うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ映画海外の旅PANASONICデジタルガジェット動画ありPCトラブル北海道音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ九州SONYソフト&アプリ小豆島神戸NIKON夜景SEIKOPC旅(複数)パソコンGirlsAward鉄道撮影道具アメリカ屋久島白谷雲水峡あまちゃんフィルムカメラウェブ浅田真央スマートフォン金比羅山パソコン周辺機器E-520iPod_touch4thロジクール終わらない断捨離の記録四国土讃線アユタヤRICHO-PENTAX讃岐うどんバックパック浅草LEICAFUJIFILM礼文島予讃線香港高松風鈴道後温泉動画WiMAXXJAPANキャメロン・ディアスポートタワー江ノ島大洗港横浜駅ノニ摩耶山CANONミニチュア風松山駅小樽グラム単位の軽量化大部港浜松窪川駅高知城瀬戸内海高知松山城南京町双子浦日生港観音寺駅予土線日生駅四万十川エンジェルロード戸田恵梨香東北メリケンパーク富士山藤木直人中古車屋フリー写真素材水着スポーツジム実験青森坪尻駅阿波池田駅高知駅はりまや橋琴平駅ジャガー阿部寛二俣川サッカーテレビ桂浜東北本線オルガ・キュリレンコレオナルド・ディカプリオ豊川悦司仲間由紀恵トム・ハンクスブライアン・セッツァーROSEROSEジョージ・クルーニーiPod_touch4thスマートフォン函館中井貴一伊予大洲駅いしかりライナー小樽運河はまなす保土ヶ谷バイパススーザン・ボイルRADWIMPS秋の乗り放題パスあぶくま駅兜駅GoProミャンマーCOSINA台湾塔のへつり駅会津田島駅南会津被災地阿武隈急行線会津鉄道男鹿高原駅大川ダム公園駅八重の桜東京ドーム水道橋駅川奈汐吹公園東伊豆スキンダイビング北海道&東日本パス福島駅平泉シュノーケリング東京スカイツリートレイルランニング水戸黄門水戸駅JR東日本パスはやぶさ新青森東北新幹線八ツ森駅しおサイダー三ノ宮駅稚内駅名寄駅二俣川駅熊ヶ根駅LS-10Milky_Bunny宗谷本線YMOハワイJRMAMMUTカラビナきゃりーぱみゅぱみゅ角島大橋東京駅

おっさん一人旅 北海道~最北に向かって編 まとめ

2010.09.18 (Sat) 共有

礼文島の朝陽
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件

写真は、礼文島の朝陽と壮大な海と空と島の景色です。

毎年恒例となりつつある「おっさん一人旅」第三弾として、今年は再び北海道、そして最北をめざして高速バスとフェリーも使いつつ列車で旅をして来ました。

今回は9日間とちょっと長めの旅でしたが、やはり旅は最高です。

今回の旅のキーワードは、海、山、列車、最北、島、トレッキング、絶景でした。

列車の旅をあまりしたことが無い人にとって、私の旅は、とても考えられない過酷な旅に感じるかもしれませんが、それはおそらく都心の電車を想像しているからだと思います。

しかし地方のローカル列車は、都心の電車とはまったく違って、もっとのんびりくつろげる雰囲気なので、乗っている事で疲れるという事はほとんど無いのです。まあ、乗客が多い時は、やはりちょっと疲れてきますが・・・

しかし列車の旅の醍醐味は、なんといってもゆっくりと流れる時間です。

ゆっくりと流れる車窓の景色を眺めて、ぼんやりする。

そして列車が走るその行程とかかる時間で、目的地までの距離を体で感じる事ができる。

飛行機や新幹線では、そういった旅の途中をすべてすっ飛ばしてしまいます。

また、車では、運転に集中しなければならないので、のんびり景色を見ている余裕などありません。

さらに車はどうしても移動における疲労度が高くなるので、肝心の目的地で疲れて寝てしまうパターンがよくあります。

その点、列車の場合は、眠くなったらいつでも寝る事ができるので、移動中にパワーを補充する事ができます。

つまり目的地までの途中も旅をする事が出来る、それが列車の旅なのです。

さらにJRのおトクなきっぷを使えば、考えられない交通費で旅が出来てしまいます。

今回利用したのは、「北海道&東日本パス」、連続する7日間、JR東日本線・JR北海道線、青い森鉄道線、IGRいわて銀河鉄道線、北越急行線、富士急行線の普通列車普通車(快速含む)が乗り放題で、たった1万円のきっぷです。一日あたり約1429円です。

そして、今年の夏の発売分からこれまで5日間だったのが、なんと7日間に延長されて、よりお得なきっぷとなりました。その代わり札幌-青森間の夜行急行「はまなす」に乗る場合、別途急行券(札幌-青森で1260円)を購入しなければならなくなりました。

私が今回利用した鉄道の通常運賃

美瑛-稚内 5560円
稚内-旭川 5250円
旭川-札幌 2420円
札幌-青森 7980円
青森-松島 7270円
松島海岸-野蒜 230円
野蒜-仙台 570円
仙台-横浜 6300円
--------------------
合計 35580円

25580円もお得でした!

あと最初に利用した高速バス+フェリー+高速バスの東京-富良野の移動には、商船三井フェリーの「ふらの・ストーリー」という商品を利用しました。

東京駅-水戸駅の高速バス~水戸駅-大洗フェリーターミナルの路線バス~大洗港-苫小牧港のフェリー~苫小牧港-札幌駅の高速バス~札幌駅-富良野駅の高速バスを利用出来て料金は11800円でした。

礼文島に行くのに利用したハートランドフェリーは、片道2300円(往復4600円)でした。

稚内で借りたレンタカーはマツダレンタカーで、Web会員登録してから事前にネット予約していったので、料金は6時間借りて3780円でした。

宿泊は今回もすべて楽天トラベルから事前に予約して行きました。素泊まりから朝食付き、夕食朝食付きなど場所によって選び分けたので、一泊4000円くらいから高いところで8500円でした。

なお今回も携帯から更新したこのブログの記事に各地で撮影して写真を随時追加していきますので、ご覧ください。

写真を追加した記事は↓下記にリンクを追加していきます。

【写真を追加した記事】
1日目:1 東京駅からバスで水戸駅へ2 水戸駅2.1 大洗港フェリーターミナル3 大洗港の夕日3.1 大洗港の夜景
2日目:0.1 太平洋上の日の出
3日目:
4日目:
5日目:
6日目:
7日目:
8日目:
9日目:
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

おっさん一人旅 2日目1

2010.09.05 (Sun) 共有
今、青森県沖合を航行中・・・

太平洋側は、180度水平線、水面に反射する太陽がまぶしいです。

早起きして見た水平線からのぼる日の出は、絶景でした。

鉄道もいいけど、船の旅もいいものです。

ではまた
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

おっさん一人旅 1日目 3 大洗港の夕日

2010.09.04 (Sat) 共有

船上からの眺め
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件

デッキからの大洗港の眺め。


デッキの様子
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件

出発前のまったりした時間。


巨大な煙突
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件

夕焼け色に包まれる景色。


さんふらわあ さっぽろ
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件

只今、フェリーの出航待ち。

想像してたより巨大なフェリーだった。

海と夕日が、とても綺麗だ。


大洗港の夕日
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件

夕日がゆっくりと沈んでゆく。


大洗港の夕日
 ≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件

赤く染まる空。


大洗港の夕日
 ≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件

ではまた

次の記事へ

【最初の記事から見る】おっさん一人旅 1日目 1 東京駅からバスで水戸駅へ
【関連記事】おっさん一人旅 北海道~最北に向かって編 まとめ
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

おっさん一人旅5日目 2.1 大部港から日生港へ (後日追加記事)

2010.09.01 (Wed) 共有

大部港に停泊するフェリーひなせ
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件


旅もついに帰路となる。

小豆島の大部港からフェリーに乗って本土へ向かう。

本土までは約60分の船旅である。


フェリーから小豆島を望む
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件


フェリーの甲板から小豆島との別れを惜しんだ・・・今回はあまりにも時間が無かったので、ほとんど泊まりに行ったような感じだったのだが、またいつか機会があればゆっくり観光してみたいと思いました。


瀬戸内海の静かな景色
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件


しかし、瀬戸内海はホント穏やかな海です。


小豆島の全体像
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件


こうやって改めて小豆島の全体像をみると、でかい島だ。この島を歩いて観光しようとか本気で思ってた訳だから、今思えば馬鹿げた考えだった・・・。現地で毎回、島の人たちに止められてよかった(笑)。


日生港
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件


しかし、美しい海を眺めていると一時間などあっという間で経ってしまう。

日生港につく直前の景色はかなり絶景でした。


日生駅(ひなせえき)
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件


日生駅は日生港の目の前にありました。

そして、この場所は、岡山県という事ですので、人生初・岡山県上陸(通過はした事はあった)を果たしました。

日生駅からまず、兵庫県の播州赤穂駅(ばんしゅうあこうえき)を目指します。

ここからの帰路はウルトラスーパーハードです。

体が持つか心配です。

出発が12:54で、私の住んでいる駅への到着予定時刻は23:40です。

乗り換え回数、な、なんと9回!

1本でも乗り換えに失敗したらアウト!

しかも四国のローカル路線のように乗り換え待ち時間1時間なんてのは一切ありません!

というか乗り換え時間1分、2分とかもあって一番長くても20分・・・つまり、メシ食べる時間も無くひたすら電車に乗りっぱなしで10時間以上!!!

うーん青春18きっぷの旅で遠くへ行くと帰りがとても問題だ・・・

今回利用したフェリーは、瀬戸内観光汽船の大部(小豆島)→日生(岡山県)航路。運賃は片道1000円でした。11:20大部発-12:25日生着、船は「フェリーひなせ」で船内も綺麗で甲板もあってとにかく広かったです。

次の記事へ

【最初の記事から見る】おっさん一人旅 1日目 1 東海道線で熱海へ向かう
【関連記事】おっさん一人旅 神戸~四国~小豆島編 まとめ
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

おっさん一人旅5日目 1.2 小豆島横断 (後日追加記事)

2010.09.01 (Wed) 共有

かわいらしい花
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件


双子浦を見終わってから、すぐに最寄りの土庄中前というバス停へ向かった。

小豆島の北側にある大部港からフェリーに乗る為です。

バス停でバスを待っている時思ったのですが、朝の小豆島は交通量けっこうあります。

しかも時間になってもバスが来ない・・・かなり不安になりましたが5分ほど遅れてバスが来ました。

なんせ、この路線のバスはこの時間に乗れないと次のバスは約2時間半後なのです!

1時間に1本も無いとは・・・しかも旅館の人に大部港まで歩けるか聞いたら、「絶対に歩けないから止めた方がいい」と言われていたので、もしバス乗り損ねたら完全にアウト!船の時間に間に合わず本日中に横浜まで帰れなくなってしまいます。

乗って思ったのは乗客は私を含めて2人だけ・・・本数が少ない訳です。


道の駅大坂城残石記念公園
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件


さてバスに乗れたのはいいですが、初めての土地でのバスは注意が必要です。バス停までの距離感がわからないので、よーくアナウンスを聞いて降りるバス亭を通り過ぎないようにしなければならないからです。

今回は多少時間があったので、2コくらい手前だと思っていた海の近くの「小海」というバス停で降りて海岸線を歩く事にしました。後で気がついたのですが、5コ手前のバス停でした・・・

上の写真はバス停からちょっと歩いたところにあった「道の駅大坂城残石記念公園」です。しかしまだ8時台でしたので、残石博物館という施設は閉まってました。


道の駅大坂城残石記念公園
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件


なんでもこの辺りは、徳川幕府の大坂城拡張・修築工事の際、石垣石の産出を行った場所なんだとか!


島の周りの小島
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件


海をみると小豆島の周りには小さな島がいっぱいあります。


田舎風景
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件


田舎な景色がのんびりしていていいです。


高い場所から瀬戸内海を望む
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件


しかし、誤算だったのは、地図で見ると海岸線で平らなように見えたのですが、実際に歩いてみると山のようになっていて、上の写真のように見晴らしは最高なんですが、そのかわりかなりキツイの坂を登ってから下るような道になっていた事です。


小豆島の砂浜
≫ 拡大する
  (著作権フリー写真素材可:利用条件


山のような道を越えると砂浜があったので、砂浜を歩いてみた。

しかしこの島、誰もいないな・・・大部港まで約1~2時間くらい歩いた道で出会った人は、バス停でバスを待つおばあちゃんが2人と自動販売機で飲み物を買っていたお兄さん1人だけだった。

こんな綺麗な海があるのに、海で遊んでいる人も海を見ている人もなぜかいない・・・なぜだ?夏が終わったから?まだ朝だから?

次の記事へ

【最初の記事から見る】おっさん一人旅 1日目 1 東海道線で熱海へ向かう
【関連記事】おっさん一人旅 神戸~四国~小豆島編 まとめ
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサード リンク
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation