うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
E-3一人旅Z.D.ED12-60mmF2.8-4.0SWDLUMIX_G20mmF1.7ASPH.E-P3htcEVO3D(ISW12HT)映画DMC-GF1タイドラマ旅(複数)E-M1横浜Z.D.ED50mmF2.0Macro音楽鉄道M.Z.D.ED12-40mmF2.8PRO動画バンコクスマートフォン夜景北海道IE8Z.D.ED50-200mmF2.8-3.5SWDInternet_ExplorerDSC-HX100VCP+Z.D.ED40-150mmF4.0-5.6DIGITAL_HARINEZUMI2富士山Z.D.ED9-18mmF4.0-5.6iPod_touch4thみなとみらいパソコン小豆島神戸PC秋の乗り放題パスウェブパタヤパソコン周辺機器東京スカイツリー宮崎あおいあまちゃん横浜ベイブリッジGirlsAward松山ケンイチM.Z.D.ED12mmF2.0E-M5江口洋介横浜駅白谷雲水峡アユタヤ浅草屋久島浅田真央横浜ランドマークタワー上戸彩Ai_Nikkor50mmf1.4GM1小樽大さん橋礼文島青森ロジクールM.Z.D.14-42mmF3.5-5.6ⅡR函館山下公園イベントコンパニオンE-520M.Z.D.14-42mmF3.5-5.6二俣川駅LS-10WiMAX大洗港四国渋谷土讃線戸田恵梨香松原商店街松田翔太江ノ島トラブル温泉上地雄輔金比羅山阿部寛Nikkor24mmf2.8Ai高松岡津町摩耶山風鈴ワット・アルンノニ藤木直人菅野美穂ポートタワー木村拓哉道後温泉東北本線JRiPad_miniXJAPANATOK西岸駅バックパック登別温泉角島大橋iPhoneAmazon稚内東京駅大部港予讃線シュノーケリング藤原竜也au石原さとみ綾瀬はるか讃岐うどんラン島仲間由紀恵八重の桜DVD妻夫木聡長崎益田駅LEICA_minilux枕崎駅熊本駅中井貴一瑛太松山駅ミニチュア風鹿児島本線佐藤浩市金沢駅キャメロン・ディアスレオナルド・ディカプリオ豊川悦司予土線四万十川窪川駅松山城瀬戸内海双子浦ジョージ・クルーニー汐吹公園エンジェルロード観音寺駅高知城高知五能線平泉オルガ・キュリレンコ阿波池田駅坪尻駅高知駅北海道&東日本パス川奈桂浜はりまや橋スキンダイビング日生港日生駅トレイルランニング蒼井ゆう平塚駅久大本線日の出ソニータイマー金沢八景JR東日本パスはやぶさ新青森iPod_touch4thスマートフォンIKEA夜明駅水戸黄門南京町有吉弘行阿蘇山浜松東伊豆指宿枕崎線秋田水戸駅深津絵里はまなす保土ヶ谷バイパス東北新幹線テレビサムスンXperia秋葉原AdobeiPadAir0.8秒と衝撃。あぶくま駅実験JR磐越西線塔のへつり駅会津若松駅中古車屋兜駅E-M1Z.D.ED50mmF2.0MacroBOSEスポーツジム旭川水着美瑛FC2ブログ共有テンプレートフリー写真素材札幌洞爺湖E-M10ボルボM.Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6EZGoProIE10会津田島駅大川ダム公園駅BLANKEY_JET_CITYスーザン・ボイルRADWIMPS松嶋菜々子上野樹里長谷川博己二俣川サッカーROSEROSEトム・ハンクスジャガーブライアン・セッツァーリゾートしらかみ香里奈観月ありさ東北被災地南会津会津鉄道男鹿高原駅メリケンパーク阿武隈急行線ワット・サケットワット・ポーフワランポーン駅WOLリモートデスクトップ琴平駅谷川岳薩摩高城駅肥後二見駅西大山駅指宿駅水道橋駅三ノ宮駅山陰本線OM-1PEN_FPEN_FT初代PENE-PL5OM-3東京ドーム長野電鉄屋代線香港ミャンマー羽田空港ヘルニアAterm_BL900HWロト7宗谷本線名寄駅三角地帯THE_MAD_CAPSULE_MARKETSDVD-Rパスポート稚内駅博多駅エヴァンゲリオン白馬駅業平橋駅Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6町田駅穴水駅のと鉄道大糸線糸魚川駅宗谷岬黒味岳納沙布岬苫小牧緑園都市駅和倉温泉駅大黒パーキング戸塚駅特牛駅唐津駅EOS-1DX立山黒部アルペンルートREGZA_Phone_T-01C熊ヶ根駅飛鳥Ⅱ海本牧魚津駅Milky_BunnyiOS伊予大洲駅横浜港CRASSしおサイダーBabylon伊万里駅Facebook佐世保駅たびら平戸口駅大村線酒田駅きらきらうえつ山形鳥取砂丘軍艦島南阿蘇鉄道長崎本線羽黒山横浜赤レンガ倉庫女鹿駅角館南部鉄道秋田内陸線土合駅福島駅阿蘇駅赤水駅めがね橋碓氷峠八ツ森駅出雲市駅小幌駅七尾線彦根駅カラビナMAMMUTウィルス米原駅小樽運河いしかりライナーYMOふじ丸初詣きゃりーぱみゅぱみゅ大橋のぞみスパイウェアFM戸塚嘉瀬駅ストーブ列車津軽鉄道東室蘭駅北舟岡駅豊岡駅十和田観光電鉄線上北町駅田儀駅七尾駅宇都宮駅福島郡山駅驫木駅

ATOKをGoogle日本語入力に乗り換えてみた...予想外の結論に!

2012.10.05 (Fri) 共有

ATOKを解約してGoogle日本語入力に乗り換えてみた...予想外の結論に


ここ何回か記事にした私のパソコンのブラウザIE8のウィンドウやタブを閉じる時に固まる(フリーズする)・遅い・重いなどの不具合の原因だったジャストシステムの日本語入力システム「ATOK」シリーズの最新版「ATOK 2012 for Windows」。

これまでの経緯は下記
IE8やタブを閉じる時に固まる(フリーズする)・遅い・重いなど不具合の原因は、ATOK2012だった
IE8やタブを閉じる時に固まる(フリーズする)・遅い・重いなど不具合の原因を解消する方法

以前の記事で、非常に消極的な解決策として、「ATOK 2011に戻してアップグレードしない」という方法に落ち着いたつもりだったんだけれど、どうもATOK 2011の方にも多少の不具合を感じるようになった。

どのような不具合かというと、ブラウザで検索窓とかに文字を入力する時に1秒から5秒くらい固まるというか引っかかるような現象がたまに起こるのである。それに文字の入力している時の変換も全体的になんか遅い、というか重ったるい感じ。

「だめだATOK、なんか重い、気になりだしたらめっちゃイライラする・・・」

試しにWindowsXP標準の「MS-IME Standard 2002」に戻して使ってみたら文字の変換が重くなったり、固まったりする不具合は起こらなくなった。仕方なくMS-IME2002を久々に使っていたんだけれど・・・

「だめだMS-IME、変換が馬鹿過ぎる、使えない・・・」

「これは困った」となり、正直、あまり期待していなかった無料の日本語入力システム「Google日本語入力」をインストールしてみた。

「なにこれGoogle日本語入力、めっちゃ軽いじゃん!」

なんてこった・・・期待していなかったGoogle日本語入力は、入力も変換も超軽くて、かなり高速にタイピングしてもまったく遅れることもなく快適に入力できた。しかも変換能力もかなり賢いのである。

それと予測変換機能が重くて邪魔で使い物にならないじゃないかと予想していたんだけれど、実際は予想外に軽くてしかもかなり便利だった(笑)。

Google日本語入力の予測変換
Tabキーか矢印上下キーで選択できる

「くやしいけど、無料だし、これで十分だよ・・・」

できるだけGoogleへの依存を減らしたい私は、これまでGoogle日本語入力の存在を知りつつも無視してきた。しかし、ATOKが私のPC環境で使い物にならなくなった今、ホントくやしいけど、Googleにまたしても頼るしかない状況になってしまったのである。クソォォォ!

という事で、ジャストシステムで契約している月額サービス「ATOK Passport」を速攻で解約し、AndroidのスマートフォンとサブPCのWindows7にもGoogle日本語入力をインストール。

Android版Google日本語は、Android版ATOKよりもQWERTYキーボードの左右端のキーが打ちやすいのが良かった。たぶんiOSのキーボードに似たレイアウトでキーが大きいからだと思われる。その代わり数字キーは切り替える必要があるけれど。ちなみにMac版はあるけど、iOS版はないらしい。Androidアプリには「Simeji」っていうのもあるね、使ったことないけど。

Google日本語入力Android版QWERTYキーボードの画像

という訳で、長かったIE8の不具合と長かったATOKとの付き合いがついに終了したのであった。

※記事中のATOKの不具合は、あくまでも私のPC環境で起こった症状ですので、もしかしたらATOK自体の問題ではなく他の要因があるかもしれません。また、他のもっと高速なPC環境下では起きないかもしれません。しかし、それを検証する術も責任も私にはありませんので、正確な原因は不明です。予めご了承ください。
ちなみにPC環境は下記
OS:Microsoft Windows XP Professional Version 2002 SP3(32bit)
CPU:Intel Core 2 Duo E6600 2.40GHz
GPU:NVIDIA GeForce 7900GT + 7900GS
メモリー:3072MB RAM
セキュリティ:@nifty常時安全セキュリティ24+SUPER AntiSpyweare


関連外部リンク
Google日本語入力
http://www.google.co.jp/ime/

Google playで「日本語入力」を検索
https://play.google.com/store/search?q=...
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(1) share

IE8やタブを閉じる時に固まる(フリーズする)・遅い・重いなど不具合の原因は、ATOK2012だった

2012.09.22 (Sat) 共有

IE8フリーズの原因はATOK2012


以前に書いた「IE8やタブを閉じる時に固まる(フリーズする)・遅い・重いなど不具合の原因を解消する方法」という記事で、ここ数ヶ月、私の人生を悩ませ困らせ苦しめていた重大な問題である世界のマイクロソフト社が誇る最強う○こブラウザIE8(Internet Explorer8)の不調の原因が再検証&追記でついに発覚した。

私のPCのIE8が重くて固まり気味になるこれまでの不具合の原因、それは・・・

JUSTSYSTEMSが誇る日本語入力システム「ATOK」シリーズの最新版である

ATOK 2012 for Windowsが原因であった!

その後のアンインストールと再インストールで何度かテストした結果、まず間違いなく、ATOK2012が私のPCのIE8をおかしくしていることが確定した。

今思えば、ATOK2011をATOK2012にアップグレードした今年の初め頃からIE8が不調になったような気がする。私の場合、「ATOK Passport」という月額サービスを利用しているので、常に最新版にアップグレードされてしまうのだ。

しかし、まさかATOKが悪さをしているとは思いもしなかった。もしかしたらPCにインストールしている他のソフトとの相性の問題などがあるのかもしれないけれど、とにかくひどい目にあった。さらに言えば、ATOK2012をリリースしてから半年以上経過しているのに、ジャストシステムはこの不具合の改善策はおろか把握すらしてないと思われる。

とりあえず設定変更で調整できないかも試してみたが、改善方法はなかった。

仕方ないので、試験的にATOK 2011をインストールしてテストを続けているが、ATOK 2011では、IE8の不具合はまったく発生しない。

もうめんどくさいので、ATOK 2011のままでアップグレードしないで、ATOK 2012の方でこの現象を回避するアップデートが行われるか、ATOK 2013のリリースまで使おうと思う。

なんか気分がスッキリしない解決方法であったが、これ以上この問題に関わっている時間がもったいないので、とりあえず、まあ、良しとしようか。

ちなみにPC環境は下記
OS:Microsoft Windows XP Professional Version 2002 SP3(32bit)
CPU:Intel Core 2 Duo E6600 2.40GHz
GPU:NVIDIA GeForce 7900GT + 7900GS
メモリー:3072MB RAM


では、また

≫≫ ATOKとはこれの事
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

IE8やタブを閉じる時に固まる(フリーズする)・遅い・重いなど不具合の原因を解消する方法

2012.08.22 (Wed) 共有

Internet Explore 8 FREEZES
IE8やタブを閉じる時に固まる(フリーズする)・遅い・重いなどの原因を解消する方法


ここ数ヶ月、私の人生を悩ませ困らせ苦しめていた重大な問題、それは世界のマイクロソフト社が誇る最強う○こブラウザIE8(Internet Explorer8)の不調

ついに、ついに、不具合が解消した!わーい(歓)!

今、思えば、こんな単純で簡単な方法でIE8のトラブルが解決できるとは!それは、まさに盲点だった。

まず、IE8にどのような不具合が発生していたかと言うと『固まる(フリーズ、応答しなくなる状態)』が続発するようになっていたのだ。ただし、強制終了という現象はほとんどなかった。具体的には下記のような症状である。

・タブやウィンドウを大量に開くと頻繁に十数秒ほど固まる、動作が停止?重くなる
・タブやウィンドウを閉じる際に十数秒ほど固まる、閉じるのが異常に遅い
・IE8を使っていると他のソフトやパソコンの動作が重くなる
・ウェブサイトによってはページの読み込みに異常に時間がかかる


この不具合を直す為にここ数ヶ月、ネットを調べまくって、あらゆる手段を試みてきた。具体的には下記なんだけど、症状の緩和はあってもなぜか根本的な問題の解決には至らなかった。しかも今回の方法は、なぜか見つけられなかったのである。

ちなみにPC環境は下記
OS:Microsoft Windows XP Professional Version 2002 SP3(32bit)
CPU:Intel Core 2 Duo E6600 2.40GHz
GPU:NVIDIA GeForce 7900GT + 7900GS
メモリー:3072MB RAM


これまで試みた手段
・ダウンロードしたアドオンの削除
・削除できないアドオンをすべて無効にする
・[インターネットオプション][全般][削除]で閲覧履歴の削除
・[インターネットオプション][詳細設定][リセット]
・[インターネットオプション][詳細設定]「自動クラッシュ回復機能を有効にする」オフ
・[インターネットオプション][全般][タブ設定]「タブブラウズを有効にする」オフ
・Microsoftサポートの「診断ツール Fix it」で診断及び修復(リンク
・Googleツールバーのアンインストール
・Adobe FLASH(Shockwave Flash Object)のアンインストールと最新版インストール
・Skypeのアンインストールと最新版インストール
・Javaのアンインストールと再インストール
・Spybotのアンインストール
・セキュリティソフトのアンインストールや最新版再インストール
・常時安全セキュリティ24でウィルスの検出と削除
・SUPERAntiSpywareでスパイウェアやトラッキングクッキーの検出と削除
・デスクトップに置いてあるファイルの整理・移動
・スタートアップの不要な常駐ソフトを停止
・Auslogics Registry Cleanerというフリーのレジストリデフラグソフトで不要なレジストリ項目の削除(リンク
・Auslogics Registry Defragというソフトの試用版でレジストリをデフラグ(リンク
・Auslogics Disk DefragというフリーのデフラグソフトでHDDを最適化(リンク

※利用や実行は自己責任でお願いします。


ネットでは、「アドオンがぁ~」とか「セキュリティソフトがぁ~」といった記事が多かったんだけれど、それらの方法は、ほとんど試したが問題は解決しなかった。

「まさかCPUの処理速度の問題なのか?いやそんなはずはない・・・。じゃぁハードディスクの問題なのか?いやそんなはずはない・・・。CPU壊れてる?いやそんなはずはないんだけど・・・。メモリ壊れてる?いやそんなはずはないはず・・・。パソコン壊れている?いやそんなはずはない、はずなんだが・・・」

私の頭にはネガティブな想像とそれを打ち消したい気持ちが交錯していた。そしてしだいに、もう、ブラウザの問題ではなくパソコン自体の問題じゃないかと思うようになり、わらにもすがる思いで、「PCパフォーマンスチェッカー(リンク)」というフリーのパソコン診断ツールで診断してみたが、特にハードには問題がなかった。

最後の方は、苦し紛れにスタートアップやらレジストリやらデフラグやらもやってみたが、パソコン自体の調子は心なしか良くなったんだけど肝心のIE8の不調の改善までは至らなかった。

「もう...武器は無いのか、武器は!」

こうなると考えられるのは、OS(Windows XP自体)の問題しかなくなる。後は、OSをリカバリーしてパソコンを初期化するしか考えられない。完全に手詰まりである。IEをあきらめかけて、FirefoxとGoogle Chromeを使ってみたが、やっぱりなんか使いづらくてなじめなかった。

そんなある日というか昨日、暗雲立ち込める私の心に一筋の光が!

「ちょっとまてよ、IE8をアンインストールしてIE7に戻して使えばいいじゃんか(閃)!」

ひじょうに消極的な解決策だが、とにかくIE8をアンインストールして、PCを再起動し、ブラウザを使ってみる。

「こいつ…動くぞ!!しかも速!反応がめっちゃ速い!」

ブラウザを立ち上げてすぐに動きがとても速くなっているのが体感できた。ただし、あちこちのサイトのレイアウトが崩れまくりである。よくブラウザのバージョンを確認してみたら、それはIE6であった。

「あれぇ~IE6に戻っちゃったよ、こりゃダメだ・・・」

IE6からIE7を飛ばしてIE8をインストールしたような気がするので、たぶんそれが原因かと。ウェブ制作の世界でのIE6は、今では究極の欠陥失敗ブラウザである。仕方なく再びIE8をインストールする。すると・・・

「あれ!?IE8が直ってるぞ!スピード速!おおーまったくフリーズしない!やったぁああああああああああああああああああ!IE8がなおったぁあーぞーー!」

そうです、IE8をアンインストールして再インストールしたら、私を悩ませ困らせ苦しめていた世界のマイクロソフト社が誇る最強う○こブラウザIE8は、最強サクサク高速ブラウザInternet Explorer8 HS(Hight Speedの略)に生まれ変わっていたのである。ただ、長い時間ブラウザを使っていると若干だけフリーズ気味になる時がまだあるけど、まったくの許容範囲。

「僕にはまだ帰れる場所がある...こんなにうれしいことは無い...」

あの感動のラストシーンが脳裏に・・・そして、涙が溢れる。あまりのうれしいしさと開放感からなのか、Amazonでいろんな物をポチりまくった私。

結論、言っちゃうと正確な原因は、まったくわからなかった。でも直った。たぶんIE8が壊れてたということなんだと思う。なぜ壊れたか?うーん、スパイウェアとBabylon辺りが怪しいけど、なんだったんだろうね。

ちなみにIE8をアンインストールするには、[プログラムの変更と削除]から「Windows Internet Explorer 8」を削除する。再インストールは、ネットの「Internet Explorer 公式ページ(リンク)」のダウンロードからIE8をダウンロードすればOKだ。

IE8をアンインストールする前に下記の記事も参照されることを推奨。
IE8が遅いとかフリーズするとかの不具合を直す方法
ふざけたウイルス&スパイウェアを駆除する方法
IE8でソースの表示不良やjpeg,gif画像がbmpになって保存出来ない不具合を直す方法
Facebook「いいね!」ボタンが多数あるサイトの表示が遅い・重い・固まる(フリーズ)など不具合の原因
Babylonというウィルスのようなソフトの削除方法


とにかくめでてぇーってことでオールOK!
では、また

いろんな物をポチりまくるなら↓ア・マ・ゾーン!
≫≫ パソコン・周辺機器のベストセラー

【追記】2012/08/26 再び不調に・・・orz
あれから数日使っていたら、IE8の調子が徐々に悪くなってきた。しょうちゃんさんのコメントの通り、上記の方法では一時的に不具合が改善したような状態になるが、やはり完璧ではないようだ。

念のため、再度、IE8をアンインストールして、今度はIE7をインストールして、IE7ををアップデートしたのちにIE8を再インストールして、さらにIE8をリセットしてから様子を見てみたが、やはり完璧に改善されなかった。

さらに検索プロバイダーからGoogleを削除、Google Choromeも削除して、Google Update plginもこちらを参考にしながら削除してみたが、やはり改善されず。Firefox、Opera、Safariもアンインストールしてみたが、やはり改善されず。

今は、Java関連、ATOK関連、@nifty常時安全セキュリティ24関連をすべてアンインストールして様子を見ている状態。
結果はまた、この記事に追記してゆきます。
では、また

【追記】2012/09/11 不具合は解消されている
前回の追記でお伝えしたJava関連、ATOK関連、@nifty常時安全セキュリティ24関連の3つのソフトを削除したら今のところ不具合は完全に解消されている状態になっている。

ということは、この3つのどれがが悪さをしていた?次は、一つづつ再インストールして検証していこうと思う。結果は、また追記でお知らせします。

【追記】2012/09/12 ATOK2012をインストールすると再び不具合
上の3つの内、最初にATOK2012を再インストールしてIE8を使ってみたら、再び重くなる不具合が出るようになった。なので、再度、ATOK2012をアンインストールしてIE8を使ってみたら、今のところ不具合が解消されているようだ。

どうやらATOK2012が怪しいかもしれない。次は、他の2つをインストールして実験してみる予定。結果は、また追記でお知らせします。

【追記】2012/09/13 @nifty常時安全セキュリティ24
今度は、@nifty常時安全セキュリティ24を再インストールしてみたが、今のところ不具合は起こらない。これが怪しいと思っていたが、やはりATOK2012が原因なのだろうか?

次は、Javaを再インストールして、結果をまた追記でお知らせします。

【追記】2012/09/15 Java
@nifty常時安全セキュリティ24はインストールしたままの状態で、Javaを再インストールしてみたが、やはり今のところ不具合は起こらない。いよいよATOK2012の疑惑が深まる。

再度、ATOK2012を再インストールして、結果をまた追記でお知らせします。

【追記】2012/09/16 ATOK2012が原因とほぼ確定
Javaをインストールすると一部サイトがなんとなく重く感じたので再度アンインストールしてから、ATOK2012を再インストールして、タブやウィンドウを大量に開いてから一気に閉じるテストを行ったところ見事にIE8がフリーズ気味になった。

検証の為、ATOK2012を再度アンインストールしてから同じテストを行ったところ、IE8はフリーズ気味にはならずすぐにタブもウィンドウも閉じることが出来た。

よって、私のPCのIE8が重くて固まり気味になるこれまでの不具合の原因は、ほぼATOK2012をインストールしたことによるものとの結論となった。

しかし、ATOKというメジャーなソフトが原因とは、非常に複雑な心境である。もしかしたら他のソフトとの相性などの問題が絡んでいるのかもしれないし、次は、ジャストシステムにも問い合わせてみたり、ATOKの設定変更等で、不具合が回避できないかも検証していこうと思う。

今後の結果は、この記事ではなく、新しい記事でお知らせします。
では、また
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(3) share

ふざけたウイルス&スパイウェアを駆除する方法

2012.08.08 (Wed) 共有

Startup Critical Threats YNmgewtRfOqdbYh.exe,ALJAvtwQtBa1mt.exe


ここ数ヶ月、PCの様子がすこぶるおかしかった。特にIE8を使っている時の挙動が非常におかしかった。IE8でタブを大量に開くと頻繁にフリーズ(固まる)気味になるのだ。さらに同時使用している他のソフトとかもフリーズ気味になる。十数秒待っているとフリーズが解けるんだけど、とにかくIE8はもとよりPC自体も重かった。

PC環境
OS:Microsoft Windows XP Professional Version 2002 SP3(32bit)
CPU:Intel Core 2 Duo E6600 2.40GHz
GPU:NVIDIA GeForce 7900GT + 7900GS
メモリー:3072MB RAM
導入ウイルスソフト:@niftyの常時安全セキュリティ24(Kaspersky)


@niftyの常時安全セキュリティ24(Kaspersky)でパソコンをスキャンしても何も見つからなかったので、IE8のアドオンを無効にしてみたり、いろいろ試したが問題は解決しなかった。

ある日、あまりにも調子が悪かったので、セキュリティソフトに原因があるのかと思って、一度アンインストールして、セキュリティソフトがない状態でパソコンを使っていた。

そしたら数時間くらい経ったところで、突然、異常事態が起こった!

「ボォン!ボォン!ボォン!ボォン!ボォン!ボォン!ボォン!ボォン!ボォン!ボォン!」

警告音が鳴り響き、パソコンのモニターに警告ダイアログが無数に開き、パソコンの操作が不能になったのだ!

「やばいウィルスに感染した!」

どうやら Webサイトを見ただけで感染するトロイの木馬型ウイルス「TROJ_FAKEAV(フェイクエイブイ)」関連に感染したと思われる。偽システム修復ツール詐欺ソフト「System Recovery」を買わせるてクレジットカード番号を摂取する詐欺ソフトだという。

ソフト名が違うが同じ手口の「Data Recovery」「SMART HDD」「SMART Check」「SMART Repair」「System Check」「System Restore」「file Recovery」「Windows Recovery」「Windows XP Recovery」「Windows 7 Recovery」というシリーズもあるらしい。

このウイルスが恐ろしいのは、パソコンを再起動させる度にPC内のフォルダ等のデータが消えて無くなっていくのだ。最後は、デスクトップやその他フォルダのすべてのデータが消えて、ブラックアウトした画面に警告ダイアログだけが残るようになる。調べるてみると実際は消えたのではなくて、隠しファイルや隠しフォルダに変更して消えたように見せかけているだけというのを知って少し安心した。

しかし、その状態から正常な状態に回復させるのに相当苦労した。とにかく焦っていたので正確な方法は忘れたけれど大まかな駆除方法は下記。

1. 「System Recovery register code」とかでググって出回っているレジストコードもしくはシリアルキーを使って、偽ソフトを起動させてとりあえずPCが使えるようにする。※検索するのに別のパソコンが必要

2. 導入ウイルスソフトで検出された「Rootkit.Win32.TDSS」というTrojan系ウィルスが、何度駆除してもPCを再起動すると復活してしまう。途方にくれてニフティのサポートに電話してみたら、駆除する方法がわからないのでパソコンをリカバリーしてくれと言われた。なんという投げやりで素人丸出しの対応だろうか?ニフティのサポートはほんと使えない(怒)!仕方なくネットで調べまくっていろいろ試している内に、Symantec(シマンテック)社のBackdoor.Tidservというページで無償配布している駆除ツール「FixTDSS.exe」というのをダウンロードして使ってみたら駆除に成功した。
Backdoor.Tidserv Removal Tool ※利用は自己責任でお願いします。

とりあえずこの日のTROJ_FAKEAVウィルス問題は、なんとか自力で解決したんだけれど、ここ数ヶ月続くPCの様子がおかしい件は相変わらず変わらなかった。

それで最近、スタートアップ(Startup)をチェックしていたら、見覚えのないめっちゃ怪しげなソフトが常駐していた。

YNmgewtRfOqdbYh.exe
ALJAvtwQtBa1mt.exe

みるからに怪しいファイル名である!ファイルの場所は両方とも[C:Documents and Settings\All User\Application Data\]に入っていた。

※スタートアップは、[スタート][ファイル名を指定して実行][msconfig][OK]で「システム構成ユーティリティ」の[スタートアップ]タブで見られる。

ネットで調べてみると・・・Trojan.Agentとなっている。やはりウィルスかスパイウェアである。

しかし、導入ウィルスソフト@niftyの常時安全セキュリティ24(Kaspersky)でスキャンしてもまったく何も検出されない。

「どーなってるんだ常時安全セキュリティ24!これじゃお金を払っている意味ないじゃんか(怒)!」

前回の投げやりなサポート対応もあってか、かなりむかついた。

それで、だいぶ前にスパイウェア駆除・対策ソフト「Spybot」の調子悪かったのでアンインストールしてからスパイウェアの検出を行っていないことを思い出した。それにどうやらKasperskyはスパイウェアの検出をしないらしい。いろいろ調べたら「SUPERAntiSpyware」という無償でも使えるスパイウェア対策ソフトの評判が良さそうなのでインストールしてみることに。

ソフトはここでダウンロードした↓
SUPERAntiSpyware 5.5.1012: Free Download
[Softpedia Secure Download(US)]クリック→情報バークリック→ダウンロード

日本語パッチはここで入手↓
SUPERAntiSpyware ver.5.50.1012 - 日本語化セット
Free(32bit) ->>[Download]をクリック→デスクトップに保存

インストール方法
SUPERAntiSpyware.exeをクリック→[Express Install]→[Decline]

日本語化方法
ソフトを閉じた状態で、[C:\Program Files\SUPERAntiSpyware\Language]に「Japanese (JA).lng」ファイルを入れる→PCを再起動→ソフト起動して下の[Preferences]をクリック→[Language]のドロップダウンメニューから[Japanese(JA)]を選択

そんでもってまずはQuick Scanをしてみたら・・・

3匹も危なそうなのが検出された!

さらにTracking Cookie(トラッキングクッキー)も84匹!
※Tracking Cookie自体はそれほど脅威ではない

Critical Threats
≫≫ クリックで拡大


Critical Threats
重要な脅威
These items should be immediately removed from your computer.
これらのアイテムは、あなたのコンピュータからすぐに取り外されなければなりません。

もちろんすぐにRemove Threats(脅威を取り除く)して駆除した。そしたら心なしかパソコンやIE8が少し軽くなったよ(喜)。そんでもって再度、スタートアップを見たが、YNmgewtRfOqdbYh.exeとALJAvtwQtBa1mt.exeは、まだ消えていなかった。どうやらウィルスを駆除してもスタートアップには残るらしい。チェックを外した状態で常駐を解除しておけば問題ないらしいんだけど、どうにも気持ち悪いので、下記サイトを参考にしてスタートアップから削除した。

msconfigのスタートアップ項目を削除する方法

さらにSUPERAntiSpywareの[Critical Point Scan]と[Complete Scan]ですべてのハードディスクをスキャンしてPCに残っているトラッキングクッキーもすべて削除。さらにIE8が遅いとかフリーズするとかの不具合を直す方法も実行。さらに頻繁に検出されるうざいトラッキングクッキーを[インターネットオプション]→[セキュリティ]タブの制限付きサイト[サイト]ボタンに登録してやった。

■制限付きサイトに登録したトラッキングクッキー■
2o7.net advertising.com atdmt.com atwola.com fastclick.net imrworldwide.com
invitemedia.com itmedia.co.jp itmedia.jp jlisting.jp kontera.com
revsci.net ru4.com serving-sys.com specificclick.net statcounter.com
trustclick.ne.jp webtrendslive.com yadro.ru yieldmanager.com


まあでも、この一連のトラブルを一応解決したら、(まだ完璧ではないが・・・)だいぶパソコンの調子が良くなったし、とにかく気分がスッキリした!しかしもうちょっとで、Windows8も発売されるし、XP、そろそろキツイかな・・・。

関連アイテム
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

Babylonというウィルスのようなソフトの削除方法

2012.03.12 (Mon) 共有

htc EVO 3D
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD


※写真は、記事とはまったく関係ない私のスマホ「htc EVO 3D」です。

つい最近、海外のBabylonと言う翻訳ソフトの無料トライアルをダウンロードしてインストールしたら、ブラウザ(IE8,Firefox,Google Chrome)のツールバーとか検索エンジンの設定が勝手にBabylon(バビロン)というやつに変更されてしまった。正確には、チェックボックスの説明が英語だったので、気がつかずに許可してしまったのだけれど。

しかたなく、それらの設定を変更すべくBabylonの関係と思われる物を片っ端から削除やアンインストールしていったんだけれど、これがまたウィルス並に苦労したので、そのやり方を簡単にメモしておく。

普通に考えれば、[プログラムの追加と削除]からBabylonのソフトをアンインストールすれば、完了のはずなんだけれど、このソフトは、IE8,Firefox,Google Chromeのスタートページの設定や検索設定に残り続けるのだ。当然、ホームページの設定を変更したり、検索設定から削除していくわけなんだけど、それでも新しいページを開くとBabylonの検索ページ「search the web(babylon)」が表示されてしまう。これがIE8のリセットをしたり、アドオンの管理などで、いくら設定を探してみても変更できないのである。

「これは、レジストリだな」

これまでの経験上、この手のソフトは、レジストリと呼ばれる通常のWindowsの操作では変更することができない場所の設定を変更して、しかもアンインストールしてもそのままにしてしまうのである。つまり、レジストリエディタ (regedit.exe) の知識がないと元に戻せないということ。

まー当然、私もレジストリエディタの知識は、ほとんどないので、Google検索に頼って解決策を探しはじめた(笑)。

そしたら、下記のサイトに有効な解決策のヒントがあった。
≫≫ babylonアンインストール-IObit Uninstallerを使って(PCの独り言)
≫≫IE8のタブを追加するとBabylon Searchが出てくる(Microsoft Answers)

記事を参考にした完全なるアンインストールと思われる状態までの手順は下記。

※あくまでも私の行った方法であり正確性は保証しません。実行する場合は、すべて自己責任でお願いします。ちなみに私のパソコンのOSは、Windows XP pro SP3です。

1.まず一度アンインストールした「Babylon(http://japanese.babylon.com/)」を再度インストールして不具合の最初の状態を再現する

2.「IObit Uninstaller」をVectorでダウンロードする

3.「IObit Uninstaller」を使って、再度インストールした「Babylon」と「babylon toolbar」をアンインストールし、Powerful Scanを使ってファイル/ディレクトリ/レジストリまですべて削除する

4.「IObit Uninstaller」を使って、FirefoxとGoogle Chromeもアンインストールし、Powerful Scanを使ってファイル/ディレクトリ/レジストリまですべて削除する

5.IE8のスタートページをBabylonから別の物に変更する

6.レジストリエディタ([スタート][ファイル名を指定して実行]から“regedit”と入力)で、[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\AboutURLs]の「Tabs」の値がBabylonの物になっているのを、初期値「res://ieframe.dll/tabswelcome.htm」に変更(※レジストリを変更する前にレジストリのバックアップを推奨)

レジストリエディタ
↑クリックで拡大


7.FirefoxとGoogle Chromeを新しくインストール

以上で一応、現在のところ問題も不具合もなくなった!

それどころか、別件かと思っていた、最近、IE8がやたら重いという不具合も解消しているような気がする。しかし、ホント、ひどい目にあった。日本でも昔はよくあったけど海外では、今でも、こんな悪質な方法でソフトの販売しているんだね。

というか・・・
こんな悪質な方法でソフト売れるのかよBabylon!!!

Babylon(バビロン)という海外の翻訳ソフト、ハッキリ言ってパソコン初心者や素人をだますような古典的な手口は、企業としてまったく信用できないので、Babylonの無料トライアルをネットで見かけてもダウンロードしないことを強く推奨する。
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(27) share
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
スポンサード リンク
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation