うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
E-3一人旅Z.D.ED12-60mmF2.8-4.0SWDLUMIX_G20mmF1.7ASPH.E-P3htcEVO3D(ISW12HT)映画DMC-GF1タイドラマ旅(複数)E-M1横浜Z.D.ED50mmF2.0Macro音楽鉄道M.Z.D.ED12-40mmF2.8PRO動画バンコクスマートフォン夜景北海道IE8Z.D.ED50-200mmF2.8-3.5SWDInternet_ExplorerDSC-HX100VCP+Z.D.ED40-150mmF4.0-5.6DIGITAL_HARINEZUMI2富士山Z.D.ED9-18mmF4.0-5.6iPod_touch4thみなとみらいパソコン小豆島神戸PC秋の乗り放題パスウェブパタヤパソコン周辺機器東京スカイツリー宮崎あおいあまちゃん横浜ベイブリッジGirlsAward松山ケンイチM.Z.D.ED12mmF2.0E-M5江口洋介横浜駅白谷雲水峡アユタヤ浅草屋久島浅田真央横浜ランドマークタワー上戸彩Ai_Nikkor50mmf1.4GM1小樽大さん橋礼文島青森ロジクールM.Z.D.14-42mmF3.5-5.6ⅡR函館山下公園イベントコンパニオンE-520M.Z.D.14-42mmF3.5-5.6二俣川駅LS-10WiMAX大洗港四国渋谷土讃線戸田恵梨香松原商店街松田翔太江ノ島トラブル温泉上地雄輔金比羅山阿部寛Nikkor24mmf2.8Ai高松岡津町摩耶山風鈴ワット・アルンノニ藤木直人菅野美穂ポートタワー木村拓哉道後温泉東北本線JRiPad_miniXJAPANATOK西岸駅バックパック登別温泉角島大橋iPhoneAmazon稚内東京駅大部港予讃線シュノーケリング藤原竜也au石原さとみ綾瀬はるか讃岐うどんラン島仲間由紀恵八重の桜DVD妻夫木聡長崎益田駅LEICA_minilux枕崎駅熊本駅中井貴一瑛太松山駅ミニチュア風鹿児島本線佐藤浩市金沢駅キャメロン・ディアスレオナルド・ディカプリオ豊川悦司予土線四万十川窪川駅松山城瀬戸内海双子浦ジョージ・クルーニー汐吹公園エンジェルロード観音寺駅高知城高知五能線平泉オルガ・キュリレンコ阿波池田駅坪尻駅高知駅北海道&東日本パス川奈桂浜はりまや橋スキンダイビング日生港日生駅トレイルランニング蒼井ゆう平塚駅久大本線日の出ソニータイマー金沢八景JR東日本パスはやぶさ新青森iPod_touch4thスマートフォンIKEA夜明駅水戸黄門南京町有吉弘行阿蘇山浜松東伊豆指宿枕崎線秋田水戸駅深津絵里はまなす保土ヶ谷バイパス東北新幹線テレビサムスンXperia秋葉原AdobeiPadAir0.8秒と衝撃。あぶくま駅実験JR磐越西線塔のへつり駅会津若松駅中古車屋兜駅E-M1Z.D.ED50mmF2.0MacroBOSEスポーツジム旭川水着美瑛FC2ブログ共有テンプレートフリー写真素材札幌洞爺湖E-M10ボルボM.Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6EZGoProIE10会津田島駅大川ダム公園駅BLANKEY_JET_CITYスーザン・ボイルRADWIMPS松嶋菜々子上野樹里長谷川博己二俣川サッカーROSEROSEトム・ハンクスジャガーブライアン・セッツァーリゾートしらかみ香里奈観月ありさ東北被災地南会津会津鉄道男鹿高原駅メリケンパーク阿武隈急行線ワット・サケットワット・ポーフワランポーン駅WOLリモートデスクトップ琴平駅谷川岳薩摩高城駅肥後二見駅西大山駅指宿駅水道橋駅三ノ宮駅山陰本線OM-1PEN_FPEN_FT初代PENE-PL5OM-3東京ドーム長野電鉄屋代線香港ミャンマー羽田空港ヘルニアAterm_BL900HWロト7宗谷本線名寄駅三角地帯THE_MAD_CAPSULE_MARKETSDVD-Rパスポート稚内駅博多駅エヴァンゲリオン白馬駅業平橋駅Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6町田駅穴水駅のと鉄道大糸線糸魚川駅宗谷岬黒味岳納沙布岬苫小牧緑園都市駅和倉温泉駅大黒パーキング戸塚駅特牛駅唐津駅EOS-1DX立山黒部アルペンルートREGZA_Phone_T-01C熊ヶ根駅飛鳥Ⅱ海本牧魚津駅Milky_BunnyiOS伊予大洲駅横浜港CRASSしおサイダーBabylon伊万里駅Facebook佐世保駅たびら平戸口駅大村線酒田駅きらきらうえつ山形鳥取砂丘軍艦島南阿蘇鉄道長崎本線羽黒山横浜赤レンガ倉庫女鹿駅角館南部鉄道秋田内陸線土合駅福島駅阿蘇駅赤水駅めがね橋碓氷峠八ツ森駅出雲市駅小幌駅七尾線彦根駅カラビナMAMMUTウィルス米原駅小樽運河いしかりライナーYMOふじ丸初詣きゃりーぱみゅぱみゅ大橋のぞみスパイウェアFM戸塚嘉瀬駅ストーブ列車津軽鉄道東室蘭駅北舟岡駅豊岡駅十和田観光電鉄線上北町駅田儀駅七尾駅宇都宮駅福島郡山駅驫木駅

伊勢山皇大神宮で初詣

2013.01.02 (Wed) 共有

伊勢山皇大神宮
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.


ドライブがてらミッキー(家の犬)と初詣に行ってきた。

場所は、横浜のお伊勢さま(関東のお伊勢さま)こと「伊勢山皇大神宮(いせやまこうたいじんぐう)」。最寄り駅は、JR桜木町駅か京急日の出町駅から徒歩圏内。

たぶん三重県にある伊勢神宮に関連した神社だと思われる。


伊勢山皇大神宮
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.


そこそこ混んではいたけれど、比較的すぐに参拝できたよ。

神奈川だと川崎大師か鎌倉の鶴岡八幡宮が有名だけれど、はっきり言っておっさん&犬で行くには非常に辛い場所である。浅草の浅草寺でもちょっと辛いから。それに比べたら、ここは、ほとんど待たないし、押し潰されることもないので、最高である。


伊勢山皇大神宮
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.


出店もたくさん出ていてお祭りの雰囲気も満点。

めったに遭遇できないベビーカステラに遭遇したので、思わず購入。やっぱ、出店のベビーカステラはうまい!

ちなみに伊勢山皇大神宮からすぐのところに「成田山 横浜別院 延命院(なりたさん よこはまべついん えんめいいん)」というお寺もあって、そちらも初詣の人でにぎわっていた。


鳩ポッポ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6


これは特に意味なし写真、道端にいたただの鳩ポッポ。


大岡川と長者橋
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.


これも特に意味なし、大岡川と長者橋の写真。

近くに駐車場を確保できず長者町の方に停めたので、そこへ戻る途中。


極楽湯
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.


一度帰宅してから、温泉に入りたいという激しい衝動に襲われたので、近くの天然温泉「極楽湯 横浜芹が谷店」へ。

やはりというか、恐ろしいほどの鬼混み状態。なので、あまり湯ったりできなかったが、それでも、やっぱ温泉は気持ちいいぃ~。それに、ここの露天風呂の黒湯は、温度も高めでとっても温まるんだよね。

神社でパワーをもらって、温泉でホッコリして、心も体もスッキリ爽快な一日であった。

では、また

≫≫ 元気(パワー)をもらう神社旅行

関連外部リンク
伊勢山皇大神宮のホームページ
http://www.iseyama.jp/

極楽湯 横浜芹が谷店のホームページ
http://www.gokurakuyu.ne.jp/gokurakuyu/tempo/serigaya/
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

2013年元旦の富士山と幸運の犬、今年の抱負

2013.01.01 (Tue) 共有

2013年元旦の富士山
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6


あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします

今年の元旦は、天気が良かったので朝からミッキー(うちの犬)とお散歩に。

とっても見事な富士山を拝むことができた!ラッキー!

ちなみに上は、望遠レンズでぐっと引き寄せた写真。


2013年元旦の富士山を望む
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.


こちらは、肉眼に近い標準レンズで撮影した全景。

家の近所は、横浜市内でもけっこう標高が高い位置にあるので、天気が良いとこのように富士山が見られるんだけど、当然、かなり離れているので、ここまで見事に見られるのは、めったにない。

それが元旦に見られるとは、なんという幸運!

しかし幸運はこれだけでは終わらなかった!


うんちまみれのミニチュアダックス
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.


散歩の途中、ふとミッキーの背中の汚れに気がついた。なんだろうと思い触ってみると・・・

「ゲッゲェー!こ、これは、ウンチじゃないか!?」

いつ、一体、どうやって、付着したのかわからないんだけれど、ミッキーの背中に付いているウンチが私の手にも付着したのである。

新年早々、ウンチまみれの犬とウンチを手につけたおっさんがそこにいた。

しかし、私の思考は、

ウンチが付いた犬
→運が付く
→ラッキードッグ
→さらにおっさんの手にもウンチが付く
→運が付く
→ラッキーおっさん
→今年はいいことありそう

「やったぁー今年はツイてるぞー!」

といったポジティブシンキングな状態であった。やっぱプラス思考は大切だよ(笑)。

ということで、今年の抱負を考えてみた。

まずは、「明るく・前向き・笑顔・ひたむき・素直・謙虚・思いやり・敬意を払う」といった初心をあらためて見直すこと。

この数年、テレビで、マスコミや政治家、コメンテーターなど、ネガティブな発言を聞くこと多すぎるというのもあって、なんとなく気が沈みがち。だからできるだけテレビを見ないようにしているんだけれど、最近テレビに出ている20代くらいの若いタレントを見ていたら、なにげにけっこう明るくて前向きでひたむきな人が多いことに、気がついた。そして、忘れかけていた初心をハッと思い出させてもらったのである。ありがとう。

それと大晦日の紅白で永ちゃん(矢沢永吉)が登場、「IT’S UP TO YOU!」、圧巻のステージを観て思い出した。ギラギラ燃えてたあの日を(笑)。欲望・夢・あきらめない・そんなギラギラとした生き様、原点。

今年の抱負:原点回帰

≫≫ Last Song / 矢沢永吉

YouTubeで「矢沢永吉 Last Song IT'S UP TO YOU」を検索で公式PVが見れるかも!

と言うことで、今年もこのブログはアバウトに更新していきますので、暇な時にでもたまにチェックしてやってください。

このブログを見てくれた皆様の2013年が幸せでありますように。

関連外部リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

【三浦アルプス トレッキング4】乳頭山~南中峠~中の沢

2012.08.04 (Sat) 共有

乳頭山
乳頭山 ≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6


【三浦アルプス トレッキング4】乳頭山~南中峠~中の沢

※この記事は続きです、最初から読むには↓
【三浦アルプス トレッキング1】風早橋バス停~仙元山山頂

三浦アルプスルートマップ
≫クリックで拡大


【送電鉄塔下】で昼メシを食べて、ちょっと休憩してから途中の目標地点・乳頭山を目指す。そこまでの分岐は、【上山口分岐】【上山口分岐の次の分岐】【畠山・安針塚駅方面の分岐】と三つの分岐を通過すると鉄の階段があって、そこを登り切ると【乳頭山 (にゅうとうさん) 】の山頂へ到着した。送電鉄塔下から乳頭山までは、約30分くらい。

「おおーやっと人に会えた(喜)!」

なんと乳頭山山頂で、年配のおじさん(60才代くらい?)が一人で休憩していた。三浦アルプスに入って、初めて人間と遭遇した。到着時刻は13時くらいだったので、風早橋バス停を出発からここまで5時間10分くらい。これまで遭遇したのは、クモと蝶蝶と蚊とリスだけだったので、とても嬉しかった。

そのおじさんも人と遭遇したのは、やっぱり初なんだと。どんだけ人気が低いんだろ三浦アルプアス(笑)。おじさんは、阿部倉山(あべくらやま)から入り、二子山~北尾根を経由して乳頭山に到着したんだとか。

一緒に休憩をしながら三浦アルプスの情報交換をして、おじさんは、私がこれまで歩いて来た南尾根のルートへ消えていった。「これからあの激しいルートを歩くのか・・・仙元山へ到着するのは、夕方5時過ぎになるな・・・」と思ったが、人の心配をしているほど私の体力も余裕はなかった。


乳頭山からの眺め
乳頭山からの眺め ≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD


乳頭山山頂からは東京湾方面を望むことができた。まあ、つまり相模湾から東京湾へ三浦半島を縦走したことになる。しかし、山の上から見下ろす景色を見ていると、とても清々しい気分になるのはなぜだろう。やっぱ、空が近くて空気がおいしいからだろうか?


長浦湾
長浦湾 ≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD


上の写真は、JR田浦駅近くの長浦湾。


海上自衛隊横須賀地方隊
海上自衛隊横須賀地方隊 ≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6


海上自衛隊横須賀地方隊の基地が見える。奥に見えるのは、日産追浜工場。


海上自衛隊横須賀地方隊と米軍横須賀基地
海上自衛隊横須賀地方隊と米軍横須賀基地 ≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6


手前の軍艦2隻がたぶん海上自衛隊で、奥に見える巨大な航空母艦とその背後の島は、米軍横須賀基地。手前のマンションと比べてみると、空母、ばかでかい!あれは、横須賀基地配備の原子力空母「USSジョージ・ワシントン」だろうか?


横浜横須賀道路
横浜横須賀道路 ≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6


乳頭山で休憩してから、次に向かうは、【南中峠】であるのだが、実はこの先、カメラを手に持って歩行するのが体力的にも気力的にもルートの険しさ的にも難しかったので、写真は、ほぼ無い。なので、この先の様子は、文章だけでサクっとお伝えします。ほんと、すみません・・・。

■乳頭山~南中峠(六把峠)■
乳頭山を後にして少し下るとすぐに二つに分かれた分岐になっているので、左に進む。すると本日2人目の人間に遭遇した。なんと75才のおじさん?で、足腰の健康の為に山歩きをしているんだとか。おじさんとが、私に前を歩いてくれと言うので、前を歩いていたが、はっきり言って、道幅狭いし、草におおわれてルートわかりずらいし、アップダウン激しいし、下りけっこう急だし、足痛いし、死ぬほど暑いし・・・「あ、すいません、ちょっと疲れたので休憩しますので、先に行ってください・・・」と言って十数分一緒に歩いて別れた。

南中峠(六把峠)までは、鉄塔を2か所通過し、分岐もあった。とにかく下りが急で、道もわかりずらいので、かなりきつかった。

■南中峠(六把峠)~中の沢■
中の沢は北側で、本当は、南側の南の沢ルートを通る予定だったんだけれど、左(南)へ向かってちょっと下り始めたところで、倒木によって進路が完全に塞がれていて、どうやっても通れない状態だった。仕方なく、中尾根を通るつもりだったんだけど、なぜかそのルートを見つけられなくて、中尾根だと思って進んでいたルートは、中の沢へ向かう北側のルートだったのだ。

しかもこのルートは、道幅が超狭い崖っぷちのルートでしかも湿っていて滑りやすい。さらにシダの葉っぱに覆われていて道がまったく見えない。コケたら確実に大怪我するだろう感じ。もう完璧なジャングル状態!?途中、「本当にここルートなのか?」と不安な気持ちになりつつ、中の沢へ向かって下っていったのである。


【三浦アルプス トレッキング5】中の沢~森戸川源流~森戸林道~桜山~東逗子駅 に続く
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

【三浦アルプス トレッキング1】風早橋バス停~仙元山山頂

2012.08.01 (Wed) 共有

風早橋バス停
風早橋バス停 ≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD


【三浦アルプス トレッキング1】 風早橋バス停~仙元山山頂

先週、三浦半島随一のトレッキングコース、神奈川のなんちゃってアルプス『三浦アルプス・トレッキングコース』を歩いてきた。

この三浦アルプスには、たくさんのルートがあるんだけれど、今回は、JR逗子駅もしくは京急新逗子駅からバスで葉山の風早橋(かざはやばし)バス停下車、「木の下交差点」から登り始める下記ルートを巡った。

逗子駅~風早橋バス停~仙元山山頂~観音塚~南尾根~乳頭山~南中峠~中の沢~森戸川源流~森戸林道~桜山~東逗子駅

詳細は下記地図 ※黒線が今回歩いたルート
三浦アルプスルートマップ
≫クリックで拡大


地図の原本は↓こちら
≫≫ 三浦アルプストレッキングガイド(PDF)

他に京急田浦駅、JR田浦駅、JR東逗子駅、京急安針塚駅などからスタートするルートもある。

JR逗子駅からは2番のりばからバスに乗り約5分ほどで風早橋バス停に着いた。なお風早橋バス停の辺りにはコンビニなどの売店は見当たらなかったので、必ず逗子駅で食料と水を調達しておこう。ちなみに今回私は水2L+500mlを買っていったが、真夏の低山は想像以上に蒸し暑くて、途中の森戸川源流の辺りで水がなくなってしまい、熱中症で死ぬかと思った。夏なら4L持ってガブガブ飲むのが正解かも。


旧・葉山ボンジュール葉山店
旧・葉山ボンジュール葉山店 ≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD


風早橋バス停の先に見えているトンネルの手前を右に曲がると上の写真の建物(旧・葉山ボンジュール葉山店)がある。


木の下交差点
木の下交差点 ≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD


トンネル手前を右に曲がってから200mほどで「木の下交差点」がある。ここが今回のルートの実質的なスタート地点となる。


仙元山ハイキングコース案内板
仙元山ハイキングコース案内板 ≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD


ちょうどさっきのトンネルの上を登っていく感じだ。


葉山教会までの急坂
葉山教会までの急坂 ≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD


まず、葉山教会までは普通の舗装された道、しかしいきなりの超急坂である。


三浦アルプス入口
三浦アルプス入口 ≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD


葉山教会の脇にここから山道となる三浦アルプスの入口があった。


仙元山の山頂
仙元山の山頂 ≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6


一発目のビューポイント「仙元山(せんげんやま)の山頂」までは、15分ほどで到着した。


仙元山の山頂から相模湾を望む
仙元山の山頂から相模湾を望む ≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6


ここから相模湾が一望できる。今回は、ガスってたので、江ノ島がうっすらとしか見えなかったのが残念。天気が良好なら葉山~江ノ島~富士山までの相模湾が一望できると言う。


仙元山の山頂から葉山を望む
仙元山の山頂から葉山を望む ≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6


眼下には葉山の海と街並みが。


仙元山の山頂から葉山を望む
仙元山の山頂から葉山を望む ≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6


こちらは、森戸神社(森戸大明神)の沖合に浮かぶ島の鳥居と灯台。

今回のルートだと仙元山山頂からの朝の景色なんだけど、ルートを逆にして、夕日が沈む相模湾の絶景も見てみたい。


仙元山の山頂のトイレ
仙元山の山頂のトイレ ≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6


仙元山の山頂には一応、トイレもあった。というかこの先のルートでトイレは一切無かったので、ウンチしとくならここがラストチャンスだ(笑)。

ここまでは、一瞬だったので、この先に待っている地獄を、私は、まだ知らない。


【三浦アルプス トレッキング2】仙元山山頂~観音塚 に続く
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(2) share

東京スカイツリー展望台の絶景写真

2012.06.18 (Mon) 共有

東京スカイツリー絶景
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6


上の写真は、東京スカイツリーの展望デッキから見た浅草・上野方面。

今回の写真は、すべて展望デッキからの眺望。


東京スカイツリー絶景
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6


同じく浅草・上野方角を真下から広角レンズで撮影。右奥の東京ドームの左奥が新宿で、左の方に東京タワーが見える。天気がよければ、東京ドームと東京タワーの中間辺りに富士山が見えるはず。

しっかし、東京スカイツリーの眺めは絶景だったなぁー。

まさに、天空散歩!


東京スカイツリー絶景
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6


こちらは隅田川を上流方角へ見た景色。方角的には北北西で、南千住方面。


東京スカイツリー絶景
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6


望遠レンズを使えば、普通だった絶対に撮れない角度から街を撮影できる。



東京スカイツリー絶景
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6


望遠レンズで見える景色も、ジオラマみたいで楽しい。

うぇぶかにほんの特集で、大量の写真を公開中なので、そちらもぜひ!
≫≫ 何度も行きたい東京スカイツリー特集

では、また
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
スポンサード リンク
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation