うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ映画海外の旅PANASONICデジタルガジェット動画ありPCトラブル北海道音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ九州SONYソフト&アプリ小豆島神戸NIKON夜景SEIKOPC旅(複数)パソコンGirlsAward鉄道撮影道具アメリカ屋久島白谷雲水峡あまちゃんフィルムカメラウェブ浅田真央スマートフォン金比羅山パソコン周辺機器E-520iPod_touch4thロジクール終わらない断捨離の記録四国土讃線アユタヤRICHO-PENTAX讃岐うどんバックパック浅草LEICAFUJIFILM礼文島予讃線香港高松風鈴道後温泉動画WiMAXXJAPANキャメロン・ディアスポートタワー江ノ島大洗港横浜駅ノニ摩耶山CANONミニチュア風松山駅小樽グラム単位の軽量化大部港浜松窪川駅高知城瀬戸内海高知松山城南京町双子浦日生港観音寺駅予土線日生駅四万十川エンジェルロード戸田恵梨香東北メリケンパーク富士山藤木直人中古車屋フリー写真素材水着スポーツジム実験青森坪尻駅阿波池田駅高知駅はりまや橋琴平駅ジャガー阿部寛二俣川サッカーテレビ桂浜東北本線オルガ・キュリレンコレオナルド・ディカプリオ豊川悦司仲間由紀恵トム・ハンクスブライアン・セッツァーROSEROSEジョージ・クルーニーiPod_touch4thスマートフォン函館中井貴一伊予大洲駅いしかりライナー小樽運河はまなす保土ヶ谷バイパススーザン・ボイルRADWIMPS秋の乗り放題パスあぶくま駅兜駅GoProミャンマーCOSINA台湾塔のへつり駅会津田島駅南会津被災地阿武隈急行線会津鉄道男鹿高原駅大川ダム公園駅八重の桜東京ドーム水道橋駅川奈汐吹公園東伊豆スキンダイビング北海道&東日本パス福島駅平泉シュノーケリング東京スカイツリートレイルランニング水戸黄門水戸駅JR東日本パスはやぶさ新青森東北新幹線八ツ森駅しおサイダー三ノ宮駅稚内駅名寄駅二俣川駅熊ヶ根駅LS-10Milky_Bunny宗谷本線YMOハワイJRMAMMUTカラビナきゃりーぱみゅぱみゅ角島大橋東京駅

ある日突然、WOL(Wake-on-LAN)とRDT(リモートデスクトップ接続)ができなくなった原因と解決方法

2017.04.26 (Wed) 共有

裏PC
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ + Lens:M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8

この記事は、ある日突然、WOL(Wake-on-LAN)とRDT(リモートデスクトップ接続)ができなくなった原因と解決方法を忘れないための個人的な備忘録である。WOLやリモートデスクトップに興味がない人には、意味不明な内容なので、あしからず。

一応、説明しておくと、WOLというのはWake-on-LAN(ウェイク・オン・ラン)の略で、他の端末からネットワーク経由でパソコンの電源をオンにする機能のことである。ちなみに使っているソフトは「RemoteBoot WOL」というiOS用アプリで、iPad mini 2から行っている。

RemoteBoot WOL

次にRDTというのはRemote Desktop(リモートデスクトップ)の略で、やはり他の端末からネットワーク経由で対象のパソコンを遠隔操作する機能のことである。Windows同士なら標準(接続される側はProなどビジネス向けエディションが必要)で利用可能だ。

なおWOLとリモートデスクトップの設定については以前に書いた下の記事を参考にしてほしい。
≫≫WOL(Wake-on-Lan)とリモートデスクトップの設定

私の場合、主に旅先など外出中、緊急の作業が必要になった時に、iPad mini やWindowsタブレットなどの端末から、WOLアプリを使って自宅のパソコンを起動し、リモートデスクトップ接続のアプリを使っていた。

ところがだ!

ある日突然、WOL(Wake-on-LAN)とRDT(リモートデスクトップ接続)ができなくなってしまった。

それに気がついたのは、今年の2月末から行っていた北海道の旅の途中だった。何度、試してみても失敗というかパソコンが起動すらできないのでどうにもできなかった。

そして帰宅後、調べてみたら、どうやらWOLもWindowsのリモートデスクトップ接続もiOS用のRDTアプリもすべてができなくなっていた。それ以前にWOLとリモートデスクトップを使ったのは、もう去年の話で、いつだったかも覚えていなかったので、一体いつからこの不具合が発生していたかもわからなかった。

それに関する設定を変更した記憶もなく、その時は原因がわからず途方にくれていたが、この数日前にWOLの設定を一から見直してみることに。そしてPCと格闘すること数時間、なんとかWOL(Wake-on-LAN)とRDT(リモートデスクトップ接続)ができなくなった原因と解決方法を見つけることができた。その不具合の原因は、予想外の結果だったので、同じ過ちを繰り返さない為にここに記しておくことに。

気づきポイント1
コントロールパネル>システム>デバイスマネージャー>ネットワークアダプター>Intel Gigabit Network Connection>電源の管理を確認している時にふとあることに気づいた。

「そういえばこのPCはネットワークアダプターが2つあるんだった」

ということに。

気づきポイント2
すぐさまコントロールパネル>ネットワークと共有センターで接続を確認。

「やはりイーサネット2になっている」

この時、このパソコンが使用していたネットワークアダプターは2番目のものだった(※画像は1に変更後のもの)。

そして思い出した。今年に入って、一度、パソコンの配置換えを行ったことを。

すぐにパソコン背面を確認し、2つあるLANケーブル差込口の一つ(画像の2)につながるLANケーブルをもう片方の差込口(画像の1)に変更した。

LANケーブル差込口を確認
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

そしてすぐにパソコンをスリープ状態にして、WOLを試してみた。

すると・・・

「ブゥォオン、ブォオオオオオーーー」

「やった!ウェイク・オン・ラン直ったぞー」

そう、つまり原因は、配置替えの時にLANケーブルの差込口を無意識で変更してしまったことによるものだったのだ。だから解決策は、LANケーブルを元の差込口に戻せばいいだけだった。

最初は例によってマイクロソフトがWindowsアップデートで勝手に設定をリセットしたんじゃないかとかを疑ったが、解決してみれば、自分の単純なミスが原因だったとは予想外の結末だった(笑)。

しかし問題はまだ終わりではなかった。次にWindowsタブレットからリモートデスクトップ接続を試してみたが、こちらはなぜか失敗になった。

リモートデスクトップ接続はWindowsの標準の機能で、設定も単純だし、できなくなる理由が考えられず、さらに数時間ほど格闘、というか途方にくれていた。

やがて、ふとあることに気がついた。

「ん、コンピューターにグローバルIPアドレス???いやコンピューター名だろここ・・・」

そして原因が判明!

リモートデスクトップ接続のダイアログボックス

原因は、リモートデスクトップ接続のダイアログボックスに記憶されていた設定項目「コンピューター(C):」にグローバルIPアドレスが表示されていて、正しくはコンピューター名を入力だったのだ。

なぜ誤った内容が記憶されていたかと言うと、旅の途中のWOLとリモートデスクトップができなくなった時にいろいろ試しているうちにグローバルIPアドレスを入力してしまったらしい。WOLはグローバルIPアドレスを設定して行うので、リモートデスクトップ接続に表示されていても何の疑いもなくそれでOKだと思い込んでいた。

目の前の言葉を正しく読めば、「コンピューター」すなわちWindowsでは「コンピューター名」の事で、グローバルIPアドレスだけでは複数ある中からそのパソコンを特定できないではないか。

つまり思い込みによる単純ミスだった。

その後、時間をおいて、何度かチェックしてみたが、いずれも問題なくできるようになった。

よかった、よかった。

LANケーブル差込口にマスキングテープ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

なお、今後同じミスが起こらないようLANケーブルの差込口2は、マスキングテープで封印した。

ところで、今回の作業の過程で、WOLとリモートデスクトップの両方を一つで完結できる「TeamViewer」という優れもののアプリを発見したので、その使い方などを近日お伝え予定、お楽しみに。

では、また

こちらの関連記事もおすすめ
≫≫ TeamViewerというタブレットから簡単にパソコンを遠隔操作で起動(WOL)してリモートアクセスもできちゃうソフト&アプリが便利すぎた
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

Windows XPがインターネットにつながらない表示されない不具合の原因

2015.03.21 (Sat) 共有

au 無線ルーター
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

先日、Windows XPのIE8で突然インターネットにまったくつながらなくなる(ネットが表示されない)という不具合が起こった。そして、それが実際は過去に何度かまったく同じ原因で起こっている現象で、しかもその事を忘れていたために何時間も無駄な時間を過ごしてしまった経緯から、二度と忘れないようここにメモしておこうと思う。つまりこれは個人的な備忘録なので、XPのトラブルと関係がない方はぜひ読み飛ばしてください。

「え、まだXPを使ってるの?」

一応、自分の名誉の為に言っておくけど、現在のメイン機はWindows8.1搭載軍用ワークステーション(※イメージ)なので、すでにXPはまったく使っていないし使いたいとも思わない。はっきり言って8.1のサクサク具合を体感したら、もうXPには戻れない。では、なぜXPの不具合に遭遇したのかを簡単に言うと、つまりウェブサイトのブラウザチェックである。

XPはもうMicrosoftのサポートも終了しているし、IE(Internet Explorer)のバージョンはすでに11なので、いまさらXPのIE8なんか無視すればいいじゃんと個人的には思う。ただ未だにXPのデスクトップOSシェアは約19%と現行OSの8と8.1を足した約14%より多い。まあIE8のシェアは全体から見たらかなり少数なんだけれど、それでもApple-Macの標準ブラウザSafariと同じくらいあるらしい。

まあでも正直、実際はほとんど無視しているんだけれど、念のためブラウザチェックだけはしているって感じ。本来、XPユーザー皆が、すでに過去のブラウザになったIE8なんか使わないで、最新のGoogle Chromeとかでネットを見てくれるのがベストなんだけどね。

それで話を戻すと、今回の不具合は下記のような内容だった。

・ブラウザ(IE8)を開いてもネットが表示されずエラーになる
・「ローカルエリア接続の状態」はなぜか【接続】になっている
・「インターネット接続の状態」もなぜか【接続】になっている
・ローカルエリア接続を【修復】しても変化なし
・ローカルエリア接続を【無効】にして【有効】にしても変化なし
・「システムの復元」をしても変化なし
・2台あるXPのパソコンが両方同時に同じ不具合

最後の2台のXPが同時に同じ不具合ってとこで、もしやOSやブラウザの問題ではなく、別の外部機器的な問題だと気がついた!

はい、結論を言うと上の写真のauひかりに無料で借りているるホームゲートウェイAterm BL900HW(NEC製)という無線ブローバンドルーターが何かしらの悪さをしているのが原因だった。

復旧作業的には、無線ルーターの電源プラグを一度抜いてから挿しなおしたら普通にインターネットが表示できるようになったのだ。たったこれだけ(笑)。理屈はまったくわからないが、過去に同じ不具合が起こった時は、停電の後だったと思う。そういえばちょうどその時頃に新潟で停電のニュースがあったけど、それが原因かは不明。

もし同じような不具合で悩んでいる人がいたら、一度、PC以外でネットに接続している機器(ルーターやLANケーブル)を疑って、プラグを片っ端から抜き差ししてみるのも有りだと思う。

では、また


この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

アンインストールも再インストールも出来なくなったソフト(プログラム)を削除する方法

2013.10.24 (Thu) 共有

Adobe Photoshop Lightroom 5 Windows/Macintosh版 乗換え/特別提供版
≫ 拡大する

Camera:SONY Cyber-shot DSC-HX100V

※これは忘れない為の個人的な備忘録です。この記事の内容を実行する場合は自己責任でお願いします。

前回の記事(SAMSUNG SSD IS DEAD (サムスンSSD死亡))にも書いた通り、サムスンSSDが逝ったお陰で、アンインストールも再インストールもできなくなったソフト(プログラム)を削除する方法なんだけれど、過去に何度か同じ症状に陥った時に行った解決策をなぜかすぐに忘れてしまって、毎回、同じパターンでパソコンと格闘しているので、今回は忘れても大丈夫なようにここに記しておく。

ちなみに今回、ハマったプログラムは「Adobe Lens Profile Downloader」というPhotoshop Lightroomにレンズプロファイルを追加するソフトで、故障したDドライブ(サムスンSSD)にインストールしていた。プログラムをダウンロードしインストール手順を行うも途中で意味不明なエラーが表示されて、何度やっても再インストールができなかった。かといってアンインストールしようにも当然、表向きそのプログラムは存在しない。一応、レジストリの関連している項目を削除したりしてみたが、うまくゆかなかった。

で、その解決策なんだけれど、実はマイクロソフトのサポートサイトの「Fix it」を使えば簡単にレジストリなどのゴミデータをキレイにできるのだった。

具体的には↓下記サイトで、「今すぐ実行」を押して指示に従ってゆくだけ。
インストールできない、削除できない、またはダウンロードできないプログラムの問題を修正する

今回の場合は↓下記のような手順だった
[実行][同意する][問題を検出して、解決方法を適用する(推奨)][アンインストール]→一覧から削除したプログラムを探して[選択]して[次へ]

これだけで、再インストールを妨害する過去のゴミデータがきれいになって、無事、再インストールをすることができた。おそらく同じような症状に陥った他のプログラムでも理屈は同じなので、この方法が通用する可能性が高いと思われる。

しかし、ホント、PCのトラブルは面倒くさいなぁ~

ところで話し変わるんだけれど、アマゾンのキャンペーンで「アドビ製品 15%OFFセール11/3まで」をやってて、ネット最安値がさらに安くなっていたので、思わず上の写真のソフトをポチってしまった!

アマゾンで買い物する時は、商品の下の「キャンペーンおよび追加情報」もチェックしよう。たまに今回のような割引クーポンコードをゲットできるよ。同じ商品でもクーポンコード有りだとさらに15%オフ、見逃して普通に買うと表示価格のまま。

買ったのは『Adobe Photoshop Lightroom 5(アドビ・フォトショップ・ライトルーム5)』というソフト。これで何ができるかをざっくり説明すると、主にデジカメ写真のRAWファイルを素早く現像する為の写真現像・管理ソフトって感じ。これを使うと大量のRAWデータをまとめて現像できるから、デジカメ付属ソフトよりも作業時間を短縮できるんだよね。

すでにLightroom 3を使っていたんだけれど、Windows8向けに最新版を買ってみた。まだ新機能とか使ってないからよくわからないけど、ぱっと見、3とほとんど変わらない・・・。しかもXPは、Lightroom 4からすでに未対応なので、5も当然、XPでは使えない。

まーアドビというメーカーは、独占市場なのをいいことに普通の良心的なメーカーだったら、無償アップデートレベルの機能追加で、毎年、バージョンアップしてゆき、さらに過去のバージョンのサポートを終了させるという、極悪非道なぼったくりのバージョンアップ商法で大儲けしてきた企業である。正直、アドビのやり方は一般的には悪徳商法と非難されるレベルなんだけれど、他に変わる物がないので、超ムカつくけど、結局、使うことになるのである。

逆に言えば、すでに性能が極まっているので、そのようなバージョンアップ商法でしか利益を上げ続けることができないということなんだろうけど。まーつまり、ソフトとしての性能・機能は、一級品なのは間違いない。

すでにPhotoshop(ElementsとExtended含む)やAperture、Capture NX、SILKYPIXなどのなにかしらの画像編集ソフトを持っている場合は下記パッケージがお得。

Adobe Photoshop Lightroom 5 Windows/Macintosh版 乗換え/特別提供版

関連アイテム
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

SAMSUNG SSD IS DEAD (サムスンSSD死亡)

2013.10.21 (Mon) 共有

死亡したサムスンSSD 840シリーズ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.

ここ数日、パソコンと格闘している。

軍用ワークステーション・ホタ4号機(このPCの詳細はこちら)に搭載していたSSDが死亡(故障)したのが原因である。

お亡くなりになったのは、サムスン840シリーズSSD!

その時は突然やってきた。普段通りPC作業を行っていた所、起動できないソフトの存在に気付く。数時間前は起動できたはずだったそのソフトを入れていたドライブがサムソンSSD。調べたら[コンピュータ]の[ハードディスクドライブ]からSSD自体が姿を消していた。[コントロールパネル]の[管理ツール][コンピューターの管理][記憶域][ディスクの管理]でも確認してみたが、やはりSSDが消えていた。

「これは非常にマズいんじゃないかなぁ・・・(汗)」

ダメ元で祈りを込めてPCを再起動してみるも、みごとにWindowsが起動できなくなっている。何度かやってみたが、やはりSSDが逝ってしまったようだ。しかたなくPCからサムソンSSDを取り外したら、とりあえずWindowsは起動できた。

なんとか中のデータを取り出せないかと、外付けHDDケースのUSB経由で接続しアクセスを試みるも、「不明なデバイス」「ドライバが見つからない」とPCに認識されてしまい、まったくアクセス不能。

不幸中の幸いだったのが、このサムスンSSDには、Windows8のシステムはもちろんデータファイルなどの重要度が高い物は一切入れておらず、比較的使用頻度の低いソフトウェア置き場として利用していたことだろうか。

おそらく潜在意識の中に「韓国製品は信用できない」というのがあって、無意識にこのSSDは壊れるかもしれないから重要データは任せられないと感じていたのかも。

といっても直近のデータも飛んじゃった訳でまったく無傷というわけではない。ちなみにシステムやアドビのソフトなんかはインテルSSDを利用し、データファイルは内蔵HDDと外付けミラーリングHDD&別PC(すべてWESTERN DIGITAL製)に何重にもバックアップして入れてある。

「怖ぇーーーぜSSD、やっぱSSDにデータは入れられないわ・・・」

こんなに短期(7・8ヶ月)で壊れたのに3年保証のサムスンSSD。でも信用できないので直ってももう使わないけど、一応サポートに電話して、データを取り出す方法や保証で修理できるかなどを聞いてみた。

サムスンサポートセンターの回答は、「データの取り出しは構造上難しい」「症状からおそらく修理はできそうもないので、新品交換対応になると思う」「修理の送料は、送付分はお客様で、返送分はサムスンが負担します」ということだった。サポートの対応は普通だったよ。


WD1002FAEX (1TB SATA600 7200)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

という訳で死亡したサムスンSSDをさっさと保証修理センターに送りつけて、代わりにやっぱ信頼性の高いHDDを追加することにした。

今回もホタ4号機で使用中の物と同じWESTERN DIGITALのWD1002FAEX (1TB SATA600 7200)というHDDを購入(上の写真の物)。ちょっと価格は高いけど、5年保証なので安心感も高い。


SCYTHE 板風(ITAKAZE)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

さらにホタ4号機で使用中の物と同じHDDを冷やす為のSCYTHE 板風(ITAKAZE)というファンも購入。

で、最初の話のなぜパソコンと格闘しているかというと、とりあえず失ったソフトを一つづつ再インストールしていたんだけれど、いくつかのソフトが、たぶんレジストリやDataファイル等の関係だと思うんだけれど、もう無いはずなのに前のバージョンをアンインストールしてからインストールしてくれみたいなエラーが出たり、意味不明なエラーが出たりで、再インストールがうまくゆかず、とにかくひどい目にあっている(現在進行形)。

今回の事故により学んだこと・・・

“SSDが逝ったらデータを取り出すのは不可能!?”

あと“やっぱり韓国製は、今でも安かろう悪かろうの見本なのか!?”

というか本来ならばこんな重要な部品に韓国製なんか絶対に買わないんだけれど、これだけはなぜか安さに釣られて買ってしまったんだよね。やっぱ自分の中のルールは、外したらだめだなー。まー今回の故障は、たまたまかもしれないけどね。

では、また

関連アイテム
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(5) share

「プロシージャ エントリ ポイントGetProcessImageFileNameWがダイナミック リンク ライブラリPSAPIDLLから見つかりませんでした」というエラー

2013.05.31 (Fri) 共有

団地と空とカラス
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

※写真は、記事の内容とはまったく関係ないです。

ここ3日ほど私を悩ませていたエラーの修復に成功したので、その備忘録。なおOSは、Windows XP SP3である。

そのエラーは、私がメインで使用しているHTMLエディター「Dreamweaver8」というソフトを起動させようとするとダイアログ表示された。

プロシージャ エントリ ポイントGetProcessImageFileNameWがダイナミック リンク ライブラリPSAPIDLLから見つかりませんでした

OKボタンで消すとソフトは起動できるんだけれど、それ以降なぜかGoogle日本語入力での日本語入力ができなくなってしまった。一応、IMEをGoogle日本語入力からMS-IMEに変更すると日本語入力できるようになる。

考えられる原因かわからないんだけれど、ちょうどこの不具合が起きる前に常用しているスパイウェア対策ソフト「SUPERAntiSpyware」のスキャンで、「Trojan.Agent/Gen-Zbot」というトロイの木馬系ウィルスを検出したので削除(下記のレジストリを削除した)。

<1度目のTrojan.Agent/Gen-Zbotの削除項目>
HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\App Paths\cmmgr32.exe
HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\App Paths\cmmgr32.exe#Path
HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\App Paths\cmmgr32.exe#CmstpExtensionDll
HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\App Paths\cmmgr32.exe#CMInternalVersion
HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\App Paths\cmmgr32.exe#CmNative
HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\App Paths\cmmgr32.exe#ProfilesUpgraded


念のためもう一回スキャンしたら、再度「Trojan.Agent/Gen-Zbot」が検出された為、再度削除(下記ファイルを削除)。よーく見るとGoogle日本語入力に関するファイルである。

<2度目のTrojan.Agent/Gen-Zbotの削除項目>
C:\PROGRAM FILES\GOOGLE\GOOGLE JAPANESE INPUT\GOOGLEIMEJACONVERTER.EXE
C:\PROGRAM FILES\GOOGLE\GOOGLE JAPANESE INPUT\GOOGLEIMEJACONVERTER.EXE
C:\WINDOWS\Prefetch\GOOGLEIMEJACONVERTER.EXE-2F351E47.pf


そしたら、なぜかWindowsXPの起動ができなくなってしまったので、セーフモードで起動して、2度目に削除した項目を修復(SUPERAntiSpywareのRestore)したら、XPは正常に起動できるように戻った。

それでネットで今回のTrojan.Zbotというウィルスを調べてみたら誤検出の可能性を示唆する記述などもあって、元に戻したGOOGLEIMEJACONVERTER.EXEのファイルなども検証するサイトや別のソフトでスキャンしてみるも問題が検出されず。さらに翌日に再度、SUPERAntiSpywareでスキャンしてみたら今度は、検出すらされなくなっていたので、たぶん誤検出だったんだと納得していた。しかもTrojan.Agent/Gen-Zbotが検出された日にちょうどGoogle日本語入力がアップデートされたという記事もあったので関係しているのかもと考えた。

しかしその後、Dreamweaver8を起動するとエラーが出てGoogle日本語入力が機能しないとう事に気がついた。

なので、1度目の削除項目も修復したり、各ソフトをアンインストールして再度インストールしたり色々やってみたが改善されず。困り果てあきらめかけていた時に偶然下記サイトの掲示板のやり取りを発見。

http://www.necocan.info/supb2/x/topics.cgi?mode=res&no=4094

ここに書いてある事を参考に下記作業を実行したら、無事、Dreamweaver8のエラーは出なくなってGoogle日本語入力も正常に機能するようになった。ヤッター!

修復方法
※もし実行される場合は自己責任でお願いします。
1. C:\WINDOWS\system32 にあるpsapi.dllをデスクトップなどにコピーしておく
2. C:\Program FilesなどにあるDreamweaver8のフォルダからPSAPI.DLLを見つけて念のためバックアップしておく
3. Dreamweaver8のフォルダのPSAPI.DLLを1でデスクトップにコピーしておいたpsapi.dllで上書きする

結局、何が本当の原因で、どーゆう理屈で修復できたかは、まったくわからないけれど、元に戻すことができたので良しとしよう。

めでたし、めでたし!
おっさんタイ弾丸旅行のつづきは、あた後でアップします。

では、また
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(1) share
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサード リンク
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation