うぇぶかにほん Webka.Jpうぇぶかにほん-駅と旅のガイドすみません、まだβ版です。
  Webka.Jp ホーム  >  ブログス  >  日本Web化計画  Peaceful Paradise Life
about
recent
tweet
movie
search
pepalife.com
ようこそ、ピースフルパラダイスライフへ
このブログは南国生活をする人のブログではありません。いつか、のんびり南国生活を夢見るおっさんブログです。
本当はもう、自分の力でどこにでも自由に行けるはずなのに、まだ、どこへも行っていない事に最近気がつきました。
でも、本当は夢見る南の島だって、どこにだって自由に行けるはずなのです。だから、そろそろ、ちょっと、そろそろ、と夢想しているおっさんブログです。
最近の記事タイトル (すべての記事タイトルを表示する
うぇうかにほん公式ツイッター
このブログの新しい記事の更新情報も[うぇふかにほん公式ツイッター]でチェック!
※PPL FILMS動画最新順、前へ/次へで動画を切り替えられます。
こちらもおすすめ→Webka.Jp FILMS
ブログ内
TAG
一人旅E-3国内の旅OLYMPUS地元神奈川横浜わんにゃん止まらない衝動本州タイ映画海外の旅PANASONICデジタルガジェット動画ありPCトラブル北海道音楽旅道具備忘録イベントトイカメラ九州SONYソフト&アプリ小豆島神戸NIKON夜景SEIKOPC旅(複数)パソコンGirlsAward鉄道撮影道具アメリカ屋久島白谷雲水峡あまちゃんフィルムカメラウェブ浅田真央スマートフォン金比羅山パソコン周辺機器E-520iPod_touch4thロジクール終わらない断捨離の記録四国土讃線アユタヤRICHO-PENTAX讃岐うどんバックパック浅草LEICAFUJIFILM礼文島予讃線香港高松風鈴道後温泉動画WiMAXXJAPANキャメロン・ディアスポートタワー江ノ島大洗港横浜駅ノニ摩耶山CANONミニチュア風松山駅小樽グラム単位の軽量化大部港浜松窪川駅高知城瀬戸内海高知松山城南京町双子浦日生港観音寺駅予土線日生駅四万十川エンジェルロード戸田恵梨香東北メリケンパーク富士山藤木直人中古車屋フリー写真素材水着スポーツジム実験青森坪尻駅阿波池田駅高知駅はりまや橋琴平駅ジャガー阿部寛二俣川サッカーテレビ桂浜東北本線オルガ・キュリレンコレオナルド・ディカプリオ豊川悦司仲間由紀恵トム・ハンクスブライアン・セッツァーROSEROSEジョージ・クルーニーiPod_touch4thスマートフォン函館中井貴一伊予大洲駅いしかりライナー小樽運河はまなす保土ヶ谷バイパススーザン・ボイルRADWIMPS秋の乗り放題パスあぶくま駅兜駅GoProミャンマーCOSINA台湾塔のへつり駅会津田島駅南会津被災地阿武隈急行線会津鉄道男鹿高原駅大川ダム公園駅八重の桜東京ドーム水道橋駅川奈汐吹公園東伊豆スキンダイビング北海道&東日本パス福島駅平泉シュノーケリング東京スカイツリートレイルランニング水戸黄門水戸駅JR東日本パスはやぶさ新青森東北新幹線八ツ森駅しおサイダー三ノ宮駅稚内駅名寄駅二俣川駅熊ヶ根駅LS-10Milky_Bunny宗谷本線YMOハワイJRMAMMUTカラビナきゃりーぱみゅぱみゅ角島大橋東京駅

おっさん一人旅2013秋 2日目3 橋杭岩(はしぐいいわ)

2013.10.25 (Fri) 共有

橋杭岩(はしぐいいわ)へ向かう
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

おっさん一人旅2013秋 JR「秋の乗り放題パス」の旅
2日目3 橋杭岩(はしぐいいわ)
≫≫最初の記事はこちら

本州最南端の駅「串本駅」から徒歩で向かったのは、橋杭岩(はしぐいいわ)という名勝地。徒歩20分とのことだが、乗車する予定のバスの時間まで残り15分しかなかったので、小走り気味に海岸を進むおっさんが一人。


橋杭岩(はしぐいいわ)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

橋杭岩というのは、串本町の海岸から紀伊大島方面に大小約40の岩が連続してそそり立つ奇岩群で、国の天然記念物に指定されている観光名所らしい。

上の写真の海の向こうに見えるのが紀伊大島で、その左側から橋杭岩が見えてきた。


紀伊大島くしもと大橋
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD

こちらは、本州と紀伊大島をつなぐ橋「くしもと大橋」。

エメラルドグリーンの海が美しい。


橋杭岩海水浴場の砂浜
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

橋杭岩海水浴場の砂浜から橋杭岩を望む。


橋杭岩(はしぐいいわ)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

はい出ました、ここが伝説の橋杭岩の絶景ポイント~!

ここから見る朝日がめっちゃ美しくて、日本の朝日百選にも認定されてるんだとか。

この日は天気が悪かったのがくやしい。


橋杭岩(はしぐいいわ)
≫ 拡大する

Camera:OLYMPUS E-3 + Lens:ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD

しかしここに到着した時にはすでにバスの到着予定時刻だったので、ゆっくり撮影している暇はなし。バス停を探し、バス停に着いたと同時にバスがやってきた。

橋杭岩の観光時間、実質3分。っておみやげ屋さんとか公園とかまだみどころっぽいところがあったが、鉄道&バスの旅はとにかく時間にシビアに行動せざるえない状況が多くなる。それはなぜかというと地方の小さな観光地の場合、列車もバスも1時間に1本あればいい方で、場所によっては2時間に1本とか1日5本とか、そんな感じなので、万が一、乗りそこねたらアウトなのである。

ということで、次は、やっぱ串本まで来たら行くよねぇーって場所に向かう。

づつく 次へ

関連外部リンク
橋杭岩の場所
http://goo.gl/maps/sLLc1
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

おっさん一人車旅 おみやげプレゼント 小袖海岸海女グッズ( #あまちゃん )

2013.09.15 (Sun) 共有
おっさん一人旅 おみやげプレゼント 小袖海岸海女グッズ

読者プレゼント
おっさん一人車旅 北へ行くのね編(最初の記事はこちら)で、久慈市にある小袖海岸海女センターでGETした下記アイテムをクイズに当選した人の中から抽選で合計4名様にプレゼントします。
じぇーーー缶バッチ、小袖海岸海女センターでしか買えない限定グッズ
2名様
北限の海女 てぬぐい、あまちゃんが頭に巻いているハチマキにもなる
1名様
海女のミサンガ、あまちゃんでお馴染みのアイテム
1名様

読者プレゼントの応募方法
1.まずTwitterで[うぇぶか公式ツイッター]をフォローする。
※すでにフォロー頂いている場合は2から
2.次にクイズの答えだと思うこの記事内のTweet(ツイート)ボタンでツイートしてください。

これだけで応募は完了です。まだTwitterやったことないよという人は[ツイナビ]を見れば簡単に登録できます。
※一人1回ツイートのみ有効、当選商品の希望はできません

抽選により当選した人には、ツイッターのダイレクトメッセージでご連絡を差し上げます。2日以内にダイレクトメッセージの返信がなかった場合は、当選を取り消して別の人に変更させて頂きます。

送料:当サイト負担にてプレゼントをご郵送致します。
応募締め切り:2013年10月31日
発表:2013年11月10日頃うぇぶかにほんTopicsで

クイズ:今回の一人車旅で管理人が訪問した一番北にある駅は何駅でしょうか?下記の3つより選んでください。

1. 八戸駅  ≫≫
2. 北三陸駅 ≫≫
3. 久慈駅  ≫≫

答えは記事を読めばすぐに分かりますよ~
記事はこちら⇒ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

どしどしご応募お待ちしてまーす!
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

おっさん一人車旅 11日目 仙台駅~地元へ帰る

2013.09.13 (Fri) 共有
国道4号線

おっさん一人車旅 北へ行くのね編 11日目 9/11(水)

11日目は、一関にある道の駅 厳美渓で遅い朝を迎える。というのももう後は、簡単なミッションを2つこなしてから地元へ帰ろうってことだからである。

まずは、1つ目のミッションを遂行するべく仙台駅を目指し国道4号線を南下した。

国道4号線からの田園風景

軽自動車だし東北自動車道でもよかったんだけれど、あえて国道、ルート4を選択。

BGMは奥田民生、窓全開で田んぼの香りを堪能しながら「東北最高ー」と叫ぶ!

仙台駅 利久の牛タン定食

仙台駅では、やっぱ本物の仙台牛の牛タン定食を食べねばと、仙台の地元民の支持率が高い「利久」と言うお店に入る。

牛タンが定食のおかずになるのかという疑問もあったが、1995円もする牛タン【極】定食を注文。分厚いのに柔らかい肉、たしかに激うめぇ~、でもやっぱビールも飲みたーいとも思った(笑)。

実はこの利久ってお店は、仙台駅周辺に大量にあって、私が行った時間帯はほとんどの店が準備中となっていて、仙台駅周辺のショッピングモールをさまよっている内に駐車場の位置がわからなくなってしまった。しかもスマホの充電も切れて地図も見れない状況に。そんな訳で仙台駅で道に迷って時間がかなり押してしまった。

なので仙台から東北自動車道を爆走し、次の目的地、A級秘境駅・赤岩駅(あかいわえき)という福島県の奥羽本線の駅に向かっていたんだけれど、高速を降りて方角を間違ったり渋滞にハマっている間に辺りは徐々に暗くなってくる。やっと赤岩駅に向かう山道に入って少し進むと日没となる。

赤岩駅までは、ほぼ民家もない細い山道をまだ1時間も走らなければならないし、なにより怖いのが車の故障である。万が一この山奥で故障した場合、例によって携帯の電波が入らないので、JAFを呼ぶにも歩いてふもとまで戻るはめになる。真っ暗闇の山道をだ!夜はクマが出るかもしれないし、そんなの無理だろーって考えていたら怖くなって断念した。

その後、途中の道の駅でまた睡眠を取ってから深夜0時以降の東北自動車道を爆走して、地元へ帰った。ちなみに現在、深夜0時~4時は高速料金が半額になる。

旅のおみやげ(あまちゃんロゴ入り商品)

今回の旅で、自分用に買ったおみやげ。あまちゃんのロゴが入っているだけで買ってしまう(笑)。

海女きらら

海女きらら、塩味の花餅。

岩手三陸の海女 塩とうふ大福

岩手三陸の海女 塩とうふ大福、豆腐と塩の味がする大福。

南部せんべい

南部せんべい、岩手といえばこれ!

おしまい


【注目】あの「あまちゃん」グッズや海女センター限定グッズなど、読者プレゼントは、次の記事で発表・受付します、お楽しみに!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 おみやげ 次へ≫≫
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

おっさん一人車旅 10日目 山田線秘境駅探訪~盛岡駅

2013.09.12 (Thu) 共有
浅岸駅11kmの案内板

おっさん一人車旅 北へ行くのね編 10日目 9/10(火)

9/10(火)、宮古-盛岡間を結ぶ国道106号線沿いの区界高原という道の駅で、おっさん一人車旅も10日目の朝を迎えた。

そろそろ地元に帰ろうってことで、東北自動車道がある岩手県の内陸部へ向かいつつ、ミッションをこなすことに。岩手県での最終重要ミッションは、山田線の秘境駅地帯にあるA級秘境駅2駅を探訪すること。

上の写真は、その1つ目、浅岸駅(あさぎしえき)への曲がり角(国道106号線沿い)に立っている案内看板である。なんと11キロ先と書いてある。

浅岸駅へ向かう途中

そう、浅岸駅は、山の中の道を延々と11キロも進んだところにある。

民家も途中に数件だけ。

浅岸駅へ向かう途中に見たヘビくん

途中、道路上を横切るヘビくんを危うく踏み潰すところだった。

たぶんマムシ。

浅岸駅

こちらが、A級秘境駅の一つとされる山田線の浅岸駅。

駅の周りは山奥で民家がないのはもちろんだが、この駅の秘境駅たる最大の所以は、停車する列車の本数の少なさである。

平日・土日共に1日の停車数は、盛岡方面上りが3本、宮古・釜石方面下りが2本、合計5本しか停車しない。

上り:6:42、17:27、19:52
下り:17:05、19:33

朝6時台の列車でこの駅に降りたら、夕方5時台まで次の列車がない!?つまり異常に訪問難易度が高いのである。

浅岸駅から大志田駅に向かう途中

実は、浅岸駅の隣に、さらに上位のA級秘境駅の一つ大志田駅(おおしだえき)がある。もちろんそこも向かうんだけれど、その道のりは想像を絶する困難を極めた。

まず、浅岸駅を含むこの秘境駅地帯は、途中から私のスマホ(au)の電波が全く入らない。なのでナビが地図を読み込まずにまったく使い物にならなくなってしまった。

しかたなく、道路上の案内板を頼りに向かったんだけれど、途中5~6箇所ほど分岐があったので、その都度、車を降りて慎重に確認しながら進むはめに。

浅岸駅から大志田駅に向かう途中の林道

しかも途中から上の写真のような完全なオフロード(林道)となるので、当然、速度はノロノロに。しかもこのオフロード区間がけっこう長かった・・・。

浅岸駅から大志田駅に向かう途中の景色

林道の横には、上の写真のような川も流れていたり、もう大自然な感じ。

大志田駅

はい、こちらがこの日の重要目的地、A級秘境駅、大志田駅である。

隣の駅なのに浅岸駅から車で1時間以上かかった。

大志田駅の時刻表

駅の周りは山奥だが、近くにたぶん1~2世帯ほど民家があった。それでもこの駅が先ほどの浅岸駅より上位の秘境駅とされるのは、停車する列車の本数がさらに少ないからである。

平日・土日共に1日の停車数は、盛岡方面上りが2本、宮古・釜石方面下りが1本、なんと合計3本しか停車しない。

上り:6:52、20:02
下り:19:24

さらに待合室に「駅周辺でクマの目撃情報あり」の注意書きが貼ってあって、熊鈴なしでは駅の外を歩くのも危険である。

ただ、大志田駅までの道のりで疲れきった私は、駅前に停めた車の中で3時間ほど爆睡してしまったけれど・・・。

クマに注意

クマに注意の看板はそこら中で見かけた。

この山田線秘境駅地帯から普通の対向車線の道路に出て、コンビニを発見した時は、生きて生還できた喜びに思わず歓喜の声を上げたほど。途中、寝てたのもあるけどこの秘境地帯には、約7~8時間もいた計算になるから。たった2駅訪問するだけで一日がほぼ終わってしまったことになる。

盛岡駅

その後、夕方5時頃に盛岡駅に到着。

元祖 盛岡冷麺(食道園)

盛岡といえば、じゃじゃ麺やわんこそばも気になったが、やっぱり盛岡冷麺でしょ!ということで、盛岡冷麺発祥の店と言われる食道園という焼肉店で、元祖・盛岡冷麺をいただいた。本場冷麺ウマー!

その後、とりあえず気力的に行けるところまで移動ってことで、一関市まで行って温泉入って道の駅 厳美渓ってところで休憩した。

づつく

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 おみやげ 次へ≫≫
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(0) share

おっさん一人車旅 9日目 三陸鉄道初乗車~あまちゃんロケ地~岩泉線

2013.09.11 (Wed) 共有
白井海岸駅

おっさん一人車旅 北へ行くのね編 9日目 9/9(月)

この日は、朝6時45分頃には三鉄久慈駅の駅舎に居た。なぜかと言うと前の日に買えなかったリアス亭・幻のうに弁当をGETするためである。駅にはすでにリアス亭の開店を待っているであろう強者が3名、何をするでもなく店の前で待っていた。7時の開店時間が近づくとさらに3名ほどやって来る。

そして、ついにリアス亭オープン!自然と駅に来た順で行列ができる。前に並んでいたお姉さんが2個も買っていったので、売り切れちゃうんじゃないかとドキドキしたが、無事、伝説のうに弁当を入手した。一応、最後まで見てたら、並んでた人全員分あったみたい。

さて、せっかくここまで来たので、やはり三鉄にも初乗車しとくべきだろということで、8時5分の田野畑行きに乗り、下車したのが上の写真で、一応、秘境駅の一つとされる白井海岸駅(しらいかいがんえき)。秘境駅探検家としては、やはり外せない駅である。

白井海岸?

駅前の坂を10分ほど下ると小さな漁港があった。ここ白井海岸なのかは不明。

リアス亭うに弁当

静かな海の前で、うに弁当をいただくことに。

うにタップリ、ごはんにもウニのエキスが染み込んでいて、うめぇ~!

約40分ほど白井海岸駅を堪能し、再び久慈駅に戻ることに。

あまちゃんのロケで使われた列車の車内

戻りの列車は、あまちゃんのロケで使われた車両と書いてあった。

おばちゃん達があまちゃんのポスターを見つけて大興奮してたり、団体の観光客が乗ってたり、2両編成の列車は、けっこう人が多い。とても第三セクターのローカル線とは思えない混雑ぶりである。

おばちゃん達のお目当ては、どうやら夏ばっぱ(宮本信子)らしい。同世代だからだろうか、指さして喜んでいた。

ちなみに私は、薬師丸ひろ子世代でも、小泉今日子世代でもありません!能年玲奈世代です!

久慈駅のホームと三鉄の列車

再び、久慈駅へ。

ホームに北鉄じゃなくて三鉄の列車、まさに、あまちゃんのシーンそのまま。

JR八戸線の列車

こちらは、隣のJR八戸線のホームに停車中の列車。そういえば、ドラマでは、八戸線は存在しない感じだったね。

あまちゃんロケ地、観光協会のビルこと久慈駅前デパート

駅前には、もちろんあの観光協会のある駅前デパートも!

琥珀博物館の琥珀採掘坑道

久慈駅から車で15分ほどの場所にある琥珀博物館にも行ってきた。

勉さんの琥珀採掘坑道ダァーー!

あまちゃんロケ地、アキが自転車で爆走する道

未訪問だった陸中宇部駅(りくちゅううべえき)に行ってから、地図をチェックしていたら怪しい道を発見し、行ってみると・・・

アキが自転車で爆走している道を発見ーーー!

場所は、陸中宇部駅~陸中野田駅間。

あまちゃんロケ地、夏ばっぱ家最寄り駅の袖ケ浜駅こと堀内駅

天気が良かったので堀内駅リベンジ。

普代駅

こちらは、普代駅(ふだいえき)。

岩泉龍泉洞

三陸鉄道北リアス線とお別れをして、向かったのが岩泉龍泉洞という観光地。JRのポスターで吉永小百合が訪問していた場所。あまり期待していなかったんだけれど、どっこい、かなり素晴らしい所だったよ。写真は、地底湖。

岩泉駅

実は、この日のメインイベントは、事実上の配線路線とされる岩泉線の全駅訪問。今はまだ休止中扱いなので、完全に廃線になる前に行っておかなければと。

写真は、岩泉駅(いわいずみえき)。

二升石駅(にしょういしえき)、浅内駅(あさないえき)、岩手大川駅(いわておおかわえき)と訪問してゆき、

押角駅

そしてついにA級秘境駅の一つとされる押角駅(おしかどえき)へ。

駅舎はもちろん、ベンチも待合室もトイレも屋根も無し!

雨降って傘持ってなかったらずぶ濡れ(笑)!

トイレ(大)に行きたくなったら、もうアウト!

しかも3年列車が走っていないので、雑草ボーボーで秘境っぷり加速していて素敵。

茂市駅

押角駅で秘境駅を堪能し、岩手和井内駅(いわてわいないえき)、中里駅(なかさとえき)、岩手刈屋駅(いわてかりやえき)を訪問したどり着いたのが、岩泉線の起点となる茂市駅(もいちえき)。

茂市駅の駅長さんだと思うんだけど、少し話をしたところ、やはり岩泉線の復活はかなり厳しいとのこと。

その後、近くにあった人工温泉?に行って、道の駅区界高原ってところで休憩した。

さっき嘘つきました、本当は、ミポリン世代です。

つづく

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 おみやげ 次へ≫≫
この記事に拍手・コメント・共有する
web拍手 コメント(1) share
スポンサード リンク
Profile
x
Author: 堀田けいすけ
駅と旅のガイドうぇぶかにほん及びPEPACOMのウェブディレクター。うぇぶかにほん公式ツイッターで「ほた」でつぶやき中~、顔写真はすでに10年以上前のもの~、
好きな**:PC/スマホ/一人旅/鉄道旅/降り鉄/乗り鉄/駅鉄/撮り鉄/鉄道ファン/カメラ/ロック/パンク/ハードコア/温泉/散歩/トレッキング/ハイキング/ウォーキング/サイクリング/焼肉/すし
Web Site
うぇうかにほん(Webka.Jp)日本には駅の数だけ旅がある。
うぇうかにほん公式ツイッター
Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサード リンク
スポンサード リンク
旅の計画に便利なサイト
人は皆、自分がなぜ生まれてきたのかを確かめるために生きているのです。でも、その答えがだせる人はめったにいません。もし、答えが知りたくなったら旅にでましょう。旅にでるのは、美しい景色を見にいくためです。美しい景色を見るとなんで自分が生まれてきたのかが、わかるといいます。
My recommendation