うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
E-3一人旅Z.D.ED12-60mmF2.8-4.0SWDLUMIX_G20mmF1.7ASPH.E-P3htcEVO3D(ISW12HT)映画DMC-GF1タイドラマ旅(複数)E-M1横浜Z.D.ED50mmF2.0Macro音楽鉄道M.Z.D.ED12-40mmF2.8PRO動画バンコクスマートフォン夜景北海道IE8Z.D.ED50-200mmF2.8-3.5SWDInternet_ExplorerDSC-HX100VCP+Z.D.ED40-150mmF4.0-5.6DIGITAL_HARINEZUMI2富士山Z.D.ED9-18mmF4.0-5.6iPod_touch4thみなとみらいパソコン小豆島神戸PC秋の乗り放題パスウェブパタヤパソコン周辺機器東京スカイツリー宮崎あおいあまちゃん横浜ベイブリッジGirlsAward松山ケンイチM.Z.D.ED12mmF2.0E-M5江口洋介横浜駅白谷雲水峡アユタヤ浅草屋久島浅田真央横浜ランドマークタワー上戸彩Ai_Nikkor50mmf1.4GM1小樽大さん橋礼文島青森ロジクールM.Z.D.14-42mmF3.5-5.6ⅡR函館山下公園イベントコンパニオンE-520M.Z.D.14-42mmF3.5-5.6二俣川駅LS-10WiMAX大洗港四国渋谷土讃線戸田恵梨香松原商店街松田翔太江ノ島トラブル温泉上地雄輔金比羅山阿部寛Nikkor24mmf2.8Ai高松岡津町摩耶山風鈴ワット・アルンノニ藤木直人菅野美穂ポートタワー木村拓哉道後温泉東北本線JRiPad_miniXJAPANATOK西岸駅バックパック登別温泉角島大橋iPhoneAmazon稚内東京駅大部港予讃線シュノーケリング藤原竜也au石原さとみ綾瀬はるか讃岐うどんラン島仲間由紀恵八重の桜DVD妻夫木聡長崎益田駅LEICA_minilux枕崎駅熊本駅中井貴一瑛太松山駅ミニチュア風鹿児島本線佐藤浩市金沢駅キャメロン・ディアスレオナルド・ディカプリオ豊川悦司予土線四万十川窪川駅松山城瀬戸内海双子浦ジョージ・クルーニー汐吹公園エンジェルロード観音寺駅高知城高知五能線平泉オルガ・キュリレンコ阿波池田駅坪尻駅高知駅北海道&東日本パス川奈桂浜はりまや橋スキンダイビング日生港日生駅トレイルランニング蒼井ゆう平塚駅久大本線日の出ソニータイマー金沢八景JR東日本パスはやぶさ新青森iPod_touch4thスマートフォンIKEA夜明駅水戸黄門南京町有吉弘行阿蘇山浜松東伊豆指宿枕崎線秋田水戸駅深津絵里はまなす保土ヶ谷バイパス東北新幹線テレビサムスンXperia秋葉原AdobeiPadAir0.8秒と衝撃。あぶくま駅実験JR磐越西線塔のへつり駅会津若松駅中古車屋兜駅E-M1Z.D.ED50mmF2.0MacroBOSEスポーツジム旭川水着美瑛FC2ブログ共有テンプレートフリー写真素材札幌洞爺湖E-M10ボルボM.Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6EZGoProIE10会津田島駅大川ダム公園駅BLANKEY_JET_CITYスーザン・ボイルRADWIMPS松嶋菜々子上野樹里長谷川博己二俣川サッカーROSEROSEトム・ハンクスジャガーブライアン・セッツァーリゾートしらかみ香里奈観月ありさ東北被災地南会津会津鉄道男鹿高原駅メリケンパーク阿武隈急行線ワット・サケットワット・ポーフワランポーン駅WOLリモートデスクトップ琴平駅谷川岳薩摩高城駅肥後二見駅西大山駅指宿駅水道橋駅三ノ宮駅山陰本線OM-1PEN_FPEN_FT初代PENE-PL5OM-3東京ドーム長野電鉄屋代線香港ミャンマー羽田空港ヘルニアAterm_BL900HWロト7宗谷本線名寄駅三角地帯THE_MAD_CAPSULE_MARKETSDVD-Rパスポート稚内駅博多駅エヴァンゲリオン白馬駅業平橋駅Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6町田駅穴水駅のと鉄道大糸線糸魚川駅宗谷岬黒味岳納沙布岬苫小牧緑園都市駅和倉温泉駅大黒パーキング戸塚駅特牛駅唐津駅EOS-1DX立山黒部アルペンルートREGZA_Phone_T-01C熊ヶ根駅飛鳥Ⅱ海本牧魚津駅Milky_BunnyiOS伊予大洲駅横浜港CRASSしおサイダーBabylon伊万里駅Facebook佐世保駅たびら平戸口駅大村線酒田駅きらきらうえつ山形鳥取砂丘軍艦島南阿蘇鉄道長崎本線羽黒山横浜赤レンガ倉庫女鹿駅角館南部鉄道秋田内陸線土合駅福島駅阿蘇駅赤水駅めがね橋碓氷峠八ツ森駅出雲市駅小幌駅七尾線彦根駅カラビナMAMMUTウィルス米原駅小樽運河いしかりライナーYMOふじ丸初詣きゃりーぱみゅぱみゅ大橋のぞみスパイウェアFM戸塚嘉瀬駅ストーブ列車津軽鉄道東室蘭駅北舟岡駅豊岡駅十和田観光電鉄線上北町駅田儀駅七尾駅宇都宮駅福島郡山駅驫木駅

【H2KP】ホタ弐号機 改造計画5 PC超静音化達成!

2013.08.28 (Wed) 共有

ホタ弐号機改の内部
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

この記事は、【H2KP】ホタ弐号機 改造計画4 PCケースはCooler Masterの続きです。

部品がそろったら、まず新しいPCケース(Cooler Master Elite 430 Black)にファンとファンコンを装着してゆく。

HDDを冷やす為のフロント吸気用は、ENERMAX TBサイレンス12cmでサイズのファンコンにつなぐ。グラボを冷やす為の左サイドパネル吸気用は、同じくTBサイレンス14cm PWM、こちらはマザボのPWM用コネクターへ。ケース上部の排気用には、サイズ風12を2基、サイズのファンコンへ。

重要なリアの排気は、一番風量が多いCooler Master 12cm ブルーファン、CPUクーラーファンは、ENERMAX TBサイレンス 9cm、いずれもPWMコントロールに対応させたいのでSunbeam Smart PCI Rheobus ファンコントローラー PL-RS-PCIにつないだ。

次に電源ユニット、DVDマルチドライブ、カードリーダー、HDDを新しいPCケースに移植してから、マザーボードを装着。配線をつなぎ、最後にグラボを付けて完成。


ホタ弐号機改の内部
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

組み上がったら、電源を入れて各パーツがちゃんと動いているかチェックし、問題なければタイラップでケーブル類をケースに固定。

今回はさらにビビリ音が出そうな箇所に制振シートを貼ったり、細かい隙間など貼れる箇所すべてに吸音スポンジを着けたりして、さらなる静音化を目指した。


ホタ弐号機改の内部
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

それで、実際、どれくらい静音化したのかと言うと・・・

同じパソコンとは思えないほどめっちゃくちゃ静か!

超爆音PCが超静音PCになっちゃったよ(喜)!

リアのクーラーマスターのファンは、全開で回すとかなりうるさいんだけれど、PWMコントロールで回転数を自動制御したのでアイドル時は、かなり静かになった。エナーマックスとサイズのファンは、全開でもかなり静かなんだけれど、さらにPWMやファンコンで制御しほぼ無音状態に。

あとはやっぱりファンレスのグラボの無音効果はでかいと思う。ファンレスといっても実際はサイドの14cmファンで冷やしているから、ほとんど熱を持たないし。


ホタ弐号機改
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

ホタ弐号機改め、ホタ弐号機改、堂々の完成!

<主要スペック>
■ Windows XP Professional SP3
■ Intel Intel Core 2 Quad Q9650(3.00GHz/2コア×2ダイ/6M×2キャッシュ)
■ Intel P965+ICH8Rチップセット(ASUS P5B Deluxe)
■ NVIDIA Geforce GTX610(ZOTAC GeForce GT610 ZONE Edition)

ブルーLEDの涼しげな光が、静音PCの雰囲気をかもし出す。

ちなみに本来このPCケースは、フロントにブルーLEDファンが標準装備されているんだけれど、ヤフオクの中古だったので外されていた。なので最初、クーラーマスターのファンをフロントに付けてみたんだけれど、けっこううるさかったので、リヤに変更している。


ホタ4号機とホタ弐号機改のツーショット
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

ホタ4号機とホタ弐号機改のツーショット!やっぱミドルタワーだと小さいね。

それで、今回の静音化にかかった費用なんだけれど、なんと約17000円もかけてしまった(汗)!

すでにかなりの頻度でホタ4号機を使うことが多くなっているし、来年のXPサポート終了には隠居するマシンなのに、ちょっとお金掛け過ぎたかも・・・・orz

おしまい

この記事もおすすめ↓
【MWSMP】軍用ワークステーション製造計画
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

【H2KP】ホタ弐号機 改造計画4 PCケースはCooler Master

2013.08.25 (Sun) 共有

Cooler Master Elite 430 Black(RC-430-KWN1)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

この記事は、【H2KP】ホタ弐号機 改造計画3 ファンコンは重要の続きです。

これまで使っていた古いPCケース(Cooler Master Centurion 5)では、装着できるファンが少なすぎるということで、新しいPCケースに選んだのは、『Cooler Master Elite 430 Black(RC-430-KWN1)』。クーラーマスターのゲーマー向けオールブラック仕様のミドルタワーケースである。

フロント/リア/底部には120mmファン×各1、上部は120mmファン×2、側面140mmファン×1の全部で6個のファンを搭載可能。高エアフローとファンコンの組み合わせで静音化を狙う。購入額は、ヤフオクの中古で3700円くらいだった。


ケースファン各種
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

ファンは、側面用14cmを1個、フロント/リア/上部用12cmを4個、CPUクーラー用9cmを1個で、全部で6個用意した。今回もエナーマックスを中心に、サイズやクーラーマスターのファンをチョイス。

左上:ENERMAX T.Bサイレンス 14cm PWM UCTB14P
右上:ENERMAX T.Bサイレンス 12cm UCTB12
左下:サイズ 風12 小軸&大型ブレード12cmファン、25mm厚800rpm、超静音 SY1225SL12L
右下:Cooler Master Case Fan ブルー R4-L2R-20CK-GP


ケースファン各種
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

左:サイズ 風12 小軸&大型ブレード12cmファン、25mm厚800rpm、超静音 SY1225SL12L
右:ENERMAX PCケースファン TBサイレンス 9cm UCTB9

エナーマックスのTBサイレンスは、個人的にお気に入りで、サイズの風12は、風量は少なめだが静かだったので後から1個追加、クーラーマスターのは、風量はとても多くていいんだけれど、その分騒音レベルは高かったので、リアに付けてPWMでコントロールすることにした。

T.Bサイレンス14cmが1527円、12cmが982円、9cmが656円、サイズが854円、クーラーマスターが1427円。6個のファンの合計が、6300円なり。防振ゴムブッシュとかも買ったので、ファン関連でだいたい7000円位かかってしまった。

ちょっとファンにお金かけ過ぎたかも・・・。

いよいよ次回、新しいPCケースに各部品を装着して完成する。

つづく → 次へ

関連アイテム
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

【H2KP】ホタ弐号機 改造計画3 ファンコンは重要

2013.08.18 (Sun) 共有

サイズ 風Q (KQ01-BK-3.5)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

この記事は、【H2KP】ホタ弐号機 改造計画2 グラボをGT610に変更の続きです。

ホタ4号機製造において得た最大の経験は、自作PCの静音化にはファンコントローラーは重要かつ必須だったということである。特に自作PCの場合、ついついケースファンを大量に装着したくなってしまうので尚更だ。ファンコンで各ファンの回転数を若干だけ落とすだけでも静音化のメリットはひじょうに大きい。

しかもホタ弐号機は、ファンコン未装着だった為、各ケースファンが全開で回転している。今思えばよくこんな爆音環境で何年も過ごしていたものだ。


サイズ 風Q (KQ01-BK-3.5)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

という訳で、今回選んだファンコンは、『サイズ 風Q (KAZE Q/KQ01-BK-3.5)』という3.5インチベイ用のシンプルな4チャンネルファンコントローラー。


サイズ 風Q (KQ01-BK-3.5)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

ファン回転数の制御のみで、マニュアル(手動設定)方式のファンコンである。


サイズ 風Q (KQ01-BK-3.5)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

ツマミは、見ての通り出っ張っていて、引っ込める事はできない。


サイズ 風Q (KQ01-BK-3.5)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

背面は、パワーコネクタ(最左)とファンケーブルコネクタのみ。

価格は、たしか1700円前後。


Sunbeam Smart PCI Rheobus PL-RS-PCI
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

さらに今回も購入したのが『Sunbeam Smart PCI Rheobus ファンコントローラー PL-RS-PCI』というPCIスロットに設置するファンコン。

以前の記事(こちら)でもお伝えした通り、このファンコンは、PWM未対応の普通のファン2個をPWM対応にすることができるスグレモノである。

価格は、533円なり。

つづく → 次へ

関連アイテム
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

【H2KP】ホタ弐号機 改造計画2 グラボをGT610に変更

2013.08.17 (Sat) 共有

ZOTAC GeForce GT610 ZONE Edition(ZTGT610-1GD3ZONER001/ZT-60603-20L)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

この記事は、【H2KP】 ホタ弐号機 改造計画1の続きです。

ホタ弐号機の最大の騒音源が古いグラボ(グラフィックボードもしくはビデオカード、VGA)である。しかもディスプレイ4枚をマルチモニター表示にする為に2枚挿していたので、さらに騒音は倍である。

しかし新メインPCであるホタ4号機に移行するので、すでに4モニターの必要性はなくなり、動画編集などの作業もしなくなるし、3Dゲームもしないので、グラボの性能はあまり重要ではなくなった。それに来年のWindowsXPのサポート終了後は隠居(予備PC)するのが確定しているので、あまりお金を掛けたくない。


ZOTAC GeForce GT610(ZTGT610-1GD3ZONER001/ZT-60603-20L)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

そこで選んだのが『ZOTAC GeForce GT610 ZONE Edition(ZTGT610-1GD3ZONER001/ZT-60603-20L)』というNVIDIA GeForce GT 610を搭載した製品。

ZOTAC(ゾタック)は、あまり有名じゃないけれど、ヨドバシカメラとかに行くとわりと多く扱っていて、ASUSなどの一流メーカーと比べて、同じGPU搭載モデルでも若干安い価格設定になっているのがポイント。

今回は、とにかく安くて今より少しでも性能をアップできればオッケーだったので、メーカーにはこだわらずに探したらこれになった。

アマゾンの中古で、なんと3500円(送料無料)~安い!


ZOTAC GeForce GT610(ZTGT610-1GD3ZONER001/ZT-60603-20L)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

ZOTAC GT610とこれまでのグラボASUS EN7900GTのスペック比較は下記。

新グラボ旧グラボ
GPUGeForce GT610GeForce 7900GT
コアクロック810MHz450MHz
メモリクロック1333MHz1300MHz
ビデオメモリDDR3 1GBGDDR3 SDRAM 256MB
メモリインターフェイス64bit256bit

発売当時はハイエンドクラスだったこれまでのグラボだが、悲しいかなコアクロックを比較すると最新のグラボの性能がだいぶアップしているのがよくわかった。なので、最新の下位クラスでも必要十分の性能なのがよくわかるね。

今回は昔のCPUとの組み合わせなのでGT610でOKだけれど、もし最新のCore i7とかi5クラスのCPU搭載マシンとの組み合わせの場合、CPU内蔵グラフィックの性能もけっこう高いので、それなりのグラボを付けないと意味がなくなると思う。


ZOTAC GeForce GT610(ZTGT610-1GD3ZONER001/ZT-60603-20L)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

まー今回、このグラボを選んだのは安さだけではなくて、最大の理由は、ファンレスだから。そう、冷却用ファンがないのである。当然、無音なので静音性能は大幅にアップする。

ファンレス、まさに静音パソコンの最大の武器だろう。

ただし、より上位のGPU搭載モデルは、やはりファンレス化が難しいのか、まずファンレス製品は発売されていない。GeForce600シリーズの場合、ファンレス製品が発売されているのは、GT640まで。


ZOTAC GeForce GT610(ZTGT610-1GD3ZONER001/ZT-60603-20L)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

ファンレスなので、上の写真のような大型ヒートシンクが搭載されていて、それで熱を逃がすらしい。


ZOTAC GeForce GT610(ZTGT610-1GD3ZONER001/ZT-60603-20L)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

基板が短いからか、冷却面積を稼ぐためにヒートシンクが裏側まで回りこんでいる。


ZOTAC GeForce GT610(ZTGT610-1GD3ZONER001/ZT-60603-20L)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

映像出力端子は、DVI-I×2とMini-HDMI×1が装備されているので、これ一台でデュアルディスプレイ化まで可能。

ファンレスのグラボを搭載する場合、やはり重要になるのは、PCケース内のエアフローだろう。ケースファンはもちろんPCケースも重要になってくる。

つづく → 次へ

関連アイテム
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

【H2KP】ホタ弐号機 改造計画1

2013.08.09 (Fri) 共有

ホタ弐号機から取り外したパーツ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

以前に何度も記事にした軍用ワークステーション製造計画で自作したPC(ホタ4号機[HOTA-04 MWS-WIN8 MODEL])は、現在までに着実に旧メインPC(ホタ弐号機[HOTA-02 CORE2-XP MODEL])から移行中ではあるんだけれど、それでもやはりWindowsXPからWindows8に移行するとなるといろいろとソフトを買い換えないければならない状況にぶち当たる。つまりなかなか即スムーズにとはいかない訳で、現状まだ2台を使い分けているといった状況。

それで2台を交互に使っていたら、静音PCと呼んでもいいくらい静かなホタ4号機に対して、ホタ弐号機の発する動作音はまさに爆音過ぎ。だんだん我慢ならなくなってしまった。

ということで、私の止まらない静音化が再び発動!

ホタ弐号機 改造計画
HOTA-02 KAI Planning
code name : H2KP

すでにだいぶ前の話なんだけれど、その改造の過程を写真でお伝えする。

ちなみに写真は、ホタ弐号機から外して不要になったパーツである。


ホタ弐号機から取り外したパーツ
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

ホタ弐号機で、一番の騒音の原因となっていたのが、だいぶ古いグラボ2枚(GeForce 7900GT&7900GS)。ホタ4号機に装着した最新のグラボは、ほぼ無音と言ってもいい静かさなのに対して、この古いグラボは、通常時でもけっこうファン音が大きい。さらにちょっとでも負荷がかかると超爆音で唸りだすのである。よって最重要交換パーツである。

次に騒音の原因なのが、やはり各種PCファン及びCPUクーラー・ファン。ファンコンが無いので、常時フル回転で回っていた。ということで、ファンコントローラーを追加して、さらにファンも最新のものに交換する。

ファンを交換するにあたって、やはりこの古いPCケース(Cooler Master Centurion 5)では、装着できるファンの数も少ないし、エアフロー的にも貧弱に思えてきたので、これも交換する。

なおホタ弐号機は、来年のXPサポート終了後以降は、たぶん予備PC(隠居)となる予定なので、改造と言っても軍用ワークステーションのような圧倒的なパワーを求めたりはせず、あくまでも静音化メインの仕様となる予定である。

ということで実際にどんなパーツを選んだかは、記事で順次お伝えしていきます。

では、また → 次へ
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/乗り鉄/降り鉄/駅鉄/撮り鉄/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
スポンサード リンク
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation