うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ海外の旅映画デジタルガジェットPANASONIC動画ありPCトラブル北海道音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ神戸ソフト&アプリSONY九州小豆島NIKON夜景SEIKO旅(複数)PCパソコンGirlsAward鉄道フィルムカメラウェブあまちゃんスマートフォン撮影道具浅田真央アメリカ白谷雲水峡屋久島四国iPod_touch4thパソコン周辺機器E-520ロジクール台湾土讃線RICHO-PENTAX金比羅山終わらない断捨離の記録アユタヤ讃岐うどんXJAPAN浅草バックパック香港道後温泉予讃線高松WiMAX江ノ島風鈴横浜駅ノニ大洗港動画グラム単位の軽量化CANONLEICA礼文島FUJIFILMキャメロン・ディアス摩耶山松山駅ミニチュア風大部港小樽ポートタワー窪川駅高知城日生港双子浦観音寺駅瀬戸内海南京町予土線松山城四万十川高知浜松エンジェルロード日生駅富士山東北メリケンパーク戸田恵梨香藤木直人中古車屋フリー写真素材水着スポーツジム実験阿部寛坪尻駅阿波池田駅高知駅はりまや橋琴平駅ジャガー二俣川サッカーテレビ桂浜東北本線レオナルド・ディカプリオ豊川悦司ジョージ・クルーニーオルガ・キュリレンコ仲間由紀恵ROSEROSEトム・ハンクスiPod_touch4thスマートフォンはまなす中井貴一伊予大洲駅東京ドーム函館いしかりライナー保土ヶ谷バイパス小樽運河ブライアン・セッツァースーザン・ボイルあぶくま駅兜駅塔のへつり駅秋の乗り放題パスGoProCOSINAミャンマー会津田島駅大川ダム公園駅被災地阿武隈急行線RADWIMPS南会津会津鉄道八重の桜男鹿高原駅水道橋駅LS-10汐吹公園東伊豆シュノーケリング川奈スキンダイビング平泉北海道&東日本パス東京スカイツリー新青森水戸黄門水戸駅東京駅トレイルランニングJR東日本パス東北新幹線はやぶさ福島駅八ツ森駅稚内駅名寄駅宗谷本線三ノ宮駅二俣川駅Milky_Bunny熊ヶ根駅YMOきゃりーぱみゅぱみゅJRしおサイダーハワイMAMMUT角島大橋カラビナ青森

CP+2014:ソニー、ペンタックス、カシオ、シグマ、タムロン

2014.02.18 (Tue) 共有

CP+2014 ソニー ブース
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

この記事のは続き物です。最初の記事は「CP+2014に行ってきた!」から

CP+2014会場入口の右側はソニー(SONY)ブースだった。


CP+2014 ソニー ブース
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

ソニーでは、昨年発売したフルサイズミラーレス一眼「α7R」「α7」とNEX-7後継機「α6000」などEマウントとAマウントのαシリーズのボディとレンズ、大型センサー搭載のコンデジ「DSC-RX1R」「RX10」や高倍率ズームコンデジ「HX400V」などのカメラを展示していた。ビデオカメラでは、デジタル4Kビデオカメラ「FDR-AX1」「FDR-AX100」とアクションカム「HDR-AS30V」などを展示していた。


CP+2014 ソニーのイベントコンパニオン
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

ソニーの新製品の試写コーナーのイベントコンパニオンさん。

CP+では、普通のカメラ店と違って、本物のモデルを被写体に発売前のカメラの試し撮りができるのがメリットの一つ。


CP+2014 ソニー α6000
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

個人的に気になった新製品は「α6000」。もしAPS-C機を買うならこれかな、買わないけど(笑)。APS-Cのミラーレスでボディ内手ぶれ補正の機種があればな~。

なぜ7から6000になるのかは不明だが、このカメラは実質NEX-7の後継機。AFがめっちゃ速くなったとか。だいぶ見慣れてきたねこの形。

ソニーのEマウント+APS-Cサイズセンサーのミラーレス一眼は、NEXシリーズから「α(アルファ)」シリーズのネーミングに統一されたんだとか。

しっかしカメラメーカーの機種名の数字の付け方って、行き当たりばったりっぽくて意味とかあるのかなーって思う。数字が大きい方が上位だったり、小さい方が上位だったり、突然逆転現象になったり、突然桁が増えたり、減ったり、数字一個飛ばしだったり、飛ばさなかったり・・・そもそも数字って本当に必要なのか?モデルチェンジごとに数字やアルファベットを変えて機種名変更をする必要あるのか?とも思う。

NEXシリーズは、数字はシリーズ名で固定だったけど、その代わりモデルチェンジの度にC、F、N、R、Tとかのアルファベットが変わって特にわかりづらかった。

初心者がメーカー毎の数字とアルファベットのグレードとモデル違いを理解するのにたぶん2年はかかると思う。実際、私がそうだった(笑)。これはその他業界のメーカーにも言えることで、なんでも数字や消費者には意味不明のアルファベットを付けようとするのやめないか、そろそろ。


CP+2014 ソニー α
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

ソニーもレンズの種類、だいぶ増えたんだねー。

ちなみにソニーのカメラのイメージタレントは北川景子。

ソニー関連の自己ツイート
ほた:ソニーブースに突入!
ほた:SONY α7
ほた:ソニーブースの撮影コーナー
ほた:ソニーα6000


CP+2014 リコー ブース
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

こちらはリコーイメージング ブースのトークイベント?「GR Short Movie Award」の写真。ステージにいるのはゲストの渋谷慶一郎氏、清川あさみ氏、鈴木明氏という有名人らしい。

リコーイメージングでは、中判デジタル一眼レフカメラ「PENTAX 645D 2014」、一眼レフ「PENTAX K-3」、ミラーレス「PENTAX Q7」などを展示していた。


CP+2014 ペンタックスQ7
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

PENTAX Q7、カラフルで楽しいけど、黒、シルバー以外のカラーを使うのは、おっさんには勇気が必要。

ペンタックスのイメージタレントは向井理。

リコー関連の自己ツイート
ほた:リコー ブースです
ほた:リコーのイベントコンパニオンさんです
ほた:リコー ブース 上から


CP+2014 カシオ ブース
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

カシオのゴルフの打ちっぱなしコーナー、だれもやってない・・・。

カシオ関連の自己ツイート
ほた:ダーツをする美女 by CASIO
ほた:オレンジと美女 by CASIO


CP+2014 シグマ ブース
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

シグマ(SIGMA)ブースでは、高級コンデジ「SIGMA dp Quattro」シリーズの「dp1 Quattro」「dp2 Quattro」「dp3 Quattro」を展示していた。発売日は未定。


CP+2014 シグマ dp3
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

これは50mm(35mm判換算75mm)の中望遠レンズを搭載した「dp3 Quattro」の写真。現行DPシリーズと同じくレンズごとにボディが発売される。dp1が19mm(35mm換算28mm)、dp2が30mm(35mm換算45mm)となる。


CP+2014 シグマのイベントコンパニオン
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

シグマのイベントコンパニオンさん。


CP+2014 シグマのイベントコンパニオン
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

同じくシグマのイベントコンパニオンさん。

シグマ関連の自己ツイート
ほた:シグマ ブース
ほた:シグマdp2、おもしろい形だな〜
ほた:撮影大会、盛り上がっています


CP+2014 タムロン ブース
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

こちらはタムロン(TAMRON) ブースの写真。タムロンってキャノニコソニーのレンズがメインなので基本スルーなんで写真ありません。

タムロン関連の自己ツイート
ほた:タムロン ブースです
ほた:タムロンのイベントコンパニオンさん

つづく →次へ

関連アイテム
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

ミラーレス一眼カメラ選びのポイント

2012.07.25 (Wed) 共有
白黒で鉄塔
≫ 拡大する

Camera:Panasonic LUMIX GF1 + Lens:LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.


上の写真は、私が所有するミラーレス一眼カメラPanasonic LUMIX GF1で撮影した「ただの鉄塔」。ほとんど使わないアスペクト比(横縦比)3:2で撮ってみた。私のメイン機オリンパスE-3の場合、4:3しかないんだけど、GF1には、16:9、4:3、3:2、1:1の4種類が選べる。

ところで、キャノンがついにミラーレス一眼カメラ市場に参入を発表したねー「Canon EOS M」。CMタレントは、新垣結衣&妻夫木聡。王者の風格、渾身の後出しジャンケン最強モデル投入か!?

キャノン参入で、ミラーレス一眼戦国時代に突入~!

まあ今後ミラーレス一眼市場が盛り上がるのは間違いないんだろうけど、個人的には、正直言っちゃうと今持っているパナのGF1は、あまり活用できていない。その理由は、いくつかあるんだけど、最大の理由は手ぶれ補正機能。買ってから気づいたんだけど、同じ(マイクロ)フォーサーズ機でもオリンパスとパナソニックでは、手ぶれ補正機能に大きな違いがあるんだよね。

オリンパス機:ボディ内手ぶれ補正
パナソニック機:レンズ内手ぶれ補正

その具体的な違いは、パナソニック機は手ぶれ補正がついているレンズでしか手ぶれ補正が効かず、オリンパス機はすべてのレンズで手ぶれ補正が効くということ。

しかもミラーレス一眼の最大の強みである小型薄型のパンケーキレンズなど単焦点レンズには、すべてに手ぶれ補正が付いていない。さらに言えば30本以上ある専用レンズで、レンズ内手ぶれ補正が付いているのは8本ほどしかない。

私が持っている2本のマイクロフォーサーズ用レンズは、両方ともレンズ内手ぶれ補正がないので、山の中とか店内とかちょっと暗い場所での手持ち撮影の失敗率がけっこう高いんだよね。それに比べてE-3の強力なボディ内手ぶれ補正は、ほんと信頼性が高くて、手持ちの失敗率がかなり低い。一生に一度行くかどうかの旅先の景色を撮る場合、信頼性ってかなり重要。

じゃあレンズを買えばいいじゃんと思ったが、GF1本来の目的だった普段の持ち歩き(携帯性)って話になると、手ぶれ補正付のレンズを付けちゃうと結局かさばる訳で、別にE-3でもいいじゃんとなる。

じゃあ三脚を持ち歩けって話になるけど、それじゃーミラーレス一眼の意味がない。まあ、当初はミニミニ三脚を持ち歩いていたんだけど、装着の手間とか置く場所を探したりを考えると、重いけどE-3でいいじゃんとなる。

あとGF1の場合、ファインダーがないので、日中の野外とかだとモニターがよく見えない。やっぱファインダー必要だろという訳で、やっぱE-3でいいじゃんとなる。

ちなみにOM-Dとか別売りのEVF(電子ビューファインダー)は、何度のぞいても馴染めない。やっぱ光学式ファインダーの方がしっくりくるという訳で、結局、E-3でいいじゃんとなる。

ファインダーの話はいいとして、まあ、つまり、ミラーレス一眼を含む一眼(レフ)カメラを買う場合、手ぶれ補正の方式は、けっこう重要なポイントじゃないかと。

ミラーレス一眼比較
センサーメーカー機種手ぶれ補正マウント専用レンズ
APS-C
22.3×14.9mm
キャノンEOS Mレンズ内EF-Mマウント2(1)
ソニーNEX-7レンズ内Eマウント8(5)
NEX-5N
富士フィルムX-Pro1なし?Xマウント3(0)
Mフォーサーズ
17.3×13.0mm
パナソニックGX1レンズ内Mフォーサーズマウント30(8)
GH2
オリンパスOM-D E-M5ボディ内
PEN E-P3
CXフォーマット
13.2×8.8mm
ニコンNikon1 V1レンズ内ニコン1マウント4(3)
Nikon1 J1
1/2.3インチ
8.2×4.6mm
ペンタックスPENTAX Qボディ内Qマウント5
※レンズの()はレンズ内手ぶれ補正付レンズの数 ※2012.7.現在

こーやって比べてみると、本来私のようなど素人が一期一会の旅行写真で極力失敗しない為には、ボディ内手ぶれ補正付きのオリンパス機しか選択肢がなかったのである。あ、PENTAX Qもあるけど、レンズ数が・・・。

ただこれって、実際にパナGF1を買って使ってみて気づいたこと。それと一応言っとくと、うまく撮れたGF1の写真は、もちろん素晴らしいし不満はないよ。実際、GF1をもっと活用しようと手ぶれ補正付のレンズの購入検討段階に入るとPENが余裕で買えることに気がついて、結局、悩んでしまうんだよね(笑)。

この事は、一眼レフカメラにも当てはまっていて、ボディ内手ぶれ補正を採用しているのは、オリンパスEシリーズ、ソニーαシリーズ、ペンタックスKシリーズの3メーカーで、キャノンとニコンはレンズ内手ぶれ補正である。ソニーは写真の写りはすごくいいんだけど「すぐ壊れる」という過去のトラウマがあって高額なソニー製品を買う気にならないし、ペンタックスは過去に何かを買ったことがないメーカーでよく知らないので、消去法でオリンパスしかなくなるのだ。

まあ、ボディ内とレンズ内は、それぞれメリット・デメリットがあるので、用途や技術によって選び方は人それぞれだとは思う。写真の細かさを重視するならセンサーサイズや画素数も重要だし、動体写真ならISO感度や連写数を重視する必要がある。三脚撮影がメインなら手ぶれ補正は関係ない。

ただ、私の場合は、あくまでもウェブ用途中心、手持ちでの旅行写真で、下記のことを重視していくとボディ内手ぶれ補正のオリンパス機という選択がベターとなる。

・手ぶれによる失敗を極力減らしたい
・すべてのレンズで細かいことを気にせずササッと撮影したい
・うす暗い店内でも手持ち撮影の成功率を上げたい
・人混みのノーファインダー撮影で一発勝負
・走行する列車の車窓からの撮影で一発勝負

ということで、オリンパス機はもっと評価されてもいいと思う(笑)。

いや、これほんとにオリンパスの回し者ではなく、いろいろと知識が増えていく過程での一つの結論である。ただし、今後、実際に多くのプロが使っているニコンのフルサイズ機(D4・D800・D3S・D700など)とかを買って使ってみたりしたら、たぶんまた結論は変わるのかもしれないけどね。問題は、それを買うお金・・・。

≫≫ オリンパス PEN 一覧
≫≫ オリンパス OM-D 一覧

私が↓オリンパスを買った理由
宮崎あおい オリンパス
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(1) share

雪が降る町、岡津町(動画版)

2012.03.01 (Thu) 共有

雪が降る町、岡津町 動画
≫≫ YouTubeで見る
Camera:SONY Cyber-shot DSC-HX100V


昨日、書いた横浜で降った雪の写真の記事(雪が降る町、岡津町)の動画版も撮ったのでYouTubeにアップしてみた。

それで、YouTubeで我が町「岡津町」を検索してみたら、なんと私がアップした動画を含めてたったの5件しかヒットしなかった・・・。やばい、あまりにもマイナー過ぎて再生回数が伸びないかも(笑)!

まあ、おそらく、岡津町を検索するのは、世界でも岡津町の住人くらいだろうが。

それに、そもそも本来は、

雪が降る町じゃないし、岡津町は!
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

これが高倍率ズームの威力!

2011.12.12 (Mon) 共有

朝焼けと鉄塔
≫ 拡大する

Camera:SONY Cyber-shot DSC-HX100V

朝焼けと鉄塔
明け方に目が覚めて、外を見ると遠くの鉄塔の後ろに、朝焼けの雲が。普通のカメラでは撮れない景色。やっぱDSC-HX100V、イイですわ。


昼間の月
≫ 拡大する

Camera:SONY Cyber-shot DSC-HX100V

昼間の月
さすがにトリミングあり。そういえば先日の皆既日食も撮ってみたけど、やはり夜の手持ちでは、限界が低かった。


夕焼け空と富士山
≫ 拡大する

Camera:SONY Cyber-shot DSC-HX100V

夕焼け空と富士山
以前の富士山のリベンジ(笑)。しかし何度見ても富士山は美しい。ちなみに肉眼だと親指ほどの大きさでしか見えない。

朝・昼・夕、空の色、一色じゃないんだね。

使用したカメラは↓これ

≫≫ SONY Cybershot HX100V 1620万画素CMOS 光学x30 DSC-HX100V


↓こちらにテスト写真あります
SONY Cyber-shot HX100V テスト写真 その2
SONY Cyber-shot HX100V テスト動画と写真
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

SONY Cyber-shot HX100V テスト動画と写真

2011.11.26 (Sat) 共有


SONY DSC-HX100V Test Movie (JR戸塚駅周辺の映像)
※YouTube用ってことで、640×360に縮小・圧縮してしまったので、画質がだいぶ劣化している。
なので、望遠性能やマイクの音質などを中心に参考してください。


ソニー高倍率ズームデジカメ HX100Vで撮影した映像をYouTubeにアップしてみた。

撮影場所は、神奈川県横浜市戸塚区のJR戸塚駅周辺。 写っているのは、電車(湘南新宿ライン、E231系)、戸塚大踏切、カモ、柏尾川、サクラス、バスセンター前交差点など。すべて手持ちで撮影。



ガールズアワード(GirlsAward 2011 AUTUMN/WINTER)オマケ

上の動画は、SONY HX100Vの暗部での望遠テスト映像。三脚使用。



ガールズアワード(GirlsAward 2011 AUTUMN/WINTER)GRAND FINALE

上の動画も、SONY HX100Vで撮影。三脚使用。他にもSONY HX100Vで撮影した動画が2本、ガールズアワード2011潜入レポにあります。

このカメラの超望遠性能は、すばらしいとしか言いようがない。それと見た目が一眼レフっぽいデザインなので、一見、ビデオ撮影をしているように見えないのもいいと思った。マイクの性能は、良くもなく悪くもなくって感じだろうか。手ぶれ補正はかなり強力なので、手持ちでも安心して撮影できた。

画質は良いんだけど、以前パナのLUMIX GF1で撮った動画と比べると色味がリアル過ぎて物足りなさを感じるなぁー。[動画撮影][おまかせオート]で撮影しているんだけれど、設定項目が少なくてほとんど幅がないんだよね。もしかしたら、まだ他にやり方があるのかもしれないけど。逆に言うと難しい設定がわずらわしい人には、こんなんでいいのかもね。

とにかくこのカメラは、誰でも簡単に扱えることを重視しているからなのか、あらゆる面で自動化されていて、さらに細かい設定項目はとことん排除されている。だから、いろいろと自分で調整したい人には物足りないのかも。

しかし、まあ、3万円台で買えるということを考えれば、かなりの性能なのは間違いない。

動画の撮影日に撮った写真も4枚掲載しておきます。

柏尾川のカモ
≫ 拡大する

Camera:SONY Cyber-shot DSC-HX100V
絞り優先AE(A) 1/30秒 ISO200 F5.6



柏尾川のカモ2
≫ 拡大する

Camera:SONY Cyber-shot DSC-HX100V
絞り優先AE(A) 1/100秒 ISO200 F5.0



柏尾川
≫ 拡大する

Camera:SONY Cyber-shot DSC-HX100V
おまかせオート 1/80秒 ISO100 F2.8



柏尾川2
≫ 拡大する

Camera:SONY Cyber-shot DSC-HX100V
絞り優先AE(A) 1/25秒 ISO200 F8.0


↓こちらにもテスト写真あります
SONY Cyber-shot HX100V テスト写真
SONY Cyber-shot HX100V テスト写真 その2

↓これが

SONY Cybershot HX100V 1620万画素CMOS 光学x30 DSC-HX100V
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
スポンサード リンク
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation