うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ映画海外の旅PANASONICデジタルガジェット動画ありPCトラブル北海道音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ九州SONYソフト&アプリ小豆島神戸NIKON夜景SEIKOPC旅(複数)パソコンGirlsAward鉄道撮影道具アメリカ屋久島白谷雲水峡あまちゃんフィルムカメラウェブ浅田真央スマートフォン金比羅山パソコン周辺機器E-520iPod_touch4thロジクール終わらない断捨離の記録四国土讃線アユタヤRICHO-PENTAX讃岐うどんバックパック浅草LEICAFUJIFILM礼文島予讃線香港高松風鈴道後温泉動画WiMAXXJAPANキャメロン・ディアスポートタワー江ノ島大洗港横浜駅ノニ摩耶山CANONミニチュア風松山駅小樽グラム単位の軽量化大部港浜松窪川駅高知城瀬戸内海高知松山城南京町双子浦日生港観音寺駅予土線日生駅四万十川エンジェルロード戸田恵梨香東北メリケンパーク富士山藤木直人中古車屋フリー写真素材水着スポーツジム実験青森坪尻駅阿波池田駅高知駅はりまや橋琴平駅ジャガー阿部寛二俣川サッカーテレビ桂浜東北本線オルガ・キュリレンコレオナルド・ディカプリオ豊川悦司仲間由紀恵トム・ハンクスブライアン・セッツァーROSEROSEジョージ・クルーニーiPod_touch4thスマートフォン函館中井貴一伊予大洲駅いしかりライナー小樽運河はまなす保土ヶ谷バイパススーザン・ボイルRADWIMPS秋の乗り放題パスあぶくま駅兜駅GoProミャンマーCOSINA台湾塔のへつり駅会津田島駅南会津被災地阿武隈急行線会津鉄道男鹿高原駅大川ダム公園駅八重の桜東京ドーム水道橋駅川奈汐吹公園東伊豆スキンダイビング北海道&東日本パス福島駅平泉シュノーケリング東京スカイツリートレイルランニング水戸黄門水戸駅JR東日本パスはやぶさ新青森東北新幹線八ツ森駅しおサイダー三ノ宮駅稚内駅名寄駅二俣川駅熊ヶ根駅LS-10Milky_Bunny宗谷本線YMOハワイJRMAMMUTカラビナきゃりーぱみゅぱみゅ角島大橋東京駅

【止まらない衝動】 ZUIKO PRF-ZD62 PRO 購入!

2016.04.08 (Fri) 共有

OLYMPUS ZUIKO PRF-ZD62 PRO ZEROコーティング
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

いつか絶対に止まらない衝動が発動すると自分でも感じていたが、やはりその通りになった!

ZUIKO PRF-ZD62 PRO 購入ダァー!

これは何かと言うと以前の記事「【止まらない衝動】 ZUIKO PRF-ZD72 PRO 購入!」で、M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO用のプロテクトフィルターにオリンパス純正「ZUIKO PRF-ZD72 PRO」という高価なレンズ保護フィルターを衝動買いしたんだが、それと同じシリーズの62mmのタイプである。

オリンパスのマイクロフォーサーズ用で62mm枠は、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROしかないので、もちろんその為に購入。


OLYMPUS ZUIKO PRF-ZD62 PRO ZEROコーティング
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

これはオリンパス純正フィルターの中でも「ZUIKO」名を冠する特別仕様のプロテクトフィルターで、反射によるフレアやゴーストを抑制するオリンパス独自のZEROコーティングという技術を採用した製品である。

実際にZUIKO PRF-ZD72 PROを使ってみて、なんとなくだけど、その効果が体感できたので、一番メインで使っているM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROにこそ必要だろ、ってことで止まらない衝動。

※止まらない衝動とは、このブログでは衝動買いの事です・・・

これです↓クリックで実売価格

OLYMPUS ZUIKO PRF-ZD62 PRO プロテクトフィルター 62mm


はい、やはりお高いですなー!

一般的なレンズ保護フィルターより2000~3000円くらい高いけど、ZEROコーティングと枠のZUIKOの文字の価値ってことなんだろうね。

で、そのZEROコーティングの効果だが、通常のレンズ保護フィルターと比べると、明らかに逆光で発生するゴーストやフレアが少ない感じ。当然、保護フィルターを付けないのが一番ゴーストやフレアが少ないんだが、いちいち付け外しも面倒だし、完全に付けっぱなしで使用する私のような人には、このレンズ保護フィルターが最適だろうという結論に至った訳だ。

だから本当はPROシリーズだけでなくマイクロフォーサーズ用のレンズで多いフィルター枠サイズの46mm、52mm、58mm用もラインナップしてもらいたいと思っているのは私だけだろうか?


OLYMPUS ZUIKO PRF-ZD62 PRO と Kenko PRO1D NX
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

例によって今まで使っていたKenko PRO1D NXと比べてみる。

「枠の形がまったく同じに見えるけど、まさかガラスまで同じじゃないよな、まさかね・・・」

枠はKenkoのやつを流用しているのか、それともKenkoがOEMで製造しているのかはわからんけど、どうせKenkoの枠なら最高級品のZéta Quint プロテクターのジュラルミン枠を流用して欲しかった。


OLYMPUS ZUIKO PRF-ZD62 PRO をM.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO + GM1に装着
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

そして上の写真がOLYMPUS ZUIKO PRF-ZD62 PRO を M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO + GM1に装着した写真。

「ZUIKOの文字がなぜ下に?」

この個体がたまたまなのか、それとも全部がこうなのかは不明だけれど、専用の保護フィルターとして発売しているんだから、もうちょっと絶妙な位置になるようにネジを切るか、文字を入れるかして欲しかったよ。


OLYMPUS ZUIKO PRF-ZD62 PRO を M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO + GM1に装着してフードを付けると見えない
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

レンズフードを装着したら、どっちにしろ見えないから、まあ、いいけど。

ちなみにM.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO用にZUIKO PRF-ZD77 PROという77mmのバージョンもある。さらにちなみにM.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO(レンズの方ね)には、ZEROコーティングよりもさらに強力にゴースト、フレアを低減する新レンズコーティング技術「Z Coating Nano」というのが採用されているんだって。

ということで62mmのZUIKOプロテクターも購入しちゃった訳だけど、その効果は体感済みなので、まったく後悔はない。

だからフィルター枠が62mm、72mm、77mmのレンズを所有している人で、逆光で発生するゴーストやフレアを少しでも減らしたいなら、このオリンパス純正ZUIKOプロテクターは、かなり有力な選択肢だと思うよ。

では、また

関連アイテム
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

【止まらない衝動】 ZUIKO PRF-ZD72 PRO 購入!

2014.12.06 (Sat) 共有

プロテクトフィルター ZUIKO PRF-ZD72 PRO
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

前回の記事(【止まらない衝動】 M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + MC-14 購入!)でお伝えした「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO」用にプロテクトフィルターを買おうと調べてみたら、オリンパス純正プロテクトフィルター「ZUIKO PRF-ZD72 PRO」というのがレンズと同時発売していた。

これまでも純正プロテクトフィルターは売ってたけど、中身がOEM(たぶんKenko Tokina製)だと知っていたし、純正価格で割高だったので非純正品(主にPRO1D)を買っていた。

しかし今回はこれまでのプロテクトフィルターとは違って、オリンパスのレンズと同じコーティング技術であるZEROコーティングというのを採用し、反射によるフレアやゴーストを抑制するとの説明。また、商品名に「ZUIKO」を冠したフィルターは初なんだとか。

このZUIKOを冠したプロテクトフィルターは、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO用にフィルター経62mmの「ZUIKO PRF-ZD62 PRO」、M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO用にフィルター経72mmの「ZUIKO PRF-ZD72 PRO」とM.ZUIKO PROシリーズの各レンズ用が新発売していた。

「これってPROシリーズ専用なの?」

このZEROコーティングというのがどれほどの性能なのかよくわからないが、どうも「専用」という響きに弱い私。しかし実売価格が6000円前後とかなりお高い!いつもはヤフオクで中古を買うんだけれど、発売したばかりなので出品されていない。

「さすがにプロテクトフィルターにこの金額は出したくないな・・・」

ちなみにプロテクトフィルターというのは、埃やゴミでレンズが傷つくのを防止する為の無色透明のレンズ保護フィルターのこと。本来は別につけなくても問題ない物なんだが、私の場合はレンズをよく落とすので、念のため装着している。実際、過去にレンズを落としてプロテクトフィルターが割れたけどレンズは無事だったという経験もある。


プロテクトフィルター ZUIKO PRF-ZD72 PRO
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

それで悩みに悩んだ結果、止まらない衝動に負けたんだけれどね。やっぱレンズがめちゃくちゃ高いやつだから、プロテクトフィルターも専用のにしたいじゃん(笑)。

これです↓
OLYMPUS プロテクトフィルター PRF-ZD72 PRO

しっかし、これだけの物に6000円って・・・カメラって金かかる・・・。


プロテクトフィルター ZUIKO PRF-ZD72 PRO
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

枠にもこだわっていて、外縁黒塗りガラス、反射を抑制するつや消しサテン処理の黒アルマイトアルミニウム枠を採用との説明。そう言われて他と比べるとたしかに高品質な気がする。

しかし、ZUIKOの文字が誇らしげだ!

やっぱ純正はいいねぇ~

まあ、完全に自己満足の世界です。

ちなみにZUIKOとはオリンパスの前身だった高千穂製作所の写真用レンズ専門研究所「瑞穂光学研究所」の名称から「ズイコー(瑞光)」と命名されたんだと。また吉兆を示すめでたいしるしの光を瑞光というらしい。

それで肝心の性能は、実際につけて撮影してみたが、正直よくわからない。よくわからないということは、撮影のじゃまをしていないということで、たぶんオッケーなのかと。まあKenkoのPRO1Dでもよくわからないけどね。

次回、M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROの試し撮り写真がだいぶたまったのでアップする予定。お楽しみに!
では、また

関連アイテム
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

【E-P3アイテム】液晶保護フィルムを買ってみた

2012.11.17 (Sat) 共有

プロガードAF for OLYMPUS PEN E-P3
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.


OLYMPUS PEN E-P3購入レビュー Vol.4 液晶保護フィルムを買ってみた

<これまでの記事>
【止まらない衝動】 OLYMPUS PEN E-P3 購入
【E-P3試し撮り】ラフモノクロームが激渋!
【E-P3試し撮り】クロスプロセスで遊ぶ


E-P3の液晶画面にやたらと指紋がつくので、防指紋タイプの液晶保護フィルムをアマゾンで適当に選んで買ってみたんだけれど、なかなか良い物だった!

これ↓
プロガードAF for OLYMPUS PEN E-P3 防指紋性保護光沢フィルム / DCDPF-PGOLYMEP3

マイクロソリューションっていう聞いたことがない会社の製品。しかし、これが光沢フィルムなのに指紋が付かないという優れ物だった。

しかもうれしい2枚入り!

この手の液晶フィルムを貼るときって必ずと言っていいほど位置がずれるので、はがして貼り直そうとすると今度はホコリが入ってうまく貼れなくなる。そんでもって、最後は「うぁああー!!!クソー!!!ウキーッ!!!!」ってなってゴミ箱行き。結局、もう一枚買うはめに・・・。

失敗は成功の種とはいうが、一枚だけでは、失敗したら終わりである。しかし、もう一枚あることで、「失敗しても大丈夫さ、おもいっきりやってみろ、もし失敗しても次はうまくゆくはずさ」とコーチに言われた時のような安心感に包まれる。

しかもこの商品、液晶の汚れを取るための便利なシールも2枚入っていて、さらにけっこうしっかりしたマイクロファイバークロスもついている。

もともと防指紋ということだけを重視して選んだのだけれど、なんか得した気分。

で、今回は、製品が貼りやすかったというのもあるけど一発で成功だぁ!ヤッタぁー!1枚余ったのは、そのうち傷がつくかもしれないので、予備にとっておこ。

他と比較したわけじゃないけれど、たぶんこの商品はオススメかも。

では、また
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

KTS PRO-40 / KTS PRO-50 自由雲台

2012.11.03 (Sat) 共有

KTS PRO-40 カラー自由雲台
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro


前回の記事(Velbon ULTRA シリーズが想像してたより小さくて驚いた!)に書いた通り、ベルボンのウルトラという大きいのに小さくなるというすばらしい三脚を入手した勢いで雲台も新たに衝動買いした。

それは、よく拝見させてもらっているオリンパスのカメラを使っている人達のブログなどで話題の自由雲台。ネットの各方面で、絶賛の嵐の自由雲台。プロカメラマンも御用達の知る人ぞ知る隠れた銘品。

KTS PRO-40

ついに購入した!


KTS PRO-40 カラー自由雲台
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro


KTSと言っても車高調が有名なチューニングショップのKTSではない。HKSでもない。もちろんKTS鹿児島テレビでもない。

東京は、江戸川区南小岩にあるKTS(Kakinuma Technical System)という町工場のことである。

と言っても、このKTS、なんと先月の31日をもって閉店してしまった。

だから、もうこのKTSの自由雲台を購入することはできないのだ。ダメ元でKTSにメールしたら、連絡が取れて、ほぼラストのキャンセル在庫をラッキーにも入手することができた。


KTS PRO-40 カラー自由雲台
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD


業界初のカラー自由雲台。

しかも超高級品レベルのクオリティの製品を破格値で販売!

≫≫ このネットの絶賛の嵐を聞け

閉店して二度と購入できなくなってしまったので、
KTSの雲台は、すでに伝説となってしまった!

まさに残り物には福があった。私が入手できたのは、KTS PRO-40の標準カラーにはない限定色の物。実は、一番欲しかったシルバー。赤とか青とかゴールドが人気らしいけど、おっさんの三脚には、派手過ぎてちょっとムリ(笑)。

価格は、PRO40が定価14,000円を6,500円、PRO50が17,000円を8,000円で販売していた。

これが↓標準カラーでこれ以外は特注色(+2000円UP)の限定品になる。
KTS雲台カラー見本


KTS PRO-40 カラー自由雲台
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro


さて、その使い心地だが、非常に繊細かつ高精度な作りで、動きは滑らかでスムーズ、これは本当に使いやすそうである。そして噂通り、ツマミは、軽く締めるだけでがっちり固定された。

「す、すごい、このツマミ(驚)!」

いや、ベルボンとかの雲台のツマミとか、かなり強く締め付けないとカメラの重さですぐに動いちゃうから・・・。


KTS PRO-40 カラー自由雲台
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro


ボールの動きもとてもスムージー!


KTS PRO-40 カラー自由雲台
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro


ちなみにツマミをゆるめた状態で、ボール部分の他に下から二段目のKTSのシールが貼ってある部分と4段目の縦位置用の切れ目がある部分が回転する。


KTS PRO-40 カラー自由雲台
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro


三脚に装着してカメラを付けてみた。

うーん、色のバランスはけして悪くないんだけど、ちょっと目立ち過ぎかも(笑)。まあ、赤とかに比べたら地味なんだろうけど、やっぱ黒じゃないってだけで、存在感が半端ないね。


KTS PRO-40 カラー自由雲台
≫ 拡大する

Camera:Panasonic LUMIX GF1 + Lens:LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.


雲台の下に「SLIK レベリング ユニット」というのを取り付けて、雲台に「KOWA バランスプレートTSN-BP」というのを取り付けて、E-3を乗っけてみた。

SLIK レベリング ユニットというのは、足場が悪い場所などでも三脚の水平出しが簡単にできる装置。

詳細≫≫ スリック [水平出しに活躍] レベリングユニット 444431


KTS PRO-40 カラー自由雲台
≫ 拡大する

Camera:Panasonic LUMIX GF1 + Lens:LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.


KOWA バランスプレートTSN-BPというのは、本来はデジスコの重量バランスを調整するための装置。

ただし、私の場合、E-3に常時装着するクイックシューとして使用している。

なぜこんな長いのを使っているかと言うと、グリップストラップを使っている関係で、12-60mmSWDの長くて大きなレンズを装着して平らなところに置いたときに前のめりになるのが嫌なのと、水準器がちょうど上の写真のようにぴったりはめられたから。

よく上のホットシューに付けるタイプの水準器があると思うんだけど、あれだとファインダーを覗くと見えないんだよね。これだと、ファインダーを覗きながら目線を下に移せば簡単に水平が確認できるし、もちろん三脚やノーファインダー撮影時にも重宝する。

まあ、プロになるとファインダーを覗いただけで水平が出せるというけれど、私の場合は、まだ修行中なのでチョンボさせて。

これ≫≫ コーワ バランスプレート TSN-BP TSN-BP


KTS PRO-40 カラー自由雲台
≫ 拡大する

Camera:Panasonic LUMIX GF1 + Lens:LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.


KOWA - KTS - SLIK - Velbon 4つもメーカー名が並ぶ。

この三脚を一体どのメーカー名で呼べばいいというのか!?

ここはあえて「ホタ・モデル」と呼んでしまおう。


KTS PRO-40 カラー自由雲台
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD


しかし、ホタ・モデル状態だと付属の三脚ケースに入らなくなるのが誤算だった・・・。


KTS PRO-40 カラー自由雲台
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD


ところで、実は、

KTS PRO-50も購入していたりして!

もう閉店って言うんで、予備でもう一個ないか聞いたら、さらに大きいKTS PRO-50の黒が一個だけあるっていうんで、とりあえず買っといた。


KTS PRO-40 カラー自由雲台
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD


しかし、やはりKTS PRO-50は、私の三脚には、大きすぎた。これは、たぶんニコンとかキャノンとかのバズーカを使う人向けかと思った。KTS PRO-40の最大積載重量は6kg、KTS PRO-50が8kg、しかし私の「Velbon ULTRA LUXi L」自体は、2kgまでなので、はっきり言ってオーバースペック。

大は小を兼ねるとはいうが、三脚自体が対応していないんだから、宝の持ち腐れになってしまう。それにバズーカ持ってないし。よって、この雲台は、たぶん使わないで売却しちゃうかも。

まあ、とにかく三脚に続き、すばらしい雲台までも入手してしまったのであった。

さーいよいよ、三脚を外に持ち出して活用しいないとただの馬鹿になってしまうところまで、自らを追い込んでしまったよ(笑)。とりあえず電車でも撮りに行こうかな・・・。

では、また
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(2) share
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサード リンク
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation