇぶかにほん公式ツイッターうぇぶかにほん公式ツイッター@webkajp
ほた:今、西九条駅という所で特急「くろしお」と言う列車を待っています。
西九条駅
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT) / posted at 10月4日 20:43

うぇぶかにほん公式ツイッターうぇぶかにほん公式ツイッター @webkajp
ほた:さすが大阪!WIMAXの電波の全開を初めて見た気がする!
posted at 10月4日 20:47


西九条駅の特急くろしお4号車の乗車位置
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.

この西九条駅で降りたのは、21:13発の特急くろしお29号に乗るためである。

うぇぶかにほん公式ツイッターうぇぶかにほん公式ツイッター @webkajp
ほた:ハリー・ポッターの電車ダァー!
posted at 10月4日 21:01


ハリー・ポッターのラッピング電車
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.

駅で待っているとおそらくユニバーサル・スタジオ・ジャパン (USJ) の最寄り駅から来た電車が次々とやってきて、ホームはすぐにテンションが上がりまくった若者達で溢れかえった。ハイテンションの若者たちに囲まれて重装備のおっさんがポツンと一人・・・つらい・・・。

写真は、JR桜島線(愛称:JRゆめ咲線)のUSJラッピング電車「ハリーポッター」号。


特急はるか(281系)(西九条駅にて)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

写真は通過していった特急はるか(281系)という列車(たぶん)。


特急くろしお29号(西九条駅にて)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

待つこと30分(早く着き過ぎた・・・)、やっとこ特急くろしお29号が到着。車両は、JR西日本287系という電車。


特急「くろしお」の普通車のシート
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.

こちらは特急くろしお29号の普通車のシート、やっぱゴージャスだ!西九条-和歌山間のB特急券(指定席)は+1450円だった。

うぇぶかにほん公式ツイッターうぇぶかにほん公式ツイッター @webkajp
ほた:くろしお29号で、和歌山駅に向かっています。やっぱり車旅より鉄道旅の方がいいですわぁ〜(^O^)/
posted at 10月4日 21:22

西九条駅から和歌山駅までの途中停車駅は、天王寺駅、日根野駅、和泉砂川駅の3駅だけ。


特急くろしお(和歌山駅にて)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

約53分で、この日の宿泊駅、和歌山駅に到着した。上の写真は和歌山駅を去ってゆく特急くろしお。

うぇぶかにほん公式ツイッターうぇぶかにほん公式ツイッター@webkajp
ほた:人生初、和歌山県上陸しました!
和歌山駅の駅名標
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT) / posted at 10月4日 22:13


2013年10月4日22:10頃、ついに私は、和歌山県に人生初上陸したのっだった!

これで未上陸の都道府県は、あと沖縄県だけとなった。といっても大分県とか宮崎県とかわずか数分だけ上陸しただけの県もあるんだけど、まーそれはすべて上陸済みとする(笑)。

沖縄には過去に1度、上陸計画を立てたが、台風で飛行機が欠航となり、予定が台無しになった苦い思い出がある。いつかリベンジしようと思いつつ、その時のトラウマで、まだ行けてない。


和歌山駅の駅舎
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

これが和歌山駅の駅舎。想像していたより大きい(当たり前か)。


和歌山の夜景
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

こちらは、ホテルのバルコニーから見た和歌山市の夜景。想像していたよりも都会だった(失礼だろ)。

この日、宿泊したのは「シティ・イン和歌山」というビジネスホテル。温泉じゃないけど大浴場もあって、遅いチェックインにも対応していて、素泊まり4200円なり。

翌日からは、いよいよ秋の乗り放題パスで、乗り鉄として外せないあの駅に向かう。

つづく →次へ

関連外部リンク
旅行ガイド【近畿】
http://travel.rakuten.co.jp/kinki/

楽天トラベル
http://travel.rakuten.co.jp/

鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ
http://ja.wikipedia.org/wiki/...
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

おっさん一人旅2012夏 12日目 白馬駅

2012.09.10 (Mon) 共有
直江津行き
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

富山県の魚津駅(うおづえき)から朝6時48分発の直江津行の下り列車に乗った。

いよいよこのおっさん一人旅も最終日である。富山から横浜まで本当に一日で帰れるのか?と不安にかられがちだが、中央本線など東京へ向かう列車は、けっこう本数が多いので、余裕で帰れてしまうのだ。

それに横浜と富山は、直線距離で位置を比較すると名古屋辺りと変わらない。富山や金沢が遠いというのは、実は思い込みである。

それに青春18きっぷの旅的には、最終日の大移動に太平洋側の愛知~静岡~神奈川という東海道本線を使って戻るルートよりも長野~山梨~東京~神奈川という中央本線ルートを使うほうが、精神的に楽である。特に米原~豊橋~熱海間などは、乗客も駅数も多く、景色はずーと町中、列車もくつろげないタイプなので地獄である。

大糸線
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

新潟県の糸魚川駅(いといがわえき)で、北アルプスの景色を堪能できるローカル線、大糸線(おおいとせん)に乗り換えた。

大糸線
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

この大糸線は、長野県の南小谷駅(みなみおたりえき)がJR西日本とJR東日本の境界駅のため、ここでJR東日本管轄の大糸線の列車に乗り換える。

駅弁「夫婦めし」
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

発車待ち時間で、糸魚川駅で買っておいた名物駅弁「夫婦めし」を食べた。山の幸と海の幸の二つの味が楽しめる釜飯。中身の写真はツイッターで見てね。

白馬駅
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

この日は、後帰るだけではもったいないので、南小谷駅から数駅先の白馬駅(はくばえき、長野県)で下車し、寄り道することに。なぜなら白馬駅の徒歩圏内に立ち寄り湯がたくさんあるとの情報を得ていたからだ。

早速、駅に隣接している観光案内所でマップとおすすめの温泉を聞いた。さらに割引券ももらった。

白馬八方温泉
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

立ち寄った温泉は、白馬八方温泉みみずくの湯、いやぁ~いい湯であった。しかも露天風呂から白馬の山の絶景が見える。ああ、やっぱ昼間っから温泉、最高だ!

白馬・八方の山々
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

道を歩けば、目の前に広がるのは、絶景!

信州そば
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

もちろんランチは、信州名物「信州そば」!本場の味、ウマー!

大糸線
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

わずか2時間ほどであったが、白馬八方を堪能し、再び大糸線で松本駅(まつもとえき、長野県)を目指す。

松本駅には、列車が2分遅れた上に、一番後ろの車両に乗っていて、階段は先頭車両より前、しかも終点なんで大量の人が降り、行く手を阻む。さらにその人らがのんびり歩いていやがるんで、もうなりふりかまわず人の波をかき分けて発車ギリギリ間に合った。さすがに焦った!たぶん、乗り換えに失敗した人もいると思う。

なぜ、この列車に間に合わせなければならないかというと、この先の塩山駅(えんざんえき、山梨県)から臨時快速「山梨ぶどう狩り号」という列車の指定券を途中の糸魚川駅でゲットしてたからである。

塩山行の車内
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

塩山行の列車は、途中の小淵沢駅まで微妙に混んでいてけっこう疲れた。小淵沢駅から一気に空いたのだけれど、どうしてかは不明。

富士山
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

新府駅(しんぷえき、山梨県)に停車中の車内から富士山を激写!

塩山駅で、臨時快速「山梨ぶどう狩り号」に乗り換えた。ネーミングから想像する観光列車とは程遠い普通の特急車両(E257系)であったのが残念。まあ非常に快適な乗り心地ではあったのだけれど。

たまたま隣に座ってた横浜市金沢区に住む50代のおじさんと山の話で盛り上がって、同じ横浜方面なので、いっしょに八王子駅(はちおうじえき、東京都)で降て、私が町田駅(まちだえき、東京都)で下車するまで話していた。

しかし今回の旅では、なぜか多くの人に話しかけられた。やっぱ旅してるぞー丸出しのばかでかいバックパック+カメラバック+スポーティな服装だからだろうか?まあ実際、旅のスタイルは、ほぼバックパッカーと同じなんだけどね。

小田急町田駅
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

町田駅に下りて改札を出たとたん感覚が「シューーーードッパァーーー!!」っと、一気に現実に引き戻される。

ものすごい数の人がぐちゃぐちゃと歩いていたからである。熊本駅や鹿児島駅、博多駅でさえ、この人の密度はなかった。やはり東京(町田を東京と呼ぶのは抵抗があるが・・・)は、大都会である。

「ああ、旅は終わったんだな・・・」

ただ、町田駅から乗った小田急線の電車は、不思議といつもの殺伐とした通勤電車の雰囲気がないと思ったら、この日は、日曜日だった。「ふーこれで爽やかな気分で自宅に帰還できそうだ」。いつもおっさん一人旅のラストは、地獄のサラリーマンOL満員幽霊列車で、せっかく田舎の美しい海で浄化し、山や森で癒された私の体が汚されるのである。

地元駅「緑園都市駅(りょくてんとしえき、神奈川県)」に降りた瞬間、「これのどこ緑園都市なんだ!コンクリートジャングルじゃないか!」と本気で感じた。

自宅が近づくと、家のワンコのことをふっと思い出した。

自宅のドアを開けるとワンコが飛んできて、かつてないほど興奮して走り回り、喜んで迎えてくれた。

「旅も良いけど、やっぱ帰る家があるって良いね」

おしまい


》》この旅を最初から見る
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(1) share

おっさん一人旅2012夏 11日目2 のと鉄道

2012.09.09 (Sun) 共有
のと鉄道の車両
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

ドハデなデザインの「のと鉄道(のとてつどう)」の列車。

のと鉄道ラッピング列車
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

マジンガーZ、デビルマン、キューティーハニーのラッピング列車だった。

玉宝
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

七尾名物「玉宝」入りの寿司盛り合わせの駅弁。玉宝がめっちゃウマー!中身の写真はツイッターで見てね!

あんころもち
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

デザートは、七尾名物あんころもち、甘ウマー!

穴水駅
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

のと鉄道終着駅「穴水駅(あなみずえき、石川県)」。

穴水駅近くの海
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

穴水駅近くの静かな海。

西岸駅
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

戻りの列車にのり途中の西岸駅(にしぎしえき、石川県)で降りた。

駅には、人が沢山いた。しかも駅名標が2種類ある。近くの人に聞いてみた。

「これなんで別の駅名なんですか?」

「この駅がこの駅名でアニメの舞台になったんです」

「なるほど、だからいっぱい人がいるんですね」

「ええ、それ系の・・・ハハハ・・・」

花咲くいろは
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

どうりで今、乗ってきたラッピング列車がオタクの人に占拠されていた訳だ。上の写真のアニメらしい。「花咲くいろは」っていうタイトルなのかな?

中島猿田彦温泉いやしの湯
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

私の目的は、アニメではなく、まずは温泉。海と空を眺めながら昼間に入る温泉「中島猿田彦温泉いやしの湯」、最高~!

岩牡蠣
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

そして最大の目的、それはこの時期のこのエリアでしか食べられない天然岩牡蠣!

ものすごいデカさ、レモンと比べてみて!冬の普通の牡蠣の10倍くらい!

そのお味は、プリップリツルッツルジュワァ~っとジューシー&クリーミーって感じ。マジで超絶激ウマー!牡蠣好きを唸らせる絶品であった。

帰りの列車でもう一個食べておけばと猛烈に後悔したほどである。よくよく考えら、1個1000円って超激安な訳で、次は来年の夏まで食べられない訳で、しかも西岸駅まで今度、いつ行けるんだよー って考えたら後悔の嵐が襲ってきた。

和倉温泉駅
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

そして、加賀屋が有名な和倉温泉駅(わくらおんせんえき、石川県)に行きで列車を待つ。駅近くは、立ち寄り湯はなくて、温泉街は歩くと30分位かかるらしい。西岸駅で、入っといてよかった。

のと鉄道つこうてくだしフリーきっぷ
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

のと鉄道は、当然、青春18きっぷは使えない。さらに普通に乗るとかなり運賃が高いので、「のと鉄道つこうてくだしフリーきっぷ」1000円を買った。さっき入った温泉も割引になった。

臨時快速 能登の里山海山号
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

金沢駅(かなざわえき、石川県)まで乗ったのは、臨時快速「能登の里山里海」号という列車。

金沢駅の駅舎
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

金沢駅の天井の日の丸?すごいカッコイい駅舎であった。

魚津駅
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

この日は、ネオンキラキラの魚津駅(うおづえき、富山県)まで行き、

地魚のお刺身
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

ビールと魚津の地魚の刺身を食べ、ホテルに戻ったらバタンキュー。

つづく

旅のつづきを見る 》》

》》この旅を最初から見る
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(2) share
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
スポンサード リンク
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation