うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
E-3一人旅Z.D.ED12-60mmF2.8-4.0SWDLUMIX_G20mmF1.7ASPH.E-P3htcEVO3D(ISW12HT)映画DMC-GF1タイドラマ旅(複数)E-M1横浜Z.D.ED50mmF2.0Macro音楽鉄道M.Z.D.ED12-40mmF2.8PRO動画バンコクスマートフォン夜景北海道IE8Z.D.ED50-200mmF2.8-3.5SWDInternet_ExplorerDSC-HX100VCP+Z.D.ED40-150mmF4.0-5.6DIGITAL_HARINEZUMI2富士山Z.D.ED9-18mmF4.0-5.6iPod_touch4thみなとみらいパソコン小豆島神戸PC秋の乗り放題パスウェブパタヤパソコン周辺機器東京スカイツリー宮崎あおいあまちゃん横浜ベイブリッジGirlsAward松山ケンイチM.Z.D.ED12mmF2.0E-M5江口洋介横浜駅白谷雲水峡アユタヤ浅草屋久島浅田真央横浜ランドマークタワー上戸彩Ai_Nikkor50mmf1.4GM1小樽大さん橋礼文島青森ロジクールM.Z.D.14-42mmF3.5-5.6ⅡR函館山下公園イベントコンパニオンE-520M.Z.D.14-42mmF3.5-5.6二俣川駅LS-10WiMAX大洗港四国渋谷土讃線戸田恵梨香松原商店街松田翔太江ノ島トラブル温泉上地雄輔金比羅山阿部寛Nikkor24mmf2.8Ai高松岡津町摩耶山風鈴ワット・アルンノニ藤木直人菅野美穂ポートタワー木村拓哉道後温泉東北本線JRiPad_miniXJAPANATOK西岸駅バックパック登別温泉角島大橋iPhoneAmazon稚内東京駅大部港予讃線シュノーケリング藤原竜也au石原さとみ綾瀬はるか讃岐うどんラン島仲間由紀恵八重の桜DVD妻夫木聡長崎益田駅LEICA_minilux枕崎駅熊本駅中井貴一瑛太松山駅ミニチュア風鹿児島本線佐藤浩市金沢駅キャメロン・ディアスレオナルド・ディカプリオ豊川悦司予土線四万十川窪川駅松山城瀬戸内海双子浦ジョージ・クルーニー汐吹公園エンジェルロード観音寺駅高知城高知五能線平泉オルガ・キュリレンコ阿波池田駅坪尻駅高知駅北海道&東日本パス川奈桂浜はりまや橋スキンダイビング日生港日生駅トレイルランニング蒼井ゆう平塚駅久大本線日の出ソニータイマー金沢八景JR東日本パスはやぶさ新青森iPod_touch4thスマートフォンIKEA夜明駅水戸黄門南京町有吉弘行阿蘇山浜松東伊豆指宿枕崎線秋田水戸駅深津絵里はまなす保土ヶ谷バイパス東北新幹線テレビサムスンXperia秋葉原AdobeiPadAir0.8秒と衝撃。あぶくま駅実験JR磐越西線塔のへつり駅会津若松駅中古車屋兜駅E-M1Z.D.ED50mmF2.0MacroBOSEスポーツジム旭川水着美瑛FC2ブログ共有テンプレートフリー写真素材札幌洞爺湖E-M10ボルボM.Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6EZGoProIE10会津田島駅大川ダム公園駅BLANKEY_JET_CITYスーザン・ボイルRADWIMPS松嶋菜々子上野樹里長谷川博己二俣川サッカーROSEROSEトム・ハンクスジャガーブライアン・セッツァーリゾートしらかみ香里奈観月ありさ東北被災地南会津会津鉄道男鹿高原駅メリケンパーク阿武隈急行線ワット・サケットワット・ポーフワランポーン駅WOLリモートデスクトップ琴平駅谷川岳薩摩高城駅肥後二見駅西大山駅指宿駅水道橋駅三ノ宮駅山陰本線OM-1PEN_FPEN_FT初代PENE-PL5OM-3東京ドーム長野電鉄屋代線香港ミャンマー羽田空港ヘルニアAterm_BL900HWロト7宗谷本線名寄駅三角地帯THE_MAD_CAPSULE_MARKETSDVD-Rパスポート稚内駅博多駅エヴァンゲリオン白馬駅業平橋駅Z.D.ED14-42mmF3.5-5.6町田駅穴水駅のと鉄道大糸線糸魚川駅宗谷岬黒味岳納沙布岬苫小牧緑園都市駅和倉温泉駅大黒パーキング戸塚駅特牛駅唐津駅EOS-1DX立山黒部アルペンルートREGZA_Phone_T-01C熊ヶ根駅飛鳥Ⅱ海本牧魚津駅Milky_BunnyiOS伊予大洲駅横浜港CRASSしおサイダーBabylon伊万里駅Facebook佐世保駅たびら平戸口駅大村線酒田駅きらきらうえつ山形鳥取砂丘軍艦島南阿蘇鉄道長崎本線羽黒山横浜赤レンガ倉庫女鹿駅角館南部鉄道秋田内陸線土合駅福島駅阿蘇駅赤水駅めがね橋碓氷峠八ツ森駅出雲市駅小幌駅七尾線彦根駅カラビナMAMMUTウィルス米原駅小樽運河いしかりライナーYMOふじ丸初詣きゃりーぱみゅぱみゅ大橋のぞみスパイウェアFM戸塚嘉瀬駅ストーブ列車津軽鉄道東室蘭駅北舟岡駅豊岡駅十和田観光電鉄線上北町駅田儀駅七尾駅宇都宮駅福島郡山駅驫木駅

【止まらない衝動】新しいメイン機(カメラ)決定!

2013.10.28 (Mon) 共有

おっさんの止まらない欲望、止まらない衝動、発動!

ついに新しいメイン機となるカメラを買ってしまった!

これまで私のメイン機として大活躍してくれたオリンパスE-3という一眼レフ。これの次のモデルがオリンパスE-5というカメラ。このE-5をパスして次のオリンパスE-7の発売を待ち続けていた。

しかし、なんとオリンパスのバカヤローが、開発していたE-7の発売を見送り、さらにそのフォーサーズ(4/3)マウントのカメラであるEシリーズのボディとレンズの開発自体を凍結すると発表し、フォーサーズマウントは、マイクロフォーサーズマウントと統合という形で本当に終焉してしまった。

つまり現メイン機E-3と同じシステムのカメラもレンズも今後一切発売されないことが決定してしまったのである。こんなに悲しい話があるだろうか。

という経緯もあって、ここ最近、さてどうしたもんかと悩んでいた。中古のE-5を買って、現在のレンズ資産を活かしつつ、このまま終焉したフォーサーズと心中するべきか、それとも別のシステムに移行するべきか。

E-5なら中古で安くなっているし、レンズも買わずに済む。しかし別のマウントに変更する場合、レンズも必要になるので、例えばニコンD610などのフルサイズ機とかだと標準ズームと望遠ズームをそろえると軽く30万円を超えてくる。

さらに重要な問題なのが、望遠ズームレンズの重量。例えば「AF-S NIKKOR 80-400mm f4.5-5.6G ED VR」とかだと重量がレンズだけで1480g、私が所有の激重レンズ「ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD」が995gなので、さらに500gほど重い。長さも80-400mmが長さ203mmと50-200mmの長さ157mmより46mmも長くなる。ちなみにフォーサーズの場合、焦点距離がフルサイズの2倍なので、200mmは35mm判換算400mmになるので、この2つのレンズのテレ端(望遠端)は同じである。

つまりフルサイズ機だと総合的に大きさと重量が増すので、本当に歩き旅で持ち出せるのだろうか?という心配が頭をよぎる。それにいくらD610が発売されてボディが安くなっても、やっぱレンズのお値段は恐ろしい価格だし。ちなみにニコンの80-400mmの定価は325500円、実売価格は22万円くらい・・・すでに無理!


※上の写真は、新しいカメラを操る私です。嘘です。

まあ、私の使い方(歩き旅)の場合、一番重要なスペックは、防塵・防滴性能。これは本当に重要で、E-3の場合、これがとにかく強力で、何度もゲリラ豪雨に打たれたりしているが、まったく平気だった。オリンパスの防塵・防滴は本物だと思う。あとアスファルトの地面に何度か落としたりもしているけれどなぜか壊れない。耐衝撃性能も凄いかも。

ニコンのプロ機(D4)の場合は、防塵・防滴性能も高いっていうのは聞くけれど、その他のニコン機はどうなんだろうか?ペンタックス機は、けっこう防塵・防滴性能が高いっていうのは聞く。

それと次に重要なのは、操作性と作動レスポンス。実際、E-3よりサブ機で使っているオリンパスPEN(E-P3)の方が、画質的にはいいんだけれど、操作性と作動レスポンスが悪いので、メイン機としては使えない。というのも私の旅での撮影は、とにかく時間が少ないことが多いので、そのわずか数秒の違いがけっこう大きいのだ。

まあ、色々考えたけれど、ぶっちゃけ、防塵・防滴以外の性能は、あまりどーでもいいかも。だって、最新の一眼クラスのカメラだったら、どれを買ってもウェブ用途だから画質とかは必要十分だと思うし。

そんな感じで候補に上がったのが下記の防塵・防滴仕様のカメラ。
※写真をクリックで詳細
OLYMPUS E-5OLYMPUS E-M1
Nikon D610Nikon D7100
PENTAX K-3SONY α7

その結果、選ばれしカメラ・・・は、また次回、お伝えします~!

ちなみに、この記事の写真は、そのNEWカメラでモノクローム撮影したOM-Dのカタログ内の写真です(笑)。

つづく 続きへ
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

宮崎あおい オリンパス

2012.07.08 (Sun) 共有

「OM-D 宮﨑あおい CM」をYouTube検索しOLYMPUS OM-D E-M5のCMを見た。



ファインダーをのぞく

構図を決める

息を止める

シャッターを切る

パシャ!

そうだ、カメラは構えるものだ

 私の世界を写す。

OM-D、誕生、オリンパス


YouTube「OLYMPUS OM-D meets AOI MIYAZAKI」もおすすめ

久しぶりに宮崎あおいの新しいオリンパスのCMをテレビで見た。オリンパスの一眼レフを使っている私としては、とってもうれしくなった。ここ一連のオリンパス騒動で、一時は、カメラ部門消滅じゃないかとまで噂されていたけれど、なんとかそれも回避されて、やっとテレビCMも流れるようになったからだ。

しかも、イメージタレントの宮崎あおいをそのまま続投というのもうれしい。昨年は、高岡蒼佑との離婚やらジャニーズタレントとの不倫騒動なんかもあってか、多少イメージダウンしているってことで、オリンパスが切るんじゃないかと心配していたが、新しいCMが公開されてよかった。

まあ、彼女は、すでに超一流の女優だから、元夫とのすったもんだや恋愛経験なんかも人生の実体験として役者の演技にして活かしていくんだろうし、誰でもそうだけど、完璧な人より短所がある人の方が、その人にしかない個性とか魅力が出てくるんだと思う。

映画での演技力はもちろんだけれど、15秒・30秒という短いCMの世界で、宮崎あおいが発する声と言葉の存在感は、特にすごい。本当にその商品が欲しくてたまらなくなる魔力、止まらない衝動を引き起こす心の破壊力といった感じだろうか、彼女の演技には、そんな力がある。

と絶賛している私は、宮崎あおいのオリンパスCMを見て、初めての一眼レフを衝動買いしてしまったという過去があるんだけれどね。

「Olympus E-510 宮崎あおい CM」「Olympus E-410 宮崎あおい CM」も見てみて!

いいCMだと思わない?これを見たら旅に行くのにカメラを持って行きたくなるって(笑)。つまり、彼女のおかげで、“旅とカメラ”という最高の楽しみ方に出会うことができたのである。ありがとう。

では、また

≫≫ OLYMPUS OM-D E-M5の写真
≫≫ Olympus OM-D E-M5の一覧

関連外部リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

宮崎あおいを眺めていたら止まらない衝動が発動!?

2011.09.29 (Thu) 共有

宮崎あおい&宮崎将 たりないピース
≫ 拡大する

Camera:Panasonic LUMIX GF1 + Lens:LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.


写真は、ちょっと前に買った「宮崎あおい&宮崎将 たりないピース(→この本です)」。これは、フォトブックと言う写真と文章で構成された本。宮崎あおい&宮崎将の兄妹がインドのコルタカを旅して感じた旅行記のような内容となっている。

とは言っても私のブログのような脳天気な旅の記録ではなく、世界のいろいろな問題をまずは知ってもらうこと、そして20年後の地球がサスティナブルな状態になるために必要なことを二人が考えていくような旅となっている。


宮崎あおい&宮崎将 たりないピース
≫ 拡大する

Camera:Panasonic LUMIX GF1 + Lens:LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.


この本のテーマは「貧しさと教育、フェアトレード」。フェアトレードというのは、簡単に言うと生産者との対等なパートナーシップのこと。

たとえば、今、日本では、物が驚くような安い値段で買えることが多いよね。でも、なぜ、そんなに安くできるのかと考えたことはないだろうか?ほとんどの場合、その安い物は、海外のしかも発展途上国と言われる国で生産されていてる。その国の人々が単純に貧しく、十分な教育も受けていなくて、知識もないから。すごく安い賃金でも生きていくためには働かなければならないという状態を、悪い言い方をすれば、うまく利用されてしまっているということ。

今の地球では、アフリカや南米、東南アジアなどの植民地支配による奴隷制度は過去の物という認識がされていると思う。でも実は、グローバル経済の中では、表面上の姿を変え、このような賃金格差を利用した経済の仕組みによる低賃金労働、つまり現代の奴隷制度と言われるようなことが起こっている。雇用する企業や現地のオーナーなどは、当然のことながらその人々を奴隷と呼ぶことはない。普通に『契約労働者(被雇用者)』というふうに呼んでいるのだ。

だから、このような状態の人々は、いつまでたっても貧困から抜け出すことができない。それに一時的に募金などでお金を与えたとしても、持続的に生活を維持することはできない。そこで、そのような貧困から自立することを支援しようとフェアトレードという取り組みを実践する企業が出てきた。現地で生産された物を適正な価格で買い取り、適正な賃金を支払える仕事を継続的に提供する。そのための仕組み、それがフェアトレード。

当然のことながら、フェアトレードの商品は、みんな値段が高い。でも、けっこう良い商品が多いので、買い物を楽しみながら、地球の未来を考えるきっかけにもなるし、日本人として生まれたことの恩恵と意味を考えれば、それくらいの価格差は、たいしたことではないのではと思う。


宮崎あおい&宮崎将 たりないピース
≫ 拡大する

Camera:Panasonic LUMIX GF1 + Lens:LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.


まあ、本の内容は、そんな感じで、「宮崎あおい」の写真集というよりは、とても読み応えのあるものとなっている。

いや~、宮崎あおい、凄い!この本を読めばわかるけど、他の普通のアイドル女優とは一線を画している。

それで、記事タイトルの「宮崎あおいを眺めていたら止まらない衝動が発動!?」の本題なのですが・・・

実は、この本を買った理由は、宮崎あおいの熱狂的なファンという訳でも、地球の未来を考える為でもなくて、中の写真の雰囲気がとても気に入ったから。それで、昨日の夜、なんとなく「この写真は、どーやって撮るんだろうか」って思いながらこの本を開いて眺めていたんだけど、ふと「写真:森本美絵」というのに気づいて・・・ネットサーフィンを始めてしまった訳なんだけど・・・

森本美絵

フィルムカメラ

フィルム

ネガフィルム

FGFA

Ferrania Solaris

フィルム一眼レフカメラ

ニコンFマウント

ニコン 50mm F1.4

マイクロフォーサーズ ニコンF マウントアダプタ

Panasonic LUMIX GF2 ←これすごい安い59%オフ(笑)

Flickr

ヤフオク





といったキーワードを行ったり来たり延々と巡り・・・


宮崎あおい&宮崎将 たりないピース
≫ 拡大する

Camera:Panasonic LUMIX GF1 + Lens:LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.


気がついたらヤフオクで、ニコンのフィルム一眼レフ(クラッシック)をポチってました!

しかもアマゾンで59%オフで超安くなっているパナGF2ダブルレンズキットも余裕で買えちゃう値段で!

うわー、完璧な衝動買い、止まらない衝動、またやっちゃった・・・

おいおい、フィルムカメラなんか使ってる暇ないだろ・・・

それにいい写真を撮るのに、本当は、カメラの機種はあまり関係ない。それはわかっちゃいるんだけど、やっぱ実際に試してみたい性格なんです。

とう訳で、ブツが届いたら、何というカメラかお知らせします。

では、また
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(1) share

OLYMPUSの逆襲か!?PEN 第三世代「E-P3」「E-PL3」「E-PM1」そして「M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0」

2011.07.01 (Fri) 共有




「OLYMPUS PEN E-P3 宮崎あおい 変わらないこと 変わること」をYouTubeで検索してみて!

カメラ部門が崖っぷちとうわさのわが所有カメラメーカーであるオリンパス。そのオリンパスが、起死回生のニューモデル3機種を発表してきた!

OLYMPUS PEN E-P3
E-P2の後継機、OLYMPUS PEN 第三世代「E-P3」 2011年7月22日発売

OLYMPUS PEN Lite E-PL3
E-PL2の後継機、PEN Lite「E-PL3」 2011年秋発売予定

OLYMPUS PEN mini E-PM1
新ラインアップ、PEN mini「E-PM1」 2011年秋発売予定

PENシリーズの最上位モデルE-P3及びE-PL3、E-PM1ですが、世界最速のAFを実現した"FAST AF"システム搭載及び新ハイスピード Live MOS センサーと新画像処理エンジン"TruePic VI"搭載という、久しぶりに心動かされる新システムを搭載していて、ちょっと気になる。

同じマイクロフォーサーズ機のLUMIX GF1を持っているけど、たまに手ぶれ補正が欲しいなーと思うこともあって、ボディ内手ぶれ補正が標準のオリンパスPENシリーズは、やはり気にはなっている存在。ただ、PENシリーズの特徴であるアートフィルターとかは、正直、まったく興味無いというか、たぶん使うの最初だけだろうなと思う。むしろハイビジョン動画とAF速度やステレオマイクの性能の方が気になる。

しかし、この三機種、性能的には同じとなっているので、実際、その価格や上位下位の位置の違いは、なんなのだろぷか?操作がだいぶ違うのだろうか?あまり、じっくり触って比較したことないので、よくわからないのだが、性能が同じなら軽くて小さい方がいいような気がする。しかも、PEN Liteのデザインは、だいぶよくなったと思う。逆にLUMIX GF3の方は、私的にはあり得ないデザインになってしまった。

実は、今回のニューモデルが購買意欲をそそる理由は、ペンの方じゃなくて、新たに追加されるマイクロフォーサーズ用のハイグレードスナップレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0」の存在があるからである。

M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

現在E-3でメインで使っているレンズ「ZUIKO DIGITAL ED12-60mmF2.8-4.0SWD」の12mm(35mm判換算24mm)側が非常に使いやすくて、マイクロフォーサーズ用でもあればと思っていたのだが、ついに出たという感じ。広角の場合すでに「M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6」「LUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH.」というレンズも売っているが、このレンズの場合、大口径F2.0という明るさが魅力で、E-P3の手ぶれ補正と新画像処理エンジン"TruePic VI"で、暗所撮影でどれだけ威力を発揮できるかが気になる。

ヤバ、またカメラ沼レンズ沼へ引きずりもうとする悪魔の囁きに反応してしまった!

PEN E-P3 公式サイト
M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 公式サイト

アマゾンで見る
OLYMPUS マイクロ一眼 PEN E-P3
OLYMPUS マイクロ一眼 PEN レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0

7/6追記 ↓オンパスのカメラの写真満載の旅記事をアップしました!
JR東日本パス&はやぶさ号で行く青森弾丸トラベラー

関連外部リンク
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

映画「少年メリケンサック」 やっぱパンク最高!

2010.03.15 (Mon) 共有

宮崎あおい主演の映画「少年メリケンサック」を見た。

【ストーリー】
レコード会社OL・かんな(宮崎あおい)が、動画サイトで見つけた〈少年メリケンサック〉のライブ映像。そこには凶悪な絶叫パフォーマンスのイケメンが!!

契約を取るために会いに向かうと、そこにはなぜか酔い潰れた50歳すぎのオッサンが!!「これ誰っ!?」・・・
かんなが見つけた映像はなんと25年前のものだったのだ。

かんなの驚愕をよそに、〈少年メリケンサック〉の人気はネット上で大爆発!サイトはパンク寸前!全国のライブツアーが次々と決まっていく・・・。このまま出たら暴動必至。果たして、かんなと〈少年メリケンサック〉の命運は!???
全国ライブツアーは成功するのか???


感想・・・やっぱパンク最高!

宮崎あおいの演技は神!!!

実は宮崎あおいの作品は初めて見たんだけれど、世間で評価されているだけの事はあるね~もの凄い演技力!

はじけまくりキャラ(栗田かんな)に完璧に魂が乗移っている。しかも表情(顔芸)がいい(笑)!この栗田かんなの不思議系キャラは、実は多くの男のタイプなんじゃないかと思った。これを機会に宮崎あおい出演作品を漁ってみようと思ったよ。

いやー凄い女優さんだよ、宮崎あおい。

あと佐藤浩市、ホントおもしろい最高です。

過去のパンクムーブメントでパンクだ!アナーキストだ!と一時代の最先端を駆け抜けた若者も、年を取ればただの偏屈ダメオヤジに・・・アキオ(佐藤浩市)50才、自分の価値観にしがみついて生きるただの飲んだくれオヤジへおちぶれて・・・

まさに若き日の栄光・・・

いやーぶっちゃけ他人事とは思えないから怖い・・・(笑)!

私もすっかりおっさんですが、昔からパンク好きで今でも聞いているんですが、なんと言うか、年齢的な意識の抵抗感なのか、現代的にまったく流行っていないからなのか、パンクが嫌いな人が多いからなのか、

声に大にして「パンクが好きだー」

とか叫んだらいけないんだろーな的な空気を読んでしまう自分にちょっとテンションが下がり気味になりがちな今日この頃なのである(笑)。

あの頃の衝動をおっさん制御(自制)しちゃっているのだ・・・ああ・・・だから、アキオ(佐藤浩市)の生き方が実は羨ましいのかも!

しかし佐藤浩市って、「ザ・マジックアワー」の時もそうでしたが、ダメダメなキャラ演じる方がハマるような気が・・・

まあ、この映画は、パンクという音楽に思い入れがないとちょっと厳しいかも。

パンクの音楽の特徴としては、攻撃的なリズム、反抗的な歌詞、反社会的なスタンス(ファッション、髪型、言動)、テクニック無視の演奏スタイルって感じで、普通の音楽とは比べるとまるでガラクタのような音で構成されている。

それには理由があって、パンクの音楽は金も権力も無い無力な者が、現状(既成概念とか社会とか政治とか音楽とか自分とかとにかく何か)の不満に対しての反抗精神をストレートに表現する為の手段であって、その為にはシンプルで誰でも弾けるという事が重要だったし、それが最大の魅力だからだ。

音楽をやって無くても、現状の社会とか政治思想とかに対して何か強い不満を感じて、衝動に駆られがちな人はパンクスの素質があるし、世の中の悪や腐敗、不正、権力と戦っているジャーナリストとかもパンクと同じスタンスだ。

音楽やスタイルはパンクで無くても歌詞にそのようなメッセージが込められていたら、それはある意味パンクだ。

この映画では、パンクとは「素っ裸になる事」「衝撃」「自分自身のあり方」「勢い」「初期衝動」というふうに語られている。

つまりパンクとは音楽では無く衝動的な生き方なのだ!

極論言っちゃえば好きか嫌いか、するかしないかって事(笑)!

ぶっちゃけ反骨精神は二の次だったりする。だから実際は、けっこうてきとーで中途半端だったりする。楽しければいいみたいな・・・10代の若者の感覚のまま大人になったみたいな・・・

だから理性的な人、大人な人、職人気質な人などには、おそらくまったく理解出来ない領域かも・・・この映画の音楽も歌詞もおっさんたちの理不尽な言動も理解の範囲を超えていると思う。

↓この少年メリケンサック劇中歌「ニューヨークマラソン」を聞いて・・・
少年メリケンサック ニューヨークマラソン
衝動に駆られた人はパンクスです。

聞くのが辛い人はたぶん映画も厳しい・・・なぜなら、実際、ストーリーは単純で意味とかはまるで無い(笑)。

ところで上のPVで歌っているジミー(ボーカル)の若い頃の役はは銀杏BOYZの峯田和伸!銀杏BOYZ、好きでよく聞いている。さらにオヤジになったジミーは田口トモロヲ、この人も本物のパンク(元・ばちかぶり)!若き日の少年メリケンサックのマネージャー役は、ピエール瀧でテクノバンド・電気グルーヴ。遠藤ミチロウ(元ザ・スターリン)や日影晃(THE STAR CLUB)、仲野茂(元アナーキー)、UG(ギターウルフ)、チン中村・村井守・安孫子真哉(銀杏BOYZ)、SAKEROCK、JAPAN-狂撃-SPECIAL・・・など、よく見てないと気がつかないけど出演している。

パンクが好きな人には最高!

ストーリーにほとんど意味は無いので意味を求めると非常に苦しくなる。

ハーピーエンドとも言い難い・・・

だから、見終わっても何も残らない・・・

あえて意味を見出すとしたら、ダメダメで没落した人生を送ってきたオッサンがそう簡単に変わったり成長したりする事は無い(リアルだ)かもしれないけど、それでも帰る場所があると言うだけでも、まだ、幸せなのかもなーって感じだろうか?そういう意味では、おっさんの心にちょっとだけ勇気を与えてくれる程度(笑)。


それでいいのだ。
超てきとーな感じがいいのだ。たぶん(笑)。


とは言っても、この映画の見所は宮崎あおいのワンマンショーだ。ほぼ宮崎あおい中心に物語は進行する。最初にも書いたが、宮崎あおいのこのぶっ壊れキャラの演技はホント素晴らしい!おそらくこの役で、宮崎あおいを超える事が出来る役者は居ないと断言できるほどの演じっぷり。

ただキャラ設定的には、かなり男の妄想が入り込んでいるので女性に受けるかどうかは微妙・・・篤姫のイメージの人も、ちょっとキツイかも・・・

まあ、結論を言うと私は終始笑えたけれど、後で考えるとかなり見る人を選ぶ作品だとも思った。

少年メリケンサック

監督・脚本:宮藤官九郎 
出演:宮あおい 佐藤浩市、木村祐一 勝地涼 田口トモロヲ 三宅弘城 ピエール瀧 峯田和伸(銀杏BOYZ)、田辺誠一 犬塚弘 哀川翔 烏丸せつこ 中村敦夫 佐藤智仁 浪岡一喜 石田法嗣 ユースケ・サンタマリア

↓パンク好きな人は私のYouTubeチャンネルのお気に入りに色々集めているので一度ご覧ください。
Peaceful Paradise Life FILMS
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/乗り鉄/降り鉄/駅鉄/撮り鉄/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
スポンサード リンク
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation