うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
E-3一人旅Z.D.ED12-60mmF2.8-4.0SWDLUMIX_G20mmF1.7ASPH.E-P3htcEVO3D(ISW12HT)映画DMC-GF1タイドラマ旅(複数)E-M1横浜Z.D.ED50mmF2.0Macro音楽鉄道M.Z.D.ED12-40mmF2.8PRO動画バンコクスマートフォン夜景北海道IE8Z.D.ED50-200mmF2.8-3.5SWDInternet_ExplorerDSC-HX100VCP+Z.D.ED40-150mmF4.0-5.6DIGITAL_HARINEZUMI2富士山Z.D.ED9-18mmF4.0-5.6iPod_touch4thみなとみらいパソコン小豆島神戸PC秋の乗り放題パスウェブパタヤパソコン周辺機器東京スカイツリー宮崎あおいあまちゃん横浜ベイブリッジGirlsAward松山ケンイチM.Z.D.ED12mmF2.0E-M5江口洋介横浜駅白谷雲水峡アユタヤ浅草屋久島浅田真央横浜ランドマークタワー上戸彩Ai_Nikkor50mmf1.4GM1小樽大さん橋礼文島青森ロジクールM.Z.D.14-42mmF3.5-5.6ⅡR函館山下公園イベントコンパニオンE-520M.Z.D.14-42mmF3.5-5.6二俣川駅LS-10WiMAX大洗港四国渋谷土讃線戸田恵梨香松原商店街松田翔太江ノ島トラブル温泉上地雄輔金比羅山阿部寛Nikkor24mmf2.8Ai高松岡津町摩耶山風鈴ワット・アルンノニ藤木直人菅野美穂ポートタワー木村拓哉道後温泉東北本線JRiPad_miniXJAPANATOK西岸駅バックパック登別温泉角島大橋iPhoneAmazon稚内東京駅大部港予讃線シュノーケリング藤原竜也au石原さとみ綾瀬はるか讃岐うどんラン島仲間由紀恵八重の桜DVD妻夫木聡長崎益田駅LEICA_minilux枕崎駅熊本駅中井貴一瑛太松山駅ミニチュア風鹿児島本線佐藤浩市金沢駅キャメロン・ディアスレオナルド・ディカプリオ豊川悦司予土線四万十川窪川駅松山城瀬戸内海双子浦ジョージ・クルーニー汐吹公園エンジェルロード観音寺駅高知城高知五能線平泉オルガ・キュリレンコ阿波池田駅坪尻駅高知駅北海道&東日本パス川奈桂浜はりまや橋スキンダイビング日生港日生駅トレイルランニング蒼井ゆう平塚駅久大本線日の出ソニータイマー金沢八景JR東日本パスはやぶさ新青森iPod_touch4thスマートフォンIKEA夜明駅水戸黄門南京町有吉弘行阿蘇山浜松東伊豆指宿枕崎線秋田水戸駅深津絵里はまなす保土ヶ谷バイパス東北新幹線テレビサムスンXperia秋葉原AdobeiPadAir0.8秒と衝撃。あぶくま駅実験JR磐越西線塔のへつり駅会津若松駅中古車屋兜駅E-M1Z.D.ED50mmF2.0MacroBOSEスポーツジム旭川水着美瑛FC2ブログ共有テンプレートフリー写真素材札幌洞爺湖E-M10ボルボM.Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6EZGoProIE10会津田島駅大川ダム公園駅BLANKEY_JET_CITYスーザン・ボイルRADWIMPS松嶋菜々子上野樹里長谷川博己二俣川サッカーROSEROSEトム・ハンクスジャガーブライアン・セッツァーリゾートしらかみ香里奈観月ありさ東北被災地南会津会津鉄道男鹿高原駅メリケンパーク阿武隈急行線ワット・サケットワット・ポーフワランポーン駅WOLリモートデスクトップ琴平駅谷川岳薩摩高城駅肥後二見駅西大山駅指宿駅水道橋駅三ノ宮駅山陰本線OM-1PEN_FPEN_FT初代PENE-PL5OM-3東京ドーム長野電鉄屋代線香港ミャンマー羽田空港ヘルニアAterm_BL900HWロト7宗谷本線名寄駅三角地帯THE_MAD_CAPSULE_MARKETSDVD-Rパスポート稚内駅博多駅エヴァンゲリオン白馬駅業平橋駅Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6町田駅穴水駅のと鉄道大糸線糸魚川駅宗谷岬黒味岳納沙布岬苫小牧緑園都市駅和倉温泉駅大黒パーキング戸塚駅特牛駅唐津駅EOS-1DX立山黒部アルペンルートREGZA_Phone_T-01C熊ヶ根駅飛鳥Ⅱ海本牧魚津駅Milky_BunnyiOS伊予大洲駅横浜港CRASSしおサイダーBabylon伊万里駅Facebook佐世保駅たびら平戸口駅大村線酒田駅きらきらうえつ山形鳥取砂丘軍艦島南阿蘇鉄道長崎本線羽黒山横浜赤レンガ倉庫女鹿駅角館南部鉄道秋田内陸線土合駅福島駅阿蘇駅赤水駅めがね橋碓氷峠八ツ森駅出雲市駅小幌駅七尾線彦根駅カラビナMAMMUTウィルス米原駅小樽運河いしかりライナーYMOふじ丸初詣きゃりーぱみゅぱみゅ大橋のぞみスパイウェアFM戸塚嘉瀬駅ストーブ列車津軽鉄道東室蘭駅北舟岡駅豊岡駅十和田観光電鉄線上北町駅田儀駅七尾駅宇都宮駅福島郡山駅驫木駅

OM-D E-M1 試し撮りその2、ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD、ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro、他

2013.11.04 (Mon) 共有

キラキラ・サーファー [A] SS1/4000 F16.0 ISO100
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD
[A] SS1/4000 F16.0 ISO100


キラキラ・サーファー

※この記事は一応、【止まらない衝動】新しいメイン機(カメラ)決定!【止まらない衝動】OLYMPUS OM-D E-M1を購入!の続きみたいなもので、OM-D E-M1 試し撮りその1、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROの続きです。

まずは、フォーサーズ用の望遠ズーム『ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD(35mm判換算100-400mm)』で撮影した写真(上から)を2枚。


ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD


※写真は拡大してから矢印キーでも切り替えられますよー


夕焼け江ノ電 [A] SS1/1000 F2.8 ISO320
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD
[A] SS1/1000 F2.8 ISO320


夕焼け江ノ電


12-60mmで撮った12-40mm [A] SS1/80 F6.3 ISO250
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD
[A] SS1/80 F6.3 ISO250


12-60mmで撮った12-40mm

フォーサーズ用の標準ズーム『ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD(35mm判換算24-120mm)』で撮影した写真(上)は1枚。


ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD



セイコーちゃんカット(ショット) [A] SS1/1.7 F3.2 ISO200
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
[A] SS1/1.7 F3.2 ISO200


セイコーちゃんカット(ショット)

ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro(35mm判換算100mm)』で撮影した写真(上から)は3枚。


ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro



デザインズ・ルーフ [A] SS1/1000 F4.5 ISO200
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
[A] SS1/1000 F4.5 ISO200


デザインズ・ルーフ


マクロdeフラワー [A] SS1/500 F2.8 ISO200
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
[A] SS1/500 F2.8 ISO200


マクロdeフラワー

ここ↑までがフォーサーズ用で定評のあるHG(ハイグレード:竹)シリーズのレンズの写真なんだけれど、かなりイイ感じ。

ここ↓からは、いわゆるSTD(スタンダード:梅)シリーズのレンズの写真。もしかしたらパナ20mmF1.7は、PREMIUM(プレミアム)シリーズに近いのかなぁ~、でもパナライカ25mmF1.4をPREMIUMとするのならばやっぱSTDなんだろーね。


どんぐりごろごろ [A] SS1/80 F2.8 ISO500
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.
[A] SS1/80 F2.8 ISO500


どんぐりごろごろ

パナソニックのマイクロフォーサーズ用単焦点パンケーキレンズ『LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.(35mm判換算40mm)』で撮影した写真(上から)は4枚。


LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.


新型↓20mmF1.7

LUMIX G 20mm/F1.7 II ASPH.



伝説の祠 [A] SS1/60 F4.0 ISO400
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.
[A] SS1/60 F4.0 ISO400


伝説の祠


伝説の道祖神 [A] SS1/60 F4.0 ISO400
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.
[A] SS1/60 F4.0 ISO400


伝説の道祖神


伝説の夕焼け空 [A] SS1/500 F11.0 ISO200
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.
[A] SS1/500 F11.0 ISO200


伝説の夕焼け空

※例によって、写真のタイトルはすべて超ー適当なので、あしからず。


私の世界に衝撃を与えた事件的音楽 [A] SS1/500 F11.0 ISO200
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R
[A] SS1/2 F4.0 ISO200


私の世界に衝撃を与えた事件的音楽

ちなみに左上からSTRAY CATS、LAUGHIN'NOSE、SEX PISTOLS、THE CLASHというバンド名。こんな音楽が好き。

E-P3とかのキットレンズ『M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R(35mm判換算28-84mm)』で撮影した写真(上)は1枚。


M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ R



東京駅中央 [A] SS1/50 F11.0 ISO200
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
[A] SS1/50 F11.0 ISO200


東京駅中央

ラストはフォーサーズ用STD(スタンダードクラス:梅)シリーズの広角ズーム『ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6(35mm判換算18-36mm)』で撮影した写真(上から)を4枚。


ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6



旧万世橋駅 [A] SS1/60 F4.0 ISO1600
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
[A] SS1/60 F4.0 ISO1600


旧万世橋駅

ISO1600↑とISO200↓の違いをほとんど感じない。ISO1600が使えるようになったので強力な手ぶれ補正と合わせれば上の写真のような手持ちで夜撮もかなり気軽に楽しめるように、これは素晴らしい!


旧万世橋駅と神田川 [A] SS3.20 F11.0 ISO200
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
[A] SS3.20 F11.0 ISO200


旧万世橋駅と神田川


秋葉原の夜景 [A] SS1/1.7 F11.0 ISO200
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
[A] SS1/1.7 F11.0 ISO200


秋葉原の夜景

※写真はすべてRAWからPhotoshop Lightroom 5で現像し、Photoshop CS6 Extendedにて明るさとコントラスト、サイズを調整。

さて、こうやっていろいろなレンズをE-M1に装着して試してみると、やはりフォーサーズ用のHG(ハイグレード)レンズとSTD(スタンダード)レンズの写りの違いがよくわかる。HGクラス以上のレンズの場合、これまでのカメラだと本来の性能を引き出しきれてないらしいから、E-M1でやっと本領が発揮できるって感じなのかも。

それとフォーサーズ用レンズは、PEN(E-P3)に装着すると非常にアンバランスだけれど、E-M1の場合は、小さくてもメカっぽくてカメラっぽいデザインなので、まったく違和感がないのもいい。

こーなってくるとまだ1本も持ってないけれど、世界最高レベルの描写性能を誇るフォーサーズ用SHG(スーパーハイグレード:松)クラスのレンズも手に入れたくなってくるから困ってしまう。

ちなみにチャンスがあれば入手したいSHGレンズは下記。
※画像クリックで詳細
鉄道撮影用
ZUIKO DIGITAL ED 150mm F2.0
風景&室内撮影用
ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F4.0


まあでも、このように比べると違いがわかるけれど、STDクラスでも必要十分な写りだと思ったよ。なによりSTDレンズは、小型・軽量が最大のメリットだしね。

E-M1、もしかしたら最強の武器を手に入れてしまったのかも!?

という感じでとりあえずE-M1の試し撮り写真はいったん完了するけれど、またそのうちアートフィルターとかの試し撮り写真も公開するかも。

ところでOM-D E-M1を使った宮崎あおいのCMが放送されているんだけれど、なんだろーねこれ、めっちゃ手抜きじゃん!宮崎あおい、ほぼ写真と声だけだし(笑)!

宮﨑あおいCM 「オリンパスの常識」篇30秒


では、また

関連アイテム
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

【E-P3試し撮り】絞り優先(A)モードの試し撮り写真

2012.11.23 (Fri) 共有

E-P3 絞り優先(A)モードの試し撮り写真1 犬の顔
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:LUMIX G 20mm F1.7 ASPH. (SS1/60 F1.7 ISO200)


OLYMPUS PEN E-P3購入レビュー Vol.6 絞り優先(A)モードの試し撮り写真

<これまでの記事>
【止まらない衝動】 OLYMPUS PEN E-P3 購入
【E-P3試し撮り】ラフモノクロームが激渋!
【E-P3試し撮り】クロスプロセスで遊ぶ
【E-P3アイテム】液晶保護フィルムを買ってみた
【E-P3レビュー】意外に大きくないE-P3 PEN


※すべてPhotoshop Elementsで、若干調整しています。

オリンパス・ペン第三世代 E-P3を私が通常メインで使っている絞り優先(A)モードで試し撮り。とはいっても今回もかなり適当な写真なんだけど・・・。

上の写真は、このブログではおなじみミッキーちゃんをパナの20mmF1.7という単焦点レンズで撮ったもの。マイクロフォーサーズで背景ボケの写真を撮るならこの一本っていう明るいレンズ。

マイクロフォーサーズの単焦点のラインナップはけっこう充実していて、12mm F2.0、25mm F1.4、45mm F1.8、75mm F1.8の4本は、そのうち手に入れたい。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

しっかし、さすがPEN第三世代なだけはある(初代と二代目は知らないけど)、写りはまったく問題ないクオリティ。


E-P3 絞り優先(A)モードの試し撮り写真2 ミニチュアダックス
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:LUMIX G 20mm F1.7 ASPH. (SS1/100 F1.7 ISO200)


上の写真もパナの20mmF1.7。とってもいいレンズだと思う。

マイクロフォーサーズ機の場合、35mm判換算だと焦点距離は約2倍になるので、このレンズは35mmフルサイズの40mmと同じ。フルサイズの35mm・40mm・50mmという焦点距離のレンズは、いわゆる標準と呼ばれるレンズで、とにかく使いやすい一本。マイクロフォーサーズの場合は、17.5mm・20mm・25mmというレンズが標準に相当する。

ちなみにソニーNEXとかキヤノンEOS MなどAPS-C機のミレーレス一眼の場合、35mm判換算だと終点距離は約1.5倍で計算するんだとか。

そういえば、今度、オリンパスからM.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8というハイグレードレンズが発売になるらしいけど、これがまた魅惑的なレンズなので止まらない衝動が発動しそうで困る。まあ、20mmF1.7とほとんど変わらないんで、まったく必要性はないんだけれど。

M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.8

単焦点レンズでF2.0以下の明るいレンズは、やけに魅惑的に見えて試してみたくなるねー。例えばコシナのフォクトレンダーブランドから出ているマイクロフォーサーズ用のレンズで、NOKTON 17.5mm F0.95とかNOKTON 25mm F0.95なんていう驚異的な開放F値のマニュアルレンズ、これも欲しいー。中古とかで安かったらたぶん買っちゃうかも。

NOKTON 17.5mm F0.95
NOKTON 25mm F0.95

マイクロフォーサーズ機の場合、そういった意味では、魅惑的なレンズの種類が豊富で困る(笑)。


E-P3 絞り優先(A)モードの試し撮り写真3 夜のお散歩
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6ⅡR (SS1/6 F3.6 ISO1600)


上の写真は、暗い夜道であえて手持ちISO1600で撮影してみたやつ。うーん正直、ISO1600だとノイズがひどくて常用するのはきびしいと思った。ただISO800までならなんとか常用で使えるレベル。

メインのE-3の場合、手ぶれ補正が1段分強力だからなのか、ISO400でもけっこう手持ち撮影できるんだけれど、E-P3の場合は、ちょっと厳しいので素直にISO800を使う方が間違いないかも。望遠ズームよりも明るい単焦点レンズならもうちょっとISO稼げるかも。


E-P3 絞り優先(A)モードの試し撮り写真4 夜撮影
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6ⅡR (SS1/1.3 F3.5 ISO200)


こちらは、少し明るい夜道をカメラを固定してISO200で撮影したもの。ノイズもそれほど目立たずとてもいい感じ。


E-P3 絞り優先(A)モードの試し撮り写真5 カウンタック
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6ⅡR (SS1/60 F11 ISO200)


こちらは、フラッシュを使った物撮り写真。パナのGF1ではできなかったオリンパスの外付けフラッシュによるRCモード(ワイヤレスフラシュ)で撮影。やっぱRCモードが使えると色々と光の向きが調整できるのでとっても便利だ。


E-P3 絞り優先(A)モードの試し撮り写真6 朝撮影
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6ⅡR (SS1/4000 F3.5 ISO200)


こちらは日の出前の空を露出補正で少し暗めにしてシャッタースピードを上げて撮影した写真。Photoshopで少し暗部を上げてみたが、ノイズはあまり感じない。

まだE-P3で、まともに撮影していないんだけれど、これまでのサブ機だったLUMIX GF1と比較すると、やはりボディー内手ぶれ補正の恩恵を、かなり感じることができた。これだけでも購入して正解だったと言える。あと前にも書いたけど、起動からシャッターが切れるまでのレスポンスやAFの速度も最高である。アートフィルターはけっこう遊べそうだし、まだ使ってないけど動画も撮れる。

正直、こんだけ撮れれば素人の私には十分だと思ったよ。

それと操作系は、もっとコンデジに近くて使いづらいのかと思っていたけど、かなり突っ込んだカスタマイズができて、ほとんどE-3と同じような操作にすることができた。具体的には、E-3の背面のダイヤルとE-P3の背面のサブダイヤルを同じ機能に、E-3の全面のダイヤルとE-P3の背面のメインダイヤルを同じ機能に、AELボタンをFn1に設定、AF⇔M切り替えをFn2に設定、OKボタンでスーパーコンパネを表示するように設定など。オリンパスの一眼レフに共通するスーパーコンパネが初期設定では表示されないので使いづらいなーと思っていたけど、設定を変更したら表示できた。

結論、PENは、かなり素晴らしく素敵なカメラであった!これはマジです(笑)。

ということで全6回に渡って記事にしてきたE-P3購入レビュー記は一旦終わるけど、たぶん今後もPENの写真と記事が多くなるような気がする。

YouTubeで「PEN E-P1 CM」を検索で初代PENのCMが見れた。初代と言ってもデジタルになったPENのやつで、本当の初代は、50年以上前の1959年に発売さている。当時オリンパス・ペンと言えばハーフサイズカメラの代名詞だったんだとか。伝統あるシリーズのカメラだったんだねPEN。

まー私が生まれるより前の話なので、正直、ぜんぜん知らなかったけどね。

PENをもっと知る↓
OLYMPUS PEN の本いろいろ

PENをもっと楽しむ↓
OLYMPUS PEN

では、また

関連外部リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(1) share

【E-P3試し撮り】ラフモノクロームが激渋!

2012.11.15 (Thu) 共有

E-P3テスト写真ラフモノクローム1
≫ 拡大する
 ≫≫ 元の写真
Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6ⅡR


OLYMPUS PEN E-P3購入レビュー Vol.2 ラフモノクロームが激渋!

<これまでの記事>
【止まらない衝動】 OLYMPUS PEN E-P3 購入


オリンパスといえば、やっぱアートフィルター!

ということで早速、一番使ってみたかったアートフィルターの「ラフモノクローム」で適当に撮ってみた。すべてISO800で撮影。

ラフモノクロームとは、簡単に言うとフィルムカメラ時代のモノクロ写真にあったザラザラとしたノイズ感を再現した白黒写真。

現代のカメラの高画質化の流れからすると完全に逆行する写真になるけれど、とても気持ちが和むのはなぜだろうか?やっぱアナログ時代に生まれた世代だからなんだろうかね。まあ、けっこう懐古主義だと自認してはいるんだけどね(笑)。古いものにとても惹かれます。

デジタル時代に生まれた世代からすると「なにこの写真、ノイズだらけだしー」って感じなのだろうか?


E-P3テスト写真ラフモノクローム2
≫ 拡大する
 ≫≫ 元の写真
Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6ⅡR


フィルム時代の写真だから被写体がフィルムってわけじゃないよ、たまたまだから。


E-P3テスト写真ラフモノクローム3
≫ 拡大する
 ≫≫ 元の写真
Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6ⅡR


しかし、何てことない写真を誰でも手軽にアートにできるオリンパス・ペンって恐ろしいカメラだと思う。


E-P3テスト写真ラフモノクローム4
≫ 拡大する
 ≫≫ 元の写真
Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6ⅡR


昔、フィルムのバカチョンカメラを持って遊びに出かけていたころは、朝でも夜でも室内でもどこでも、とにかく目の前にあるものを構図とか一切考えずに撮りまくっていた。そんでもって、出来上がた写真を見ては、喜んでいたっけ。

OLYMPUS PEN、そんなカメラの楽しみ方の原点を提案してくれているカメラなのかもね。

なんか楽しくなりそ~な予感♪

あ、けっして回し者じゃないから。

≫≫ OLYMPUS PEN

では、また
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

【止まらない衝動】 OLYMPUS PEN E-P3 購入

2012.11.15 (Thu) 共有

OLYMPUS PEN E-P3
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD


あ~あ、また買っちゃったよ、カメラ!

OLYMPUS PEN E-P3 + M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6ⅡR

マイクロフォーサーズ規格のミラーレス一眼、オリンパス・ペン第三世代のズームレンズキット(ブラック)。

宮崎あおい↓のあのカメラです。
YouTubeで「OLYMPUS PEN E-P3 CM」を検索!

≫≫ OLYMPUS PEN E-P3

なぜ新型センサー搭載のOM-Dや発売されたばかりのE-PL5じゃないんだ!?と聞かれれば、うーん、実はE-P3のデザインと質感が一番好きなのかもと答える(本当は安かったのもある)。

やっぱカメラはデザインが好きじゃないと使う気にならないから。ぶっちゃけ、キ●ノンのミラーレスのやつとか、デザイン的には絶対にありえない。あれじゃコンデジだよ。まあ、デザイン以上の魅惑的な機能とかがあれば、話は別なんだけれど。

正直、センサーのサイズとか画素数とか画質とかって、あんまり気にならないんだよね。だって、現代の日本の一眼クラスならどれ買っても超きれいに撮れると思うし。それよりも世界最速オートフォーカスとか強力な手ぶれ補正機能とか防塵防滴とかオリンパスの一眼がいつもこだわっているメカニカルな部分になぜか惹かれてしまう。

E-P3には防塵防滴は付いていないけど、(発売時)世界最速のオートフォーカスが搭載されていたり、オリンパス機ならではの強力なボディー内手ぶれ補正が搭載されていたり。

今持っているパナソニックのミラーレス一眼LUMIX DMC-GF1を使って、気づいた弱点と言える部分をE-P3ならカバーしてくれると期待して選んでみた。

<GF1の弱点>
・手ぶれ補正がボディー内についてないので薄暗い店内とかでは失敗率が高い
・オリのフラッシュを複数使ったワイヤレスフラッシュ(RCモード)が使えない
・4/3マウントアダプターを使ってもオリのHG4/3レンズでAFが使えない

まあ、なんのこっちゃって感じだと思うけれど、私の使い方では上の3点が非常にデメリットとなっていた。逆にE-P3ならこれらGF1の弱点をすべてカバーしてくれるのである(予定では)。

用途は、主に街角スナップと店内撮りやお食事写真とか、やっぱ人ごみや店内でデカイ一眼レフを構えるのってけっこう勇気がいるから。さらに焦って撮るからGF1だとほとんど失敗しちゃうんだよ。


OLYMPUS PEN E-P3
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD


買う直前までは、シルバーがかっこいいと思っていたんだけれど、なぜか直前に黒に変更。その理由は、シルバーだとなんか目立っちゃうような気がしてきたのと、上の写真のパンケーキの色と合わせた方がいいような気がしてきたから。

黒だと安っぽいかなーと思ったけど、実際に触ってみるとプラッチックとは違って、金属のヒンヤリした感触があって、けっこう質感もE-3と似ていた。

まだ、入手したばかりで、ほとんど触っていないんだけれど、まず感じたのは電源オンからシャッターを切れるまでのレスポンスがものすごく速いということ。それとやっぱAFは超ー速かった。それとキットレンズが思ってた以上に良さげなこと。

それ以外は、まだ何もわからない。

試し撮りしたらまた近々アップするのでお楽しみに!

では、また

≫≫ OLYMPUS PEN E-P3

P.S. 今年の年末にE-P5がまだ発売しませんように

関連外部リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(2) share
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
スポンサード リンク
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation