うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
E-3一人旅Z.D.ED12-60mmF2.8-4.0SWDLUMIX_G20mmF1.7ASPH.E-P3htcEVO3D(ISW12HT)映画DMC-GF1タイドラマ旅(複数)E-M1横浜Z.D.ED50mmF2.0Macro音楽鉄道M.Z.D.ED12-40mmF2.8PRO動画バンコクスマートフォン夜景北海道IE8Z.D.ED50-200mmF2.8-3.5SWDInternet_ExplorerDSC-HX100VCP+Z.D.ED40-150mmF4.0-5.6DIGITAL_HARINEZUMI2富士山Z.D.ED9-18mmF4.0-5.6iPod_touch4thみなとみらいパソコン小豆島神戸PC秋の乗り放題パスウェブパタヤパソコン周辺機器東京スカイツリー宮崎あおいあまちゃん横浜ベイブリッジGirlsAward松山ケンイチM.Z.D.ED12mmF2.0E-M5江口洋介横浜駅白谷雲水峡アユタヤ浅草屋久島浅田真央横浜ランドマークタワー上戸彩Ai_Nikkor50mmf1.4GM1小樽大さん橋礼文島青森ロジクールM.Z.D.14-42mmF3.5-5.6ⅡR函館山下公園イベントコンパニオンE-520M.Z.D.14-42mmF3.5-5.6二俣川駅LS-10WiMAX大洗港四国渋谷土讃線戸田恵梨香松原商店街松田翔太江ノ島トラブル温泉上地雄輔金比羅山阿部寛Nikkor24mmf2.8Ai高松岡津町摩耶山風鈴ワット・アルンノニ藤木直人菅野美穂ポートタワー木村拓哉道後温泉東北本線JRiPad_miniXJAPANATOK西岸駅バックパック登別温泉角島大橋iPhoneAmazon稚内東京駅大部港予讃線シュノーケリング藤原竜也au石原さとみ綾瀬はるか讃岐うどんラン島仲間由紀恵八重の桜DVD妻夫木聡長崎益田駅LEICA_minilux枕崎駅熊本駅中井貴一瑛太松山駅ミニチュア風鹿児島本線佐藤浩市金沢駅キャメロン・ディアスレオナルド・ディカプリオ豊川悦司予土線四万十川窪川駅松山城瀬戸内海双子浦ジョージ・クルーニー汐吹公園エンジェルロード観音寺駅高知城高知五能線平泉オルガ・キュリレンコ阿波池田駅坪尻駅高知駅北海道&東日本パス川奈桂浜はりまや橋スキンダイビング日生港日生駅トレイルランニング蒼井ゆう平塚駅久大本線日の出ソニータイマー金沢八景JR東日本パスはやぶさ新青森iPod_touch4thスマートフォンIKEA夜明駅水戸黄門南京町有吉弘行阿蘇山浜松東伊豆指宿枕崎線秋田水戸駅深津絵里はまなす保土ヶ谷バイパス東北新幹線テレビサムスンXperia秋葉原AdobeiPadAir0.8秒と衝撃。あぶくま駅実験JR磐越西線塔のへつり駅会津若松駅中古車屋兜駅E-M1Z.D.ED50mmF2.0MacroBOSEスポーツジム旭川水着美瑛FC2ブログ共有テンプレートフリー写真素材札幌洞爺湖E-M10ボルボM.Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6EZGoProIE10会津田島駅大川ダム公園駅BLANKEY_JET_CITYスーザン・ボイルRADWIMPS松嶋菜々子上野樹里長谷川博己二俣川サッカーROSEROSEトム・ハンクスジャガーブライアン・セッツァーリゾートしらかみ香里奈観月ありさ東北被災地南会津会津鉄道男鹿高原駅メリケンパーク阿武隈急行線ワット・サケットワット・ポーフワランポーン駅WOLリモートデスクトップ琴平駅谷川岳薩摩高城駅肥後二見駅西大山駅指宿駅水道橋駅三ノ宮駅山陰本線OM-1PEN_FPEN_FT初代PENE-PL5OM-3東京ドーム長野電鉄屋代線香港ミャンマー羽田空港ヘルニアAterm_BL900HWロト7宗谷本線名寄駅三角地帯THE_MAD_CAPSULE_MARKETSDVD-Rパスポート稚内駅博多駅エヴァンゲリオン白馬駅業平橋駅Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6町田駅穴水駅のと鉄道大糸線糸魚川駅宗谷岬黒味岳納沙布岬苫小牧緑園都市駅和倉温泉駅大黒パーキング戸塚駅特牛駅唐津駅EOS-1DX立山黒部アルペンルートREGZA_Phone_T-01C熊ヶ根駅飛鳥Ⅱ海本牧魚津駅Milky_BunnyiOS伊予大洲駅横浜港CRASSしおサイダーBabylon伊万里駅Facebook佐世保駅たびら平戸口駅大村線酒田駅きらきらうえつ山形鳥取砂丘軍艦島南阿蘇鉄道長崎本線羽黒山横浜赤レンガ倉庫女鹿駅角館南部鉄道秋田内陸線土合駅福島駅阿蘇駅赤水駅めがね橋碓氷峠八ツ森駅出雲市駅小幌駅七尾線彦根駅カラビナMAMMUTウィルス米原駅小樽運河いしかりライナーYMOふじ丸初詣きゃりーぱみゅぱみゅ大橋のぞみスパイウェアFM戸塚嘉瀬駅ストーブ列車津軽鉄道東室蘭駅北舟岡駅豊岡駅十和田観光電鉄線上北町駅田儀駅七尾駅宇都宮駅福島郡山駅驫木駅

2014 HAPPY NEW YEAR! 奇跡の時間

2014.01.02 (Thu) 共有

富士山、2014 HAPPY NEW YEAR!
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS OM-D E-M1 + Lens:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします

今年の元旦は、うちの近所から残念ながら富士山が見えなかったので、去年撮影した富士山をどうぞ。

カメラはもちろん新メイン機オリンパスOM-D E-M1で、昨年12月中旬頃の天気が良い日に逆さ富士で有名な富士五湖の本栖湖(もとすこ)で撮影。ちなみに千円札や五千円札の裏に描かれている逆さ富士のモデルは、この本栖湖なんだとか。

夕方の明るい時間から夕暮れまで約2時間ほど粘ったんだけれど、この日は風が強く湖面が波立ってしまって本栖湖の逆さ富士は一度も現れなかったのが残念。せめて夕日に雪肌や空が紅色に染まる紅富士だけは期待していたんだけれど、それもナッシング!やっぱり富士山の撮影はほんと難しいねー。私の夢の一つはいつかダブルダイヤモンド富士(ダイヤモンド富士と逆さ富士の両方の条件一致)を見ること(笑)。

まあ、でも、富士山を見るとなんか奇跡を感じるし、めっちゃ感動するし、日本人に生まれてほんと良かったと再認識するよね。生まれただけでも奇跡なのに、日本人って、富士山が見られるって、もう感謝、感謝!

去年は富士山も世界遺産に登録され、これから多くの外国の人が日本を訪れると思うんだけれど、世界に富士山が広く認知されこの感動を共有できるという喜びと同時に、この美しい奇跡の山の自然が汚されたりしないかも心配。

ところで奇跡と言えば、話し変わるけど、年末のNHK紅白歌合戦、良かったねー。

もちろん、後半のあまちゃんコーナーの生放送ドラマ、マジ感動した!

アキに呼ばれたユイが北三陸から列車とタクシーで紅白の会場に到着した時は、「なにこれスゲー」って思って涙ダダ漏れ。ついにユイが東京に行き、二人で歌うというアキの夢が、しかも紅白というリアルワールドで実現。潮騒のメモリーズ~春子~鈴鹿さんの「潮騒のメモリー」メドレーは感動的。

第157話「おら、紅白出るど」、これって本当の最終回ってことだよね。まさに奇跡のライブドラマフィクションとリアルが融合した奇跡の15分、見ていた人が皆(あまファンに限る)がドラマと現実の境目がなくなる凄い演出。あまちゃんを見なかった人にはグダグダの茶番劇にしか見えなかっただろうが・・・。

簡単に解説すると、もともとドラマ中ではフィクションとリアルが入り乱れるパラレルワールドだったんだけれど、紅白でドラマがライブになって視聴者の脳内でリアルと融合し、あまちゃんというフィクションの世界が第157話でついに本当のリアル体験となり、真の最終回としてリアルで完結するという、今まで体感したことがないものすごい演出だったのだ。最初から能年玲奈が天野アキとして出演していたのは、そーゆーことだったんだねと納得。

あまちゃんコーナー以外でも今回の紅白は、なんというか全体的にグダグダでユルユル加減がいいライブ感をかもしだしていたし、過去最高に楽しかったと思ったよ。私のツボは、なんと言っても司会の綾瀬はるかのカミカミで自由なMC、もう歌よりも綾瀬はるかのMCが楽しくて仕方なかった。昔のお固い紅白のイメージが綾瀬はるかによって、木っ端微塵に破壊された。

歌もぶっちゃけ綾瀬はるかが歌った「花は咲く」が一番印象に残ったし(笑)。ふなっしーとくまモンが暴走したり、鉄拳のネタ飛ばされたり、綾瀬はるか号泣したり、放送事故レベルのハプニング続出でもうハラハラドキドキ、生放送の醍醐味を存分に楽しんだよ。

と、つい熱く語ってしまったけれど、今年もこのブログはアバウトに更新していきますので、暇な時にでもたまにチェックしてやってください。

このブログを見てくれた皆様の2014年が幸せでありますように。


こんなの読んだらあまロス再発するだろ・・・
  
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

2013年元旦の富士山と幸運の犬、今年の抱負

2013.01.01 (Tue) 共有

2013年元旦の富士山
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6


あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします

今年の元旦は、天気が良かったので朝からミッキー(うちの犬)とお散歩に。

とっても見事な富士山を拝むことができた!ラッキー!

ちなみに上は、望遠レンズでぐっと引き寄せた写真。


2013年元旦の富士山を望む
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.


こちらは、肉眼に近い標準レンズで撮影した全景。

家の近所は、横浜市内でもけっこう標高が高い位置にあるので、天気が良いとこのように富士山が見られるんだけど、当然、かなり離れているので、ここまで見事に見られるのは、めったにない。

それが元旦に見られるとは、なんという幸運!

しかし幸運はこれだけでは終わらなかった!


うんちまみれのミニチュアダックス
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS PEN E-P3 + Lens:LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.


散歩の途中、ふとミッキーの背中の汚れに気がついた。なんだろうと思い触ってみると・・・

「ゲッゲェー!こ、これは、ウンチじゃないか!?」

いつ、一体、どうやって、付着したのかわからないんだけれど、ミッキーの背中に付いているウンチが私の手にも付着したのである。

新年早々、ウンチまみれの犬とウンチを手につけたおっさんがそこにいた。

しかし、私の思考は、

ウンチが付いた犬
→運が付く
→ラッキードッグ
→さらにおっさんの手にもウンチが付く
→運が付く
→ラッキーおっさん
→今年はいいことありそう

「やったぁー今年はツイてるぞー!」

といったポジティブシンキングな状態であった。やっぱプラス思考は大切だよ(笑)。

ということで、今年の抱負を考えてみた。

まずは、「明るく・前向き・笑顔・ひたむき・素直・謙虚・思いやり・敬意を払う」といった初心をあらためて見直すこと。

この数年、テレビで、マスコミや政治家、コメンテーターなど、ネガティブな発言を聞くこと多すぎるというのもあって、なんとなく気が沈みがち。だからできるだけテレビを見ないようにしているんだけれど、最近テレビに出ている20代くらいの若いタレントを見ていたら、なにげにけっこう明るくて前向きでひたむきな人が多いことに、気がついた。そして、忘れかけていた初心をハッと思い出させてもらったのである。ありがとう。

それと大晦日の紅白で永ちゃん(矢沢永吉)が登場、「IT’S UP TO YOU!」、圧巻のステージを観て思い出した。ギラギラ燃えてたあの日を(笑)。欲望・夢・あきらめない・そんなギラギラとした生き様、原点。

今年の抱負:原点回帰

≫≫ Last Song / 矢沢永吉

YouTubeで「矢沢永吉 Last Song IT'S UP TO YOU」を検索で公式PVが見れるかも!

と言うことで、今年もこのブログはアバウトに更新していきますので、暇な時にでもたまにチェックしてやってください。

このブログを見てくれた皆様の2013年が幸せでありますように。

関連外部リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

おっさん一人旅2012夏 12日目 白馬駅

2012.09.10 (Mon) 共有
直江津行き
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

富山県の魚津駅(うおづえき)から朝6時48分発の直江津行の下り列車に乗った。

いよいよこのおっさん一人旅も最終日である。富山から横浜まで本当に一日で帰れるのか?と不安にかられがちだが、中央本線など東京へ向かう列車は、けっこう本数が多いので、余裕で帰れてしまうのだ。

それに横浜と富山は、直線距離で位置を比較すると名古屋辺りと変わらない。富山や金沢が遠いというのは、実は思い込みである。

それに青春18きっぷの旅的には、最終日の大移動に太平洋側の愛知~静岡~神奈川という東海道本線を使って戻るルートよりも長野~山梨~東京~神奈川という中央本線ルートを使うほうが、精神的に楽である。特に米原~豊橋~熱海間などは、乗客も駅数も多く、景色はずーと町中、列車もくつろげないタイプなので地獄である。

大糸線
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

新潟県の糸魚川駅(いといがわえき)で、北アルプスの景色を堪能できるローカル線、大糸線(おおいとせん)に乗り換えた。

大糸線
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

この大糸線は、長野県の南小谷駅(みなみおたりえき)がJR西日本とJR東日本の境界駅のため、ここでJR東日本管轄の大糸線の列車に乗り換える。

駅弁「夫婦めし」
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

発車待ち時間で、糸魚川駅で買っておいた名物駅弁「夫婦めし」を食べた。山の幸と海の幸の二つの味が楽しめる釜飯。中身の写真はツイッターで見てね。

白馬駅
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

この日は、後帰るだけではもったいないので、南小谷駅から数駅先の白馬駅(はくばえき、長野県)で下車し、寄り道することに。なぜなら白馬駅の徒歩圏内に立ち寄り湯がたくさんあるとの情報を得ていたからだ。

早速、駅に隣接している観光案内所でマップとおすすめの温泉を聞いた。さらに割引券ももらった。

白馬八方温泉
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

立ち寄った温泉は、白馬八方温泉みみずくの湯、いやぁ~いい湯であった。しかも露天風呂から白馬の山の絶景が見える。ああ、やっぱ昼間っから温泉、最高だ!

白馬・八方の山々
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

道を歩けば、目の前に広がるのは、絶景!

信州そば
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

もちろんランチは、信州名物「信州そば」!本場の味、ウマー!

大糸線
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

わずか2時間ほどであったが、白馬八方を堪能し、再び大糸線で松本駅(まつもとえき、長野県)を目指す。

松本駅には、列車が2分遅れた上に、一番後ろの車両に乗っていて、階段は先頭車両より前、しかも終点なんで大量の人が降り、行く手を阻む。さらにその人らがのんびり歩いていやがるんで、もうなりふりかまわず人の波をかき分けて発車ギリギリ間に合った。さすがに焦った!たぶん、乗り換えに失敗した人もいると思う。

なぜ、この列車に間に合わせなければならないかというと、この先の塩山駅(えんざんえき、山梨県)から臨時快速「山梨ぶどう狩り号」という列車の指定券を途中の糸魚川駅でゲットしてたからである。

塩山行の車内
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

塩山行の列車は、途中の小淵沢駅まで微妙に混んでいてけっこう疲れた。小淵沢駅から一気に空いたのだけれど、どうしてかは不明。

富士山
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

新府駅(しんぷえき、山梨県)に停車中の車内から富士山を激写!

塩山駅で、臨時快速「山梨ぶどう狩り号」に乗り換えた。ネーミングから想像する観光列車とは程遠い普通の特急車両(E257系)であったのが残念。まあ非常に快適な乗り心地ではあったのだけれど。

たまたま隣に座ってた横浜市金沢区に住む50代のおじさんと山の話で盛り上がって、同じ横浜方面なので、いっしょに八王子駅(はちおうじえき、東京都)で降て、私が町田駅(まちだえき、東京都)で下車するまで話していた。

しかし今回の旅では、なぜか多くの人に話しかけられた。やっぱ旅してるぞー丸出しのばかでかいバックパック+カメラバック+スポーティな服装だからだろうか?まあ実際、旅のスタイルは、ほぼバックパッカーと同じなんだけどね。

小田急町田駅
Camera:htc EVO 3D(ISW12HT)

町田駅に下りて改札を出たとたん感覚が「シューーーードッパァーーー!!」っと、一気に現実に引き戻される。

ものすごい数の人がぐちゃぐちゃと歩いていたからである。熊本駅や鹿児島駅、博多駅でさえ、この人の密度はなかった。やはり東京(町田を東京と呼ぶのは抵抗があるが・・・)は、大都会である。

「ああ、旅は終わったんだな・・・」

ただ、町田駅から乗った小田急線の電車は、不思議といつもの殺伐とした通勤電車の雰囲気がないと思ったら、この日は、日曜日だった。「ふーこれで爽やかな気分で自宅に帰還できそうだ」。いつもおっさん一人旅のラストは、地獄のサラリーマンOL満員幽霊列車で、せっかく田舎の美しい海で浄化し、山や森で癒された私の体が汚されるのである。

地元駅「緑園都市駅(りょくてんとしえき、神奈川県)」に降りた瞬間、「これのどこ緑園都市なんだ!コンクリートジャングルじゃないか!」と本気で感じた。

自宅が近づくと、家のワンコのことをふっと思い出した。

自宅のドアを開けるとワンコが飛んできて、かつてないほど興奮して走り回り、喜んで迎えてくれた。

「旅も良いけど、やっぱ帰る家があるって良いね」

おしまい


》》この旅を最初から見る
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(1) share

これが高倍率ズームの威力!

2011.12.12 (Mon) 共有

朝焼けと鉄塔
≫ 拡大する

Camera:SONY Cyber-shot DSC-HX100V

朝焼けと鉄塔
明け方に目が覚めて、外を見ると遠くの鉄塔の後ろに、朝焼けの雲が。普通のカメラでは撮れない景色。やっぱDSC-HX100V、イイですわ。


昼間の月
≫ 拡大する

Camera:SONY Cyber-shot DSC-HX100V

昼間の月
さすがにトリミングあり。そういえば先日の皆既日食も撮ってみたけど、やはり夜の手持ちでは、限界が低かった。


夕焼け空と富士山
≫ 拡大する

Camera:SONY Cyber-shot DSC-HX100V

夕焼け空と富士山
以前の富士山のリベンジ(笑)。しかし何度見ても富士山は美しい。ちなみに肉眼だと親指ほどの大きさでしか見えない。

朝・昼・夕、空の色、一色じゃないんだね。

使用したカメラは↓これ

≫≫ SONY Cybershot HX100V 1620万画素CMOS 光学x30 DSC-HX100V


↓こちらにテスト写真あります
SONY Cyber-shot HX100V テスト写真 その2
SONY Cyber-shot HX100V テスト動画と写真
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

SONY Cyber-shot HX100V テスト写真

2011.11.22 (Tue) 共有

歩道
≫ 拡大する

Camera:SONY Cyber-shot DSC-HX100V


衝動買いした『SONY Cyber-shot HX100V』ですが、実はまだほとんど使う暇がない。なので、とりあえずってことで、超いい加減に撮った写真を載せてみた。

このカメラの詳細は→ソニー高倍率ズームデジカメ HX100V 開封写真

※すべて写真編集ソフトで加工・縮小しています。特にシャープは+5以上かけています。トリミング無し。カメラの設定は、ほとんどいじっていないので、このカメラの性能を引き出してない可能性があります。

まだ、使い方がよく分からないので、撮影モードは、「プログラムAE」か「おまかせオート」「プレミアムおまかせオート」のどれかを使ったと思う。上の写真のように昼間の明るい場所なら、後で写真編集ソフトを使えば、けっこう見られる写真になると思った。デジカメもすいぶんと進化したなぁーと感じたが、実際に一眼レフと比べれば、厳密には、細かい部分が粗いように見える。

それに持ち歩いて思ったが、このサイズとカタチだとけっこうかさばるので、一眼レフを持ち歩くのとたいして変わらず、正直言って、このカメラを使用する理由があまりないというのも本音かも。ただし重量が、一眼レフよりはるかに軽いので、そこに一眼とは違った用途が見つかるような気がする。

しかーし!このカメラの本領は、下記のような写真にある!


NTTのアンテナ30倍
≫ 拡大する

NTTのアンテナ1倍
≫ 拡大する

Camera:SONY Cyber-shot DSC-HX100V


上(上)が光学30倍ズームで撮影した写真で、上(下)が同じ場所の1倍の写真。驚異的な超望遠性能である。もちろん肉眼では、上(下)の写真のような景色だったので、上(上)の部分は私の視力では、どうやっても見えない。視力2.0とかなら見えるのかな?

見えないものを撮る!

この光学30倍ズームこそ、このカメラの真価である!

ちなみにこのカメラの光学30倍ズームとは、一眼レフの800mm(35mm換算)と同じくらい。もし一眼レフで800mmのレンズを買うと最低50万円くらいはする。

さらにデジタルズームも付いていて、30倍×4倍の最大120倍まで拡大も可能。デジタルズームとは、原理を簡単に言うと、トリミング(画面の一部だけを切り出す)の画像ということである。つまり無理矢理に画像を引き伸ばすことになるからどうしても画質が劣化するし、後で写真編集ソフトでトリミングすれば同じである。

では、光学ズームとは、どのような仕組みか簡単に言うと、望遠鏡と同じ仕組みである。だから光学ズームの方が圧倒的に画質がいい。ただ最近は、コンデジでもほとんど光学ズームが搭載されている。もしカタログのスペックに光学ズームと書かれていない場合は、おそらくデジタルズームである。


曇り空
≫ 拡大する

Camera:SONY Cyber-shot DSC-HX100V


雲の影とか薄暗いか所が、ノイジーな感じなのかなぁ?


夕焼け富士山のシルエット
≫ 拡大する

Camera:SONY Cyber-shot DSC-HX100V


上の富士山は、夕方のまだそれほど暗くない時間に撮影。30倍までは使っていないけど、少しズームインしている。


夕焼け富士山のシルエット
≫ 拡大する

Camera:SONY Cyber-shot DSC-HX100V


ただ、残念だったのは、夜とか暗い場所での写真が、カタログで語っている程は、良くなかったということ。というのも「ズーム+手持ち+おまかせオート」で撮影すると上の写真のようにノイジーになってしまう。ISO感度を見ると3200になっていた。おまかせオートと言っても万能ではないということだろうか。やはり、このカメラでも夜景は、三脚撮りが基本のようである。(※まだ使い方をマスターしていないので、実際は、違う方法があるかも)

あと30倍ズームの状態で、場面によっては、まったくピントが合わないことが多々ある。まだ検証中なんだけど、フォーカスポイントの位置の景色が暗い時に起こるような気がする。ただ少し戻して24倍とかにするとピントがあう。もしかしたら壊れているのかな?


街の夜景
≫ 拡大する

Camera:SONY Cyber-shot DSC-HX100V


上の写真は、試しに「手持ち+プレミアムおまかせオート」で夜景を撮影してみたもの。ピントとブレが、かなり残念な写真に・・・。ISOは2000となっていた。三脚を使えば、また違った写真になるかも。

まあ、でもこれまでの普通のコンデジだったら、もっとブレブレになって、ここまでの写真すらもまず無理なんだろうけどね。

そうゆう意味では、たしかにハイエンドデジカメと言えるのかもしれない。

動画に関しては、うぇぶかにほんの特集「ガールズアワード2011潜入レポ」に掲載の動画が、実はHX100Vで撮影したもの。と言っても購入した翌日に使い方も分からずに撮影したものなので、セッティングが悪かった可能性あり。画面が微妙に揺れているのは、設置場所が音楽の重低音とか人の歩く揺れなどで、微振動していた為と思われます。

「girl next door」の動画では、30倍までズームインする場面があるんだけど、あまりピントが合っていない。その理由はまだ不明。暗いとオートフォーカスがうまく合わない可能性があるのかな?ただ、途中で1倍までズームアウトした映像で、カメラからステージまでの距離を確認してもらえばわかりますが、恐ろしいほどの望遠性能だということは間違いないと思った。

↓これが
SONY Cybershot HX100V 1620万画素CMOS 光学x30 DSC-HX100V

動画に関しては、使いこなしてから撮影したものを、そのうちアップします。
では、また。
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/乗り鉄/降り鉄/駅鉄/撮り鉄/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
スポンサード リンク
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation